[PR]

日別キーワード

第9位  アラビア語 - 2018年11月08日


関連するイメージは見つかりませんでした



アラビア語
アラビア語(アラビアご、اللغة العربية, UNGEGN式:al-lughatu l-ʻarabīyah, アッ=ルガトゥル=アラビーヤ)は、アフロ・アジア語族のセム語派に属する言語の一つ。主に西アジアや北アフリカのアラブ世界で話されている。ISO 639による言語コードは、2字が ar 、3字が ara で表される。 日本語では亜語あるいは亜と表記される。 世界で3番目に多くの国と地域で使用されている言語であり、アラビア半島やその周辺、サハラ砂漠以北のアフリカ北部の領域を中心に(非独立地域を含めて)27か国で公用語とされており、また、国連の公用語においては、後から追加された唯一の言語でもある。 「アラビア語」は、もともとアラビア半島で話されていたが、北アフリカやイラク、シリア方面まで広がった。次の2つに大きく分類する。 文語(昔のアラビア語、もしくはクルアーンに使用されている):フスハー(正則アラビア語・現代標準アラビア語 (MSA) とも。 (Wikipedia:アラビア語)

アラビア語会話
アラビア語会話(-ごかいわ)は、NHK教育テレビジョン NHK教育テレビで放送された各国語学講座 語学番組である。
アラビア語は、国際連合における6つの公式言語のひとつであるが、NHKでは唯一、定番講座として放送されていなかった。そこで、2002年12月からラジオ講座の『アラビア語入門』(全12回)が、さらに2003年夏には6回シリーズの『短期集中講座・アラビア語入門』が、それぞれ放送され、定番化に向けた検証が行われた。このシリーズは翌年にかけて繰り返し放送された。
この番組は集中講座で培ったノウハウと反省点を踏まえて、2004年10月にスタートした。放送開始にあたっては、放送枠を捻出するため、長年低視聴者数が続いていた『ロシア語会話』の放送期間を1年から半年に短縮した。翌2005年度は、1年を通して再放送。2006年度は、放送時間短縮に伴って新作を放送し、これを2007年度末まで再び繰り返し放送した。さらにNHK改革のあおりを受け、2008年度も上期に第2シリーズが再々放送された。
(Wikipedia:アラビア語会話)

アラビア語イラク方言
イラク国内においても地方によって方言的が違いが見られる。たとえば、標準的なアラビア語イラク方言であるバグダッドの方言では「犬」をchalabと言うのに対して、モスルの方言ではkalabと言う。また、「西瓜」を標準的なアラビア語イラク方言ではragiと言うのに対し、モスルの方言では古い語彙であるshimzieと言う。
以下にフスハーとバグダッドを中心としたイラク方言とを比較した表を示す。なおアーンミーヤは昨今でこそ表記されるようになったが、元来は書き表す言語ではなかったために正式な綴りというものが存在しない。綴りや発音は参考程度のものとして参照されたい。
フスハーイラク方言意味解説
綴り例発音
أناأني
آنيānī
anī主格となる1人称単数の指示代名詞
(Wikipedia:アラビア語イラク方言)

アラビア語エジプト方言
アラビア語のエジプト方言はアラビア語口語(アーンミーヤ)の方言の一つで、一般的にはカイロで話されている口語のことをいう。 エジプト内でも地域ごとに方言の隔たりはあるが、テレビ・ラジオが普及し、カイロが中東における映画、テレビドラマ、大衆音楽制作の中心的地位を占めるようになったことから、カイロの話し言葉が事実上の「標準語」として国中に広がったほか、エジプト国外でもエジプト口語を理解できるアラブ人は多い。 エジプト人の本来の母語はエジプト語であり、イスラムの征服当時は初期コプト語とよばれるギリシャ語の強い影響を蒙った形のエジプト語が使用されていた。これは当時の東ローマ帝国の公用語がギリシャ語であったためである。 イスラムの侵略と征服により、アラビア語が行政言語としてギリシャ語に取って代わり、エジプト人は新たなバイリンガリズムに晒されることとなった。およそ3~4世紀にわたって、コプト語を日常言語としアラビア語を公的な言語とするというバイリンガリズム(時にはかつての公用語であるギリシャ語をも加えたトリリンガリズム)が継続したが、次第にアラビア語が優勢となり母語置換を起こすようになった。 (Wikipedia:アラビア語エジプト方言)

アラビア語版ウィキペディア
アラビア語版ウィキペディアはアラビア語で執筆・編集されているウィキペディア。2009年8月に記事の数は100,000を越えた。2013年12月には250,000記事を超えた。2013年12月10日現在250,150本の記事がある。 なお、pの発音が正則アラビア語には存在しないため、Wikipediaのアラビア語表記はbの音価を持つبに置き換えて"ويكيبيديا"と綴られ、綴りの上における読みは『ウィキビディア(Wikibidia)』になる。 デザイン 多くの言語のウィキペディアでは背景は水位表写真に無地であるが、アラビア語版ではアラベスクの柄が使用されている。 レイアウト アラビア語は右から文章を読んでいくため、右から左に向かって文字を綴ると同時に全体のレイアウトを右寄せにするスタイルシートを読み込んで用いている。多くのウェブブラウザでは検索ボックスやナビゲーションなどが日本語版等の左から右に向かって書く言語のものとは左右逆に配置されたレイアウトとしてレンダリングされる。 (Wikipedia:アラビア語版ウィキペディア)


アラビア語 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アラビア語 - アマゾン検索


「アラビア語」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す