[PR]

日別キーワード

第53位  オールナイトニッポン - 2018年11月08日


関連するイメージは見つかりませんでした



オールナイトニッポン
『オールナイトニッポン』(All Night-NIPPON)は、日本のラジオ放送局・ニッポン放送をキー局として日本全国で放送されているラジオの深夜放送である。通称「オールナイト」、「ANN」。なお、ここでは現在の放送枠である25:00 - 27:00の内容のほか、「オールナイトニッポン」をタイトル内に含む番組全体の歴史などについても記述する。詳細については枠・番組の記事をそれぞれ参照のこと。 1967年(昭和42年)10月2日の番組開始以来のラジオの長寿番組である。放送開始当初から今日に至るまで全国的な人気を誇り、深夜放送の代名詞的存在となっている。この番組から数多くの人気ラジオパーソナリティが生まれ、「若手芸能人の登竜門」とも呼ばれる。 さらに、ニッポン放送といえば「オールナイトニッポン」といわれるほどのニッポン放送を代表する看板番組であり、2015年6月現在ニッポン放送制作番組の中で、放送期間は『テレフォン人生相談』に次ぐ第2位となっている。 (Wikipedia:オールナイトニッポン)

オールナイトニッポンのパーソナリティ一覧
オールナイトニッポンのパーソナリティ一覧は、ニッポン放送で放送されているオールナイトニッポンのパーソナリティを担当した人物の一覧。
無印・・・2部制導入前など2部が存在しない場合
1部・・・オールナイトニッポン1部、もしくは2003年4月以降の無印(通称1部)
com・・・@llnightnippon.com
2部・・・オールナイトニッポン2部
r、R・・・オールナイトニッポンR allnightnippon-r、オールナイトニッポンR
夜10時台
SUPER・・・Allnightnippon SUPER! allnightnippon SUPER!
いいネ・・・オールナイトニッポンいいネ!
GOLD・・・オールナイトニッポンGOLD
DX・・・オールナイトニッポンDX
○印・・・レギュラー経験者のレギュラー前単発特番
●印・・・レギュラー経験者の復活特番(単発)
(Wikipedia:オールナイトニッポンのパーソナリティ一覧)

オールナイトニッポンR スペシャルナイト
オールナイトニッポンR(オールナイトニッポンアール)は、ニッポン放送をキーステーションに放送されているラジオ番組放送枠であり、「オールナイトニッポン」関連番組の一つである。この記事では、単発で放送されたパーソナリティの時間、いわゆる週替わり枠についても、以下で詳述する。 従前まで、オールナイトニッポンとしては25:00 - 29:00までを一つの大きな枠とし、その中で2時間ずつ枠を区切り放送されていた。その中で、半公式的に『第2部』と呼ばれていた後半の2時間が、月曜日から木曜日において30分短縮された際に、事実上改称された形で開始した。「オールナイトニッポンR」「ナイトR」「○○のANNR」「○○のR」(○○はパーソナリティ名)と略して表記される場合がある(主に新聞番組表における、文字数の都合によるもの)。 1998年3月30日スタート。当初は27:00 - 28:30(深夜〔翌日未明〕3:00 - 4:30)に放送していた(金・土曜日は当初から29:00まで)。 (Wikipedia:オールナイトニッポンR スペシャルナイト)

オールナイトニッポンエバーグリーン
『オールナイトニッポンエバーグリーン』は、ニッポン放送をキーステーションに一部のNRN系列局及び、ラジオ関西(独立放送局)で平日深夜に放送されていたリクエスト番組である。 パーソナリティは、かつて『オールナイトニッポン』でカメ&アンコーとして亀渕昭信(カメ)とともに人気を博したアンコーこと斉藤安弘が務めた。 通称はエバーグリーン、エバグリ。 番組タイトルには深夜放送の代名詞とも言える『オールナイトニッポン』を称している番組であるが、それまで同時間帯枠で放送されていた『オールナイトニッポン(第2部)』→『オールナイトニッポンR』の流れとは異なり、中高年層から支持されている『ラジオ深夜便』(NHKラジオ)(特に3時台の"日本の歌 こころの歌")とリクエスト番組『あなたへモーニングコール』(TBSラジオ)に対抗するため、中高年層やかつてオールナイトニッポン(ないしは深夜放送)のリスナーを意識したものになっており、紹介される曲目は20曲前後と、トークが中心となっている現在のオールナイトニッポンの主流とは一線を画したものとなっている。 (Wikipedia:オールナイトニッポンエバーグリーン)

オールナイトニッポン・エバーグリーン
『オールナイトニッポンエバーグリーン』より : 『オールナイトニッポンエバーグリーン』は、ニッポン放送をキーステーションに一部のNRN系列局及び、ラジオ関西(独立放送局)で平日深夜に放送されていたリクエスト番組である。 パーソナリティは、かつて『オールナイトニッポン』でカメ&アンコーとして亀渕昭信(カメ)とともに人気を博したアンコーこと斉藤安弘が務めた。 通称はエバーグリーン、エバグリ。 番組タイトルには深夜放送の代名詞とも言える『オールナイトニッポン』を称している番組であるが、それまで同時間帯枠で放送されていた『オールナイトニッポン(第2部)』→『オールナイトニッポンR』の流れとは異なり、中高年層から支持されている『ラジオ深夜便』(NHKラジオ)(特に3時台の"日本の歌 こころの歌")とリクエスト番組『あなたへモーニングコール』(TBSラジオ)に対抗するため、中高年層やかつてオールナイトニッポン(ないしは深夜放送)のリスナーを意識したものになっており、紹介される曲目は20曲前後と、トークが中心となっている現在のオールナイトニッポンの主流とは一線を画したものとなっている。 (Wikipedia:オールナイトニッポン・エバーグリーン)

オールナイトニッポンエバーグリーン増刊号
『オールナイトニッポンエバーグリーン』より : 『オールナイトニッポンエバーグリーン』は、ニッポン放送をキーステーションに一部のNRN系列局及び、ラジオ関西(独立放送局)で平日深夜に放送されていたリクエスト番組である。 パーソナリティは、かつて『オールナイトニッポン』でカメ&アンコーとして亀渕昭信(カメ)とともに人気を博したアンコーこと斉藤安弘が務めた。 通称はエバーグリーン、エバグリ。 番組タイトルには深夜放送の代名詞とも言える『オールナイトニッポン』を称している番組であるが、それまで同時間帯枠で放送されていた『オールナイトニッポン(第2部)』→『オールナイトニッポンR』の流れとは異なり、中高年層から支持されている『ラジオ深夜便』(NHKラジオ)(特に3時台の"日本の歌 こころの歌")とリクエスト番組『あなたへモーニングコール』(TBSラジオ)に対抗するため、中高年層やかつてオールナイトニッポン(ないしは深夜放送)のリスナーを意識したものになっており、紹介される曲目は20曲前後と、トークが中心となっている現在のオールナイトニッポンの主流とは一線を画したものとなっている。 (Wikipedia:オールナイトニッポンエバーグリーン増刊号)

オールナイトニッポンR
オールナイトニッポンR(オールナイトニッポンアール)は、ニッポン放送をキーステーションに放送されているラジオ番組放送枠であり、「オールナイトニッポン」関連番組の一つである。この記事では、単発で放送されたパーソナリティの時間、いわゆる週替わり枠についても、以下で詳述する。 従前まで、オールナイトニッポンとしては25:00 - 29:00までを一つの大きな枠とし、その中で2時間ずつ枠を区切り放送されていた。その中で、半公式的に『第2部』と呼ばれていた後半の2時間が、月曜日から木曜日において30分短縮された際に、事実上改称された形で開始した。「オールナイトニッポンR」「ナイトR」「○○のANNR」「○○のR」(○○はパーソナリティ名)と略して表記される場合がある(主に新聞番組表における、文字数の都合によるもの)。 1998年3月30日スタート。当初は27:00 - 28:30(深夜〔翌日未明〕3:00 - 4:30)に放送していた(金・土曜日は当初から29:00まで)。 (Wikipedia:オールナイトニッポンR)

オールナイトニッポン 週替わりスペシャル
『オールナイトニッポン 週替わりスペシャル』(オールナイトニッポンしゅうがわりスペシャル)は、ニッポン放送の深夜番組、オールナイトニッポンの金曜2部において1994年から1996年の間、木曜2部において1997年から1998年の間に、および、金曜1部において、2003年から2004年のに、それぞれ週替わりで放送されていた深夜放送ラジオ番組である。 (※この枠には特に統一タイトルが無かったため、本項目のタイトルとしては、オールナイトニッポン35周年記念アルバム「ON AIR オールナイトニッポン パーソナリティーズヒッツ」(ポニーキャニオン)のブックレットの年表に記載されているものに準拠。) 1994年 - 1996年・金曜2部 金曜2部の枠が週替わりとなったのは1994年4月8日から1996年6月28日まで。そのトップを切ったのは、後に同じオールナイトニッポンの金曜1部のパーソナリティを務めることとなるますだおかだだった。この他にも、1995年から「ドリアン助川の正義のラジオ!ジャンベルジャン!」のパーソナリティとなるドリアン助川、そして後にオールナイトニッポンのパーソナリティとなる古内東子、木村匡也、西川貴教(T.M.Revolution)、2005年7月5日からパーソナリティを務めているくりぃむしちゅー(この当時は海砂利水魚)など、この枠で起用されたパーソナリティの中から後にニッポン放送でパーソナリティを務めている人が何人か出ている。 (Wikipedia:オールナイトニッポン 週替わりスペシャル)

オールナイトニッポンアゲイン
オールナイトニッポンアゲイン(All Night Nippon Again)とは、ニッポン放送で放送されていたラジオ番組、及びBSフジで放送されていたテレビ番組。
ラジオでは、2006年10月8日放送開始。テレビでは、2006年11月5日放送開始。いずれも2007年4月1日放送終了。
放送開始から40年目を迎える「オールナイトニッポン」の歴代パーソナリティを迎え、それぞれのエピソードや往時のコーナーを復活させる。
また、「笑福亭鶴光 デジラジキングダム」(前年度ナイターオフ期の同時間で放送されていた番組)に続き、BSフジと連動して放送される。「デジラジ~」では1コーナー「お笑いネクストブレーカー」だけがBSフジで放送されていたが、本年度は番組全体がBSフジで放送される。
(Wikipedia:オールナイトニッポンアゲイン)

オールナイトニッポン・コム
『@llnightnippon.com』より : @llnightnippon.com(オールナイトニッポン・コム)は、ニッポン放送LF+Rをキーステーションに、1999年3月29日〜2003年3月29日まで放送していたラジオ番組である。 放送時間は月曜日から土曜日の25:00 - 27:00。 番組開始から半年間はインターネットや携帯電話を利用し、電子メールなどを活用していく試みが行われていた。またオールナイトニッポンの代名詞でもあるテーマ曲の「BITTERSWEET SAMBA」もその半年間は流されず、番組ごとに異なるテーマ曲が使われていた。半年後の1999年10月から番組終了までは「BITTERSWEET SAMBA」が流された。 開始当初は番組名が@llnightnippon com.(ドットが最後尾にある)だった。また、局のタイムテーブルによっては、「allnightnippon.com」と表記されたり、後続の「allnightnippon-r」も「@llnightnippon-r」と表記されることもあったが、いずれも間違いである。 (Wikipedia:オールナイトニッポン・コム)

オールナイトニッポンレコード
オールナイトニッポンレコードは、ニッポン放送ほかで放送されていたラジオ番組。2004年4月以降、ニッポン放送では放送されなくなった。2006年9月30日放送終了。 主に、インディーズのアーティストを番組(ニッポン放送独自)のレーベル「オールナイトニッポンレコード(旧称LF+R RECORD)」に所属させ、番組出演やコンピレーションCDの制作、ライブを行うなどの企画をしていた。 沿革 2002年4月から9月まで、28:30–29:00 (JST) の時間帯は音楽とは関連の薄いネタコーナーなども行っていた。 2003年4月から10月までの上記時間帯では「DASEINのオールナイトニッポンレコード」を放送、11月から2004年3月までの上記時間帯では、「オールナイトニッポンレコード2」と題して、レーベル内アーティストの一人が30分間トークをするコーナーが設けられた。 (Wikipedia:オールナイトニッポンレコード)

オールナイトニッポン ラジオ・チャリティー・ミュージックソン
オールナイトニッポン ラジオ・チャリティー・ミュージックソンは、毎年12月24日にニッポン放送が製作放送している「ラジオ・チャリティー・ミュージックソン」内で生放送されているラジオ番組。同局製作のオールナイトニッポンの特別番組である。 テーマソングは「BITTER SWEET SAMBA」をクリスマス&アップテンポアレンジしたものを使用している(後ろや冒頭で、シャンシャンシャン・・・と音が鳴る、鐘の音の付加、「BITTER〜」の前に「ジングルベル」の1フレーズが演奏されている)。 放送日時とネット局 毎年12月24日 午後22:00 - 24:00(オールナイトニッポン MUSIC10/オールナイトニッポンGOLD枠) - 通常19局ネットのところ、全国11局ネットとなっている(レギュラーのMUSIC10/GOLDをネットしているSTVラジオ・青森放送・IBC岩手放送・和歌山放送・九州朝日放送の5局はラジオ・チャリティー・ミュージックソンをローカルで放送しているため、基本的にこの番組をネットしていない。 (Wikipedia:オールナイトニッポン ラジオ・チャリティー・ミュージックソン)

オールナイトニッポン高校水泳部
オールナイトニッポン高校水泳部(-こうこうすいえいぶ)は、2006年8月28日から9月2日までのスペシャルウィーク中に実施された「オールナイトニッポン」1部の全曜日連動企画。映画「ラフ ROUGH」にちなんで作ったパーソナリティほぼ総出演のラジオドラマが全6話で放送され、各話ごとの内容にちなんだクイズの答えを全て書いて応募するとオールナイトニッポンプロデュースの世界にひとつだけのノートパソコンが当たるかもしれないとされた。主題歌は映画同様スキマスイッチの「ガラナ」。 キャスト 落語研究会→水泳部員・昇太 - 春風亭昇太 プール清掃員・上田 - 上田晋也(くりぃむしちゅー) 水泳部員・有田 - 有田哲平(くりぃむしちゅー) ※アゴ田はあだ名 放送部員、プールアナウンス担当 - 松浦亜弥 ナレーション - 岡村隆史(ナインティナイン) 水泳部員・矢部 - 矢部浩之(ナインティナイン) 水泳部のエース。 (Wikipedia:オールナイトニッポン高校水泳部)

オールナイトニッポンDX
オールナイトニッポンDX(オールナイトニッポンデラックス)は、1997年10月-1998年3月まで放送されていたラジオ番組。 同番組は、同局の深夜放送『オールナイトニッポン』放送開始30周年を記念して、ナイターオフシーズンの半年間限定で放送された番組であり、番組パーソナリティも1970~80年代に『オールナイトニッポン』のパーソナリティを務めた有名人が担当していた。また番組内でのジングルも、かつて『オールナイトニッポン』で使用されていたものが流されていた。 しかし同時間帯にニッポン放送では、これまでのナイターオフシーズン同様に『ヨッ!お疲れさん』が地方局向けに裏送りで制作されており、多くの地方局では『オールナイトニッポンDX』よりも『ヨッ!お疲れさん』をネットしている局のほうが多かった。 ニッポン放送では、同番組の中で19時台にサントリーがスポンサーを務めていたが、そのCMではかつて『オールナイトニッポン』のパーソナリティを務めた有名人(おもにアナウンサーをはじめとするニッポン放送職員)が、当時の思い出やウイスキーについて語っており、オールナイトウイスキーやビバウイスキーなどといったジングルがCM中に使用されていた。 (Wikipedia:オールナイトニッポンDX)

オールナイトニッポンTV
オールナイトニッポンTV(オールナイトニッポンティービー)はフジテレビ系で放送されたテレビ特番。放送日時は日本標準時。 フジテレビの子会社(2005年以前はフジテレビの親会社だった)であるラジオ局・ニッポン放送で放送されているオールナイトニッポンのテレビ版である。 なお、この項目で取り上げられている福山雅治・西川貴教版と松任谷由実版とは関連性はまったくなく、制作プロデューサーが同じだけである。 福山雅治・西川貴教のオールナイトニッポンTV 2001年9月30日18:45-21:00放送。 「ラジオパーソナリティがリスナーの夢を応援して叶える」という目的で、福山と西川が世界一周旅行に出かけた。旅の最中にも福山雅治のオールナイトニッポンサタデースペシャル・魂のラジオと西川貴教のallnightnippon SUPER!で経過を報告する様子も放送。 アフリカケニアでリスナーと一緒にパラグライダーをし、写真家志望の女性リスナーと一緒にモスクワを回った。当時シアトル・マリナーズに在籍していた佐々木主浩に、野球をしていたリスナーを会わせた。 (Wikipedia:オールナイトニッポンTV)

オールナイトニッポンR 有楽町音楽室
『有楽町音楽室コハ・ラ・スマートのオールナイトニッポンR』より : オールナイトニッポン 有楽町音楽室(オールナイトニッポン ゆうらくちょうおんがくしつ)は、ニッポン放送の深夜番組オールナイトニッポンの1つでバカボン鬼塚がパーソナリティを担当し放送しているラジオ番組。なおこの項目では前身番組であるオールナイトニッポンR 有楽町音楽室についても記載する。 25時台のオールナイトニッポンは通常ならば、「(パーソナリティの名前)のオールナイトニッポン」とつくが、それ以外の25時台レギュラーのオールナイトニッポンタイトルとしては2004年3月に終了した「リスナーズBEST」以来、3年ぶりとなっていた。 ニッポン放送による、新人アーティストを発掘するプロジェクト。番組と連動した企画として、定期ライブの開催・収録、携帯電話等での音源配信などを行っていた。 2006年2月24日:オールナイトニッポンR スペシャルナイト枠・オールナイトニッポンR 有楽町音楽室として27:00-29:00に放送。 (Wikipedia:オールナイトニッポンR 有楽町音楽室)

オールナイトニッポンフライデー・長渕剛今夜もバリサン
『長渕剛のオールナイトニッポンフライデースペシャル・今夜もバリサン』より : 長渕剛のオールナイトニッポンフライデースペシャル・今夜もバリサンは、ニッポン放送ほかで、2003年4月から9月にかけて、金曜日の22:00 - 24:00の時間帯において放送していたラジオ番組の名前。いわゆる「オールナイトニッポンいいネ!」の金曜版扱いだった。 パーソナリティー 長渕剛 ネットしていた局 STVラジオ(当時は札幌テレビ放送が運営) 青森放送 IBC岩手放送 山形放送 ラジオ福島 信越放送 山梨放送 北日本放送 北陸放送 福井放送 静岡放送 東海ラジオ KBS京都 KBS滋賀 和歌山放送 AM KOBE 558(現・ラジオ関西) 山陰放送 中国放送 山口放送 西日本放送 南海放送 高知放送 九州朝日放送 大分放送 長崎放送 NBCラジオ佐賀 熊本放送 宮崎放送 南日本放送 関連項目 オールナイトニッポン オールナイトニッポン FRIDAY SPECIAL - 当番組の終了後、2003年10月の一ヶ月間のみ新設された枠。 (Wikipedia:オールナイトニッポンフライデー・長渕剛今夜もバリサン)

オールナイトニッポンいいネ!
オールナイトニッポンいいネ!は、ニッポン放送をキーステーションに2003年3月31日~2004年3月25日に放送されていたヤング・ラジオ番組である。オールナイトニッポンシリーズの1つ。 ニッポン放送の夜ワイド~深夜枠レーベルLF+R廃止に伴い、allnightnippon SUPER!に代わって2003年3月31日スタート。 タイトルにいいネ!とあるが、同時期に、ニッポン放送で番組を持っていたクレイジーケンバンドの横山剣がよく口にするフレーズ「イイね!」とは無関係である。後に横山は自らの番組「クレイジー剣のィ夜のラジオ」で、勝手に使われたと冗談交じりで言っている。 放送時間は前番組の「allnightnippon SUPER」に引き続き、月曜日-木曜日の22:00-24:00で、テーマソングは25時台のビター・スウィート・サンバではなく、H.EATの「眠る前に」だった。 (Wikipedia:オールナイトニッポンいいネ!)

オールナイトニッポンR ねとらじアワード
オールナイトニッポンR ねとらじアワード(おーるないとにっぽんあーる ねとらじあわーど)とはニッポン放送のラジオ番組オールナイトニッポンR スペシャルナイトで放送された番組である。パーソナリティーはモーリー・ロバートソンと河野麻子。 放送時間 2005年12月30日金曜日27:00 - 5:00 備考 ニッポン放送とライブドアの初の共同企画により実現した番組である。 録音で放送された。 ポッドキャストでも配信された(著作権の都合によって音楽などカットされた)。 コーナー ねとらじ事件簿 ねとらじをやっていて、聞いていて起こったハプニングや出来事、思わず笑ったこの一言、ちょっと感動した話などなどねとらじに関わるお話・エピソードを送る(ねとらじリスナー向け)。 私は聞いたこんなねとらじ! 自分が聞いた「ねとらじ」を送る(オールナイトニッポンリスナー向け)。 ゲスト 曽我部恵一 あやや先生 嶌 ykp kobaryu ノベルティグッズ 『ニッポン放送×livedoorダブルネームグッズ』 外部リンク オールナイトニッポンR ねとらじアワード(ニッポン放送) livedoorxニッポン放送 ねとらじのツボ(ライブドア)。 (Wikipedia:オールナイトニッポンR ねとらじアワード)

オールナイトニッポンR スペシャルナイト
オールナイトニッポンR(オールナイトニッポンアール)は、ニッポン放送をキーステーションに放送されているラジオ番組放送枠であり、「オールナイトニッポン」関連番組の一つである。この記事では、単発で放送されたパーソナリティの時間、いわゆる週替わり枠についても、以下で詳述する。 従前まで、オールナイトニッポンとしては25:00 - 29:00までを一つの大きな枠とし、その中で2時間ずつ枠を区切り放送されていた。その中で、半公式的に『第2部』と呼ばれていた後半の2時間が、月曜日から木曜日において30分短縮された際に、事実上改称された形で開始した。「オールナイトニッポンR」「ナイトR」「○○のANNR」「○○のR」(○○はパーソナリティ名)と略して表記される場合がある(主に新聞番組表における、文字数の都合によるもの)。 1998年3月30日スタート。当初は27:00 - 28:30(深夜〔翌日未明〕3:00 - 4:30)に放送していた(金・土曜日は当初から29:00まで)。 (Wikipedia:オールナイトニッポンR スペシャルナイト)


オールナイトニッポン - 関連ブログ

データが取得できませんでした

オールナイトニッポン - アマゾン検索


「オールナイトニッポン」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す