[PR]

日別キーワード

第92位  烏賊 - 2018年11月07日


関連するイメージは見つかりませんでした



烏賊
『イカ』より : イカ(烏賊・柔魚、英:Squid(ツツイカ)または Cuttlefish(コウイカ))は、海生軟体動物の一群である。分類学上は軟体動物門頭足綱十腕形上目(または十腕形目) Decapodiformes とされる。十腕目 Decapoda・Decembrachiata とも。 形態 神経系や筋肉がよく発達していて、たいていの種類は夜に行動する。漏斗からの噴水と外套膜の収縮・ひれを使って前後に自在に泳ぐ。 10本の腕は筋肉質でしなやかに伸縮し、腕の内側にはキチン質の吸盤が並んでいる。吸盤にスパイクのような鋭いトゲが並ぶ種類もおり、これは獲物を逃さないための適応と考えられる。実際の腕は8本で、残りの腕2本は吸盤が先端に集中する「触腕(しょくわん)」とよばれる構造である。この触腕を伸縮させて魚類や甲殻類を捕食するが、釣りの時に触腕をちぎって逃げることや、テカギイカの仲間では成長に伴い触腕を欠くことから、必ずしも必要というわけではないようである。 (Wikipedia:烏賊)

烏賊飯
烏賊飯(いかめし)は、イカの中に米を入れて炊き上げた日本の料理。北海道渡島地方の郷土料理。 下足(げそ)を取り外し、腹ワタを取り除いたイカの胴身に、洗った米を詰め込み醤油ベースの出し汁で炊き上げたもの。爪楊枝等で米が飛び出さないように留める事がある。米はもち米とうるち米を混ぜる。胴身に詰める具材として、下足を細かく刻んだものや筍、人参、油揚げなどを入れることもある。 駅弁 函館本線森駅の駅弁調製業者だった阿部弁当店(現在のいかめし阿部商店)が、第二次世界大戦中の1941年、戦時体制による食糧統制で米が不足していたために、当時豊漁だったスルメイカを用いて米を節約しても作れる料理として考案した。ソ連の侵攻に備えて北海道に配置された若い兵士たちに、もち米入りで腹持ちが良いと評判を呼んだという。 戦後の1966年に京王百貨店で『第1回元祖有名駅弁と全国うまいもの大会』が行われ、阿部弁当店はこの大会に烏賊飯を出品した。第2回には早くも売り上げ1位となり、以後同大会をはじめとする「駅弁大会」の常連となった。 (Wikipedia:烏賊飯)

烏賊のポンポン焼
『ポンポン焼き』より : ポンポン焼きは青森県八戸市とその周辺の太平洋沿岸に伝わる、イカを使った郷土料理。 ぽっぽ焼きとも呼ばれる。(ただし、単にぽっぽ焼きと呼ぶと別の料理になるため、「イカのぽっぽ焼き」と、「イカの」をつけることが多い。) 調理方法の一例 イカの胴体からゴロ(内臓)とゲソ(下足)を抜き取り、水洗いする。 ゴロからスミ袋を取り去る。 ゴロ、ゲソ、ネギ、しょうが、味醂、砂糖、味噌等を混ぜて炒める。 3を胴体に詰め、爪楊枝で閉じて、フライパンや網で焼く。 関連項目 烏賊飯 - 北海道渡島地方のイカを使った郷土料理。 (Wikipedia:烏賊のポンポン焼)

烏賊のぽんぽん焼
『ポンポン焼き』より : ポンポン焼きは青森県八戸市とその周辺の太平洋沿岸に伝わる、イカを使った郷土料理。 ぽっぽ焼きとも呼ばれる。(ただし、単にぽっぽ焼きと呼ぶと別の料理になるため、「イカのぽっぽ焼き」と、「イカの」をつけることが多い。) 調理方法の一例 イカの胴体からゴロ(内臓)とゲソ(下足)を抜き取り、水洗いする。 ゴロからスミ袋を取り去る。 ゴロ、ゲソ、ネギ、しょうが、味醂、砂糖、味噌等を混ぜて炒める。 3を胴体に詰め、爪楊枝で閉じて、フライパンや網で焼く。 関連項目 烏賊飯 - 北海道渡島地方のイカを使った郷土料理。 (Wikipedia:烏賊のぽんぽん焼)

烏賊のぽんぽん焼き
『ポンポン焼き』より : ポンポン焼きは青森県八戸市とその周辺の太平洋沿岸に伝わる、イカを使った郷土料理。 ぽっぽ焼きとも呼ばれる。(ただし、単にぽっぽ焼きと呼ぶと別の料理になるため、「イカのぽっぽ焼き」と、「イカの」をつけることが多い。) 調理方法の一例 イカの胴体からゴロ(内臓)とゲソ(下足)を抜き取り、水洗いする。 ゴロからスミ袋を取り去る。 ゴロ、ゲソ、ネギ、しょうが、味醂、砂糖、味噌等を混ぜて炒める。 3を胴体に詰め、爪楊枝で閉じて、フライパンや網で焼く。 関連項目 烏賊飯 - 北海道渡島地方のイカを使った郷土料理。 (Wikipedia:烏賊のぽんぽん焼き)

烏賊のポンポン焼き
『ポンポン焼き』より : ポンポン焼きは青森県八戸市とその周辺の太平洋沿岸に伝わる、イカを使った郷土料理。 ぽっぽ焼きとも呼ばれる。(ただし、単にぽっぽ焼きと呼ぶと別の料理になるため、「イカのぽっぽ焼き」と、「イカの」をつけることが多い。) 調理方法の一例 イカの胴体からゴロ(内臓)とゲソ(下足)を抜き取り、水洗いする。 ゴロからスミ袋を取り去る。 ゴロ、ゲソ、ネギ、しょうが、味醂、砂糖、味噌等を混ぜて炒める。 3を胴体に詰め、爪楊枝で閉じて、フライパンや網で焼く。 関連項目 烏賊飯 - 北海道渡島地方のイカを使った郷土料理。 (Wikipedia:烏賊のポンポン焼き)

烏賊そうめん
イカそうめん(同義異字:烏賊素麺、いかソーメン、等々)は、生のイカを麺状に細く切り、醤油やつゆ(めんつゆ)を付けて「文字通りそうめんのように」啜って食べる日本料理。北海道、特にイカの水揚げで知られる函館の名産として紹介される。 語源 「イカそうめん」は、古くから定着した言葉ではない。北海道出身の渡辺淳一『これを食べなきゃ―わたしの食物史』(1995年)によれば、当時の感覚で「最近」流行ってきた呼称で、「もとをただせば、イカ刺しを細かく切ったものに過ぎない」という。これより四半世紀遡る著作で、楠本憲吉は、イカそうめんと同じく「丼一杯、生イカをトコロテンのように切って盛ったものと、土しょうがのおろしと醬油」のことを、〈海のそうめん〉と紹介するが、ただしその言い方には語弊がある。 イカの身を2枚あるいは3枚に分け、包丁で細切りに引いていく。文字通り「素麺のように細く」とする文献もあるが、「トコロテンのよう」、「幅5mm」などと太さについての記述はまちまちである。 (Wikipedia:烏賊そうめん)

烏賊素麺
『烏賊そうめん』より : イカそうめん(同義異字:烏賊素麺、いかソーメン、等々)は、生のイカを麺状に細く切り、醤油やつゆ(めんつゆ)を付けて「文字通りそうめんのように」啜って食べる日本料理。北海道、特にイカの水揚げで知られる函館の名産として紹介される。 語源 「イカそうめん」は、古くから定着した言葉ではない。北海道出身の渡辺淳一『これを食べなきゃ―わたしの食物史』(1995年)によれば、当時の感覚で「最近」流行ってきた呼称で、「もとをただせば、イカ刺しを細かく切ったものに過ぎない」という。これより四半世紀遡る著作で、楠本憲吉は、イカそうめんと同じく「丼一杯、生イカをトコロテンのように切って盛ったものと、土しょうがのおろしと醬油」のことを、〈海のそうめん〉と紹介するが、ただしその言い方には語弊がある。 イカの身を2枚あるいは3枚に分け、包丁で細切りに引いていく。文字通り「素麺のように細く」とする文献もあるが、「トコロテンのよう」、「幅5mm」などと太さについての記述はまちまちである。 (Wikipedia:烏賊素麺)


烏賊 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

烏賊 - アマゾン検索


「烏賊」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す