[PR]

日別キーワード

第14位  国際司法裁判所 - 2018年11月08日


関連するイメージは見つかりませんでした



国際司法裁判所
国際司法裁判所(こくさいしほうさいばんしょ、英: International Court of Justice、略称:ICJ、仏: Cour internationale de Justice)は、国際連合の主要な常設の国際司法機関のことで、オランダのハーグに本部を置く。その役割は、国家間の法律的紛争、即ち国際紛争を裁判によって解決、または、法律的問題に意見を与えることである。国際法における権威であり、その法律的意見は、国際法に多大な影響を与える。世界裁判所(World Court)とも呼ばれる。 国際法一般を扱う常設司法裁判所という点において、常設仲裁裁判所、国際海洋法裁判所、国際刑事裁判所(ICC、2003年3月発足)などとは区別され、異なる意義を有する。 1946年、国際司法裁判所規程(1945年発効)に基づいて国際連合の主要な司法機関として(規程1条)設立された。裁判所は、原則として常に開廷されることが宣言されており(規程23条)、常設性が明言されている。 当事者となりうるのは国家のみである(規程34条)。 (Wikipedia:国際司法裁判所)

国際司法裁判所規程
国際司法裁判所規程(こくさいしほうさいばんしょきてい、The Statute of the International Court of Justice)は、国際司法裁判所の構成、管轄、手続きなどを規定する国際条約。1945年6月26日にサンフランシスコ会議で採択され、同年10月24日発効。国際連合憲章と不可分であり、すべての国連加盟国は本規程の当事国となることが義務づけられている。 国連憲章との関係 国際連合憲章の第14章に国際司法裁判所についての規定があり、第93条1で「すべて国際連合加盟国は、当然に、国際司法裁判所の当事国となる。」と規定されている。 成立 1945年6月26日 - サンフランシスコ会議にて採択 1945年10月24日 - 発効 日本 1954年3月17日 - 国会承認 1954年4月2日 - 受諾書寄託・効力発生・公布(条約第2号、「日本国が国際司法裁判所規程の当事国となるための条件に関する文書」も同条約にて公布) 1958年9月15日 - 第36条2の規定に基づく国際司法裁判所の強制管轄を承認する宣言を行う(1958年9月15日国連事務総長宛寄託)。 (Wikipedia:国際司法裁判所規程)


国際司法裁判所 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

国際司法裁判所 - アマゾン検索


「国際司法裁判所」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す