[PR]

日別キーワード

第70位  軍産複合体 - 2018年11月09日


関連するイメージは見つかりませんでした



軍産複合体
軍産複合体(ぐんさんふくごうたい、Military-industrial complex, MIC)とは、軍需産業を中心とした私企業と軍隊、および政府機関が形成する政治的・経済的・軍事的な勢力の連合体を指す概念である。 この概念は特に米国に言及する際に用いられ、1961年1月、アイゼンハワー大統領が退任演説において、軍産複合体の存在を指摘し、それが国家・社会に過剰な影響力を行使する可能性、議会・政府の政治的・経済的・軍事的な決定に影響を与える可能性を告発したことにより、一般的に認識されるようになった。米国での軍産複合体は、軍需産業と国防総省、議会が形成する経済的・軍事的・政治的な連合体である。 概念の起源 軍産複合体という概念を最初に公式に用いたのは、1914年8月5日のイギリスのチャールズ・トレヴェルヤンらにより結成された民主的統制連合だった。彼らの平和主義の4つのマニフェストの第4項に「国家の軍隊は共同による合意により制限され、また軍備企業の国営化と兵器貿易の管理によって軍産複合体の圧力は調整されるべきである」とした。 (Wikipedia:軍産複合体)


軍産複合体 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

軍産複合体 - アマゾン検索


「軍産複合体」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す