[PR]

日別キーワード

第3位  JR東海 - 2018年11月09日


関連するイメージは見つかりませんでした



JR東海
『東海旅客鉄道』より : 東海旅客鉄道株式会社(とうかいりょかくてつどう、英: Central Japan Railway Company)は、1987年(昭和62年)に日本国有鉄道新幹線総局・静岡局・名古屋局から鉄道事業を引き継いだ旅客鉄道会社の一つである。東海道新幹線を軸として東海地方(静岡県の一部をのぞく)の大部分および南関東地方、甲信地方、近畿地方と富山県のそれぞれ一部に路線を持つ。日本の鉄道の大動脈である東海道新幹線を運営することから東京・大阪にも本社および営業拠点がある。通称はJR東海(ジェイアールとうかい)、英語略称はJR Central、コーポレートカラーはオレンジ色。乗車券などには「海」の略号が使われることもある。本社は愛知県名古屋市と東京都港区。2014年4月1日現在の代表取締役会長は山田佳臣、代表取締役社長は柘植康英。また、社長・会長を歴任した葛西敬之が代表権のある名誉会長に就任している。日経225(日経平均株価)およびTOPIX Core30の構成銘柄の一社。 社歌は井上大輔(歌は高橋真梨子)の「君をのせて」が長年使われてきたが、2007年にJR発足20年を記念してこれに代わる新しい社歌が制定された。 (Wikipedia:JR東海)

JR東海313系電車
313系電車(313けいでんしゃ)は、東海旅客鉄道(JR東海)の直流近郊形電車。 1999年(平成11年)当時、JR東海は日本国有鉄道(国鉄)時代に製造された車両から省エネタイプの自社形車両への置き換えを進めており、特急形車両では定期列車の車両置き換えを完了していた。一方、近郊形車両においても211系5000番台や311系などを投入してきたが、両系列の投入完了後も103系・113系・115系・117系・119系・165系などの国鉄形車両が半数以上を占めていた。313系は、これらの国鉄形車両の置き換えを目的として登場した車両である。 車体断面は同社における最小の車両限界である身延線を基準に決定され、同社のすべての電化路線での走行が可能である(実際に全電化区間で運用している)。また、従来の自社形車両と比べてもパワーアップが図られており、311系に代わり、東海道本線におけるほぼすべての快速列車にも充てられている。 このように、313系は都市部の近郊輸送のほか、後述するローカル区間でのワンマン運転や有料制ライナー列車まで、あらゆる需要に対応しており、同社の標準車両と位置付けられる。 (Wikipedia:JR東海313系電車)

JR東海名古屋地区普通・快速列車停車駅
項目分割の提案:この項目では、記事の一部をセントラルライナー、関西本線、東海ライナーにWikipedia:記事の分割と統合 分割することが提案されています。分割に関する議論はノート:JR東海名古屋地区普通・快速列車停車駅・ノート:名鉄特急を参照してください。
分割依頼
JR東海名古屋地区普通・快速列車停車駅(じぇいあーるとうかいなごやちくふつう・かいそくれっしゃていしゃえき)とは、東海旅客鉄道(JR東海)が名古屋駅を中心に運行している普通列車および快速列車の停車駅を記載したものである。なお、停車駅表であるため実際のダイヤグラム 列車ダイヤによっては全区間運行されない場合もある。
(Wikipedia:JR東海名古屋地区普通・快速列車停車駅)

JR東海名古屋地区普通・快速列車停車駅表
『JR東海名古屋地区普通・快速列車停車駅』より : 項目分割の提案:この項目では、記事の一部をセントラルライナー、関西本線、東海ライナーにWikipedia:記事の分割と統合 分割することが提案されています。分割に関する議論はノート:JR東海名古屋地区普通・快速列車停車駅・ノート:名鉄特急を参照してください。
分割依頼
JR東海名古屋地区普通・快速列車停車駅(じぇいあーるとうかいなごやちくふつう・かいそくれっしゃていしゃえき)とは、東海旅客鉄道(JR東海)が名古屋駅を中心に運行している普通列車および快速列車の停車駅を記載したものである。なお、停車駅表であるため実際のダイヤグラム 列車ダイヤによっては全区間運行されない場合もある。
(Wikipedia:JR東海名古屋地区普通・快速列車停車駅表)

JR東海300系新幹線電車
『新幹線300系電車』より : 300系は、かつて東海旅客鉄道(JR東海)および西日本旅客鉄道(JR西日本)に在籍した新幹線電車である。東海道・山陽新幹線の第三世代の営業用車両であり、初めて270km/h走行を行う「のぞみ」用車両として開発・製造された。 1990年(平成2年)に東海旅客鉄道(JR東海)が発注した量産先行試作車(J0編成。のち量産化改造によりJ1編成)が登場し、その後量産車(J編成)が1992年(平成4年)1月から1998年(平成10年)10月にかけて製造された。なお1993年(平成5年)度以降の製造分は、1975年(昭和50年)3月の博多駅延伸に併せて製造された0系の置き換えを兼ねている。量産車のデザインは手銭正道、戸谷毅史、松本哲夫、木村一男によって設計された。 安定した高速走行を実現するため、車体の空力特性の向上と軽量化を行い、東京駅 - 新大阪駅間を2時間30分で結んだ。その後、1993年3月18日から「のぞみ」の運転区間を博多駅まで延長することが決定し、西日本旅客鉄道(JR西日本)でも同仕様の3000番台(F編成)を9編成製造・投入し、東京駅 - 博多駅間を5時間4分で結んだ。 (Wikipedia:JR東海300系新幹線電車)

JR東海700系新幹線電車
『新幹線700系電車』より : 700系は、東海旅客鉄道(JR東海)および西日本旅客鉄道(JR西日本)に在籍する、東海道・山陽新幹線用新幹線電車である。1999年に営業運転を開始した第四世代の営業用車両。最高速度が低い0系・100系の置き替え用として製造された。 適度の製造・保守コストで東海道・山陽新幹線全体の高速化を図るべく、JR東海とJR西日本が共同で開発した車両である。最高速度は285km/hで、500系の300km/hには及ばないが、車内の居住性や乗り心地の改善を図っている。また充当編成変更時にも対応できるよう300系と座席数を共通化させている。 1両あたりの価格は約2億3000万円である(16両編成で約36億4000万円)。なお、JR東海会長葛西敬之「国鉄改革の真実」によると、編成価格は300系と同様の約40億円である。1997年秋に先行試作車16両編成1本が落成し、各種試験がなされた。1998年からは量産車の落成が始まり、0系(JR東海では1999年秋営業運転終了)や100系(JR東海では2003年秋営業運転終了)の置き換えが推進された。 (Wikipedia:JR東海700系新幹線電車)

JR東海371系電車
371系電車(371けいでんしゃ)は、かつて東海旅客鉄道(JR東海)で運用されていた特急形直流電車である。 御殿場線と小田急電鉄小田原線を相互直通運転するために登場した車両で、JR東海となってから初めて新造された在来線用特急形電車である。7両固定編成×1編成のみが製造され、当時の通商産業省より1991年度グッドデザイン商品に選定された。 登場以来、同時期に登場した小田急20000形「RSE」とともに特急「あさぎり」に運用された他、静岡地区の「ホームライナー」でも運用されていたが、2012年(平成24年)3月17日のダイヤ改正をもって「あさぎり」と「ホームライナー」の定期運用から外れた。以後は臨時列車として運用されていたが、2014年(平成26年)11月30日をもって営業運行を終了し、2015年3月20日付で車籍が抹消され、廃系列となった。 本項では以下、日本国有鉄道は「国鉄」、東海旅客鉄道は「JR東海」、小田急電鉄は「小田急」、小田急3000形は「SE車」、小田急20000形は「RSE車」、小田急60000形は「MSE車」と表記する。 (Wikipedia:JR東海371系電車)

JR東海285系電車
『JR西日本285系電車』より : 285系電車(285けいでんしゃ)は、西日本旅客鉄道(JR西日本)および東海旅客鉄道(JR東海)の特急形直流寝台電車である。 旧来から、寝台列車に使用される車両は、機関車が牽引する客車タイプ(いわゆる「ブルートレイン」)が主流で、電車タイプの車両としては日本国有鉄道(国鉄)が1967年から1972年にかけて製造した581系・583系が唯一であった。この車両は高度経済成長に伴う輸送需要増加に合理的に対応する観点から、夜間は寝台車、昼間は座席車として昼夜を問わず運用できる車両として開発・導入されたが、寝台・座席の転換作業の煩雑さや、座席車としての居住性の悪さ、電車のため非電化区間へは入線できないことなどのデメリットも多く、スタンダードとはならなかった。 その後も寝台列車の車両は客車が主流となっていたが、運転性能が電車や気動車に劣るため所要時間の短縮が困難であるほか、1970年代以降は長距離利用客の多くが新幹線や航空機へ移行したため、観光客需要へ特化し個室寝台や食堂車などの付加価値を高めた「北斗星」「トワイライトエクスプレス」といった一部の列車以外は、利用は衰退の一途を辿っていた。 (Wikipedia:JR東海285系電車)

JR東海バス
『ジェイアール東海バス』より : ジェイアール東海バス株式会社(ジェイアールとうかいバス)は、東海地方を営業エリアとする東海旅客鉄道(JR東海)グループのバス事業者である。 東海旅客鉄道(JR東海)の完全子会社(連結子会社)。 本社は愛知県名古屋市中川区小本三丁目103番地。ロゴはJR東海のコーポレートカラーに合わせたオレンジ色に白いストライプが入ったものとなっている。 なお当社は、「東海バス」の名で路線バスを運行する「東海バスグループ」(小田急グループの一員であり、東海自動車およびその関連会社)とは一切無関係。 沿革 民営化以前は国鉄バスを参照。 1987年(昭和62年)4月1日 - 国鉄分割民営化により、東海旅客鉄道自動車事業部(通称・JR東海バス)となる。 1988年(昭和63年)3月1日 - ジェイアール東海バス株式会社設立。 1988年(昭和63年)4月1日 - JR東海からバス事業部門を引き継ぎ、営業開始。 2002年(平成14年)2月1日 - 恵那線廃止(北恵那交通に移管)。 2002年(平成14年)10月1日 -天竜線・名金急行線・大野線廃止、あわせて遠江二俣・美濃白鳥の各営業所を廃止。 (Wikipedia:JR東海バス)

JR東海浜松工場
『東海旅客鉄道浜松工場』より : 浜松工場(はままつこうじょう)は、静岡県浜松市中区南伊場町1-1に所在する東海旅客鉄道(JR東海)の車両工場である。 新幹線鉄道事業本部の管轄下にあり、同社が所有するすべての新幹線車両の全般検査およびATC特性検査などの車両検修を行っているほか、以前は一部の在来線車両の重要部検査、全般検査などの各種検査を行っていた。新幹線と在来線の双方を扱っていたため、狭軌・標準軌共用の三線軌条線路が構内各所に多数存在する。 管理部門として総務課・経理課・検修管理課・品質管理課・設備課・教育センター・技術センター、検修部門として組立職場・第一電車職場・部品職場・電機職場・台車職場・鉄工職場・検査センターの各部署に分かれている。 旧日本国有鉄道(国鉄)での工場略号はHM, 検査済みの車両には浜松工と標記される。 検査担当形式と所属区所 2014年4月現在の検査担当形式を記す。 新幹線車両 700系 = 東京交番検査車両所・大阪交番検査車両所 923形(ドクターイエロー) = 東京交番検査車両所・(検査受託:923形3000番台=博多総合車両所) N700系 = 東京交番検査車両所・大阪交番検査車両所 設備 検修庫:新幹線4線、在来線1線 天井式クレーン 車体塗装装置 車輪研削装置 台車走行試験装置 主電動機検査ライン 主変換装置検査ライン ATC試験装置2010年7月29日、JR東海は震災に際しても新幹線が長期間不通とならないよう、全般検査の機能を維持するために、構内の約31万8000平方メートルの建屋のうち、10万9000平方メートルを建て替え、1万5000平方メートルを耐震補強することを発表した。 (Wikipedia:JR東海浜松工場)

JR東海373系電車
373系電車(373けいでんしゃ)は、1995年(平成7年)に登場した東海旅客鉄道(JR東海)の直流用特急形電車である。 身延線で運行されていた急行「富士川」には国鉄時代に製造された165系急行形電車が充当されていたが、老朽化や内装の陳腐化が進んでいた。そこで、165系の老朽取替えを主目的として、185系電車と同様に中長距離普通列車から特急列車まで、幅広い運用に応える汎用性の高い車両として開発された。 1995年8月から1996年1月にかけて3両編成14本(42両)が製造され、1995年10月ダイヤ改正から運用を開始している。 構造・仕様 編成体系 東京方から制御電動車クモハ373形、付随車サハ373形、制御車クハ372形の各形式で汎用性の高いモノクラス3両編成を組成する。これを基本単位として、3両・6両・9両編成で運用される。身延線・飯田線などローカル線での短編成運用に多く使用するため、本系列ではグリーン車の設定はない。 車体 耐腐食性、無塗装化、軽量化の観点から最大長21.3mのステンレス製軽量構体を主構造とし、先頭部分のみ普通鋼製として白塗装を施している。 (Wikipedia:JR東海373系電車)

JR東海85系気動車
『JR東海キハ85系気動車』より : キハ85系気動車(キハ85けいきどうしゃ)は、東海旅客鉄道(JR東海)の特急形気動車。同社発足後の新形式第1号であり、同社が運行する特急列車に掲げる「ワイドビュー」を最初に冠した車両でもある。 同社が保有するキハ80系の置き換えおよび所要時間短縮のために開発され、1989年(平成元年)から製造された。1989年(平成元年)2月から高山本線の特急「ひだ」に使用され、1992年(平成4年)からは紀勢本線の特急「南紀」にも使用されている。 1989年の通商産業省グッドデザイン商品(現・日本産業デザイン振興会グッドデザイン賞)に選定され、1990年(平成2年)にはブルーリボン賞を東日本旅客鉄道(JR東日本)651系電車と争ったが、次点となった。外観デザインは手銭正道、戸谷毅史、木村一男、松本哲夫、福田哲夫による。 仕様・構造 車体 車両軽量化とメンテナンスフリーのため、車体はステンレスを用いた軽量構体を採用する。 (Wikipedia:JR東海85系気動車)

JR東海キハ85系気動車
キハ85系気動車(キハ85けいきどうしゃ)は、東海旅客鉄道(JR東海)の特急形気動車。同社発足後の新形式第1号であり、同社が運行する特急列車に掲げる「ワイドビュー」を最初に冠した車両でもある。 同社が保有するキハ80系の置き換えおよび所要時間短縮のために開発され、1989年(平成元年)から製造された。1989年(平成元年)2月から高山本線の特急「ひだ」に使用され、1992年(平成4年)からは紀勢本線の特急「南紀」にも使用されている。 1989年の通商産業省グッドデザイン商品(現・日本産業デザイン振興会グッドデザイン賞)に選定され、1990年(平成2年)にはブルーリボン賞を東日本旅客鉄道(JR東日本)651系電車と争ったが、次点となった。外観デザインは手銭正道、戸谷毅史、木村一男、松本哲夫、福田哲夫による。 仕様・構造 車体 車両軽量化とメンテナンスフリーのため、車体はステンレスを用いた軽量構体を採用する。 (Wikipedia:JR東海キハ85系気動車)

JR東海383系電車
383系電車(383けいでんしゃ)は、1994年(平成6年)に登場した東海旅客鉄道(JR東海)の直流特急形車両。 中央西線 - 篠ノ井線系統の特急列車用として、1972年(昭和47年)から使用され、老朽化が進んだ381系電車を置き換える目的で開発された振子式電車である。曲線通過時の車体傾斜にコンピュータ制御を採り入れた制御付自然振子方式を採用し、自然振子方式の381系に比べ曲線通過性能や乗り心地を改善させた。 1994年(平成6年)8月に試作車両が落成し、各種試験走行の後1995年(平成7年)ゴールデンウィークから臨時特急「しなの」で営業運転を開始した。1996年(平成8年)6月より量産車が落成し、定期列車で本格的に運用を開始した。1995年通商産業省(現・経済産業省)グッドデザイン商品(現・日本産業デザイン振興会グッドデザイン賞)選定、1996年鉄道友の会ローレル賞受賞。製造は日本車輌製造・川崎重工業・日立製作所。 仕様・構造 車種体系 編成中の電動車と付随車が同数となるMT比 1:1 の列車組成とし、電動車は全て偶数向き(東海道本線上での下り神戸寄り)に連結される。 (Wikipedia:JR東海383系電車)

JR東海ツアーズ
『ジェイアール東海ツアーズ』より : 株式会社ジェイアール東海ツアーズ(ジェイアールとうかいツアーズ、英: JR TOKAI TOURS, INC.)は、日本の旅行会社。 東海旅客鉄道(JR東海)が7割とジェイティービー (JTB) が3割の株式を持つ、JR東海の子会社であり、JR東海の駅にテナントとして店舗を構える。主にJR東海の商品など国内旅行の商品を販売している。観光庁長官登録旅行業第957号。 店舗網は、東海道新幹線や在来線沿線の主要駅に展開しており、主に東海道新幹線を利用した国内旅行のパッケージツアーやフリープランを「ぷらっと」のブランド名で企画・販売している。海外旅行については、以前は「ぷらっとWORLD」→「EXPRESS WORLD」のブランド名で自社商品を販売していたが、現在はびゅうプラザ等と同等に、ルックJTBやJALパックをはじめとした他社企画旅行の販売代理業および国際線航空券の販売などに特化している。 (Wikipedia:JR東海ツアーズ)

JR東海キハ75形気動車
キハ75形気動車(キハ75がたきどうしゃ)は、東海旅客鉄道(JR東海)の一般形気動車。 JR東海では、日本国有鉄道(国鉄)から承継したキハ58系・キハ65形気動車を非電化区間に直通する快速・急行列車に使用していたが、それらの車両の老朽取り替えを目的として設計・製造された。1993年(平成5年)から営業運転を開始し、2015年(平成27年)4月1日現在は名古屋車両区に16両と美濃太田車両区に24両、合計40両が在籍している。 主に快速「みえ」や参宮線・高山本線・太多線の列車に使用される。 番台区分 0・100番台 (1次車:1 - 6 鳥羽・下呂・多治見向き&トイレ付き、101 - 106 名古屋・岐阜向き&トイレなし) 1993年、快速「みえ」用として2両編成6本(12両)が日本車輌製造で製造された。 (Wikipedia:JR東海キハ75形気動車)

JR東海75系気動車
『JR東海キハ75形気動車』より : キハ75形気動車(キハ75がたきどうしゃ)は、東海旅客鉄道(JR東海)の一般形気動車。 JR東海では、日本国有鉄道(国鉄)から承継したキハ58系・キハ65形気動車を非電化区間に直通する快速・急行列車に使用していたが、それらの車両の老朽取り替えを目的として設計・製造された。1993年(平成5年)から営業運転を開始し、2015年(平成27年)4月1日現在は名古屋車両区に16両と美濃太田車両区に24両、合計40両が在籍している。 主に快速「みえ」や参宮線・高山本線・太多線の列車に使用される。 番台区分 0・100番台 (1次車:1 - 6 鳥羽・下呂・多治見向き&トイレ付き、101 - 106 名古屋・岐阜向き&トイレなし) 1993年、快速「みえ」用として2両編成6本(12両)が日本車輌製造で製造された。 (Wikipedia:JR東海75系気動車)

JR東海キハ75系気動車
『JR東海キハ75形気動車』より : キハ75形気動車(キハ75がたきどうしゃ)は、東海旅客鉄道(JR東海)の一般形気動車。 JR東海では、日本国有鉄道(国鉄)から承継したキハ58系・キハ65形気動車を非電化区間に直通する快速・急行列車に使用していたが、それらの車両の老朽取り替えを目的として設計・製造された。1993年(平成5年)から営業運転を開始し、2015年(平成27年)4月1日現在は名古屋車両区に16両と美濃太田車両区に24両、合計40両が在籍している。 主に快速「みえ」や参宮線・高山本線・太多線の列車に使用される。 番台区分 0・100番台 (1次車:1 - 6 鳥羽・下呂・多治見向き&トイレ付き、101 - 106 名古屋・岐阜向き&トイレなし) 1993年、快速「みえ」用として2両編成6本(12両)が日本車輌製造で製造された。 (Wikipedia:JR東海キハ75系気動車)

JR東海311系電車
311系電車(311けいでんしゃ)は、東海旅客鉄道(JR東海)の直流近郊形電車。同社の新快速用車両として1989年(平成元年)から翌1990年(平成2年)にかけて製造された。 1989年7月9日のダイヤ改正にあわせて登場した車両で、211系5000番台・213系5000番台に続きJR東海が3番目に製造した電車形式である。本系列が登場したダイヤ改正では新しくターミナル駅として金山総合駅が開業し、東海道本線では豊橋 - 大垣間で新快速・快速が増発された。本系列はこれらの列車にあてるために新製されたものである。 構成はクモハ311形・モハ310形・サハ311形・クハ310形の4形式からなる4両編成である。車体やシステムは211系電車5000番台に準じているが、前頭部の形状など一部に変更が加えられている。製造は日本車輌製造・日立製作所・近畿車輛・川崎重工業の4社が担当した。 Mc - 制御電動車 / M' - 中間電動車 / T - 中間付随車 / Tc' - 制御車 性能・仕様 車体構造 車体は211系と同様の軽量ステンレス製である。 (Wikipedia:JR東海311系電車)

JR東海八事球場
スタジアム名称 JR東海八事球場
愛称 JR Tokai Yagoto Baseball Ground
所在地 愛知県名古屋市昭和区
開場 1922年
閉場 1990年
所有者 東海旅客鉄道
管理・運用者
グラウンド 内野:外野:
照明 なし
設計者
旧称 山本球場(開場~1947年)国鉄八事球場(1947年~1987年)
使用チーム、大会 JR東海硬式野球部(1947年~閉場、練習場)
収容能力
規模 左翼:- m中堅:- m右翼:- m
フェンスの高さ
JR東海八事球場(ジェイアールとうかい・やごときゅうじょう)は、かつて愛知県名古屋市昭和区にあった野球場。東海旅客鉄道(JR東海)が運営管理を行っていたが、1990年限りで閉鎖、撤去された。
1922年、当時の名古屋市中区 (名古屋市) 中区広路町地内に、名古屋市末広町で運動用具店を営んでいた富豪の山本権十郎が私費を投じて独力で建設した。総面積は約2,800坪、当時の収容人員は約2,000人。左翼側が狭く、右翼側が広いという変則的なフィールドだったものの、名古屋市内では初の本格的な野球場だった。野球場名は山本の姓から山本球場(やまもときゅうじょう)と命名された。また周辺には山本球場の他にも、市内の学校や企業が野球場やグラウンドを設けていた。
(Wikipedia:JR東海八事球場)


JR東海 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

JR東海 - アマゾン検索


「JR東海」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す