[PR]

日別キーワード

第43位  イスラーム - 2018年11月09日


関連するイメージは見つかりませんでした



イスラーム
イスラームは、ムハンマドがアッラーフの啓示を受けたとして創始した、ムスリムの信仰生活を、第一聖典クルアーン(コーラン)と第二聖典ハディースによって規定する体系をさす。回教とも呼ばれ、またかつてはフイフイ教とも呼ばれた。 日本語における「イスラーム」(isurāmu)はアラビア語のإسلام (islām)の長母音に即した形でカタカナに音写した語である。この語は、「自身の重要な所有物を他者の手に引き渡す」という意味を持つaslama(アスラマ)という動詞の名詞形であり、神への絶対服従を表す。ムハンマド以前のジャーヒリーヤ時代には宗教的な意味合いのない人と人との取引関係を示す言葉として用いられていた。ムハンマドはこのイスラームという語を、唯一神であるアッラーフに対して己の全てを引き渡して絶対的に帰依し服従するという姿勢に当てはめて用い、そのように己の全てを神に委ねた状態にある人をムスリムと呼んだ。 (Wikipedia:イスラーム)

イスラーム世界の少年愛
イスラーム世界における少年愛は、9世紀以後19世紀半ばにいたる時代、詩、芸術、スピリチュアリティとともにイベリア半島から北インドまでの地域におけるイスラーム文化の広範かつ特徴的な要素であった。イスラーム世界における少年愛の概念は、美少年の無垢への精神的崇拝を一方の極みとして、少年への否応なしの強制までの広がりをもつ。ソドミーは宗教的文脈において重い罪悪として捉えられたが、地域・時代ごとにさまざまに問題視されつつも、同性間の関わりは多面性をもち、罪とされない要素も存在した。 イスラームの勃興と少年愛の相関関係について、現代の歴史家は少年への愛は、公共空間からの排除による女性の保護というイスラーム的観点に関連すると指摘している。社会秩序上問題となるほどでない限り、必然的「個人的な行動」を考慮に入れるイスラーム法の傾向も影響するとされるのである。また「イシュク(英雄的愛)」のトポスは女性同様、髭のない美少年をも対象としており、特に文学においてはこのような傾向が強い。 文学と法学 文学は、美少年へのそれを含む愛に魅惑されるイスラーム文化のあり方を反映する。 (Wikipedia:イスラーム世界の少年愛)

イスラーム哲学
イスラーム哲学(イスラームてつがく、英語:Islamic philosophy)は、哲学の中でもイスラム文化圏を中心に発達した哲学である。アラビア哲学とも言われる。 起源 イスラムにおける「哲学」の始まりを、広く定義すればイスラム教が成立した時点と捉えることも可能であろう。 イスラムの教えもそもそも「哲学的」であるし、クルアーンの解釈をめぐる論争・カリフの後継者争い(シーア派とスンナ派)の対立などは代表的)など、広い意味での「哲学的」な論争はイスラム教成立当初から、続いていたことであるが、通常はギリシア哲学がイスラム世界に移入されたのをもって、独立したひとつの学問としての「イスラーム哲学」を始原とみるのが通常である。(本項ではこれを述べる) イスラム世界にギリシア哲学が伝わったのはシリアを介してであった。イスラーム哲学は、ファルサファ(falsafah)と呼ばれた。これは、アラビア語ではなくギリシア語(φιλοσοφια)に由来するもので、英語などで哲学を意味するphilosophyと同語源である。 (Wikipedia:イスラーム哲学)

イスラーム思想
『イスラーム哲学』より : イスラーム哲学(イスラームてつがく、英語:Islamic philosophy)は、哲学の中でもイスラム文化圏を中心に発達した哲学である。アラビア哲学とも言われる。 起源 イスラムにおける「哲学」の始まりを、広く定義すればイスラム教が成立した時点と捉えることも可能であろう。 イスラムの教えもそもそも「哲学的」であるし、クルアーンの解釈をめぐる論争・カリフの後継者争い(シーア派とスンナ派)の対立などは代表的)など、広い意味での「哲学的」な論争はイスラム教成立当初から、続いていたことであるが、通常はギリシア哲学がイスラム世界に移入されたのをもって、独立したひとつの学問としての「イスラーム哲学」を始原とみるのが通常である。(本項ではこれを述べる) イスラム世界にギリシア哲学が伝わったのはシリアを介してであった。イスラーム哲学は、ファルサファ(falsafah)と呼ばれた。これは、アラビア語ではなくギリシア語(φιλοσοφια)に由来するもので、英語などで哲学を意味するphilosophyと同語源である。 (Wikipedia:イスラーム思想)

イスラーム銀行
『イスラム銀行』より : イスラム銀行(イスラムぎんこう)は、イスラームの教義、慣行に基づいて運営される銀行のこと。ムスリム(イスラーム教徒)は、リバー(利子)を取って金銭を貸すことを禁止するクルアーンの言葉に従い、シャリーア(イスラーム法)において利子の取得を禁止されている。したがって、基本的に無利子の金融機関として運営される。現代の世界金融市場の主役の一つとなっているヘッジファンドや、先物取引のような金融システムは、イスラムにおいては基本的に認められない。 このような業務を行う銀行が誕生したのは近代以降である。それ以前には、シャリーアにおける利子禁止規定は、ヒヤル(法的な潜脱手段)と呼ばれる抜け穴によって回避され、実質的には有利子金融が行われていた。クルアーンにおいて禁じられているリバーという単語を、利子一般ではなく、高利のみを指すと解釈すれば、ヨーロッパ型の金融システムを導入できる。にも関わらず、その方法を採用しない理由については研究者によって見解が分かれる。 そもそもイスラーム経済の特色に喜捨(ザカート、サダカ)などがあり、イスラーム銀行はそれらも背景にしている。 (Wikipedia:イスラーム銀行)

イスラーム百科事典
『イスラーム百科事典』 (英: The Encyclopædia of Islām; 仏: Encyclopédie de l'Islam; 独: Enzyklopædie des Islam) はヨーロッパ人東洋学者を中心に編纂されたイスラーム文明の地理・人々・歴史・宗教・文化などの包括的な近代的百科事典である。宗教としてのイスラームのみならず文明としてのイスラームも合わせて詳細な記述を提供する。イスラーム・中東研究にかかせない信頼性ある参考図書である。 旧版 E.I.1(編纂 1913年–1938年)と、新版 E.I.2(編纂 1954年–2004年)があり、両版とも、ややアラブ・スンナ派中心的であるという欠点がある。欠点を補完したトルコ語版やイラン百科事典などが生み出されている。また2007年より第3版 (Encyclopaedia of Islam Three) の刊行が始まった。 旧版 1870年代頃からヨーロッパあるいはエジプトなどの現地でイスラームに関係する近代的体裁の事典の出版が始まっていたが、それらは質・量ともに必ずしも満足できるものではなかった。 (Wikipedia:イスラーム百科事典)

イスラームの書法
イスラームの書法(イスラームのしょほう)では、イスラームとアラビア語が互いに影響を及ぼし合って進化したアラビア文字の書道について解説する。イスラームにおける主要な芸術であり、狭義にはアラビア語に限定する。 英語では「イスラーム書道」を意味する "Islamic Calligraphy" と呼ぶことが多いが、Persian calligraphyとの違いをはっきりとさせる為に「アラビア書道」を意味する "Arabic calligraphy" などとも呼ばれる。日本語での決まった呼び名は無いが、アラビア書道(アラビアしょどう)と呼ばれる事が多い。 本項ではまた、アラビア文字における主要な書体についても記述する。 アラビア書道・ペルシア語書道は、イスラーム芸術の一つ。紙に文字を書き表すのみならず、モスクの壁や天井などにも用いられる。その幾何学的な姿は文様としてヨーロッパなどからアラベスク(文様)と呼ばれる。現代イスラーム世界の芸術家もなお、その銘ずるところ、さらには抽象概念をも装飾書法(カリグラフィー)をもって表現する。 (Wikipedia:イスラームの書法)

イスラーム帝国
『イスラム帝国』より : イスラム帝国(イスラムていこく、خلافة、caliphate)は、イスラム教(イスラーム)の教えに従って生まれたイスラム共同体(ウンマ)の主流派政権が形成した帝国のこと。 定義 この用語は、イスラム帝国と呼ばれる政権自身の用いた呼び名に基づいたものではなく、現代の歴史叙述の上で便宜的に用いているものである。現代日本の用例では、おおよそ3つの使い方がある。 イスラム国家の帝国的な支配体制のうち、アッバース朝において実現された、ムスリム(イスラム教徒)であれば平等に支配される国家体制のこと。正統カリフ時代からウマイヤ朝の時代において、ムスリムであっても軍人として俸給(アター)を受け、人頭税(ジズヤ)を免除されるのはアラブ人のみというように、アラブが支配階級として君臨していた体制を指して「アラブ帝国」と呼ぶのに対比する形で用いられる。 (Wikipedia:イスラーム帝国)

イスラーム用語一覧
イスラーム用語一覧では、イスラーム(イスラム教)の主に宗教、文明、文化に関わる用語を一覧する。 あ行 アイユーブ朝 - アイン・ジャールートの戦い - アザーン - アーシューラー - アズラク派 - アダム - アッバース朝 - アッラーフ -アフシャール朝 - アブラハムの宗教 - アミール - アーミル - アーヤトッラー - アラー(⇒アッラーフ) - アラウィー派 - アラビア語 - アラビア神話 - アラビア半島 - アラビア文学 - アラビア文字 - アラブ人 - アラブ音楽 - アラブ諸国 - アラブ民族主義 - アラビア科学 - アルバイン - アルハンブラ宮殿 - アルミラージ - アンサール - イード・アル=フィトル - イジュティハード - イスマーイール派 - イスラエル イスラーム イスラム王朝 - イスラム科学 - イスラム教国 - イスラム共同体 - イスラム共和制 - イスラム銀行 - イスラーム建築 - イスラム原理主義 - イスラム国家 - イスラーム社会 - イスラム主義 - イスラム諸国会議機構 - イスラム神秘主義 - イスラム世界 - イスラム帝国 - イスラム哲学 - イスラーム美術 - イスラーム復興 - イスラーム文明 - イスラーム法(⇒シャリーア) - イスラム法学者 - イスラーム暦(⇒ヒジュラ暦)井筒俊彦 - イバード派 - イフラーム - イマーム - イラン・イラク戦争 - イラン革命 - イル・ハン国 - イーワーン - インジール - インドネシア - ウィラーヤ - ウドゥ - ウフドの戦い - ウマイヤ朝 - ウムラ - ウンマ - エルサレム - 大川周明 - オスマン帝国 か行 カアバ神殿 - 回教 - 回教圏研究所 - 回族 - ガイバ - ガザーリー - ガージャール朝 - カーディシーヤの戦い - 神 - カリフ - カルバラー - カルマト派 - 喜捨 - キブラ - キリスト教 - 教典 - クッターブ - クライシュ族 - クルアーン - クルド人 - 啓示 - 啓典 - 後ウマイヤ朝 - 五行 (イスラム教) - コーラン(クルアーン) - コーランか剣か さ行 サイイド - サウム - ザカート - サドル - サハーバ - サファヴィー朝 - サーマーン朝 - ザムザム - サラート - 塹壕の戦い - シーア派 - シェイク - 使徒 - ジハード - ジブリール - シャー - シャハーダ - ジャーヒリーヤ - シャーフィイー派 - シャリーア - 宗教 - 十字軍 - 十二イマーム派 - 殉教 - 巡礼 - 信仰告白 - スーフィー - スーフィズム - スィッフィーンの戦い - スルタン - スンナ - スンナ派 - 聖戦 - 聖典 - 正統カリフ - セルジューク朝 た行 タージ・マハル - ダウ船 - タウヒード - タラス河畔の戦い - 断食 - 中東 - ティムール朝 - 定命 - 天使 - 導師 - 東亜経済調査局 - ドゥルーズ派 - トーラー - トルコ - トルコ人 - 奴隷 - ドンガン人 な行 ナビー(⇒預言者) - ネーション・オブ・イスラム は行 ハーシム家 - ハッジ - ハディース - バドルの戦い - ハナフィー派 - パフラヴィー朝 - ハラーム - ハラール - パレスチナ人 - パレスチナ問題 - ハワーリジュ派 - ハンダクの戦い - ハンバル派 - ヒジャーズ - ヒジュラ - ヒジュラ暦 - ヒズボラ - ヒヤル - ファトワー - 回回教 - ファーティマ朝 - 福音書 - ブルカ - ブワイフ朝 - 文化的ムスリム - ベルベル人 - ホジャ ま行 マーリク派 - 前嶋信次 - マカーム - マッカ - マディーナ - マドラサ - マフディー - マホメット(⇒ムハンマド) - マムルーク - マムルーク朝 - ミッラ - ミッレト制 - ミナレット - ムアーウィヤ - ムアッジン - ムガル帝国 - ムジャーヒディーン - ムスリム - ムダーラバ - ムハンマド - 名誉の殺人 - メッカ - メディナ - モスク - モーセ - モロ や行 ヤスリブ(⇒マディーナ) - ユダヤ教 - 預言者 - 預言者生誕祭 - 予定 ら行 来世 - ラスール(⇒使徒) - 礼拝 - ラマダーン - 六信 わ行 ワクフ - ワッハーブ派 英数字・略語 OIC - PLO 関連項目 宗教一覧 キリスト教用語一覧 仏教用語一覧 天使の一覧 Category:イスラム・スタブ Portal:イスラーム 関連サイト 平凡社『イスラム事典』(1982年)(全文検索可)。 (Wikipedia:イスラーム用語一覧)

イスラーム主義
『イスラム主義』より : イスラム主義またはイスラーム主義( -しゅぎ、英: Islamism)は、シャリーア(イスラーム法)を規範として統治される政体(イスラーム国家)の実現を企図する政治的・社会的諸運動や思想潮流などを指す用語である。 日本語の「イスラーム主義」は英語の Islamism に対応する。欧米の研究者の間では「政治的イスラーム」 (political Islam) という用語も使われ、日本では「イスラーム復興主義」という用語も使われている。日本では、後述するようにイスラーム研究の専門家を中心として使用される用語であり、一般にはマスメディアやアカデミズムにおいて、「イスラム原理主義」という用語が広範に使用されている。 定義 イスラーム主義は、シャリーアに基づいて統治されるイスラム国家・イスラム社会の建設と運営を目ざす、ムスリムによる政治運動や政治的イデオロギーに対する分析概念である。イスラームの理念を社会において実現することを理想とし、行動目的としてムスリムの国家をシャリーアに基づいて運営されるイスラーム国家とすることを目指す。 (Wikipedia:イスラーム主義)

イスラーム過激派
イスラム過激派またはイスラーム過激派(イスラームかげきは)とは、日本語においては自分たちの理想を「イスラーム」により理論化し、そのような社会の実現を図るために犯罪やテロを行う戦闘的な組織を総称する用語である。日本を含め国際的には、こうした組織は「イスラームの名を使用して主張を実現するために犯罪を実行する過激派(extremist)」とみなされている。この中にはサラフィー・ジハード主義を掲げるアルカーイダ系の組織なども含まれる。95%以上がスンナ派のハンバリー法学派の信徒で占められている。 最近ではイスラーム過激派に対して、ジハード主義(Jihadism)あるいはジハード主義者(Jihadist)という言葉を海外メディアがよく使用している。また日本のメディアでも、例えば時事通信が「ジハーディスト(聖戦主義者)」という表現を用いている。ただし、イスラームにおけるジハードの本来の意味は「奮闘努力」である。 主要な組織 西側の多くの国家から「テロ組織」に指定されている組織とその主な活動地域を以下に記す。 (Wikipedia:イスラーム過激派)

イスラーム革命防衛隊
『イスラム革命防衛隊』より : イスラム革命防衛隊(イスラムかくめいぼうえいたい、ラテン文字転写:Sepah-e Pasdaran-e Enghelab-e Islami)は、イランの軍隊のひとつ。 1979年のイラン・イスラム革命後、旧帝政への忠誠心が未だ残っていると政権側から疑念を抱かれた従来の正規軍であるイラン・イスラム共和国軍への平衡力として創設されたイラン・イスラム共和国の軍事組織。正規軍(ペルシャ語:ارتش 英字表記:Artesh)と並行して独自の陸軍、海軍、空軍、情報部門、特殊作戦部門を有し、また弾道ミサイル部隊や戦時には数百万人単位で大量動員できる民兵部隊バスィージ(ペルシャ語:بسيج‎‎ 英字表記:Basij)も管轄している。さらに多数の系列企業を持っている。 革命防衛隊は国防省ではなく革命防衛隊省の統制下にある。前イラン大統領であるマフムード・アフマディーネジャードもイスラム革命防衛隊の一員であった。 ルーホッラー・ホメイニーの帰国後、1979年5月5日、その命令によりイスラム革命防衛隊が設立された。 (Wikipedia:イスラーム革命防衛隊)

イスラーム国家
『イスラム国家』より : イスラム国家(イスラムこっか、アラビア語:دولة إسلامية 、英語: islamic state)は、イスラームによって統治される国家。即ち唯一全能の神(アッラーフ)が預言者ムハンマドに下した神勅たるクルアーン、預言者の言行録たるハディース、そしてそれらを基礎として成立したイスラーム法(シャリーア)に基づきムスリムの指導者が統治を行い、ムスリムの同胞としての緊密な結合とすべての政治や社会秩序はイスラームに基づくという理念によりアッラーフの祝福が永久に約束されるとする国家のこと。 従って、ムスリム(イスラム教徒)が多数を占める「イスラム教国」であってもトルコ共和国のように世俗主義を標榜し、シャリーアを廃止している国家は、イスラム国家とは言われないのが普通である。 カリフ制とイスラム国家 古い時代については、イスラム国家という語は、預言者ムハンマド以後のカリフ制の国家(ウンマ、イスラム帝国)を指す。ウマイヤ朝以降、イスラム帝国は次第に分裂して実質上単一のイスラム国家ではなくなっていき、モンゴル族によるアッバース朝の滅亡により完全に消滅した。 (Wikipedia:イスラーム国家)

イスラーム聖戦 (パレスチナ)
イスラーム聖戦 (Harakat al-Jihād al-Islāmi al-Filastīni 英表記Palestine
Islamic Jihad Movement)は、パレスチナで活動しているイスラーム主義組織。日本ではイスラム聖戦と訳されている。アラビア語表記に忠実に訳せばパレスチナ・イスラーム・ジハード運動となる。 国際連合 国連や欧米諸国からはテロ組織指定を受けている。
1970年代、ガザ地区で元ムスリム同胞団のファティ・シャカキを中心に組織された組織。組織形態はしっかりした組織というより、ゆるやかに提携する諸派で形成されている。聖戦を通じて、イスラム教パレスチナ国家を作り出し、イスラエルを滅ぼすことを目的としている。攻撃対象はイスラエルの他にはアメリカ合衆国、穏健派アラブ諸国。主な活動としてはインティファーダ中の攻撃や、1995年10月のファティ・シャカキ殺害に対してのパレスチナ自治区や、イスラエルでの自爆テロが知られる。 しかしシャカキ死亡後は勢力が衰えてしまった。イランやシリアの支援を受けており、ヒズボラやハマースとは協力関係にある。
(Wikipedia:イスラーム聖戦 (パレスチナ))

イスラーム共和制
『イスラム共和制』より : イスラム共和制(イスラムきょうわせい、英: Islamic Republic、亜: اسلامی جمہوریت‎)とは、近代から現代にかけての中東およびアフリカのイスラム圏に広がる、共和制を布くイスラム国家の政体である。 君主ではなく、人民が選出した代表が統治を行う共和制という概念を基調とするが、国法がイスラームの教えに基づく、もしくはシャリーア(イスラーム法)そのものを法として扱うなど、政治にイスラームが深く根付いた体制のことを指す。 イランをはじめとして宗教的非寛容に基づく、信教の自由・表現の自由の制限、非ムスリムへの厳しい差別や女性への人権侵害、性的少数者などへの迫害が見られる場合もある。 国号にイスラム共和国を掲げる国家とその政体 イラン・イスラム共和国の政体 - イスラム共和制 アフガニスタン・イスラム共和国の政体 - 大統領制 パキスタン・イスラム共和国の政体 - 大統領制 モーリタニア・イスラム共和国の政体 - 大統領制 イラン・イスラム共和国の場合 イランでは、クルアーンの教えなどから人間の心身に悪影響を与えるとして、ポルノとアルコール類を禁止している。 (Wikipedia:イスラーム共和制)

イスラーム圏
『イスラム世界』より : イスラム世界とは、イスラム教(イスラーム)とそれを信仰・実践する人々であるムスリム(イスラム教徒)が社会の中心に立って活動する地域を指し、イスラム法(シャリーア)の用語に言うダール・アル=イスラーム(「イスラムの家」)とほぼ等しい概念を意味する語である。歴史的な対象を指すのにしばしば使われるが、イスラム世界の中に法としてシャリーアを用いない国も少なくない現代を指しては、イスラム圏(イスラーム圏)、イスラム諸国などの言葉を用いることも多い。 イスラム教国 イスラム教国とは、イスラム教に関連が深い国のことであり、以下のどちらかを指す。 国教がイスラム教である国、シャリーア(イスラーム法)を法として実際に運用している国。この場合はイスラム国家と呼ばれることが多い。この定義ではトルコやアルバニアのような、人口の大多数がイスラム教徒であっても世俗主義を標榜する国家は入らない。 イスラム教徒が人口の比較的多数を占め、国家の指導的立場、ヘゲモニーをイスラム教徒が握る国。ほぼすべてがイスラム協力機構 (OIC) に加わっている。 (Wikipedia:イスラーム圏)

イスラーム世界
『イスラム世界』より : イスラム世界とは、イスラム教(イスラーム)とそれを信仰・実践する人々であるムスリム(イスラム教徒)が社会の中心に立って活動する地域を指し、イスラム法(シャリーア)の用語に言うダール・アル=イスラーム(「イスラムの家」)とほぼ等しい概念を意味する語である。歴史的な対象を指すのにしばしば使われるが、イスラム世界の中に法としてシャリーアを用いない国も少なくない現代を指しては、イスラム圏(イスラーム圏)、イスラム諸国などの言葉を用いることも多い。 イスラム教国 イスラム教国とは、イスラム教に関連が深い国のことであり、以下のどちらかを指す。 国教がイスラム教である国、シャリーア(イスラーム法)を法として実際に運用している国。この場合はイスラム国家と呼ばれることが多い。この定義ではトルコやアルバニアのような、人口の大多数がイスラム教徒であっても世俗主義を標榜する国家は入らない。 イスラム教徒が人口の比較的多数を占め、国家の指導的立場、ヘゲモニーをイスラム教徒が握る国。ほぼすべてがイスラム協力機構 (OIC) に加わっている。 (Wikipedia:イスラーム世界)

イスラームとネコ
ネコはイスラム教において敬愛されている動物である。 預言者ムハンマド・イブン=アブドゥッラーフに愛されていたということに加えてその清潔さから、ネコはムスリムにとっての「真のペット」とみなされている。 敬愛の起源 ネコは古代オリエントの時代から近東で尊ばれてきた。これは大いに修正された形式ではあるものの、イスラム教により受け入れられてきた伝統である。ネコは七つの魂を持つと信じられているため、アラビア語には多くのネコの異名がある。イスラム教の聖典であるコーラン(クルアーン)にネコは現れないが、預言者ムハンマドやアブー・フライラにまつわる猫好きの伝承がスンナとなったことが、ネコがイスラーム世界で大事に扱われるようになった一因だと考えられている。 預言者ムハンマドは「ネコへの愛は信仰の一側面である」と言ったと記録されている。また、他のハディースによると、彼はネコを迫害することや殺すことを禁じていたと言われている。彼は自分の外套の上でネコが出産することを許したり、可愛がっている雌のネコのムエザが彼の礼拝服の上で寝ていたときに、ムエザを起こさないように服の袖を切り落としたと伝えられている。 (Wikipedia:イスラームとネコ)

イスラーム法
『シャリーア』より : シャリーア(アラビア語: شريعة‎ Shari'a)は、コーランと預言者ムハンマドの言行(スンナ)を法源とする法律。1000年以上の運用実績がある。ローマ法を起源としないイスラム世界独自のものである。イスラム法、イスラーム法、イスラーム聖法などとも呼ばれる。 シャリーアはコーランと預言者ムハンマドの言行(スンナ)を法源とし、イスラム法学者が法解釈を行う。イスラム法を解釈するための学問体系(イスラム法学)も存在し、預言者ムハンマドの時代から1000年以上、法解釈について議論され続けている。法解釈をする権限はイスラム法学者のみが持ち、カリフが独断で法解釈をすることはできないとされる。預言者ムハンマドの言行録はハディースとよばれ預言者の言行に虚偽が混ざらぬように、情報源(出典)が必ず明記される。 シャリーアは民法、刑法、訴訟法、行政法、支配者論、国家論、国際法(スィヤル)、戦争法にまでおよぶ幅広いものである。シャリーアのうち主にイスラム教の信仰に関わる部分をイバーダート(儀礼的規範)、世俗的生活に関わる部分をムアーマラート(法的規範)と分類する。 (Wikipedia:イスラーム法)

イスラーム教徒
『ムスリム』より : ムスリム(アラビア語: مسلم‎、英語: Muslim)とは、「(神に)帰依する者」を意味するアラビア語で、イスラム教の教徒の事である。 キリスト教圏ではムハンマド教徒とも呼ばれ、日本でもかつては一部でこの語を用いた。女性形はムスリマだが、アラビア語社会以外では基本的には区別しない。また、中世キリスト教世界では、イシュマエル人、カルデア人、モーロ人、サラセン人などあたかも民族集団であるかのような名称でも呼ばれた。 ムスリムになるためには、証人となるムスリムの前で信仰告白の手続きを取ることが必要である。ムスリムは、神(アッラーフ)を常に身近に感じるように、五行を実践することが建前である。 父親がムスリムであるものは自動的にムスリムとなるとされている。 分布 かつて、イスラム教はキリスト教よりはるかに多様な民族の間で信仰されていた。しかし、近代以降、西方のキリスト教会が世界中に布教を行いその分布を広げたため、それに比較すると、イスラム教を信仰する民族は限られている。 (Wikipedia:イスラーム教徒)


イスラーム - 関連ブログ

データが取得できませんでした

イスラーム - アマゾン検索


「イスラーム」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す