[PR]

日別キーワード

第78位  ワールドニュース - 2018年11月08日


関連するイメージは見つかりませんでした



ワールドニュースアワー
ワールドニュースアワー(英語: World News Hour)とは、日本のNHK衛星第1テレビ (BS1) で放送されていた国際報道番組である。実際の放送でのタイトルは英語表記になっていた。本項目では「ワールドニュース」(1984年 - 2004年、2014年 - )についても触れる。 NHKが放映権を持っている世界各国の放送局の報道番組を数分ずつ抜粋して順次放送する形で伝える。主音声はボイスオーバー形式の日本語通訳で、副音声は原語のままの2か国語放送を行う。 放送される放送局は、時間帯によって異なる(詳しくは後述)。通常放送する放送局で、特別番組などのために該当する時間のニュースが中止になった場合、同じ国の別の放送局のニュースを放送することもある。 2006年11月20日放送分よりデジタル放送では画角16:9(標準画質)のサイズで放送されている。しかし、サイズ変更当初はほとんどの映像が4:3で送られてきたため、両端にサイドパネルが付くが、徐々に画角16:9で送られてくるようになってきた。 (Wikipedia:ワールドニュースアワー)

ワールドニュースBS22
BS23(ビーエス・にじゅうさん)は、2000年3月27日から2003年10月31日までNHKのNHK衛星第1テレビジョン(BS1)で放送されていた総合ニュース番組。 BS1では開局当初から22時台を中心に海外ニュースに特化した報道番組を放送していたが、それら番組についても触れる。 ワールドニュース・世界を読む 1989年7月、BS1が海外のニュース番組を『ワールドニュース』などのタイトルで放送。海外経験のある記者やフリーアナウンサーなどが海外のニュースの案内役として出演した。 その後、平日の22時から、1日のニュースのまとめを放送する番組を計画。その日の世界のニュースと特集を中心とした放送をコンセプトとして、代々引き継がれる。 『ワールドニュース・世界を読む』はこうした中で1990年4月から始まる。国谷裕子(元『NHKニュースTODAY』キャスター)・宮崎緑(元『ニュースセンター9時』キャスター)・篠塚正明が担当。22時から55分間の放送だったが、2年目には23:20までの80分番組に拡大。 ワールドステーション22 国谷・宮崎が残り、タイトルも一新。 (Wikipedia:ワールドニュースBS22)


ワールドニュース - 関連ブログ

データが取得できませんでした

ワールドニュース - アマゾン検索


「ワールドニュース」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す