[PR]

日別キーワード

第97位  東照宮 - 2018年11月09日


関連するイメージは見つかりませんでした



東照宮
東照宮(とうしょうぐう)とは、東照大権現たる徳川家康を祀る神社である。 徳川家康は今際の際に金地院崇伝、南光坊天海、本多正純を呼び、次のように遺言したとされる。 — 徳川実紀(台徳院殿御実紀四十二巻) 元和2年4月17日(1616年6月1日)、家康は駿府城で死去。柩は久能山に運ばれ、遺言に従って江戸幕府は同年12月(翌1617年1月)に久能山東照社を創建した。これに伴い、朝廷は翌元和3年2月21日(1617年3月28日)、神社としての東照社に「東照大権現」の神号を宣下するとともに正一位を贈位、さらに、神格化された家康本人に対しても同年3月9日(4月14日)正一位を贈位している。幕府は日光にも建設を進め、家康死去から1周忌にあたる同年4月17日(5月21日)に遷座祭を挙行し、2つの東照大権現が並立した。 しかしその後も各地の徳川・松平一門大名家、また3代将軍徳川家光による諸大名への造営の進言もあって譜代大名や徳川家と縁戚関係がある外様大名家も競って建立し、全国で500社を超える東照宮が造られた(廃絶されたものを含めると約700社が確認されている)。 (Wikipedia:東照宮)

東照宮駅
東照宮駅(とうしょうぐうえき)は、宮城県仙台市青葉区宮町五丁目にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)仙山線の駅である。 駅名は、近くにある仙台東照宮に由来する。東照宮は日光東照宮や久能山東照宮、その他各地の分社など、全国の至る所にあるが、駅名で東照宮を名乗っているのは当駅だけである。かつては、当駅の南西に仙台鉄道の東照宮前駅(とうしょうぐうまええき)が存在した。 駅構造 単式ホーム1面1線を有する地上駅である。線路は盛土の上にあるため、階段を上ってホームに向かうことになる。東西に走る単線の線路の北側にホームがある。 北仙台駅管理の業務委託駅。POS端末、自動券売機・自動改札機設置。エスカレータなし。エレベーターは2011年(平成23年)3月21日の始発列車より使用を開始する予定だったが、同年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震により仙山線が全線不通となり、仙台 - 愛子間で運転再開したのは同年4月4日となった。 (Wikipedia:東照宮駅)


東照宮 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

東照宮 - アマゾン検索


「東照宮」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す