[PR]

日別キーワード

第25位  NHKスペシャル - 2018年11月09日


関連するイメージは見つかりませんでした



NHKスペシャル
『NHKスペシャル』(エヌエイチケイスペシャル)は、NHKのドキュメンタリー番組。略称は「Nスペ」。単発のドキュメンタリーを制作・放送していたNHK特集に代わり、1989年4月2日放送開始。原則、毎週日曜日の21:00 - 21:50に放送するが時間枠を拡大したり他の曜日・時間に放送することもある。再放送は、火曜・水曜深夜。多くはハイビジョン放送である。 本項では前身である『NHK特集』(エヌエイチケイとくしゅう)についても記述する。 NHK特集 1976年4月に放送を開始。ドキュメンタリーを中心とした特集番組として放送を開始した。第1回は「氷雪の春〜オホーツク海沿岸飛行〜」を4月8日に放送する予定だったが緊急特番「総理にきく ロッキード事件と今後の政局運営」が編成されたため、翌週の4月15日に改めて放送された。NHK内に事務局を設けており基本的にNHKの誰もが企画発案ができ、採用されると制作できる。ニュースセンター9時同様、1970年代に起きたNHKの内部改革のひとつとされる。NNNドキュメント・JNN報道特集と並んで「ドキュメンタリー御三家」の一つに数えられた。 (Wikipedia:NHKスペシャル)

NHKスペシャル シリーズ 「JAPANデビュー」
NHKスペシャル シリーズ 「JAPANデビュー」(エヌエイチケイスペシャル シリーズ 「ジャパンデビュー」)は、2009年4月から6月にかけて日本放送協会 (NHK) のテレビ番組『NHKスペシャル』で放送された4回分のシリーズを括る題名で、これはNHKが自社の取り組む「プロジェクトJAPAN」の一環として制作した日本のドキュメンタリー番組である。字幕放送。 日本が西洋列強に対抗する際に命運を握った「アジア」 「天皇と憲法」 「貿易」 「軍事」に世界史上から焦点をあてた特別番組として4回がNHK総合、NHKの海外放送、子会社NHKグローバルメディアサービスが行うNHKワールドプレミアムを通じて放送された。初回放送の番組内容を巡って物議を醸し、日本と台湾の両国の視聴者や番組出演者を含めた約1万300人[1](台湾人約150人を含む)により集団訴訟が起こされたが、請求棄却で確定している。 番組各回の概要 放送日時は日本標準時(JST) に基づく。NHK総合で初放送された日時を記した。 第1回 「アジアの“一等国”」 日本統治時代の台湾について。 (Wikipedia:NHKスペシャル シリーズ 「JAPANデビュー」)


NHKスペシャル - 関連ブログ

データが取得できませんでした

NHKスペシャル - アマゾン検索


「NHKスペシャル」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す