[PR]

日別キーワード

第15位  三菱UFJ - 2018年11月08日


関連するイメージは見つかりませんでした



三菱UFJ
『三菱UFJフィナンシャル・グループ』より : 株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループ(みつびしユーエフジェイフィナンシャルグループ、英文社名: Mitsubishi UFJ Financial Group, Inc.、略称: MUFG)は、日本の金融持株会社であり、TOPIX Core30の構成銘柄の一つである。 また、子会社の企業で構成する企業集団も「三菱UFJフィナンシャル・グループ」(略称「MUFG」)と称する。上場銘柄としての略称は、「三菱UFJ」を使用している。 現在、三菱UFJフィナンシャル・グループは三菱東京UFJ銀行、三菱UFJ信託銀行、三菱UFJ証券ホールディングス、三菱UFJリース、三菱UFJニコスなど主要中核5社を中心とした「総合金融グループ」としている。 2001年4月2日に株式会社東京三菱銀行(現・株式会社三菱東京UFJ銀行)、三菱信託銀行株式会社(現・三菱UFJ信託銀行株式会社)及び日本信託銀行株式会社(2001年10月1日に三菱信託銀行株式会社に吸収合併され消滅)が株式移転し、株式会社三菱東京フィナンシャル・グループとして設立。 (Wikipedia:三菱UFJ)

三菱UFJホールディングス
『三菱UFJフィナンシャル・グループ』より : 株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループ(みつびしユーエフジェイフィナンシャルグループ、英文社名: Mitsubishi UFJ Financial Group, Inc.、略称: MUFG)は、日本の金融持株会社であり、TOPIX Core30の構成銘柄の一つである。 また、子会社の企業で構成する企業集団も「三菱UFJフィナンシャル・グループ」(略称「MUFG」)と称する。上場銘柄としての略称は、「三菱UFJ」を使用している。 現在、三菱UFJフィナンシャル・グループは三菱東京UFJ銀行、三菱UFJ信託銀行、三菱UFJ証券ホールディングス、三菱UFJリース、三菱UFJニコスなど主要中核5社を中心とした「総合金融グループ」としている。 2001年4月2日に株式会社東京三菱銀行(現・株式会社三菱東京UFJ銀行)、三菱信託銀行株式会社(現・三菱UFJ信託銀行株式会社)及び日本信託銀行株式会社(2001年10月1日に三菱信託銀行株式会社に吸収合併され消滅)が株式移転し、株式会社三菱東京フィナンシャル・グループとして設立。 (Wikipedia:三菱UFJホールディングス)

三菱UFJフィナンシャルグループ
『三菱UFJフィナンシャル・グループ』より : 株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループ(みつびしユーエフジェイフィナンシャルグループ、英文社名: Mitsubishi UFJ Financial Group, Inc.、略称: MUFG)は、日本の金融持株会社であり、TOPIX Core30の構成銘柄の一つである。 また、子会社の企業で構成する企業集団も「三菱UFJフィナンシャル・グループ」(略称「MUFG」)と称する。上場銘柄としての略称は、「三菱UFJ」を使用している。 現在、三菱UFJフィナンシャル・グループは三菱東京UFJ銀行、三菱UFJ信託銀行、三菱UFJ証券ホールディングス、三菱UFJリース、三菱UFJニコスなど主要中核5社を中心とした「総合金融グループ」としている。 2001年4月2日に株式会社東京三菱銀行(現・株式会社三菱東京UFJ銀行)、三菱信託銀行株式会社(現・三菱UFJ信託銀行株式会社)及び日本信託銀行株式会社(2001年10月1日に三菱信託銀行株式会社に吸収合併され消滅)が株式移転し、株式会社三菱東京フィナンシャル・グループとして設立。 (Wikipedia:三菱UFJフィナンシャルグループ)

三菱UFJフィナンシャル・グループ
株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループ(みつびしユーエフジェイフィナンシャルグループ、英文社名: Mitsubishi UFJ Financial Group, Inc.、略称: MUFG)は、日本の金融持株会社であり、TOPIX Core30の構成銘柄の一つである。 また、子会社の企業で構成する企業集団も「三菱UFJフィナンシャル・グループ」(略称「MUFG」)と称する。上場銘柄としての略称は、「三菱UFJ」を使用している。 現在、三菱UFJフィナンシャル・グループは三菱東京UFJ銀行、三菱UFJ信託銀行、三菱UFJ証券ホールディングス、三菱UFJリース、三菱UFJニコスなど主要中核5社を中心とした「総合金融グループ」としている。 2001年4月2日に株式会社東京三菱銀行(現・株式会社三菱東京UFJ銀行)、三菱信託銀行株式会社(現・三菱UFJ信託銀行株式会社)及び日本信託銀行株式会社(2001年10月1日に三菱信託銀行株式会社に吸収合併され消滅)が株式移転し、株式会社三菱東京フィナンシャル・グループとして設立。 (Wikipedia:三菱UFJフィナンシャル・グループ)

三菱UFJ信託銀行
三菱UFJ信託銀行株式会社(みつびしユーエフジェイしんたくぎんこう、英称:Mitsubishi UFJ Trust and Banking Corporation、略称:MUTB)は、2005年(平成17年)10月に設立された、三菱UFJフィナンシャル・グループ傘下の子会社で日本の信託銀行である。信託業務では三井住友信託銀行に次ぎ国内第2位の規模である。 旧三菱東京フィナンシャル・グループ傘下の商業銀行部門である東京三菱銀行とUFJ銀行の二社合併と同様に、信託銀行部門である三菱信託銀行(みつびししんたくぎんこう、英称:The Mitsubishi Trust and Banking Corporation、略称:MTB)とUFJホールディングス傘下の旧三和銀行系の旧UFJ信託銀行(旧々東洋信託銀行)との二社合併により誕生した。 (Wikipedia:三菱UFJ信託銀行)

三菱UFJ証券
三菱UFJ証券(みつびしゆーえふじぇいしょうけん) 2005年10月1日から2010年3月31日まで存在した、同名の証券会社(初代法人)。現在の三菱UFJ証券ホールディングス。証券会社としての事業は、下記の法人が継承している。 2010年4月1日から2010年4月30日まで存在した、同名の証券会社(2代目法人)。出資構成の変更に伴って商号変更し、現在の三菱UFJモルガン・スタンレー証券。 (Wikipedia:三菱UFJ証券)

三菱UFJリース
社名 三菱UFJリース株式会社
英文社名 Mitsubishi UFJ Lease & Finance Company Limited
ロゴ
種類 株式会社
略称 MUL
郵便番号=100-6525
本社所在地 東京都千代田区丸の内1-5-1新丸の内ビルディング
電話番号 03-3287-6452
設立 1971年4月12日
業種 その他金融業
統一金融機関コード
SWIFTコード
事業内容
代表者 代表取締役社長 小幡尚孝
資本金 331億9,604万円
売上高 8,186億1800万円
総資産 3兆9,090億7,700万円
従業員数 1,030人単体、2,122名連結
(Wikipedia:三菱UFJリース)

三菱UFJニコス
三菱UFJニコス株式会社(みつびしユーエフジェイニコス、英: Mitsubishi UFJ NICOS Co., Ltd.)は、株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)の子会社で、国内最大のクレジットカード会社である。年間取扱高は7兆8,198億63百万円。前身のディーシーカードが三菱系のクレジットカード会社であったことから三菱広報委員会の会員である一方、同じく前身のUFJニコスが三和系のクレジットカード会社であったことからみどり会の会員でもある。 1951年6月7日に、日本信用販売株式会社(後に商号を日本信販株式会社に変更)として設立され、信販最大手であった。2005年10月1日に株式会社UFJ銀行(現・株式会社三菱東京UFJ銀行)の子会社となり、同日に株式会社UFJカード、2006年10月1日に協同クレジットサービス株式会社、2007年4月1日に株式会社ディーシーカードをそれぞれ吸収合併し、2008年4月1日に個品割賦事業をジャックスへ事業譲渡し、銀行系クレジットカード会社に転換した。 (Wikipedia:三菱UFJニコス)

三菱UFJメリルリンチPB証券
三菱UFJモルガン・スタンレーPB証券株式会社(みつびしユーエフジェイ・モルガン・スタンレー・ピービーしょうけん)は、プライベート・バンキング業務を行う証券会社である。 2005年9月に三菱東京フィナンシャル・グループ(現・三菱UFJフィナンシャル・グループ)とメリルリンチグループが対等の立場での合弁契約を締結。2006年5月1日に営業を開始した。旧山一證券から引き継いだメリルリンチ日本証券の個人顧客部門を会社分割により承継した会社で、メリルリンチ日本証券の顧客約1万人と約1兆4000億円の金融資産を引き継いでいる。事業は富裕層向けに特化しているため、顧客は資産1億円以上を対象となっており、2010年において2万人超が同証券を利用している。 2008年に三菱UFJがモルガン・スタンレーに出資、またメリルリンチがバンク・オブ・アメリカに買収され、周辺環境に変化が生じる。この時点では、同社では「合弁の枠組みに変化はない」としていた。 しかし、2012年12月にメリルリンチが出資を引揚げ、株主は三菱UFJ証券ホールディングス(51.0%)と三菱東京UFJ銀行(49.0%)の2社となり、当面は商号を変更しないとしていたが、2014年3月24日に商号を三菱UFJモルガン・スタンレーPB証券に変更。 (Wikipedia:三菱UFJメリルリンチPB証券)

三菱UFJリサーチ&コンサルティング
(Wikipedia:三菱UFJリサーチ&コンサルティング)

三菱UFJリサーチ&コンサルティング
三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社(みつびしユーエフジェイリサーチアンドコンサルティング)は、UFJ総合研究所と三菱系ビジネスコンサルティング会社が統合して誕生した日本のシンクタンク。略称はMURC。 著名な研究者・エコノミスト・政界人を多数輩出していることでも知られ、政策研究・提言、マクロ経済調査、コンサルティング、グローバル経営サポート、セミナー等を通じた人材育成支援など、国内外にわたる幅広い事業分野において多様なサービスを展開している。 他の多くのシンクタンクがシステムコンサルティングやシステム構築を事業の主力とする中で、同社はシステム開発部門を持たない純粋なシンクタンクであることが大きな特徴だと言える。 三和銀行と東海銀行の合併に伴い、2002年4月に両行のシンクタンク部門である三和総合研究所と東海総合研究所が合併し、UFJ総合研究所として発足した。 さらに、UFJ銀行と東京三菱銀行の合併に伴い、2006年1月にUFJ総合研究所、ダイヤモンドビジネスコンサルティング、東京リサーチインターナショナルの三社が合併し、現在の体様となった。 (Wikipedia:三菱UFJリサーチ&コンサルティング)

三菱UFJ不動産販売
三菱UFJ不動産販売株式会社(みつびしユーエフジェーふどうさんはんばい)は、三菱UFJフィナンシャル・グループの不動産会社。 事業内容 不動産の売買・交換の媒介・代理およびこれに付帯・関連する業務 不動産を主たる信託財産とする信託受益権の売買の媒介 事業所 首都圏:22センター、5法人営業室、本店営業部(リテール営業室・法人営業室)、東京法人業務部、営業開発部 名古屋圏:3センター、名古屋法人営業部法人営業室 関西圏:7センター、大阪法人営業部(大阪、神戸サテライト、京都サテライト) 沿革 2001年(平成13年)10月 - 菱信住宅販売(株)と日信住宅販売(株)が経営統合し、日信住宅販売(株)を存続会社として社名変更、三菱信不動産販売株式会社となる。 (Wikipedia:三菱UFJ不動産販売)


三菱UFJ - 関連ブログ

データが取得できませんでした

三菱UFJ - アマゾン検索


「三菱UFJ」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す