[PR]

日別キーワード

第63位  トロイア - 2018年11月08日


関連するイメージは見つかりませんでした



トロイア
トロイア (Troia) イリオスの別名 (Troia)。ギリシア神話に登場する古代都市。 トローイア (Troia) - イタリアの町。 トロイア半島 - ポルトガルの半島。 『ファイナルファンタジーIV』に登場する国。 (Wikipedia:トロイア)

トロイア戦争にかかわる伝説
トロイア戦争にかかわる伝説(トロイアせんそうにかかわるでんせつ)では、トロイア戦争にかかわる伝説について記す。 登場人物 アカイア勢 大アイアース 小アイアース アキレウス アガメムノーン アンティロコス イードメネウス オデュッセウス カルカース シノーン ディオメーデース テルシーテース パラメーデース パトロクロス ピロクテーテース プローテシラーオス ネストール メネラーオス マカーオーン = 関連人物 = アイギストス アトレウス イーピゲネイア エーレクトラー オレステース クリュタイムネーストラー タンタロス テラモーン テーレマコス テューデウス テュエステース ピュラデース ブリーセーイス ペロプス ポイアース = 関連する神々 = アテーナー テティス ヘーラー ポセイドーン トロイア勢 アイネイアース アステュアナクス(スカマンドリオス) アンドロマケー エウリュピュロス カッサンドラー サルペードーン ドローン (ギリシア神話) ヘクトール パリス(アレクサンドロス) ヘレネー プリアモス(ポダルケース) ヘレノース ペンテシレイア メムノーン ラーオコーン = 関連人物 = トロース イーロス アッサラコス ガニュメーデース = 関連する神々 = アレース アポローン アルテミス その他 ヘーラクレース クリューセーイス クリューセース 前史 ガニュメーデス アポローンとポセイドーンがイーリオンを作る。 (Wikipedia:トロイア戦争にかかわる伝説)

トロイア文明
『イリオス』より : イリオス(古代ギリシア語イオニア方言形:Ἴλιος, Īlios イーリオス)は、ギリシア神話に登場する都市。イリオン(イオニア方言形:Ἴλιον, Īliov イーリオン)、トロイア(アッティカ方言形:Τροία, Troia トロイア、イオニア方言形:Τροίη, Troiē トロイエー、ドーリス方言形:Τρωία, Trōia トローイア)、トロイ(英語:Troy)、トロイアー(古典ラテン語:Troja トロイヤ)などとも呼ばれる。現在のトルコ北西部、ダーダネルス海峡以南(同海峡の東側、アジア側、トルコ語ではトゥルヴァ)にあったとされる。遺跡の入り口には、有名な「トロイの木馬」の複製が建てられている。 一般に、ハインリヒ・シュリーマンによって発掘された遺跡がイリオスに比定されている。神話ではかなりの規模を持った都市国家であるが、現在発掘によって確認される遺跡は城塞以上のものではない。ギリシア神話においては、アガメムノーンを頭とするアカイア軍に滅ぼされたとされ、そのあらましはホメロスの『イーリアス』をはじめとする叙事詩環に描かれている。 (Wikipedia:トロイア文明)

トロイア戦争
トロイア戦争(Τρωικός πόλεμος, 英語 Trojan War)とは、小アジアのトロイアに対して、ミュケーナイを中心とするアカイア人の遠征軍が行ったギリシア神話上の戦争である。トロイア、あるいはトローアスという呼称は、後の時代にイーリオス一帯の地域につけられたものである。この戦役は、古代ギリシアにおいて、ホメーロスの英雄叙事詩『イーリアス』、『オデュッセイア』のほか、『キュプリア』、『アイティオピス』、『イーリオスの陥落』などから成る一大叙事詩環を構成した。またウェルギリウスはトロイア滅亡後のアイネイアースの遍歴を『アエネーイス』にて描いている。 原因 この戦の起因は、『キュプリア』に詳しい。大神ゼウスは、増え過ぎた人口を調節するためにテミス(秩序の女神)と試案を重ね、遂に大戦を起こして人類の大半を死に至らしめる決意を固めた。 オリンポスでは人間の子ペーレウスとティーターン族の娘テティスの婚儀が行われていたが、エリス(争いの女神)のみはこの饗宴に招待されず、怒った彼女は、最も美しい女神へ捧げると叫んで、ヘスペリデス(不死の庭園)の黄金の林檎を神々の座へ投げ入れた。 (Wikipedia:トロイア戦争)

トロイアの木馬
『トロイの木馬』より : トロイアの木馬(トロイアのもくば)は、ギリシア神話に登場する装置である。トロイの木馬とも言われる。トロイア戦争において、トロイア(イーリオス)を陥落させる決め手となった。木でできており、中に人が隠れることができるようになっていた。 転じて、内通者や巧妙に相手を陥れる罠を指して「トロイの木馬」と呼ぶことがある。 背景 トロイア戦争において、ギリシア勢の攻撃が手詰まりになってきたとき、オデュッセウスが木馬を作って人を潜ませ、それをイーリオス市内に運び込ませることを提案した。参加して日の浅いネオプトレモスとピロクテーテースは戦いに飢えていたので反対したが、戦いに倦んでいた他の諸将は賛成した。これはトロイア戦争の始まる前、3つの神託がギリシア勢に下されたためである。その神託とは、ネオプトレモスの戦争への参加、イーリオスにあるアテーナー神殿にある神像(パラディオン)がトロイアの外に持ち出されること、イーリオス城正門の鴨居が壊されることで、この3つが果たされなければイーリオス城が陥落することは無いとのものであった。 (Wikipedia:トロイアの木馬)


トロイア - 関連ブログ

データが取得できませんでした

トロイア - アマゾン検索


「トロイア」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す