[PR]

日別キーワード

第46位  アネモネ - 2018年11月08日


関連するイメージは見つかりませんでした



アネモネ
アネモネ(学名:Anemone coronaria)はキンポウゲ科イチリンソウ属の多年草。和名はボタンイチゲ(牡丹一華)、ハナイチゲ(花一華)、ベニバナオキナグサ(紅花翁草)。または、アネモネ属(Anemone)の総称を表すこともある。 地中海原産で、語源はギリシア語で「風」を意味するΆνεμος (anemos)から。ギリシア神話中に、美少年アドニスが流した血よりこの植物が産まれたとする伝説があり、稀にアドニスと呼ぶこともある。なお、adonisはフクジュソウ属の学名である。 一般に春先に花を開くが、その花は一重のものから八重咲きのもの、花色も桃、青、赤、白等。草丈も切花用の高性のものから矮性種まで、野生種のみではなく、現在では様々な園芸品種が栽培されている。 種は長い毛を有し、風によって運ばれる。このため「風」が由来となっている名前が各地で見られる。花弁はなく、萼片が同じ働きをしている。 アルメニアの国花。 栽培 実生または球根から栽培するが、よほどに園芸に詳しい者でない限り、球根から栽培した方がよい。 (Wikipedia:アネモネ)

アネモネステークス
アネモネステークス (Anemone Stakes) とは、日本中央競馬会 (JRA) が中山競馬場の芝1600メートルで施行する中央競馬の競走である。競走名はアネモネから。 中央競馬のクラシック競走である桜花賞のトライアル競走のひとつ。上位2着までに入賞した競走馬には桜花賞の優先出走権が与えられる。2000年に阪神競馬場から施行場が移され、関東圏では唯一の桜花賞トライアルとなっている。 桜花賞の前哨戦となる牝馬限定の競走はほかに桜花賞と同じ阪神競馬場で施行されるトライアル競走のチューリップ賞とフィリーズレビュー、および中山競馬場のフラワーカップが存在しているが、それらが重賞であるのに対して本競走はオープン特別として施行されている。 出走資格はサラブレッド系3歳(旧4歳)のJRA所属の牝馬の競走馬および地方競馬所属の牝馬の競走馬(2頭まで)。負担重量は馬齢重量で54キログラムである。 総額賞金は3,620万円で、1着賞金1,900万円、2着賞金760万円、3着賞金480万円、4着賞金290万円、5着賞金190万円と定められている。 (Wikipedia:アネモネステークス)

アネモネ賞
『アネモネステークス』より : アネモネステークス (Anemone Stakes) とは、日本中央競馬会 (JRA) が中山競馬場の芝1600メートルで施行する中央競馬の競走である。競走名はアネモネから。 中央競馬のクラシック競走である桜花賞のトライアル競走のひとつ。上位2着までに入賞した競走馬には桜花賞の優先出走権が与えられる。2000年に阪神競馬場から施行場が移され、関東圏では唯一の桜花賞トライアルとなっている。 桜花賞の前哨戦となる牝馬限定の競走はほかに桜花賞と同じ阪神競馬場で施行されるトライアル競走のチューリップ賞とフィリーズレビュー、および中山競馬場のフラワーカップが存在しているが、それらが重賞であるのに対して本競走はオープン特別として施行されている。 出走資格はサラブレッド系3歳(旧4歳)のJRA所属の牝馬の競走馬および地方競馬所属の牝馬の競走馬(2頭まで)。負担重量は馬齢重量で54キログラムである。 総額賞金は3,620万円で、1着賞金1,900万円、2着賞金760万円、3着賞金480万円、4着賞金290万円、5着賞金190万円と定められている。 (Wikipedia:アネモネ賞)


アネモネ - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アネモネ - アマゾン検索


「アネモネ」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す