[PR]

日別キーワード

第85位  内視鏡 - 2018年11月07日


関連するイメージは見つかりませんでした



内視鏡
内視鏡(ないしきょう、英: Endoscope)は、主に人体内部を観察することを目的とした医療機器である。 本体に光学系を内蔵し、先端を体内に挿入することによって内部の映像を手元で見ることができる。細長い形状をしている一般的なものの他、カプセル型のものもある。また、観察以外に、ある程度の手術や標本採取ができる性能をもつものもある。 同様の製品は医療分野にとどまらず、直接に観察しにくい構造物の内部の観察用に学術・産業あるいは災害時の被災者発見などに用いられている。ただし一般に「内視鏡」というと医療用のものを意味し、ここでは医療用に限って説明する。 起源 内視鏡の歴史は、古代に遡ることができる。しかし、現代において見られる内視鏡の原型となった機器は、19世紀に登場する。 創世時は「硬性鏡」であり、1805年に、ドイツのフィリップ・ボッチーニが「Lichtleiter(英語Light Conductor:導光器)」を開発し、直腸・膣・尿道・耳・口腔内等の観察を行った記録を最初として、1853年にフランスのアントワーヌ・ジャン・デソルモが「endoscope(内視鏡)」を開発し、膀胱や尿道の観察を行った。 (Wikipedia:内視鏡)

内視鏡検査 (前立腺肥大症)
前立腺肥大症の内視鏡検査は、手術前検査として前立腺肥大症による尿道の閉塞程度知る上で必要で重要な検査である。 膀胱出口から尿道 正常であれば丸い筈の膀胱頚部が縦型の隙間として観察できる。 前立腺部尿道の閉塞 尿道のスペースが完全につぶれ、前立腺肥大症の左右からの圧迫を確認できる。 精丘から尿道 精丘から尿道括約筋にかけての尿道粘膜は正常である。上部の半円の「しわ」は尿道括約筋によって生じるくびれである。経尿道的前立腺切除術の際に、尿道括約筋を切らないようにこの「しわ」を注意して手術を行う。cs:Endoskopický nástroj。 (Wikipedia:内視鏡検査 (前立腺肥大症))


内視鏡 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

内視鏡 - アマゾン検索


「内視鏡」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す