[PR]

日別キーワード

第84位  那須 - 2018年11月07日


関連するイメージは見つかりませんでした



那須
那須(なす)は、栃木県北東部、那珂川上流一帯の地域名。 概略 那須地域は、おおよそ旧那須郡を指す。現在の行政区画ではおおよそ大田原市、那須塩原市(旧黒磯市・西那須野町・塩原町の新設合併により発足)、那須烏山市(旧烏山町・南那須町の新設合併により発足)、那須郡(那須町、那珂川町)にあたる。 古代には那須国(なすのくに)が置かれた。 地形的には、北西部の那須高原と、南東部の複合扇状地である那須野が原(那須野原)からなる。那須五岳(最高峰は那須岳)、高原山などの火山があり、温泉も多く、那須火山帯の一画をなす。これらの火山は日光国立公園の一部となっている。東は八溝山地で茨城県と、北は白河の関や那須五岳で福島県と接する。 那須ナンバーは自動車ナンバープレートの地名表記(ご当地ナンバー)に使われ、那須塩原市、大田原市、那須郡那須町で採用されている。 観光地として言われる場合の「那須」は非常に範囲が広く曖昧だが、一般的には那須町の那須岳やその麓の那須御用邸をランドマークに広がる那須温泉郷や那須高原を指す場合が多い。 (Wikipedia:那須)

那須塩原市
那須塩原市(なすしおばらし)は、栃木県の最北部に位置する人口約11万7千人の市。 地理 東京から北に約150km、県都宇都宮から約50km、東京-仙台のほぼ中間(双方から新幹線で70分~80分程度)に位置し、広大な那須野が原北西一帯を占めている。西側に高原山、北側に大佐飛山地、那須岳に連なる山岳部があり、北東に那珂川、南西に箒川が南東方向に流れ、その中央には、南西から北東に東北新幹線と宇都宮線(東北本線)、東北自動車道、国道4号の幹線交通網が縦貫する。 西那須野駅のある西那須野地区は、塩原温泉、大田原市への玄関口となっており、日本有数のリゾート地那須高原への玄関口となっている黒磯とともに県北地域の交通の要衝となっている。 北西部の山岳部が市域の概ね半分を占め、残り半分は那珂川、蛇尾川、箒川などの河川により形成された緩やかな傾斜の平地が広がる複合扇状地である。黒磯駅と西那須野駅周辺には古くからの中心的市街地が形成され西那須野駅と黒磯駅の中間にある那須塩原駅周辺は新幹線の開業と共に西側に新市街地が形成されつつあり、将来的に新市役所の建設が計画されている。 (Wikipedia:那須塩原市)

那須与一
那須 与一(なす の よいち、嘉応元年(1169年)? - 文治5年8月8日(1189年9月19日)?)は、平安時代末期の武将。系図上は那須氏2代当主と伝えられる。父は那須資隆(太郎)。妻は新田義重の娘。一般的には本名は宗隆(『平家物語』では宗高)と紹介されることも多いが、これは初名であり、当主に就任後は父と同名の資隆と名乗ったと伝えられる(この項目での呼称は「与一」で統一する)。 名の由来 与一は十あまる一、つまり十一男を示す通称である。なお、与一を称した同時代人としては佐奈田義忠、浅利義遠がいる。彼らと那須与一を合わせて「源氏の三与一」と呼ばれる。 『吾妻鏡』など、同時代の史料には那須与一の名は見えないため、与一の事跡は軍記物である『平家物語』や『源平盛衰記』に伝えるところが大きい(そのため、学問的には与一の実在すら立証できていない)。 (Wikipedia:那須与一)

那須宗隆
『那須与一』より : 那須 与一(なす の よいち、嘉応元年(1169年)? - 文治5年8月8日(1189年9月19日)?)は、平安時代末期の武将。系図上は那須氏2代当主と伝えられる。父は那須資隆(太郎)。妻は新田義重の娘。一般的には本名は宗隆(『平家物語』では宗高)と紹介されることも多いが、これは初名であり、当主に就任後は父と同名の資隆と名乗ったと伝えられる(この項目での呼称は「与一」で統一する)。 名の由来 与一は十あまる一、つまり十一男を示す通称である。なお、与一を称した同時代人としては佐奈田義忠、浅利義遠がいる。彼らと那須与一を合わせて「源氏の三与一」と呼ばれる。 『吾妻鏡』など、同時代の史料には那須与一の名は見えないため、与一の事跡は軍記物である『平家物語』や『源平盛衰記』に伝えるところが大きい(そのため、学問的には与一の実在すら立証できていない)。 (Wikipedia:那須宗隆)

那須氏
那須氏(なすし)は、日本の氏族。下野国那須郡を発祥とする。 出自 藤原北家の後裔を称し、各種系図によると藤原道長の六男・藤原長家の孫資家(貞信)を祖とし、元は須藤氏を称していたが、那須資隆(太郎)の時、那須氏を称したとされる。 一般には屋島の戦いで扇の的を射落とした那須与一(資隆の子)で知られるが、『吾妻鏡』によって明確に存在が確認されるのは鎌倉時代初期の那須光資からであり、与一の存在も含めそれ以前の系図や事跡・伝承には疑わしい部分も多く、出自は必ずしも明らかではないが、阿倍氏の一族で那須国造家である那須直の後裔とする説がある。また、光資以後の系譜についても問題があるとする見方がある。通説では光資の後を継いだとされる那須資村が那須氏惣領(当主)として認められた記録が無く、光資の弟で伊王野氏の祖とされる那須資長が惣領であったことを示す古文書(文永9年4月5日付関東下知状:『鎌倉遺文』11005号)が存在する。 (Wikipedia:那須氏)

那須家
『那須氏』より : 那須氏(なすし)は、日本の氏族。下野国那須郡を発祥とする。 出自 藤原北家の後裔を称し、各種系図によると藤原道長の六男・藤原長家の孫資家(貞信)を祖とし、元は須藤氏を称していたが、那須資隆(太郎)の時、那須氏を称したとされる。 一般には屋島の戦いで扇の的を射落とした那須与一(資隆の子)で知られるが、『吾妻鏡』によって明確に存在が確認されるのは鎌倉時代初期の那須光資からであり、与一の存在も含めそれ以前の系図や事跡・伝承には疑わしい部分も多く、出自は必ずしも明らかではないが、阿倍氏の一族で那須国造家である那須直の後裔とする説がある。また、光資以後の系譜についても問題があるとする見方がある。通説では光資の後を継いだとされる那須資村が那須氏惣領(当主)として認められた記録が無く、光資の弟で伊王野氏の祖とされる那須資長が惣領であったことを示す古文書(文永9年4月5日付関東下知状:『鎌倉遺文』11005号)が存在する。 (Wikipedia:那須家)

那須俊平
那須俊平(なす しゅんぺい、文化 (元号) 文化4年1月2日 (旧暦) 1月2日(1807年2月8日) - 元治元年7月19日 (旧暦) 7月19日(1864年8月20日))は、江戸・幕末時代の志士。名を重任(しげとう)。梼山源八郎の変名でも知られる。土佐藩高岡郡・梼原村の郷士坂本家に生まれ、当主・坂本重隆の長男。娘・那須為代は、浜田改め那須信吾の妻。
幼い頃から利発であったと伝えられている。元々学問が好きであったが、7歳のときに転機が訪れ、郷士那須家当主・那須忠篤の養子となった。この頃から武芸を好むようになり、三木広作に剣術を学び、更には山田喜馬太のもとで槍術に目覚めるなどし、進んで師に就いて腕を磨いた。程なくして、その武芸達者ぶりは高知城下に知れ渡ったという。
(Wikipedia:那須俊平)

那須田淳
那須田 淳(なすだ じゅん、1959年6月20日 - )は、主にYA(ヤングアダルト)や児童文学の分野で活躍する日本の作家・小説家。 来歴・人物 静岡県浜松市出身。静岡県立浜松西高等学校、早稲田大学第二文学部卒業後、まもなくYA(ヤングアダルト)近未来小説『三毛猫のしっぽに黄色いパジャマ』(ポプラ社)でデビュー。画文集『少年のころ』(小峰書店)など少年時代をテーマにした作品が多い。1995年よりベルリンに在住。作家アクセル・ハッケと画家ミヒャエル・ゾーヴァの共著『ちいさなちいさな王様』(講談社)など翻訳も多数ある。ドイツを舞台にしたYA小説『ペーターという名のオオカミ』(小峰書店)で第51回産経児童出版文化賞、第20回坪田譲治文学賞を受賞。2006年には出身地浜松市より「浜松ゆかりの芸術家顕彰」を受賞した。2006年9月には、湘南を背景に描いたYA小説『一億百万光年先に住むウサギ』(理論社)を刊行。2011年12月に、 ひょんなことで事故死した少年の物語『願かけネコの日』(学研)を、2012年にはケストナーの名作『新訳・飛ぶ教室』(角川つばさ文庫)を、2013年には自身が手がけたミュージカル『この星に生まれて』のノベライゼーションとして『妖狐ピリカ・ムー』(理論社)と、ベルリンへ一人旅をするロック少年を描いたロード・ムービー『星空ロック』(あすなろ書房)を刊行した。 (Wikipedia:那須田淳)

那須町
那須町(なすまち)は、栃木県北東部に位置し、那須郡に属する町である。那須塩原市への通勤率は20.7%(平成22年国勢調査)。 地理 町の南西を那珂川が流れ、東側には八溝山地がある。北東部は黒川が流れ、途中までは福島県との県境になっている。北西部は茶臼岳や朝日岳、白笹山などが聳え、その麓には大リゾート地の那須高原があり、大田原の方へ向かって扇状地になっている。町のほぼ中央を北東⇔南西方向に東北自動車道や国道4号、東北新幹線(北部の約60%はトンネル区間)が通っている。東部をJR東北本線、また国道294号が南北方向に通っており、本町と福島県白河市の境には境の明神がある。 沿革 1889年(明治22年)4月1日 - 現在の湯本地区に那須村、旧奥羽街道沿いに芦野町(あしのまち)、伊王野村(いおうのむら)が成立。なお芦野は、正街道の宿駅であったことと、芦野氏の陣屋があったために村ではなく町となった。 1954年(昭和29年)11月3日 - 那須村、芦野町、伊王野村が合併し、那須町が発足した。 (Wikipedia:那須町)

那須烏山市
那須烏山市(なすからすやまし)は、日本の市の一つ。栃木県の東部にある。宇都宮市への通勤率は13.7%(平成22年国勢調査)。 人口は約3万人で県東部地域の政治、経済、行政の拠点都市。那珂川県立自然公園に位置し、那珂川や荒川の清流、八溝山系に属する緑豊かな里山が織り成す景観に恵まれている。国の重要無形民俗文化財に指定されている「山あげ祭」や龍門の滝、温泉など歴史文化・観光資源が豊富な地域である。2005年(平成17年)10月1日に那須郡烏山町と同郡南那須町の新設合併により発足した。2011年3月11日の東日本大震災では、震度6弱の揺れを観測し、土砂災害などの大きな被害があった。 地理 那須烏山市は、栃木県の中東部、八溝山地の西麓、塩那丘陵の南端、那珂川の中流域に位置する。市域には那珂川支流の荒川、江川が流れ、市内向田で那珂川に合流する。旧烏山町市街地は那珂川が成す右岸河岸段丘にある。 県庁所在地である宇都宮市より北東へ30-35kmほど、JR烏山線の列車で約50 - 60分の位置にあり、宇都宮都市圏に属する。 (Wikipedia:那須烏山市)

那須塩原駅
那須塩原駅(なすしおばらえき)は、栃木県那須塩原市大原間にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)の駅である。 東北新幹線と、在来線の東北本線との接続駅となっている。東北本線は「宇都宮線」の愛称区間に含まれている。 かつては東那須野駅(ひがしなすのえき)と称し、塩原温泉郷の玄関駅である西那須野駅と、那須高原の玄関駅である黒磯駅という二つの特急停車駅に挟まれた、急行も停まらない小駅であった。しかし東北新幹線の開業に際して、旧西那須野町、大田原市と黒磯市の綱引きの結果、3市町の中間にある当駅に白羽の矢が立ち、一挙に新幹線停車駅に出世した。 東北新幹線の建設計画の仮称では新那須駅とされていたが、開業近くになり「塩原」という文字を入れてほしいという動きが出て、大物政治家を巻き込んだ騒動に発展した。当時、東京北鉄道管理局長であった山之内秀一郎が、最終的に「那須」と「塩原」を合わせた那須塩原駅に決めたが、口頭で最高幹部に辞意を伝えざるを得ないほど後にしこりが残ったという。 (Wikipedia:那須塩原駅)

那須野巧
那須野 巧(なすの たくみ、1982年10月4日 - )は、東京都豊島区出身の元プロ野球選手(投手)。 プロ入り前 子供のころは近鉄バファローズのファンで、大石大二郎やラルフ・ブライアントがいた頃のスタメンは今でも諳んじることができる。駒場学園高では伊藤秀範と同期であった。 日本大学では4年生春に5勝0敗、防御率0.39(1位)の活躍でチーム6季ぶりの優勝に貢献し、最高殊勲選手、最優秀投手、ベストナインに選ばれた。第53回全日本大学野球選手権大会で準優勝して敢闘賞に選ばれた。世界大学野球選手権・日米大学野球両日本代表に選ばれる。東都大学リーグ通算50試合登板22勝10敗、防御率1.97、219奪三振。日大では佐藤義則以来8人目の20勝投手になる。 大学No.1左腕の評価を受け、2004年のプロ野球ドラフト会議にて、自由獲得枠で横浜ベイスターズに入団。 横浜時代 ルーキーイヤーの2005年5月15日にプロ初登板・初先発。5月22日の対西武戦で先発し5回を4失点(自責点は2)でプロ初勝利を挙げた。 (Wikipedia:那須野巧)

那須大亮
那須 大亮(なす だいすけ、1981年10月10日 - )は、鹿児島県南さつま市出身のサッカー選手。Jリーグディヴィジョン1(J1)の浦和レッドダイヤモンズに所属。ポジションはDF(CB、SB)、MF(DH)。 2002年、駒澤大学3年時に、大学生Jリーガーとして横浜F・マリノスに入団。1年目は出場1試合にとどまった。 2003年、横浜FMに岡田武史監督が就任。中盤でのアンカー役となれる選手を求めていた同監督は、2002年に浦和レッズで現役引退したマリノスOB・井原正巳の推薦の下、浦和から獲得した河合竜二を起用しようとした。しかし河合のコンディションが万全ではなく、苦肉の策としてセンターバックの那須を起用することを決定。このコンバートが那須にとって重要な転機となった。 与えられたポジションは本職ではなかったが、持ち味であるディフェンス力でチームに貢献。試合出場を重ねる中で、チームの中心選手へと成長を遂げた。当時の日本代表エースである久保竜彦を獲得し優勝を目指していたチームにおいて、J1完全制覇の立役者となっただけでなく、自身も新人王のタイトルを獲得した。 (Wikipedia:那須大亮)

那須岳
那須岳(なすだけ)は、栃木県那須郡那須町にある茶臼岳の別称。那須塩原市、那須郡那須町、福島県西白河郡西郷村にまたがる成層火山群の総称でもある。 日本百名山の著者である深田久弥は書中に『那須岳とは那須五岳の中枢を成す茶臼岳、朝日岳および三本槍岳のこと』と記している。 本項には那須連山の一部を成す茶臼岳、朝日岳、三本槍岳、さらには那須五岳や那須連山についても記す。 那須岳は、関東地方の北限、那須火山帯の南端に位置し、広い裾野を持つ成層火山で、噴火口は主峰茶臼岳の山頂部にあり、現在も蒸気と火山ガスを盛んに噴出している。朝日岳と三本槍岳はすでに噴火活動を終えている。標高が最も高い地点は三本槍岳(1,917m)で主峰茶臼岳の山頂より2m高い。茶臼岳と三本槍岳は山頂部が丸く、鋭鋒は朝日岳のみである。また、茶臼岳と朝日岳は山頂部が全体的に岩場であるが、三本槍岳は山頂部がほぼ土と砕石の堆積した斜面で草木も生える。 那須岳の主な峰(那須五岳) 茶臼岳(栃木県那須郡那須町) 標高1,915m。 (Wikipedia:那須岳)

那須郡
那須郡(なすぐん)は、栃木県(下野国)の郡。 人口41,680人、面積565.12km²、人口密度73.8人/km²。(2016年2月1日、推計人口) 以下の2町を含む。 那須町(なすまち) 那珂川町(なかがわまち) 郡域 上記の2町のほか、1878年(明治11年)に行政区画として発足した当時の郡域は、現在の行政区画では概ね以下の区域に相当する。 大田原市 矢板市(沢、豊田、成田) 那須塩原市(三区町、四区町、上赤田、北赤田、井口、笹沼、無栗屋、洞島、高林、木綿畑、湯宮以東) さくら市(下河戸、穂積、上河戸、南和田、金枝、鹿子畑) 那須烏山市矢板市、さくら市の地域は後に塩谷郡に編入されている。その他にも塩谷郡との境界変更が行われている。 古代は奈須評と表記した。 中世より江戸時代における那須衆は那須郡内に本拠を置く領主達(交代寄合)の総称である。 近代以降の沿革 「旧高旧領取調帳」に記載されている明治初年時点での支配は以下の通り。 (Wikipedia:那須郡)

那須町立池田小学校
那須町立池田小学校(なすちょうりつ いけだしょうがっこう)は、栃木県那須郡那須町高久丙にあった公立小学校。 沿革 1892年 - 高久尋常小学校池田分校として開校 1899年 - 池田尋常小学校となる 1947年 - 那須村立池田小学校に改称 1954年 - 那須町立池田小学校に改称 2014年 - 那須町立大沢小学校と統合して那須町立那須高原小学校となる 歴代校長 1899年(明治32年) - 初代校長 委員会 クラブ活動 運動部 文化部 関連項目 栃木県小学校の廃校一覧 那須町 那須町立那須中学校 池田小学校 - 同名校(曖昧さ回避ページ) 学校周辺 那須りんどう湖 LAKE VIEW 那須国際カントリークラブ 那須オルゴール美術館 外部リンク ==。 (Wikipedia:那須町立池田小学校)

那須高原サービスエリア
那須高原サービスエリア(なすこうげんサービスエリア)は、栃木県那須郡那須町にある東北自動車道のサービスエリアである。那須高原スマートインターチェンジを併設する。 東北自動車道栃木県内で最も北に位置するサービスエリアである。 道路 東北自動車道 直接接続 栃木県道349号那須高原スマートインター線 間接接続 国道4号 施設 管理 : ネクセリア東日本 上り線(川口、宇都宮方面) 駐車場 大型 45台 小型 130台 トイレ 男性 大7(和式3・洋式4)・小14 女性 25(和式12・洋式13) 同伴の男児用 2 車椅子用 1 ガソリンスタンド(JXエネルギー (ENEOS)((株)ENEOSウイング)) 24時間 以前は高輪エネルギーが運営していた。 (Wikipedia:那須高原サービスエリア)

那須恵理子
那須 恵理子(なす えりこ、1951年4月23日 - )は、ラジオパーソナリティ、ニッポン放送アナウンサー(嘱託社員)。 来歴・人物 東京都出身。東京都立新宿高等学校(坂本龍一と同級生)、上智大学文学部国文学科卒業。 1974年アナウンサーとしてニッポン放送に入社。制作部アナウンサールーム長、編成部副部長を歴任。2011年4月28日に定年となったが、引き続き嘱託社員として、アナウンサールームに籍を置き、ニッポン放送の番組に出演している。 月曜日の早朝の君が代の前に行われているコールサインと緊急警報放送の試験信号アナウンスは彼女が担当している。また一時間ごとに放送されているIDや、地震パーソナリティーも担当。なお、タレントの清水ミチコは彼女のものまねをレパートリーとしている。 2009年3月30日より、平日午前のワイド番組「垣花正 あなたとハッピー!」を担当しているが、同枠では「玉置宏の笑顔でこんにちは」以降、「うえやなぎまさひこのサプライズ!」を除く全ての番組でレギュラーアシスタントを経験している。 (Wikipedia:那須恵理子)

那須温泉郷
那須温泉郷(なすおんせんきょう)は、栃木県那須郡(旧国下野国)那須町(一部は那須塩原市)に散在する温泉の総称(温泉郷)である。日光国立公園内の那須岳南麓に位置する。同じ那須岳南麓には皇室が静養に訪れる那須御用邸がある。 栃木県那須郡那須町湯本に鎮座する温泉神社は延喜式神名帳にある下野国那須郡温泉(ゆの)神社の論社として知られ、同社社伝(伝承)に基づくと那須温泉の開湯(鹿の湯)は飛鳥時代の西暦630年となる。 那須は「温泉神社(おんせんじんじゃ、ゆぜんじんじゃ)」や「湯泉神社(ゆぜんじんじゃ)」など温泉を祀る社が80社ほどある温泉信仰の極めて篤い地域であり、六国史のひとつである『日本三代実録』には従四位上勲五等下野国温泉神の記述が見られ、平安時代の西暦863年(貞観5年)頃までに、日本政庁にとっての重要温泉場のひとつに位置付けられていたことが分かる。 (Wikipedia:那須温泉郷)

那須湯本温泉
『那須温泉郷』より : 那須温泉郷(なすおんせんきょう)は、栃木県那須郡(旧国下野国)那須町(一部は那須塩原市)に散在する温泉の総称(温泉郷)である。日光国立公園内の那須岳南麓に位置する。同じ那須岳南麓には皇室が静養に訪れる那須御用邸がある。 栃木県那須郡那須町湯本に鎮座する温泉神社は延喜式神名帳にある下野国那須郡温泉(ゆの)神社の論社として知られ、同社社伝(伝承)に基づくと那須温泉の開湯(鹿の湯)は飛鳥時代の西暦630年となる。 那須は「温泉神社(おんせんじんじゃ、ゆぜんじんじゃ)」や「湯泉神社(ゆぜんじんじゃ)」など温泉を祀る社が80社ほどある温泉信仰の極めて篤い地域であり、六国史のひとつである『日本三代実録』には従四位上勲五等下野国温泉神の記述が見られ、平安時代の西暦863年(貞観5年)頃までに、日本政庁にとっての重要温泉場のひとつに位置付けられていたことが分かる。 (Wikipedia:那須湯本温泉)

那須温泉
『那須温泉郷』より : 那須温泉郷(なすおんせんきょう)は、栃木県那須郡(旧国下野国)那須町(一部は那須塩原市)に散在する温泉の総称(温泉郷)である。日光国立公園内の那須岳南麓に位置する。同じ那須岳南麓には皇室が静養に訪れる那須御用邸がある。 栃木県那須郡那須町湯本に鎮座する温泉神社は延喜式神名帳にある下野国那須郡温泉(ゆの)神社の論社として知られ、同社社伝(伝承)に基づくと那須温泉の開湯(鹿の湯)は飛鳥時代の西暦630年となる。 那須は「温泉神社(おんせんじんじゃ、ゆぜんじんじゃ)」や「湯泉神社(ゆぜんじんじゃ)」など温泉を祀る社が80社ほどある温泉信仰の極めて篤い地域であり、六国史のひとつである『日本三代実録』には従四位上勲五等下野国温泉神の記述が見られ、平安時代の西暦863年(貞観5年)頃までに、日本政庁にとっての重要温泉場のひとつに位置付けられていたことが分かる。 (Wikipedia:那須温泉)


那須 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

那須 - アマゾン検索


「那須」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す