[PR]

日別キーワード

第48位  アメリカ合衆国 - 2018年11月08日


関連するイメージは見つかりませんでした



アメリカ合衆国
アメリカ合衆国 United States of America 国の標語:E pluribus unum(1776年 - 現在)(ラテン語: 多数からひとつへ)In God We Trust(1956年 - 現在)(英語: 我ら神を信ず) 国歌:星条旗 アメリカ合衆国の位置 アメリカ合衆国(アメリカがっしゅうこく、英語: United States of America)、通称アメリカ、米国(べいこく)は、50の州及び連邦区から成る連邦共和国である。アメリカ本土の48州及びワシントンD.C.は、カナダ及びメキシコの間の北アメリカ中央に位置する。アラスカ州は北アメリカ北西部、ハワイ州は中部太平洋における多島海である。同国は、太平洋及びカリブに5つの有人の海外領土及び9つの無人の海外領土をも有する。985万km2の総面積は世界第3位又は第4位、3億1千7百万人の人口は世界第3位である。同国は世界で最も民族的に多様かつ多文化な国の1つであり、これは多くの国からの大規模な移住の産物である。 (Wikipedia:アメリカ合衆国)

アメリカ合衆国の野鳥一覧
(Wikipedia:アメリカ合衆国の野鳥一覧)

アメリカ合衆国とイランの関係
以後、イランとアメリカ合衆国は第二次世界大戦後の時代まで政治的・文化的な同盟国であり、この政治的同盟関係は1979年まで維持された。しかし紛争的諸事件の惹起により、両国間の関係は緊張状態に入ることになった。
1880年代前半に始まる公式の政治関係以前に、アメリカ人はイランに旅している。ジャスティン・パーキンスとアサヘル・グラントがアメリカ外国宣教団評議会によってイランに派遣されたのは1834年のことであった。
政府による直接の接触は、ナーセロッディーン・シャーの有名なワズィール 宰相・アミール・キャビールの時代である。アミール・キャビールは、イラン海軍の創設のため、ブーシェフルでの海軍基地建設への援助について、アメリカ合衆国との協定に署名したSee:
(Wikipedia:アメリカ合衆国とイランの関係)

アメリカ合衆国の空港の一覧
アメリカ合衆国の空港の一覧はアメリカ合衆国の地方行政区画 州またはw:Insular area Insular areaによって分類し都市順に並べたものである。
アメリカ合衆国内には数多くの空港があるため、この一覧では年間10,000人以上の旅客搭乗がある定期旅客サービスを提供している公共空港だけを掲載している(連邦航空局によって”主要空港”と分類)。
目次:  アラバマ州 アラバマ州 – アラスカ州 アラスカ州 – アリゾナ州 アリゾナ州 – アーカンソー州 アーカンソー州 – カリフォルニア州 カリフォルニア州 – コロラド州 コロラド州 – コネチカット州 コネチカット州 – デラウェア州 デラウェア州 – フロリダ州 フロリダ州 – ジョージア州 ジョージア州 – ハワイ州 ハワイ州 – アイダホ州 アイダホ州 – イリノイ州 イリノイ州 – インディアナ州 インディアナ州 – アイオワ州 アイオワ州 – カンザス州 カンザス州 – ケンタッキー州 ケンタッキー州 – ルイジアナ州 ルイジアナ州 – メイン州 メイン州 – メリーランド州 メリーランド州 – マサチューセッツ州 マサチューセッツ州 – ミシガン州 ミシガン州 – ミネソタ州 ミネソタ州 – ミシシッピ州 ミシシッピ州 – ミズーリ州 ミズーリ州 – モンタナ州 モンタナ州 – ネブラスカ州 ネブラスカ州 – ネバダ州 ネバダ州 – ニューハンプシャー州 ニューハンプシャー州 – ニュージャージー州 ニュージャージー州 – ニューメキシコ州 ニューメキシコ州 – ニューヨーク州 ニューヨーク州 – ノースカロライナ州 ノースカロライナ州 – ノースダコタ州 ノースダコタ州 – オハイオ州 オハイオ州 – オクラホマ州 オクラホマ州 – オレゴン州 オレゴン州 – ペンシルベニア州 ペンシルベニア州 – ロードアイランド州 ロードアイランド州 – サウスカロライナ州 サウスカロライナ州 – サウスダコタ州 サウスダコタ州 – テネシー州 テネシー州 – テキサス州 テキサス州 – ユタ州 ユタ州 – バーモント州 バーモント州 – バージニア州 バージニア州 – ワシントン州 ワシントン州 – ウェストバージニア州 ウェストバージニア州 – ウィスコンシン州 ウィスコンシン州 – ワイオミング州 ワイオミング州 – アメリカ領サモア アメリカ領サモア – グアム グアム – プエルトリコ プエルトリコ – 北マリアナ諸島 北マリアナ諸島 – アメリカ領ヴァージン諸島 アメリカ領ヴァージン諸島 – 注釈 注釈 – 参考文献 参考文献
(Wikipedia:アメリカ合衆国の空港の一覧)

アメリカ合衆国の警察
ファイル:US DoD Police patch.jpg right 130px
アメリカ合衆国の警察(アメリカのけいさつ)は、アメリカが連邦制であることに加え、自治の権限が高いことから、連邦、州、郡 (アメリカ合衆国) 郡、市、町、村の各政府が、独自の組織を対象とする管轄(多くはアメリカ合衆国の地方行政区画 行政区画)ごとに設置できる。日本の皇宮警察本部 皇宮警察や麻薬取締官のような特別な法執行機関も多数存在し、日本では考えられないような組織にも警察権が与えられている。
警察と言えばポリス(”police”)であるが、元々はそれよりも歴史のあるシェリフ(”sheriff”)を補佐する目的で設置された。そのほか、マーシャル(”marshal”)、コンスタブル(”constable”)など、警察以外にも警察活動を行う法執行機関が非常に多く、日本では便宜上、それらも警察と訳されることが多々ある。総員1名のタウンマーシャルのようなものから約38,000名の警察官を擁するニューヨーク市警察まで、法執行機関の数は20,000前後あるとも言われ、都市部では法執行官でさえ自分の管轄内に知らない法執行機関があるほど複雑である。
(Wikipedia:アメリカ合衆国の警察)

アメリカ合衆国南部
アメリカ合衆国南部(アメリカがっしゅうこくなんぶ、Southern United States)、またはアメリカ南部 (American South)、単に南部 (the South) とも呼ばれる地域は、アメリカ合衆国南東部に所在する一定の地域を指す。連邦に対する州の権限 州独自の権限(:en:States” rights states” rights)を強く求める立場、奴隷制 奴隷制度、南北戦争の名残りなど、地域にはユニークな文化的・歴史的な遺産が残っていることもあって、独自の習慣・文学・料理・音楽(カントリー・ミュージック・ジャズ・ブルーグラス・ロックンロール・ブルースなど)が発達している。
File:US map-SouthRevrev.png thumb 300px アメリカ合衆国の「南部」の範囲。情報源によって「南部」が指す範囲は大きく異なる。濃い赤は普通南部に含まれる範囲、斜線の部分は含まれたり含まれなかったりする
(Wikipedia:アメリカ合衆国南部)

アメリカ合衆国のスポーツ
ここでは、主にアメリカ合衆国内のスポーツ事情について記述する。競技そのものに関する詳細な記述に関しては個別の項目を参照の事。
アメリカ合衆国におけるスポーツは、各競技団体によって運営されているプロスポーツや大学などのカレッジスポーツを中心に行われている。特に、アメリカ4大スポーツ(アメリカンフットボール・野球・バスケットボール・アイスホッケー)はいずれもアメリカ国内ではとても人気が高い競技である。これら4つの競技の頂点に立つプロスポーツリーグの、MLB(野球)・NFL(アメリカンフットボール)・NBA(バスケットボール)・NHL(アイスホッケー)は、俗に「北米4大プロスポーツ(リーグ)」と称されている。
70年代までは、国内の音楽文化と同様に、これらのスポーツも「人種」や「世代」、「階級」ごとに区切って、各々の階層に好まれているスポーツを分別化する事ができたが、アフリカ系アメリカ人への差別が希薄になった事やメキシコなどから来たヒスパニック系などといった新しい人種の移民が急激に増加した今日では、国内の音楽文化と同様にあまり意味をなさなくなっている。
(Wikipedia:アメリカ合衆国のスポーツ)

アメリカ合衆国の歴史
アメリカ合衆国の歴史(アメリカがっしゅうこくのれきし)では、アメリカ合衆国の歴史について述べる。 経過 植民地時代以前(先コロンブス期) 北アメリカ大陸に最初に住んだ人々はアジア系のモンゴロイドである。彼らインディアンは氷河期であったおよそ3万年前から1万年前にかけて、凍結したベーリング海などを渡ってシベリアからアラスカを経由して広大な南北アメリカ大陸各地に分散していった。こうした人々インディアンは母系社会による独自の文化を育んだが、広大な土地に比べれば、人口はごくわずかであった。インディアンによる統一したアイデンティティは発生せず、部族それぞれが独自の国家を形成する形で分散した。 なお10世紀末頃ノルマン人(ヴァイキング)の航海士レイフ・エリクソン率いる船団が北米へ達しアメリカ大陸を発見したとサガに記されている。一行は現在のカナダのバフィン島に到達し、そのまま南下をしニューイングランドからニューヨーク州一帯を新天地として「ヴィンランド」と名付け定住を試みたが、先住民のスクレリングと折り合いがつかず抗争へと発展し長続きはせず、十年ほどで放棄されレイフ・エリクソン一行は元の入植地であるグリーンランドへと戻ったとされている。 (Wikipedia:アメリカ合衆国の歴史)

アメリカ合衆国史
『アメリカ合衆国の歴史』より : アメリカ合衆国の歴史(アメリカがっしゅうこくのれきし)では、アメリカ合衆国の歴史について述べる。 経過 植民地時代以前(先コロンブス期) 北アメリカ大陸に最初に住んだ人々はアジア系のモンゴロイドである。彼らインディアンは氷河期であったおよそ3万年前から1万年前にかけて、凍結したベーリング海などを渡ってシベリアからアラスカを経由して広大な南北アメリカ大陸各地に分散していった。こうした人々インディアンは母系社会による独自の文化を育んだが、広大な土地に比べれば、人口はごくわずかであった。インディアンによる統一したアイデンティティは発生せず、部族それぞれが独自の国家を形成する形で分散した。 なお10世紀末頃ノルマン人(ヴァイキング)の航海士レイフ・エリクソン率いる船団が北米へ達しアメリカ大陸を発見したとサガに記されている。一行は現在のカナダのバフィン島に到達し、そのまま南下をしニューイングランドからニューヨーク州一帯を新天地として「ヴィンランド」と名付け定住を試みたが、先住民のスクレリングと折り合いがつかず抗争へと発展し長続きはせず、十年ほどで放棄されレイフ・エリクソン一行は元の入植地であるグリーンランドへと戻ったとされている。 (Wikipedia:アメリカ合衆国史)

アメリカ合衆国連邦裁判所
アメリカ合衆国連邦裁判所(アメリカがっしゅうこくれんぽうさいばんしょ、United States federal courts)は、アメリカ合衆国における連邦政府の司法府であり、合衆国憲法と法律の下で組織された裁判所のシステムである。最高裁判所(連邦最高裁)と各種の下級裁判所(控訴裁判所、地方裁判所等)から成る。 各州の設置・運営する州裁判所とは別の機関で、独立した制度を構成している。具体的には、州裁判所は主に州法に関する事件を、連邦裁判所は主に連邦法に関する事件を管轄している(#管轄参照)。 役割と司法権の独立 連邦最高裁とその下に設置される下級裁判所は、合衆国憲法3条によってアメリカ合衆国の司法権を与えられた組織である。公平かつ公正に事実認定及び法の解釈を行い、法的な紛争を解決することを責務としており、特に合衆国憲法によって与えられた権利と自由を守るという役割を持つことから、「憲法の番人」と呼ばれる。 (Wikipedia:アメリカ合衆国連邦裁判所)

アメリカ合衆国の国家科学賞受勲者の一覧
『アメリカ国家科学賞受賞者の一覧』より : アメリカ国家科学賞受賞者の一覧(あめりかこっかかがくしょうじゅしょうしゃのいちらん)では、アメリカ国家科学賞の受賞者を、学術の分野別、年代順に羅列する。
1964年 - ロジャー・アダムス(:en:Roger Adams Roger Adams)、オスマー・アマン(Othmar H. Ammann)、セオドシアス・ドブザンスキー(:en:Theodosius Dobzhansky Theodosius Dobzhansky)、チャールズ・ドレーパー(Charles S. Draper)、ソロモン・レフシェッツ(Solomon Lefschetz)、ニール・エルガー・ミラー(Neal Elgar Miller)、ハーストン・モース(H. Marston Morse)、マーシャル・ニレンバーグ(:en:Marshall W. Nirenberg Marshall W. Nirenberg)
1986年 - ハーバート・サイモン(Herbert A. Simon)
1987年 - アン・アナスタシ(Anne Anastasi)、ジョージ・スティグラー(George J. Stigler)
(Wikipedia:アメリカ合衆国の国家科学賞受勲者の一覧)

アメリカ合衆国の地方行政区画
アメリカ合衆国の50の州 (state) は連邦政府とは主権を共有しながらも独立した準国家統治体である。州は連邦政府の設置によるものではなく自立的に作られた統治体で、その自律性は非常に高い。(アメリカ合衆国の州を地方行政区画、あるいは地方自治体に準じた見方をするのは誤りである。詳しくは「アメリカ合衆国の州」を参照。)個別の州毎に憲法を持ち、州内の自治体設立も州の権限でおこなっている。 各州の地方行政体系・自治構成単位の構成・構造はかならずしも同一ではないが、基本的に州憲法で地域で分割した行政単位として郡(county、ルイジアナ州では parish、アラスカ州では borough)が設置されている。郡は日本の都道府県庁に似た機能をもつ実体的な地方行政組織である。デラウェア州が3郡、テキサス州が254郡を有するといった幅があるが50州で計3,100ほどの郡がある。郡の行政機関は郡政府と日本語訳される。 各州には郡とは別の地方行政区画として各種の自治体があり、これらは日本における市町村レベルの機能とほぼ同等で、合衆国全体で計84,400ほどある。 (Wikipedia:アメリカ合衆国の地方行政区画)

アメリカ合衆国の州一覧
『アメリカ合衆国の地方行政区画』より : アメリカ合衆国の州(アメリカがっしゅうこくのしゅう)は、連邦国家であるアメリカ合衆国を構成する「国」で、現在50ある。個々の州と連邦は国家主権を共有している。 なお、ワシントンD.C.のみ、唯一、連邦政府直轄地区であって州ではない。 各州が公式に採用している「州」にあたる英語はステート(state、英語発音: [ˈsteit] ステイトゥ)が多いが、マサチューセッツ、ペンシルベニア、バージニア、ケンタッキーの計4州は、コモンウェルス(commonwealth、英語発音: [ˈkɑmənˌwelθ] カマンウェルス)を用いる。いずれも国を意味する語である。 独立宣言当時は13州であったが、独立戦争後、割譲、買収、併合を経て、現在は50州ある。 州は連邦とは主権を共有しながらも独立した主体である。大陸会議において独立を宣言した13植民地が起源で、各州は連邦によって設置されたわけではなく、逆に州が連合して連邦政府を設置したのであり、その自律性が非常に高い。 (Wikipedia:アメリカ合衆国の州一覧)

アメリカ合衆国の州
『アメリカ合衆国の地方行政区画』より : アメリカ合衆国の州(アメリカがっしゅうこくのしゅう)は、連邦国家であるアメリカ合衆国を構成する「国」で、現在50ある。個々の州と連邦は国家主権を共有している。 なお、ワシントンD.C.のみ、唯一、連邦政府直轄地区であって州ではない。 各州が公式に採用している「州」にあたる英語はステート(state、英語発音: [ˈsteit] ステイトゥ)が多いが、マサチューセッツ、ペンシルベニア、バージニア、ケンタッキーの計4州は、コモンウェルス(commonwealth、英語発音: [ˈkɑmənˌwelθ] カマンウェルス)を用いる。いずれも国を意味する語である。 独立宣言当時は13州であったが、独立戦争後、割譲、買収、併合を経て、現在は50州ある。 州は連邦とは主権を共有しながらも独立した主体である。大陸会議において独立を宣言した13植民地が起源で、各州は連邦によって設置されたわけではなく、逆に州が連合して連邦政府を設置したのであり、その自律性が非常に高い。 (Wikipedia:アメリカ合衆国の州)

アメリカ合衆国大統領選挙
アメリカ合衆国大統領選挙(アメリカがっしゅうこくだいとうりょうせんきょ、United States presidential election)は、アメリカ合衆国大統領を選出するための選挙。この選挙は、具体的には数次のプロセスに分かれているが、一般に、4年毎、11月に行われる一連の選挙手続き、予備選挙となる立候補者選出および立候補者による選挙運動から選挙人による本選挙・投票・開票までの全プロセスの総称である。 各年次の大統領選挙に関する詳細は、末尾のテンプレート、または結果の表の「年」の列からリンクされている個別の記事を参照。 アメリカ合衆国憲法第二条:大統領と副大統領の任期 大統領選挙はアメリカ合衆国憲法第2条の第1節、修正第12条、同第22条および同第23条に規定される。大統領および副大統領は4年の任期を務める。 選挙の規定 選挙権と被選挙権 大統領選挙の選挙権は、米国籍者に限り、永住権者には選挙権が無い。 (Wikipedia:アメリカ合衆国大統領選挙)

アメリカ合衆国皇帝
『ジョシュア・ノートン』より : ジョシュア・エイブラハム・ノートン(Joshua Abraham Norton、1819年? - 1880年1月8日)は19世紀のアメリカに実在した王位僭称者。 自身を皇帝ノートン1世(Emperor Norton I)と称し、更には当時アメリカと敵対状態にあったメキシコの保護者として帝位請求を行った。 イギリス生まれのイングランド人で、南アフリカで幼少期を過ごした資産家の子息であった。彼は1849年にサンフランシスコに邸宅を購入してアメリカに移り住み、父親から受け継いだ遺産4万ドルを運用して一財を作った。成功した実業家として裕福な生活を送っていたが、ペルー米の投機に失敗して破産したことを契機に正気を失ったとされている。 彼の行為は打算や野心ではなく、狂気に陥ったことによるものだと考えられるが、彼の皇帝として要求した内容は温和なものであり、実際に先進的で価値のある発想が多く含まれていた。特に、サンフランシスコにかかる大橋とトンネルの建設というアイデアは後に実現されている(サンフランシスコ・オークランド・ベイブリッジ、トランスベイ・チューブ)。 (Wikipedia:アメリカ合衆国皇帝)

アメリカ合衆国副大統領
アメリカ合衆国副大統領(アメリカがっしゅうこくふくだいとうりょう、Vice President of the United States、略称:VPOTUS、通称:VP(ヴィーピー)・Veep(ヴィープ))は、アメリカ合衆国の行政府を代表する第2位の官職である。 職務 大統領が死亡・辞任・免職などにより欠けた場合は、副大統領が大統領に昇格する。事故・病気などにより大統領が一時的に職務遂行不能になった場合は、副大統領が臨時に大統領権限を代行する。 副大統領はまた上院議長を兼務し、可否同数の場合のみ均衡を破る1票 (議長決裁票、tie breaking votes) を投じる。ただし副大統領は上院議員ではないので、今日では実際に上院本会議場に赴いて議事進行を司ったり採決に加わったりすることは稀であるが、皆無ではない(通常の議事進行は上院仮議長代行が行う)。議院規則により、議論に参加することはできない。今日でも、大統領の一般教書演説などが行なわれる上下両院合同会議が開かれるときに下院本会議場で下院議長と共に務める共同議長の役目は、副大統領の議事進行の姿として広く認知されている。 (Wikipedia:アメリカ合衆国副大統領)

アメリカ合衆国空軍
『アメリカ空軍』より : アメリカ空軍(アメリカくうぐん、United States Air Force, 略称:USAF(ユサフ))は、アメリカ軍の航空部門である。アメリカ合衆国空軍、あるいは単に合衆国空軍、ほかに米空軍とも呼ばれる。任務は「アメリカ合衆国を防衛し、航空宇宙戦力によってその国益を守ること」である。 当初、海軍に属さない航空戦力は陸軍が受け持っていたが、国家安全保障法の策定により陸軍より独立、1947年9月18日に設立された。設立から今日まで、世界各地の多くの戦争や紛争に関与してきた歴史がある。2000年代現在、アメリカ空軍は7,000機以上の航空機を運用する世界最大の空軍であり、世界各地に空軍基地をもつ。 戦闘機・爆撃機・輸送機・大陸間弾道ミサイルなどを擁し、制空・航空攻撃・物資輸送・核抑止能力保持が任務の中心である。また、軍事衛星打ち上げ・運用においても中心的な役割を果たしている。対潜哨戒機および艦載機はアメリカ海軍、攻撃ヘリコプターおよび長距離地対空ミサイルはアメリカ陸軍の管轄となり、それらは有していない。 (Wikipedia:アメリカ合衆国空軍)

アメリカ合衆国のバスケットボール選手一覧
<バスケットボール選手一覧
アメリカ合衆国のバスケットボール選手一覧(アメリカがっしゅうこくのバスケットボールせんしゅいちらん) : アメリカ合衆国のバスケットボールの選手の、姓の五十音順の一覧。
アレン・アイバーソン (Allen Iverson)
セモン・アウグストゥス (Seimone Augustus)
ヴァル・アッカーマン (Val Ackerman)
ネイト・アーチボルト (Nate Archibald)
ロン・アーテスト (Ron Artest)
リック・アデルマン (Rick Adelman)
チャッキー・アトキンス (Chucky Atkins)
ジュリアス・アービング (Julius Erving)
カリーム・アブドゥル=ジャバー (Kareem Abdul-Jabbar)
シャリーフ・アブドゥル=ラヒム (Shareef Abdur-Rahim)
マクムード・アブドゥル=ラウーフ (Mahmoud Abdul-Rauf)
ダレル・アームストロング (Darrell Armstrong)
(Wikipedia:アメリカ合衆国のバスケットボール選手一覧)

アメリカ合衆国連邦最高裁判所
『合衆国最高裁判所』より : アメリカ合衆国最高裁判所(アメリカがっしゅうこくさいこうさいばんしょ、Supreme Court of the United States、略称:SCOTUS)は、アメリカ合衆国の最上級の裁判所であり、アメリカ合衆国連邦政府の司法府(連邦裁判所)を統括する。合衆国憲法第3条第1節の規定に基づき設置された唯一の裁判所(他の連邦の下級裁判所は連邦法に従って設置されている)。 日本では連邦最高裁判所と呼ぶことも多い。 合衆国最高裁判所は、その長官である首席判事(しゅせきはんじ、Chief Justice)と8人の陪席判事(ばいせきはんじ、Associate Justices)から構成される。この首席判事のことを日本では便宜上、最高裁長官(さいこうさいちょうかん)と意訳している。 最高裁長官と陪席判事は、大統領が指名し、任命するが、任命には上院による助言と同意が必要とされる(合衆国憲法2条2節2項)。最高裁長官と陪席判事はいずれも終身制で、本人が死去または自ら引退するまでその地位を保証され、弾劾裁判以外の理由では解任されることはない(同3条1節。 (Wikipedia:アメリカ合衆国連邦最高裁判所)


アメリカ合衆国 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アメリカ合衆国 - アマゾン検索


「アメリカ合衆国」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す