[PR]

日別キーワード

第78位  大村湾 - 2018年11月07日


関連するイメージは見つかりませんでした



大村湾
大村湾(おおむらわん)は、長崎県の中央部に位置する海。佐世保湾を通して五島灘に繋がる。穏やかな波が海岸に打ち寄せる様から「琴の湖」(ことのうみ)の別名があり、これは江戸期の漢学者・頼山陽が呼び始めたものと伝えられる。 地理 南北約26km、東西約11km、面積約321km²の海域で、西側を西彼杵半島、南側を琴の尾岳山麓、東側を多良岳山麓に囲まれ、さらに湾口をハウステンボスのある針尾島が塞ぐ。佐世保湾との繋がりは針尾島西岸の針尾瀬戸(伊ノ浦瀬戸)と東岸の早岐瀬戸だけで、極めて閉鎖的な海域である。 針尾瀬戸の最も狭い所は対岸まで180m、早岐瀬戸のそれは10mほどしかない。2つの瀬戸は外海の潮汐の影響を大きく受けて速い潮流が発生し、針尾瀬戸では複雑な海底地形もあって大規模な渦潮が発生する。サクラも見頃となる3月末頃、西海橋たもとの公園は潮見と花見の観光客で賑わう。激しい自然の営みを垣間見ることができる湾口部とは打って変わって、湾奥部は湖のように穏やかで、エメラルドグリーンの海面が広がる。 (Wikipedia:大村湾)

大村湾連絡船
大村湾連絡船(おおむらわんれんらくせん)は、かつて長崎県の早岐駅と長与駅の間を結ぶために存在した鉄道連絡船。 経緯 九州鉄道によって鳥栖駅から長崎駅に至る現在の長崎本線が建設される際、当初は早岐駅を経由する今の佐世保線・大村線のルートで建設されることになった。その背景には、軍港と位置づけられた佐世保へのアクセスを図る面があったとされる。 計画に基づき、1897年の7月10日には鳥栖・早岐間が開業し、そのすぐ後の7月22日には長与・長崎間が開業した。このとき、暫定的な連絡機関として開設されたのが、この大村湾を横断する航路であった。 7月22日、九州鉄道が運輸を委託した長崎三行組によって運航が開始された。50 - 60人乗りの蒸気船10隻ほどを用いたといわれ、「そうけい丸」・「やよい丸」などの名が付けられていた。 当初、長崎側の起点は道ノ尾駅に近い時津港であったが、秋には長与駅近くの舟津港へ変更された。しかし駅から港までは3kmほどの距離があり、人力車が100台は往来したといわれている。なお、早岐側の港は早岐駅から徒歩数分程度の所にあった。 (Wikipedia:大村湾連絡船)

大村湾パーキングエリア
大村湾パーキングエリア(おおむらわんパーキングエリア)は、長崎県東彼杵郡東彼杵町の長崎自動車道上にあるパーキングエリア。 大村湾を望む高台に位置しており、日の出をみることもでき、旧ハロースクエア配布のエリアガイドには「大村湾の夕焼け」の展望ポイントとして紹介されている。 また、「恋人の聖地」(地域活性化支援センター選)にも認定されており、それを記念して、ハートゲートや天使像などが新たに設置されている。 長崎と本州を結ぶ多くの高速バスの長崎行きは早朝にこのパーキングエリアで休憩する(長崎方面へ向かうバスの最後の休憩所であり、大村インターで降りる乗客にも配慮されている)。 2007年10月6日に高速道路外からこれらの施設を利用できるウェルカムゲートが設置された。開門時間は8:00 - 20:00。 施設 上り線(鳥栖方面) 駐車場 大型18台 小型50台 二輪3台 トレーラー2台 トイレ 男性 大3(和式2・洋式1)・小10 女性 11(和式9・洋式2) 車椅子用 1 スナック(8:00 - 20:00) ショッピング(8:00 - 20:00) 自動販売機 携帯電話充電器(8:00 - 20:00)西九州自動車道へ向かう場合、西九州自動車道沿線にはPAが存在しないため、ここが最後の休憩所となる。 (Wikipedia:大村湾パーキングエリア)


大村湾 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

大村湾 - アマゾン検索


「大村湾」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す