[PR]

日別キーワード

第69位  金沢市 - 2018年11月09日


関連するイメージは見つかりませんでした



金沢市
金沢市(かなざわし)は、石川県のほぼ中央に位置する、石川県の県庁所在地。旧石川郡および河北郡。1996年4月1日、中核市に指定された。 江戸時代には、江戸幕府(約800万石と言われる)を除いて、大名中最大の102万5千石の石高を領した加賀藩(「加賀百万石」)の城下町として栄え、人口規模では江戸・大坂・京の三都に次ぎ、名古屋と並ぶ大都市であった。壊滅した富山市などと異なり、第二次世界大戦中にアメリカ軍からの空襲を受けなかったことから市街地に歴史的風情が今なお残っている。空襲の被害者やその遺族が少ない地域という理由から、終戦間もない頃には国際交流を目的として来日するアメリカ市民の滞在先としても選ばれた。また、長年の都市文化に裏打ちされた数々の伝統工芸、日本三名園の一つとして知られる兼六園、加賀藩の藩祖・前田利家の金沢入城に因んだ百万石まつり、さらに庶民文化(加賀宝生や郷土料理の治部煮等)などにより、観光都市として知られる。 (Wikipedia:金沢市)

金沢市内線
『北陸鉄道金沢市内軌道線』より : 金沢市内線(かなざわしないせん)は、石川県金沢市の市街地区域を結んでいた北陸鉄道の鉄道路線。 積雪による運行障害や、増加した自動車との競合で常態化した交通渋滞解消を理由として、1967年(昭和42年)2月11日、全線廃線となった。 路線データ 路線距離(営業キロ):12.9km(最盛期) 軌間:1067mm 複線区間:下記以外 単線区間:六枚町 - 金沢駅前 - 白銀町、鳴和 - 東金沢駅前 金沢駅前単線区間はループ状で時計回りのみ 電化区間: 全線(直流600V) 運行形態 鳴和 - 東金沢駅前間廃止時点(最盛期)は6系統あった。 また、一時期は松金線への乗り入れを行っていた。 各系統は以下のとおり。 5系統は20時までの運転で、以降は4系統が東金沢駅前まで延長されていた。 上記以外に金石線の中橋駅から乗り継いで市内へ向かう乗客の便宜を図るため、六枚町から金沢駅前を経由せずに白銀町方向へ折り返す臨時系統があった。 (Wikipedia:金沢市内線)

金沢市立工業高等学校
校名=金沢市立工業高等学校
過去校名=金沢市立工業学校
金沢市立第一工業学校
国公私立=公立学校
設置者=金沢市
学区=
併合学校=金沢市立第二工業学校
校訓=
設立年月日=1893年
記念日名称=
創立記念日=5月25日
創立者=
共学・別学=男女共学
中高一貫教育=
課程=全日制課程
二部以上の授業=
単位制・学年制=学年制
設置学科=機械科
(Wikipedia:金沢市立工業高等学校)

金沢市消防局
消防本部名 金沢市消防局
設置日
管轄区域 金沢市
管轄面積 467.77km²
職員定数 415人
消防署数 3
分署数
出張所数 9
分遣所数
所在地 金沢市泉本町7-9-2
金沢市消防局(かなざわししょうぼうきょく)は、石川県金沢市の消防部局(消防本部)。
1948年11月 金沢市消防本部事務局、金沢市消防署、玉川分署及び金石分署を開設する。
1950年4月 消防本部事務局が消防署庁舎へ移転する。
1950年12月 消防本部事務局を金沢市消防本部に改組する。
1952年8月 野町出張所及び森山出張所を開設する。
1953年9月 玉川分署が玉川消防署に、金石分署が金石消防署に昇格し、3署体制となる。金沢市消防署を広坂消防署に改称する。
1955年2月 西部出張所を開設する。
1962年12月 森本出張所を開設する。
(Wikipedia:金沢市消防局)

金沢市民野球場
スタジアム名称 金沢市民野球場
愛称 Kanazawa Municipal Baseball Stadium
所在地 石川県金沢市磯部町ニ45(城北市民運動公園内)
開場 1990年
所有者 金沢市
管理・運用者 金沢市スポーツ事業団・奥・米沢共同事業体(指定管理者、同事業団・奥アンツーカ・米沢電気工事による)
グラウンド 内野:クレー舗装外野:芝 天然芝
照明 照明塔 - 6基
設計者
使用チーム、大会 石川ミリオンスターズ(2007年~現在)
収容能力 10,000人
規模 両翼:99 m中堅:122 m
フェンスの高さ
金沢市民野球場(かなざわしみんやきゅうじょう)は、石川県金沢市の城北市民運動公園内にある野球場。施設は金沢市が所有し、金沢市スポーツ事業団・奥・米沢共同事業体(同事業団と奥アンツーカ、米沢電気工事による)が指定管理者として運営管理を行っている。
(Wikipedia:金沢市民野球場)

金沢市企業局
事業者名 金沢市企業局Kanazawa Water and Energy Center
経営形態 地方公営企業
業種 水道・ガス・発電業
代表 金沢市公営企業管理者 古田秀一
供用開始 大正10年(1921年)10月(ガス・電気)昭和5年(1930年)5月(水道)
本局所在地 石川県金沢市広岡3丁目3-30
金沢市企業局(かなざわしきぎょうきょく)は、石川県金沢市を営業エリアとする水道事業者・一般ガス事業者。
企業局本庁舎(広岡3-3-30)
ガス広岡ショールーム
市役所企業局窓口(広坂1-1-1)
南部維持管理センター(高尾台2-30)
ガス南部ショールーム
供給戸数は73,897戸(平成19年度)
年間1日最大送出量180,095m3(平成19年度の一般ガス)
年間販売量40,293,278m3(平成19年度)
港エネルギーセンター(湊3-6)
平成21年7月よりペットボトル入り「金沢の水」を販売開始
(Wikipedia:金沢市企業局)

金沢市警察
金沢市警察(かなざわしけいさつ)は、かつて存在した石川県金沢市の自治体警察 (旧警察法) 自治体警察。
旧警察法の施行で、従来の石川県警察部が解体され、1948年(昭和23年)3月7日に金沢市警察局が設置された。同年12月に金沢市警察本部と改称した。
その後、1954年(昭和29年)に、旧警察法が全面改正される形で警察法 新警察法が公布された。これにより国家地方警察と自治体警察が廃止され、新たに都道府県警察として石川県警察 石川県警察本部が発足。金沢市警察も石川県警察に統合され、姿を消した。
1949年(昭和24年)時点
警務部
秘書企画課、警務課
警ら部
警ら課、交通課
刑事部
捜査課、青少年防犯課、経済保安課
1949年(昭和24年)時点
広坂警察署
玉川警察署
(Wikipedia:金沢市警察)

金沢市立玉川図書館
金沢市立玉川図書館(かなざわしりつたまがわとしょかん)は、石川県金沢市玉川町にある金沢市立の公共図書館である。 本館は1978年竣工。設計は谷口・五井設計共同体で、谷口吉郎が総合監修、その息子の谷口吉生が設計を担当している。旧専売公社金沢工場の建物に現代建築を融合させた建物が特色。別館として近世史料館を併設する。谷口吉郎・吉生父子の共同作品はこの建物が最初で最後である。 玉川図書館別館(旧専売公社工場)は旧石川県庁舎や国会議事堂などの設計を手掛けた矢橋賢吉の設計による。1996年に登録有形文化財に登録されている。 玉川図書館の分館として「城北分館」がある。また、2008年11月には隣接地に「玉川こども図書館」を開設した。 沿革 1930年 - 大礼記念金沢市立図書館として開館。 1948年 - 金沢市立図書館に名称を変更。 1979年 - 現在地に移転。 1995年 - 金沢市立泉野図書館の開館に伴い現在の名称に変更。 2008年11月 - 玉川図書館隣接地に玉川こども図書館を開設。 (Wikipedia:金沢市立玉川図書館)

金沢市文化ホール
金沢市文化ホール(かなざわしぶんかホール)は石川県金沢市高岡町に所在するコンサートホールである。金沢400年を記念して、市民の文化充実・向上のために1982年11月3日に設立された。運営は財団法人金沢芸術創造財団が行っている。
大ホール : 899席
大会議室
会議室
練習室
大集会室
展示室ギャラリー
JR西日本北陸本線金沢駅東口より「香林坊」方面行きバス乗車。「南町」バス停下車、徒歩5分。
日本のコンサートホール
金沢市の文化施設
石川県のホール
(Wikipedia:金沢市文化ホール)

金沢市民サッカー場
金沢市民サッカー場(かなざわしみんサッカーじょう)は、石川県金沢市のサッカー競技場。
1991年石川国体ではサッカー競技の会場として使用された。
所在地 金沢市磯部町ニ45番地
電光表示式スコアボード付き
天然芝グラウンド
収容人員 3,010人
北信越フットボールリーグのツエーゲン金沢のホームスタジアムとして公式戦が開催されている。
日本のサッカー競技施設
日本のサッカー競技施設
石川県のスポーツ施設
金沢市 しみんさつかしよう
(Wikipedia:金沢市民サッカー場)

金沢市民球場
『』より : (Wikipedia:金沢市民球場)


金沢市 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

金沢市 - アマゾン検索


「金沢市」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す