[PR]

日別キーワード

第72位  少額訴訟 - 2018年11月07日


関連するイメージは見つかりませんでした



少額訴訟
『少額訴訟制度』より : 少額訴訟制度(しょうがくそしょうせいど)とは、日本の民事訴訟において、60万円以下の金銭の支払請求について争う裁判制度である。 民事訴訟法に規定がある(368条から381条まで)。 背景 従来、金銭の支払いに関わるトラブルの解決法の一つとして、裁判で債務の確認と支払い、強制執行権の付託を求めて争った。しかし、訴訟金額が少額である場合、例えば アルバイト・パート賃金の不払い 賃貸住宅からの退去に際して敷金の返却がなされない 個人間の金銭の貸し借りで少額なものなどでは、わざわざ裁判に持ち込むには、時間の面や費用の面で見合わず、結局、泣き寝入りせざるをえなくなる。そこで、海外の簡便な訴訟制度(Small claims court)をモデルとして、少額の金銭のトラブルに限り、個人が自分で手続きを行える様に配慮し、訴訟費用を抑え、迅速に審理を行う制度として1998年(平成10年)に設けられた。 (Wikipedia:少額訴訟)

少額訴訟制度
少額訴訟制度(しょうがくそしょうせいど)とは、日本の民事訴訟において、60万円以下の金銭の支払請求について争う裁判制度である。 民事訴訟法に規定がある(368条から381条まで)。 背景 従来、金銭の支払いに関わるトラブルの解決法の一つとして、裁判で債務の確認と支払い、強制執行権の付託を求めて争った。しかし、訴訟金額が少額である場合、例えば アルバイト・パート賃金の不払い 賃貸住宅からの退去に際して敷金の返却がなされない 個人間の金銭の貸し借りで少額なものなどでは、わざわざ裁判に持ち込むには、時間の面や費用の面で見合わず、結局、泣き寝入りせざるをえなくなる。そこで、海外の簡便な訴訟制度(Small claims court)をモデルとして、少額の金銭のトラブルに限り、個人が自分で手続きを行える様に配慮し、訴訟費用を抑え、迅速に審理を行う制度として1998年(平成10年)に設けられた。 (Wikipedia:少額訴訟制度)


少額訴訟 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

少額訴訟 - アマゾン検索


「少額訴訟」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す