[PR]

日別キーワード

第56位  ビブリア古書堂の事件手帖 - 2018年11月09日


関連するイメージは見つかりませんでした



ビブリア古書堂の事件手帖
『ビブリア古書堂の事件手帖』(ビブリアこしょどうのじけんてちょう)は、三上延による日本のライトミステリ小説シリーズ。イラストは越島はぐ。2011年からメディアワークス文庫(アスキー・メディアワークス)より刊行されている。文庫本書き下ろし作品。 古書に関して並外れた知識を持つが、極度の人見知りである美貌の古本屋店主・栞子(しおりこ)が、客が持ち込む古書にまつわる謎を解いていく日常の謎系のビブリオミステリ。作中で扱われる古書は実在するもので、それら書籍の売上が伸びたり絶版本が復刊されるなどの影響を与えた。 メディアワークス文庫で初のミリオンセラー作品であり、2014年12月現在、シリーズ累計の発行部数は600万部をこえた。2012年には、本屋大賞にノミネートされた。メディアミックスとして2種類の漫画化作品と、テレビドラマが制作されている。 物語の舞台 物語開始時は2010年8月。神奈川県北鎌倉を舞台としている。地名は実在のものを用いているが、ビブリア古書堂の店舗や登場人物はフィクションである(作者後書きより)。 (Wikipedia:ビブリア古書堂の事件手帖)


ビブリア古書堂の事件手帖 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

ビブリア古書堂の事件手帖 - アマゾン検索


「ビブリア古書堂の事件手帖」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す