[PR]

日別キーワード

第58位  ユダヤ教 - 2018年11月09日


関連するイメージは見つかりませんでした



ユダヤ教
ユダヤ教(ユダヤきょう、ヘブライ語: יהדות‎)は、古代の中近東で始まった唯一神ヤハウェ(יהוה)を神とし、選民思想やメシア(救世主)信仰などを特色とするユダヤ人の民族宗教である。ただしメシア思想は、現在ではハバド・ルバヴィッチ派などを除いて中心的なものとなっていない。 『タナハ』(キリスト教の『旧約聖書』と同じ書物)が重要な聖典とされる。 『タナハ』 (ヘブライ語ラテン文字転記:tanakh)、『ミクラー』 (miqra') と呼ばれる書を聖典とする。これはキリスト教の『旧約聖書』と同じ書物である。ただし、成立状況が異なるので、キリスト教とは書物の配列が異なる。イスラム教でも『モーセ五書』は『コーラン』に次いで重要視される。ユダヤ教では、この他にタルムードをはじめとしたラビ文学も重視する。 しかし、ユダヤ教は信仰、教義そのもの以上に、その前提としての行為・行動の実践と学究を重視し、キリスト教、特にルター主義とは違う。例えば、ユダヤ教の観点からは、信仰を持っていたとしても、アミーダー・アーレーヌー・ムーサーフなどを含んだシャハリート・ミンハー・マアリーブを行わないこと、シェマア・イスラーエールを唱えないこと、ミクラーを読まないこと、食事の前とトイレの後の手洗いと祈りを行わないこと、戸口のメズーザーに手を当てて祈りを行わないこと、カシュルートを実行しないこと、タルムード・トーラー、ベート・ミドラーシュ、イェシーバー、コーレールなどミクラーとラビ文学の研究を行わないこと、シャッバートを行わないこと、パーラーシャーを読まないことなどは、ユダヤ教徒としてあるべき姿とは言えない。 (Wikipedia:ユダヤ教)

ユダヤ教関連用語一覧
ユダヤ教(ヤハドゥート)、ヘブライ語関連の用語(項目)の一覧。英語版へのリンクも含む。 あ行 ア 曖昧母音(シュワー、シェワー) シェワー・ナーア(有音シェワー):半母音の存在を示す シェワー・ナーハ(無音シェワー):音節を閉じる(閉音節であることを示す)目印 ナーアとナーハが音声的に有音・無音の対立をなしていることに注目すべきである アイン(ヘブライ文字、70) アイン・ハー=ラーア、アイン・ハラア、邪視、邪眼 : ミズラヒムの習慣 赤い雄牛 Parah Admah (民数記19) → ミシュナー・トホロート・パーラー アッガーダー、アガダー、アガダ en:Aggadah, agode:概念用語。 (Wikipedia:ユダヤ教関連用語一覧)

ユダヤ教史関連人物の一覧
『ユダヤ史関連人物の一覧』より : ユダヤ史関連人物の一覧(ユダヤしかんれんじんぶつのいちらん)は、族長時代から20世紀までユダヤ人の社会・政治・文化に影響を及ぼした人物、ラビ、宮廷ユダヤ人、ユダヤ教に基づく哲学者、ユダヤ系出自のキリスト教・イスラム教への貢献者などの一覧。 紀元前11世紀以前 アブラハムからモーセ、イスラエルの地への定着までの物語の期間を「族長時代」という。 考古的・科学的な研究は「古代オリエント」も参照。 聖書の登場人物の一覧も参照 アブラハム(アブラム)・ベン・テラ Abraham イサク Isaac ヨセフ Joseph ヤコブ(イスラエル) Jacob  :旧約聖書でイスラエルの十二部族の父と書かれる モーセ Moses アロン Aaron ヨシュア(イェホーシュア、もとホーシェーア) Joshua:預言者。 (Wikipedia:ユダヤ教史関連人物の一覧)

ユダヤ教史関連人物一覧
『ユダヤ史関連人物の一覧』より : ユダヤ史関連人物の一覧(ユダヤしかんれんじんぶつのいちらん)は、族長時代から20世紀までユダヤ人の社会・政治・文化に影響を及ぼした人物、ラビ、宮廷ユダヤ人、ユダヤ教に基づく哲学者、ユダヤ系出自のキリスト教・イスラム教への貢献者などの一覧。 紀元前11世紀以前 アブラハムからモーセ、イスラエルの地への定着までの物語の期間を「族長時代」という。 考古的・科学的な研究は「古代オリエント」も参照。 聖書の登場人物の一覧も参照 アブラハム(アブラム)・ベン・テラ Abraham イサク Isaac ヨセフ Joseph ヤコブ(イスラエル) Jacob  :旧約聖書でイスラエルの十二部族の父と書かれる モーセ Moses アロン Aaron ヨシュア(イェホーシュア、もとホーシェーア) Joshua:預言者。 (Wikipedia:ユダヤ教史関連人物一覧)

ユダヤ教学
ユダヤ学(ユダヤがく、ヘブライ語:maddā‘ēy-hayYiśrā’ēl、chokhmath Yiśrā’ēl、ドイツ語:Judaistik、英語: Jewish studies、Judaic studies)は、ユダヤ人およびユダヤ教を主な研究対象とする学問である。ユダヤ教学(ユダヤきょうがく)ともいう。ユダヤ学の科目は、現在多くの大学で学ぶことができる。ユダヤ人の多い国の欧米の大学、主要な欧米の大学には、必ずといってよいほど講座・研究機関が設置されている。また、現在「ユダヤ学」と称する国際的学会が幾つも開催されている。 現代の用語としてのユダヤ学とは、ヤハドゥート(ユダヤ教)・ユダヤ人の言語・思想・哲学・文学・歴史・芸術などの全てに関する学問である。ヘブライ語では「イスラエル学」という。 ユダヤ教科学 ユダヤ教科学("die Wissenschaft des Judentums")というと、ヤハドゥートを科学的に研究するという19世紀ドイツに始まった流れのことで、先進的・科学的方法を駆使する。 (Wikipedia:ユダヤ教学)

ユダヤ教科学
『ユダヤ教学』より : ユダヤ学(ユダヤがく、ヘブライ語:maddā‘ēy-hayYiśrā’ēl、chokhmath Yiśrā’ēl、ドイツ語:Judaistik、英語: Jewish studies、Judaic studies)は、ユダヤ人およびユダヤ教を主な研究対象とする学問である。ユダヤ教学(ユダヤきょうがく)ともいう。ユダヤ学の科目は、現在多くの大学で学ぶことができる。ユダヤ人の多い国の欧米の大学、主要な欧米の大学には、必ずといってよいほど講座・研究機関が設置されている。また、現在「ユダヤ学」と称する国際的学会が幾つも開催されている。 現代の用語としてのユダヤ学とは、ヤハドゥート(ユダヤ教)・ユダヤ人の言語・思想・哲学・文学・歴史・芸術などの全てに関する学問である。ヘブライ語では「イスラエル学」という。 ユダヤ教科学 ユダヤ教科学("die Wissenschaft des Judentums")というと、ヤハドゥートを科学的に研究するという19世紀ドイツに始まった流れのことで、先進的・科学的方法を駆使する。 (Wikipedia:ユダヤ教科学)

ユダヤ教徒
『ユダヤ人』より : ユダヤ教(ユダヤきょう、ヘブライ語: יהדות‎)は、古代の中近東で始まった唯一神ヤハウェ(יהוה)を神とし、選民思想やメシア(救世主)信仰などを特色とするユダヤ人の民族宗教である。ただしメシア思想は、現在ではハバド・ルバヴィッチ派などを除いて中心的なものとなっていない。 『タナハ』(キリスト教の『旧約聖書』と同じ書物)が重要な聖典とされる。 『タナハ』 (ヘブライ語ラテン文字転記:tanakh)、『ミクラー』 (miqra') と呼ばれる書を聖典とする。これはキリスト教の『旧約聖書』と同じ書物である。ただし、成立状況が異なるので、キリスト教とは書物の配列が異なる。イスラム教でも『モーセ五書』は『コーラン』に次いで重要視される。ユダヤ教では、この他にタルムードをはじめとしたラビ文学も重視する。 しかし、ユダヤ教は信仰、教義そのもの以上に、その前提としての行為・行動の実践と学究を重視し、キリスト教、特にルター主義とは違う。例えば、ユダヤ教の観点からは、信仰を持っていたとしても、アミーダー・アーレーヌー・ムーサーフなどを含んだシャハリート・ミンハー・マアリーブを行わないこと、シェマア・イスラーエールを唱えないこと、ミクラーを読まないこと、食事の前とトイレの後の手洗いと祈りを行わないこと、戸口のメズーザーに手を当てて祈りを行わないこと、カシュルートを実行しないこと、タルムード・トーラー、ベート・ミドラーシュ、イェシーバー、コーレールなどミクラーとラビ文学の研究を行わないこと、シャッバートを行わないこと、パーラーシャーを読まないことなどは、ユダヤ教徒としてあるべき姿とは言えない。 (Wikipedia:ユダヤ教徒)

ユダヤ教会
『シナゴーグ』より : シナゴーグ(ヘブライ語: בית כנסת‎、イディッシュ語: שול‎、英: synagogue、独: Synagoge、蘭: Synagoge、ハンガリー語: zsinagóga)とは、ギリシャ語のシュナゴゲー(集会所)に由来するユダヤ教の会堂のことである。聖書には「会堂」の名で登場し、ユダヤ教会と俗称されることもある。キリスト教の教会の前身であるが、役割はやや異なる。 もともとは聖書の朗読と解説を行う集会所であった。 現在では祈りの場であると同時に、各地のディアスポラのユダヤ人の礼拝や結婚、教育の場となり、また文化行事などを行うコミュニティーの中心的存在ともなっている。 エルサレム神殿破壊後はユダヤ教の宗教生活の中心となる。 ディアスポラ民族主義者や改革派は「神殿」という言葉を用いることがあるが、正統派の中にはこういった「擬似神殿」の敷居を跨ぐことを拒否するものもいる。 ディアスポラの地では改革派から超正統派までディアスポラの立場を取る者たちなどによって守られているが、イスラエルへの移住によって無人のシナゴーグ ([1]) も多く出てきている。 (Wikipedia:ユダヤ教会)

ユダヤ教への改宗者の一覧
ユダヤ教への改宗者の一覧(ユダヤきょうへのかいしゅうしゃのいちらん)は、ユダヤ教へ改宗した人物の一覧。 現代における「ユダヤ人(yəhūdhī)」とは、血によってもちろんユダヤ人となりうるが、ユダヤ教(ヤハドゥート)への改宗手続きとハラーハー・ミンハーグ、そしてそれぞれのレベルにおける信仰によってユダヤ人となる。また、一部の改革派はユダヤ教を世界宗教と定義している。 ユダヤ人の歴史と無縁でもないとも考えられる。ユダヤ教は歴史的に見ても、一部の例を除けば布教を勧める宗教ではなかったのであるが、改宗者は歓迎されて愛され(cf.613のミツワー)、もともと「ユダヤ人」であった者以上に立派なユダヤ人となることができる。異教徒の改宗を押し留めてきたのは、むしろ歴史的な異教徒による弾圧であったとも言われる。また、ユダヤ教は「神への道」はただ1つとは考えず、にわか仕込みの改宗や大量改宗はユダヤ教になじまない。このため、積極的布教・改宗運動は望ましいものと考えず、改宗にも時間がかかる(キリスト教やイスラム教の歴史との相違点の1つである)。 (Wikipedia:ユダヤ教への改宗者の一覧)

ユダヤ教改革派
『改革派 (ユダヤ教)』より : 改革派(Reform Judaism)は19世紀のはじめからドイツに起こり、イギリス、アメリカ合衆国、その他の地域に及んだユダヤ教の流れで、変革を唱え、慣習と方針面においては簡素化と大きな再解釈、またディアスポラの立場をとることが多い。 シナゴーグにおける礼拝においてはキリスト教の教会の要素を取り入れ、ディアスポラの地における言語での祈りを取り入れる。 オルガンと合唱隊(聖歌隊)をそなえる。男女の分け隔てをするメヒッツァーなどはつけない。 イスラエルでは、改革派の施設は存在するが、正統派以外の公的活動は認められていない。 日本国内にあるシナゴーグは改革派のものである。 ラビと歴史年表 ザームエル・ホルトハイム Samuel Holdheim(1806 - 1860) アイザック・メイアー・ワイズ Isaac Mayer Wise(1819 - 1900) カウフマン・コーラー Kaufmann Kohler(1843 - 1926) エーミール・ヒルシュ Emil Hirsch(1851 - 1923) - ルクセンブルク出身のラビで、ザームエル・ヒルシュの子 スティーヴン・サミュエル・ワイズ Stephen Samuel Wise(1862 - 1949) ユダ・レオン・マグネス Judah Leon Magnes(1877 - 1948) アバ・ヒレル・シルヴァー Abba Hillel Silver(1893 - 1963) ドイツ、その他 イスラエル・ヤーコプゾーン モーゼス・メンデルスゾーン レーオポルト・ツンツ Leopold Zunz アーブラハム・ガイガー ザームエル・ヒルシュ Samuel Hirsch アーロン・ホリン Aaron Chorin レーオ・ベック Leo Baeck イギリス アメリカ合衆国 1824年 サウスカロライナ州チャールストンで47人のユダヤ人の主導者であったアイザック・ハービ Isaac Harby が、ベス・エロヒーム信徒協会 Congregation Beth Elohim(congregation, 会衆 という意味のキリスト教用語を使用する)において、シャッバートの礼拝でヘブライ語の英訳を使用することを含む大きな変革を行うよう、請願を行う。 (Wikipedia:ユダヤ教改革派)

ユダヤ教保守派
『保守派 (ユダヤ教)』より : 保守派ユダヤ教(Conservative Judaism)は、20世紀、1900年代のアメリカにおいて誕生したユダヤ教の流れのことで、正統派と改革派の中間を行くような立場のもの。 広尾のシナゴーグのラビであるリボーは保守派であったため、東京のシナゴーグは保守派的ということになる。 伝統派 伝統派(מָסָרתִּי māsortī, mosorti, マーソルティー)とはドイツ系の、改革派(アーブラハム・ガイガー)にも正統派(ザムゾン・ラーファエル・ヒルシュ)にも属さないユダヤ教徒で、アメリカで誕生した保守派とは区別される。 ハインリヒ・グレーツの求めたヤハドゥートに端を発し、現在主流となっている。 ルイス・ジェイコブズによってイギリスに移植された。 年表 重要な人物 エリオット・ドーフ Elliot N. Dorff - ユダヤ教大学の哲学博士、神学者で、Committee on Jewish Law and Standards ルイス・フィンケルスタイン Louis Finkelstein - タルムード学者 ツェハリアス・フランケル Zecharias Frankel - プラハ出身のラビ、positive-historical Judaism の創始者 ニール・ギルマン Neil Gillman - 神学者で、JTSの哲学博士 ルイス・ギンズバーグ Louis Ginzberg - タルムード学者で、ポーセーク(ハラーハーのエキスパート)、Committee on Jewish Law and Standards の初期のメンバー ロバート・ゴーディス Robert Gordis - ラビ・神学者・教育家 ジュディス・ハウプトマン Judith Hauptman - JTSのタルムード学者 ジュールズ・ハーロウ Jules Harlow - 保守派運動の主要な典礼学者 アブラハム・ヨシュア・ヘシェル Abraham Joshua Heschel、ポーランドのアプテ派(ハシディズム)出身のラビ、「神学者」、社会活動家 ルイス・ジェイコブズ Louis Jacobs - イギリスのラビ。 (Wikipedia:ユダヤ教保守派)

ユダヤ教神学院
アメリカ・ユダヤ教神学院(Jewish Theological Seminary of America, JTS)はアメリカ・ニューヨーク市にあるユダヤ教保守派の大学。 ロサンジェルスのユダヤ教大学 University of Judaism、エルサレム・マホン・シェフテルと並ぶ、主なラビ学院の運動の一つである。コロンビア大学と提携している。 ブレスラウ・ユダヤ教神学院 プラハ出身のラビ・ツァハリアス・フランケル Zecharias Frankel (1801-1875) が1854年ブレスラウに設置したブレスラウ・ユダヤ教神学院 Jüdisch-Theologisches Seminar [1] の流れを汲む。ユダヤ教神学院は名称、イデオロギーはブレスラウの神学院を引き継ぐものであるが、ブレスラウの神学院は長く残存しなかった。 なお、正統派のイェシーバーなどを「神学院」と訳すことがあるが、この「神学」はキリスト教の学問を指すものではない。 (Wikipedia:ユダヤ教神学院)

ユダヤ教一般新聞
ユダヤ教一般新聞(Allgemeine Zeitungs des Judent(h)ums)は、1837年ルートヴィヒ・フィーリプゾン博士 Dr. Ludwig Philippson (1811-89) によって、初めライプツィヒ、後にベルリンで発行された新聞。 当時ユダヤ系の新聞としては「ズラーミト Sulamith」「イェディーデヤ Jedidja」、アーブラハム・ガイガーの「ユダヤ教神学の科学雑誌 Wissenschaftliche Zeitschrift für Jüdische Theologie」、ユダヤ教徒の投稿家も参加していたヘーニングハウス博士 Höninghaus の「ユニバーサル教会新聞 Universal-Kirchenzeitung」があった。 (Wikipedia:ユダヤ教一般新聞)

ユダヤ教の祝祭日
ユダヤ教の祝祭日(ユダヤきょうのしゅくさいじつ、ヘブライ語: חגי ישראל ומועדיו‎、英語: Jewish holiday)では、ユダヤ教や現代のイスラエルの祝祭日の一覧を記す。 政暦とは、今日のユダヤ教で用いられている暦のことであり、教暦とは古代の農耕暦のことである。月名が2つ存在するのは、バビロン捕囚の前(列王記より前の書)と後(エズラ記より後の書)では用いた暦が異なるためである。ただし、エステル記ではテベトを「第十の月」、シワンを「第三の月」と呼んでいるため、教暦から政暦への移行はもっと後の時代のことであることが分かる。 また、第13月(閏月)は19年に7回の頻度で行われている。 下記に記載されている祝祭日は、古代から継続して行われているユダヤ教の祝祭(ハグ・イェフディー)に加え、ヨム・ハ・ショア、ヨム・ジカロン、ヨム・ハ・アツマウート、ヨム・イェルシャライムという現代イスラエルに関連している祝祭日(ハグ・ツィオニー)も含まれている。 (Wikipedia:ユダヤ教の祝祭日)

ユダヤ教正統派
『正統派 (ユダヤ教)』より : 正統派(Orthodox Judaism)とは、現代のユダヤ教においては、トーラー・シェビフターブ(本のトーラー)とトーラー・シェベアル=ペ(口伝)を聖典とし、ハラーハーにおいてはシュルハーン・アールーフを実践する立場のこと。 関連項目 Category:ユダヤ教正統派 Category:Orthodox Judaism 超正統派(ハレーディー) Haredi Judaism 現代正統派ユダヤ教 Modern Orthodox Judaism トーラー・ユダヤ教 Torah Judaism 改革派 Reform Judaism 保守派 Conservative Judaism Divine Providence in Contemporary Jewish thought 外部リンク Origins of Orthodox Judaism The different Orthodox Jewish groups The Variety of Orthodox Attitudes to Selected Ideological Issues Role of women in Orthodox Judaism All about the Shulkhan Arukh The State of Orthodox Judaism Today Orthodox Judaism in Israel The Union of Orthodox Congregations The Jews of Yemen Homepage GoDaven.com - The Worldwide Orthodox Minyan Database Global Chabad-Lubavitch Centers and Institutions Directorypl:Judaizm#Judaizm ortodoksyjny。 (Wikipedia:ユダヤ教正統派)


ユダヤ教 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

ユダヤ教 - アマゾン検索


「ユダヤ教」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す