[PR]

日別キーワード

第69位  ヘーゲル - 2018年11月08日


関連するイメージは見つかりませんでした



ヘーゲル
『ゲオルク・ヴィルヘルム・フリードリヒ・ヘーゲル』より : ゲオルク・ヴィルヘルム・フリードリヒ・ヘーゲル(Georg Wilhelm Friedrich Hegel、1770年8月27日 - 1831年11月14日)は、ドイツの哲学者である。ヨハン・ゴットリープ・フィヒテ、フリードリヒ・シェリングと並んで、ドイツ観念論を代表する思想家である。優れた論理性から現代の哲学研究も含め、後世にも多大な影響を与えた。観念論哲学及び弁証法的論理学における業績のほか、近代国家の理論的基礎付けなど政治哲学における業績も有名である。認識論、自然哲学、歴史哲学、美学、宗教哲学、哲学史研究に至るまで、哲学のあらゆる分野を網羅的に論じた。 現代思想、特に大陸哲学の先駆的哲学者とされ、毀誉褒貶、肯定的評価及び否定的評価を含め、様々な哲学者・思想家・文筆家の論述を通じて彼の影響は広がっていった。その影響については、ヘーゲル学派(老ヘーゲル派・ヘーゲル中央派・青年ヘーゲル派)及びその第二世代や、新ヘーゲル主義などの頁を参照されたい。 ドイツ観念論哲学の完成者であり、近代哲学と現代哲学の分水嶺として位置づけられることも多い。 (Wikipedia:ヘーゲル)

ヘーゲル左派
『青年ヘーゲル派』より : 青年ヘーゲル派(せいねんヘーゲルは、独:Junghegelianer)とは、1831年にドイツ観念論の哲学者 ゲオルク・ヴィルヘルム・フリードリヒ・ヘーゲルが亡くなった後、彼の哲学の流れを汲んで、哲学を展開したグループの一つ。 ヘーゲルの哲学に対し、政治・宗教的に急進的な考え方を持ち合わせていたことから、ヘーゲル左派(独:Linkshegelianer)という名称も持つ。 以下にも記述するように、ヘーゲル学派にはいくつかの派があったが、その生産的な姿勢から主導的な立場となったグループである。 ヘーゲル学派(独:hegelianer)には、他にヘーゲルの哲学に忠実に従い、解釈につとめた老ヘーゲル派(独:Althegelianer)あるいはヘーゲル右派(独:Rechtshegelianer)と呼ばれた学派と、右派と左派との中間に立っていた中央派(独:das Zentrum)とがある。 (Wikipedia:ヘーゲル左派)

ヘーゲル主義者の一覧
ヘーゲル主義者の一覧は、ヘーゲル主義者(ヘーゲリアン)と呼ばれている哲学者の一覧である。ドイツの哲学者ヘーゲルの哲学に影響されて哲学を展開した人・ヘーゲル哲学の解釈・解説に努めた人、歴史や政治などに応用した人など現在にいたるまで多少なりともヘーゲル哲学に影響された人は、多い。尚、ヘーゲル研究以外の成果がメジャーである人物も多くのせているため、他の分野(哲学者以外も含めての)のカテゴリーと重複している場合もある。 ヘーゲル学派(第一世代) この時期のヘーゲル主義者の区分は、厳格なものではなく研究者などによって異なる。特に、中央派と右派に関しては、流動的である。学派の分裂を促したダーフィト・シュトラウスのほか、20世紀の哲学者カール・レーヴィットなども試みているので、留意されたい。 老ヘーゲル派 カール・フリードリヒ・ゲッシェル ゲオルク・アンドレアス・ガプラー レオポルト・フォン・ヘニング ハインリヒ・グスタフ・ホトー ヘルマン・フリードリヒ・ヒンリヒス ハインリヒ・レオ カール・ダウプ 中央派 ヨハン・カール・ローゼンクランツ ヨハン・エドゥアルト・エルトマン カール・ルートヴィヒ・ミヘレット ヴィルヘルム・ファトケ フィリップ・マールハイネッケ 青年ヘーゲル派 後に離れていった人物も含む ダーフィト・シュトラウス ブルーノ・バウアー マックス・シュティルナー ルートヴィヒ・フォイエルバッハ カール・マルクス フリードリヒ・エンゲルス ミハイル・バクーニン フェルディナント・ラッサール モーゼス・ヘス アルノルト・ルーゲ 19世紀後半のヘーゲル学派(第二世代) ヘルマン・ノール エドゥアルト・フォン・ハルトマン クーノ・フィッシャー ルドルフ・ハイム エドゥアルト・ツェラー マックス・シャスラー フリードリヒ・カール・アルベルト・シュヴェーグラー フリードリヒ・テオドール・フィッシャー カール・プランテル 新ヘーゲル主義(第三世代) ここでは、多かれ少なかれ新ヘーゲル主義に関係する人物を挙げるが、必ずしも新ヘーゲル主義運動のみに業績があるわけではない。 (Wikipedia:ヘーゲル主義者の一覧)

ヘーゲル学派
ヘーゲル学派(独: Hegelianer, 英: Hegelian)とは、狭義には、1830年代を中心に、ドイツ観念論の哲学者ヘーゲルに直接師事あるいは多大に影響され、彼の哲学の流れを汲んで、哲学を展開した人々のことである。 当時はおおよそ70人もの学者が名を連ねていた。 広義には、ヘーゲル哲学に何らかの形で影響あるいは研究をした人のことで、前述の第一次のグループの他、19世紀後半の第二次、20世紀前半の第三次(新ヘーゲル主義)、そして第二次世界大戦後から現在にいたる第四次のグループである。 また、派閥にこだわらず、ヘーゲル哲学を専門にしている人も含まれることもある。 英語圏の学者の場合は、英語読みのヘーゲリアンと呼ばれることもある。 ただ、通常はヘーゲル学派と称した場合、1830年代に登場した第一次のものを指す(本項では、これを扱う)。 なお、学派というが、実態は現在の学会のような体系的なものではなく、グループ的な交流を交わしていたものであった。 ヘーゲル学派の誕生 ヘーゲルの死後、1835年にヘーゲル学派の神学者ダーフィト・シュトラウスによって書かれた「イエスの生涯」の見解によって、ヘーゲル学派が分裂した(この辺の事情は青年ヘーゲル派の項などを参照されたい)。 (Wikipedia:ヘーゲル学派)

ヘーゲル右派
『老ヘーゲル派』より : 老ヘーゲル派(ろうヘーゲルは、独: Althegelianer)は、ドイツ観念論の哲学者 ゲオルク・ヴィルヘルム・フリードリヒ・ヘーゲルの哲学の流れを汲んで、哲学を展開したグループ(ヘーゲル学派)の一つ。ヘーゲル学派の中でも、政治的・宗教的に保守的な立場であったことからヘーゲル右派(独: Rechtshegelianer)とも呼ばれている。 ヘーゲルに従事していた学者が多いことから、青年ヘーゲル派と対照的に老ヘーゲル派と呼ばれている(当時、青年ドイツ、青年イタリアなど自由と平等、祖国統一を掲げて立ち上がった青年たちが多かったことにちなむものであろう)。ただ、ヘーゲル左派に対して、時代的な波に乗り遅れ、哲学史的にはヘーゲル哲学の伝承・解説を行った程度で建設的な成果を残せるものではなかったといえる。 思想 ヘーゲル学派の誕生経緯は、青年ヘーゲル派やヘーゲル学派などを参照されたい。次第に、ヘーゲルの弁証法の原理を唯物論的に展開していった青年ヘーゲル派に対し、老ヘーゲル派はヘーゲルの主張をそのまま伝承し、ヘーゲルの主張する哲学と宗教の同一性(ヘーゲルによれば哲学と宗教の関係は、おなじ内容を哲学は概念、宗教は表象によって把握するものであるとした)を受け入れ、超越神的要素と、イエスを神人として受け入れ、福音書の物語性を主張した。 (Wikipedia:ヘーゲル右派)

ヘーゲル中央派
ヘーゲル中央派(ヘーゲルちゅうおうは、独: das Zentrum、原義は単に「中央派」)は、ドイツ観念論の哲学者 ゲオルク・ヴィルヘルム・フリードリヒ・ヘーゲルの哲学の流れを汲んで、哲学を展開したグループ(ヘーゲル学派)の一つ。老ヘーゲル派と青年ヘーゲル派の中間にたつ立場から、こう呼ばれる。中央派は、ヘーゲルの考えから主に哲学史の編纂・ヘーゲル講義録編纂に従事し、その後の20世紀の新ヘーゲル学派の誕生に、影響を与えたことで知られるが、青年ヘーゲル派のように哲学史に建設的な功績を残したとはいえない。 ヘーゲルの死後、分裂したヘーゲル学派で(このあたりの事情は、他のヘーゲル学派の関連項目を参照)中央派は、哲学と宗教は同じ「内容」を異なる「形式」(哲学は概念、宗教は表象)で捉えるというヘーゲルの立場を伝承し、福音書の物語を維持しようとした老ヘーゲルの立場と、福音書ではキリスト教「内容」も「形式」維持できず、福音書の内容の否定を主張した青年ヘーゲル派との間に立ち、中央派は哲学と宗教とは異なる「内容」を異なる「形式」で捉え、福音書の歴史の全否定はせず、一部は受け入れるという中間の見解を示した。 (Wikipedia:ヘーゲル中央派)

ヘーゲル学派 (第二世代)
ヘーゲル学派 (第二世代)は、ヘーゲル学派が解体した後の19世紀後半にヘーゲルの研究に従事していた人のことである。便宜上、ここではこういう表現をするが、時期も特定されておらず、学術的に決まった名称もないので、19世紀後半のヘーゲル研究、ヘーゲル学派(第二次)などという項目名でも呼ぶことができよう。 唯物論の興隆などドイツ観念論の哲学が急速に衰退しつつあった時代のヘーゲル研究者を指す。また哲学、この時期の研究者はカント研究など他の分野も、兼ねている場合も多かった。いずれにせよ、現在の学派のようなまとまったな実態でもなく、人物も僅少であったが、ヘーゲルと20世紀初頭から始まった新ヘーゲル主義とを結ぶ大事な掛け橋を担った人物たちであった。この時代、ドイツでは、ヘルマン・ノールや、クーノ・フィッシャー、ハイムなどがおり、観念論哲学研究は脈々と受け継がれていた。当時旺盛していた歴史主義的な見方との結びつきも見られ、このことは後の新ヘーゲル主義に直接影響を与えた。 19世紀後半には、ヨーロッパ各国・アメリカ・日本などヘーゲル哲学が伝わった時期でもあった。 (Wikipedia:ヘーゲル学派 (第二世代))


ヘーゲル - 関連ブログ

データが取得できませんでした

ヘーゲル - アマゾン検索


「ヘーゲル」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す