[PR]

日別キーワード

第98位  同志社大学 - 2018年11月09日


関連するイメージは見つかりませんでした



同志社大学
同志社大学(どうししゃだいがく、英語: Doshisha University)は、京都府京都市上京区今出川通烏丸東入玄武町601番地に本部を置く日本の私立大学である。1920年に設置された。大学の略称は同大、同志社。 明治六大教育家の一人である新島襄によって1875年に創立された同志社英学校を前身とする大学である。キリスト教プロテスタント系の会衆派教会(組合教会)の流れをくむが、いわゆるミッションスクールとは性質が異なり、キリスト教伝道を主たる目的としない(教育そのものを伝道の手段としない)。 建学精神はキリスト教精神に基づく「良心」である。新島襄は建学の目的として、「良心を手腕に運用する人物」の育成を掲げた。知識教育に偏ることのないよう、キリスト教に基づく「徳育」を並行して進めることで、「良心の全身に充満」した人々を輩出したいと願ったのである。この「良心」教育を具体的に実現するための教育理念として、「キリスト教主義」「自由主義」「国際主義」が掲げられ、これらを通じて「一国の良心」たる人物を世に送り出すことを目指している。 (Wikipedia:同志社大学)

同志社大学歌
『同志社大学』より : 同志社大学(どうししゃだいがく、英語: Doshisha University)は、京都府京都市上京区今出川通烏丸東入玄武町601番地に本部を置く日本の私立大学である。1920年に設置された。大学の略称は同大、同志社。 明治六大教育家の一人である新島襄によって1875年に創立された同志社英学校を前身とする大学である。キリスト教プロテスタント系の会衆派教会(組合教会)の流れをくむが、いわゆるミッションスクールとは性質が異なり、キリスト教伝道を主たる目的としない(教育そのものを伝道の手段としない)。 建学精神はキリスト教精神に基づく「良心」である。新島襄は建学の目的として、「良心を手腕に運用する人物」の育成を掲げた。知識教育に偏ることのないよう、キリスト教に基づく「徳育」を並行して進めることで、「良心の全身に充満」した人々を輩出したいと願ったのである。この「良心」教育を具体的に実現するための教育理念として、「キリスト教主義」「自由主義」「国際主義」が掲げられ、これらを通じて「一国の良心」たる人物を世に送り出すことを目指している。 (Wikipedia:同志社大学歌)

同志社大学の人物一覧
同志社大学の人物一覧(どうししゃだいがくのじんぶついちらん)は、同志社大学に関係する人物の一覧記事。 歴代総長(学校法人同志社) (1918年以前は社長) 歴代学長 第27・28・29・30・31代八田英二1998年4月~ 第32代村田晃嗣2013年4月~2016年3月31日 学部別の著名教員 神学部 原誠(教授) 中田考(教授) 文学部 井上雅夫(教授) 植木朝子(教授) 藤井光(准教授) 社会学部 佐伯順子(教授) 竹内オサム(教授) 渡辺武達(教授) 浅野健一(教授) 石田光男(教授) 木原活信(教授) 板垣竜太(准教授) 法学部 (法科大学院兼任教授も含む) 戒能通弘(准教授) 川崎友巳(教授) 洲見光男(教授) 鈴木絢女(准教授) 瀬川晃(教授) 森田章(教授) 寺田貴(教授) 西澤由隆(教授) 土田道夫(教授) 大矢根聡(教授) 村田晃嗣(教授、学長) 森裕城(教授) 力久昌幸(教授) 鷲江義勝(教授) 経済学部 鹿野嘉昭(教授、経済学部長) 篠原総一(教授) 橘木俊詔(教授) 落合仁司(教授) 八田英二(教授、同志社大学長、(財)大学コンソーシアム京都理事長、(財)全日本大学野球連盟会長、日本私立大学連盟副会長) 近藤誠一(客員教授) 商学部 太田進一(教授) 冨田健司(准教授) 政策学部 今川晃(教授、自治体) 太田肇(教授、組織論) 月村太郎(教授、国際政治史) 中川清(教授、社会保障) 文化情報学部 狩野博幸(教授 - 日本近世美術評論家) 村上征勝(教授 - 計量文献学者) 矢野環(教授 - 数学者) 理工学部 三木光範(教授) 生命医科学部 渡辺好章(教授) スポーツ健康科学部 石井好二郎 (教授) 田阪登紀夫 (教授) 野村忠宏 (客員教授) 朝原宣治(サポーティングスタッフ、100m元アジア記録保持者、商学部卒業、総合政策科学研究科修了) 早狩実紀(サポーティングスタッフ、3000m障害日本記録保持者、商学部卒業) 林敏之(サポーティングスタッフ、元ラグビー日本代表、経済学部卒業) 大八木淳史(サポーティングスタッフ、元ラグビー日本代表、商学部卒業、総合政策科学研究科在学中) 平尾誠二(サポーティングスタッフ、元ラグビー日本代表、商学部卒業) 奥野史子(サポーティングスタッフ、元シンクロナイズドスイミング選手、商学部卒業、総合政策科学研究科修了) 片岡篤史(サポーティングスタッフ、元阪神タイガース選手、元日本ハムファイターズ選手) 宮本慎也(サポーティングスタッフ、東京ヤクルトスワローズ内野手) 小島伸幸(サポーティングスタッフ、元サッカー日本代表、商学部卒業) 中西哲生(サポーティングスタッフ、元サッカー選手、経済学部卒業) 大学院別の著名教員 = 総合政策科学研究科 = 太田進一(教授) 林敏彦(教授) = グローバルスタディーズ研究科 = 岡野八代(教授) 加藤千洋(教授) 内藤正典(教授) = 司法研究科(法学部兼任教授も含む) = 奥田昌道(教授) 瀬川晃(教授) 西村健一郎(教授) 藤倉皓一郎(教授) 古田佑紀(教授、現最高裁判所判事) 三井誠(教授) 森田章(教授) 佐藤嘉彦(教授) 占部裕典(教授) = ビジネス研究科 = 中田哲雄(科長、元通産官僚) 浜矩子(教授、エコノミスト) 村山裕三(教授) = 研究センター群 = 宇沢弘文(社会的共通資本研究センター長) その他の著名教員 言語文化教育研究センター 遠藤徹(教授、作家) 油谷幸利(教授、現代朝鮮語) 人文科学研究所 田中真人(教授) 庄司俊作(教授) アメリカ研究所 理工学研究所 留学生別科 名誉教授 岩倉具実(言語学) 大塚節治 岡仁詩 斎藤勇(英文学) 笠井昌昭(歴史学) 住谷悦治(経済学) 森浩一(考古学) 土橋寛(国文学) フェロー 加地伸行 名誉学位 井深八重(聖十字勲章、ナイチンゲール記章受章) 江崎玲於奈(物理学者、ノーベル物理学賞受賞、同志社中学校卒) 大塚節治(名誉神学博士、同志社大学学長、同志社理事長、同志社13代総長、勲二等瑞宝章受章、京都市名誉市民) 緒方貞子(名誉博士、前国連難民高等弁務官) 黒岩重吾(名誉文化博士、法学部卒、小説家) 清水安三(名誉神学博士、神学部卒、同大学講師、桜美林学園創立者、善行金賞、紺綬褒章) 千宗室(茶道裏千家家元) 土井多賀子(名誉文化博士、衆議院議員(12期)、衆議院議長(第59代)、社会民主党党首(第2代)、日本社会党委員長(第10代)) 松下幸之助(松下電器産業創業者) ジョセフ・E・スティグリッツ(名誉文化博士、ノーベル経済学賞受賞、コロンビア大学教授) フランシス・フクヤマ 出身者 政治 = 現職国会議員 = 樽井良和(衆議院議員、参議院議員、経済学部中退) 玉置一弥(参議院議員、元衆議院議員、法学部卒) 福山哲郎(参議院議員、法学部法律学科卒) 村井宗明(衆議院議員、法学部卒) 吉川沙織(参議院議員、文学部卒、総合政策科学研究科修了) 尾辻かな子(参議院議員、商学部卒) = 元職国会議員 = 安部磯雄(衆議院議員、社会民衆党・社会大衆党初代委員長) 石田芳弘(衆議院議員、前愛知県犬山市長、商学部卒) 井上一成(衆議院議員、元郵政大臣、、元大阪府摂津市長、経済学部卒) 内田康哉(内閣総理大臣臨時、外務大臣、英学校中退) 笹野貞子(衆議院議員、元民主改革連合代表、院法修了) 末広まきこ(参議院議員、文学部卒) 菅原喜重郎(参議院議員、神学部卒) 田端正広(衆議院議員、経済学部卒) 田島一成(衆議院議員、大学院修了) 土井たか子(衆議院議員、前社民党党首、元衆議院議長、院法修了) 中村鋭一(衆議院議員・参議院議員、商学部卒) 東中光雄(衆議院議員、弁護士) 森岡正宏(衆議院議員、元厚生労働大臣政務官、経済学部卒) 山口富男(衆議院議員、文学部卒) = 地方政界 = 阿部行蔵(元東京都立川市長、神学部卒) 中野直輝(元愛知県小牧市長、法学部卒) 平松邦夫(前大阪府大阪市長(第18代目)、元毎日放送アナウンサー、法学部卒) 長谷部誠(秋田県由利本荘市長、経済学部卒) 和田愼司(石川県小松市長、経済学部卒) 山脇実(愛知県豊川市長、経済学部卒) 小椋正清(滋賀県東近江市長、法学部卒) 阪口伸六(大阪府高石市長、経済学部卒) 千代松大耕(大阪府泉佐野市長、経済学部卒) 信貴芳則(大阪府岸和田市長、商学部卒) 中小路健吾(京都府長岡京市長、法学部卒) 堀口文昭(京都府八幡市長、法学部卒) 佐々木稔納(京都府南丹市長、法学部卒) = 政治運動家 = 魚谷哲央(保守系政治運動家、維新政党・新風 元代表、現組織委員長) 高畠素之(社会思想家、社会運動家) 藤本敏夫(運動家、全学連委員長、加藤登紀子の夫、文学部中退) 山川均(社会主義者、思想家、評論家、旧制中学中退) = その他 = 松平容大(貴族院議員、子爵、斗南藩知藩事) 経済 深井英五(日本銀行元総裁、貴族院議員、英学校卒) 小野英二郎(日本興業銀行元総裁、英学校中退) 小池聰行(オリコン創業者、文学部卒) 増田宗昭(カルチュア・コンビニエンス・クラブ創業者、社長、経済学部卒) 小嶋淳司(がんこ創業者、会長、経済学部卒) 魚谷雅彦 (資生堂代表取締役社長、日本コカ・コーラ元代表取締役社長、元会長、文学部卒) 桐山一憲 (P&Gジャパン 元代表取締役社長、シニアエグゼクティブオフィサー兼プレジデント(アジア担当)、商学部卒) 宮坂学(ヤフー株式会社 代表取締役社長、経済学部卒) 横田雅文(関西テレビ放送会長) 片岡正志(関西テレビ放送元社長、相談役、法学部卒) 河内一友(毎日放送社長、文学部卒) 林裕章(吉本興業元会長、商学部卒) 村田恒夫(村田製作所社長、経済学部卒) 西口泰夫 (京セラ 元代表取締役社長 大学院博士課程修了) 夏原平和(平和堂社長、法学部卒) 巽悟朗(光世証券創業者、大阪証券取引所元社長、経済学部卒) 川勝泰司(南海電気鉄道元会長) 尾崎睦(上組会長兼CEO、商学部卒) 岩井良明(モノリス社長) 伊藤滋(マルハニチロ社長) 森博嗣(NTN社長) 山本泰夫(産経新聞出版代表取締役社長) 高城幸司 (セレブレイン 代表取締役社長) 弓場季彦(奈良テレビ放送元社長) 小笹公也 (オンテックス 代表取締役社長) 辻本秀幸 (ヴァリューズ 代表取締役社長、マクロミル 元代表取締役社長、工学部卒) 研究 浮田和民(法学者、早稲田大学名誉教授、早稲田大学高等師範部長、英学校卒) 安部磯雄(社会主義者、早稲田大学教授、早稲田大学野球部創設者『日本野球の父』、英学校卒) 大西祝(哲学者、早稲田大学教授、英学校卒) 岸本能武太(宗教学者、早稲田大学教授、英学校卒) 元良勇次郎(日本最初の心理学者、日本における近代心理学の祖、東京帝国大学教授) 松本亦太郎(心理学者、東京帝国大学教授、英学校卒) 中島力造(倫理学者、東京帝国大学教授) 加藤与五郎(科学者、東京工業大学名誉教授、フェライトの父、同志社ハリス理科学校卒業) 村上直次郎(歴史学者、東京外国語学校校長、東京音楽学校校長、上智大学第4代学長、英学校卒) 湯浅八郎(昆虫学者、国際基督教大学初代総長、普通学校卒) 阿部賢一(経済学者、早稲田大学第8代総長、普通学校卒) 田畑忍 (憲法学者、政治学者、同志社大学名誉教授、元同志社大学学長) 大谷實(法学者、同志社総長、元同志社大学学長、法学部卒) 藤倉皓一郎(法学者、英米法、東京大学名誉教授、法学部卒) 森浩一(考古学者、同志社大学名誉教授、文学部卒) 八田英二(経済学者、同志社大学教授、元同志社大学学長、日本私立大学連盟副会長) 服部民夫(社会学者、東京大学名誉教授、文学部卒) 足利惇氏(インド学、イラン学、元京都大学教授、東海大学学長、文学部卒) 若月秀和(政治学者、北海学園大学准教授、法学部卒) 野林健(政治学者、一橋大学名誉教授、経済学部卒) 馬場伸也(国際政治学者、元大阪大学教授、法学部卒) 金山直樹(慶應義塾大学大学院法務研究科教授、法学部卒、法学研究科修了) 鹿野嘉昭(経済学者、同志社大学教授) 瀬川晃(刑法学者、同志社大学教授) 松波仁一郎(法学者、東京帝国大学教授、英学校卒、東京帝大卒) 奥田宏司(経済学者、立命館大学国際関係学部教授、経済学部卒) 加藤峰弘(経済学者、金沢大学准教授、経済学部卒) 朴一(経済学者、大阪市立大学教授、商学部卒) 諸富徹(経済学者、京都大学大学院准教授、経済学部卒) 井尻雄士(会計学者、カーネギー・メロン大学教授、元アメリカ会計学会会長、短期大学部卒) 長田貴仁(経営評論家、神戸大学准教授、文学部卒) 岩間伸之(社会福祉学、大阪市立大学准教授) 大塩まゆみ(社会福祉学、福井県立大学看護福祉学部教授、文学部卒) 大向一輝(情報工学者、国立情報学研究所准教授) 岡畑恵雄(東京工業大学フロンティア創造共同研究センター教授、工学部卒) 広田真一(早稲田大学商学学術院教授、経済学部卒) 門奈直樹(社会学者、立教大学名誉教授、文学部卒) 相羽秋夫(演芸評論家、大阪芸術大学教授、法学部卒) 木下長宏(美術史学者、横浜国立大学名誉教授) 椹木野衣(美術評論家、多摩美術大学教授、文学部卒) 矢谷暢一郎(ニューヨーク州立大学教授、心理学) 塩野和夫(宗教学、西南学院大学国際文化学部教授、経済学部卒) 家近良樹(日本近代政治史学者、大阪経済大学経済学部教授、文学部卒) 朧谷寿(歴史学者、同志社女子大学名誉教授、京都府文化功労賞、文化史学専攻卒業) 白石太一郎(考古学者、元奈良大学教授、国立歴史民俗博物館名誉教授、大阪府立近つ飛鳥博物館館長) 金関寿夫(アメリカ文学、東京都立大学名誉教授、文学部卒) 橋本福夫(アメリカ文学、青山学院大学元教授、サリンジャーの翻訳、文学部卒) 原田敬一(アメリカ文学、千葉大学名誉教授、文学部卒) 児玉実英(比較文学、広島女学院大学教授、元同志社女子大学長、同志社女子大学名誉教授、文学部卒) 大島隆義(素粒子物理学者、名古屋大学教授、工学部卒) 大日康史(国立感染症研究所主任研究官、経済学部卒) 松本益弘(観光学者、元北海学園北見大学教授、商学部卒) 村瀬学(児童文化研究者、作家、同志社女子大学教授、文学部卒) 中野雅至(兵庫県立大学大学院応用情報科学研究科准教授、文学部卒) 有賀鉄太郎(京都大学名誉教授、神戸女学院長) 梅原末治(考古学者、京都大学名誉教授) 大島隆義(宇宙物理学者、名古屋大学教授) 椹木野衣(美術評論家、多摩美術大学教授) 五島清太郎(動物学者、東京帝国大学教授、英学校、東京帝大卒) 鈴木達治(科学者、教育者、横浜高等工業学校初代校長、同志社ハリス理科学校卒) 玉木俊明(経済学者、京都産業大学助教授) 長田貴仁(神戸大学助教授) 服部民夫(東アジア経済学、東京大学教授) 三宅驥一 (植物学者、東京帝国大学教授、同志社ハリス理科学校卒) 森本益之(法学者、元摂南大学長、大阪大学名誉教授) 矢谷暢一郎(ニューヨーク州立大学教授、心理学) 山崎舜平(半導体エネルギー研究所社長、工学博士、研究者) 渡辺武達(メディア学者、同志社大学教授) 鈴木直人 (同志社大学教授 文学研究科修了) 山本哲彦 (元琉球大学工学部教授 同志社大学大学院工学研究科修士課程修了) 中川清 (愛知大学教授 経営学修士) 今尾哲也(近世演劇研究者、玉川大学名誉教授) 佐伯真一(青山学院大学文学部日本文学科教授、文化学科国文学専攻卒) 高橋和利(生命科学者、京都大学iPS細胞研究所講師、工学部卒) 法曹 佐藤嘉彦(元高裁判事、前同志社大学大学院法務研究科長) 井藤公量(弁護士、岡山大学大学院法務研究科教授) 中坊公平(元弁護士) 赤堀順一郎(弁護士、法学部卒) 行政 佐藤優(元 外務省国際情報局分析第一課主任分析官、元 在ロシア日本大使館三等書記官、1985外務省、神学部卒) 楠本祐一(在ポーランド特命全権大使、1971外務省、法学部卒) 広瀬哲樹(在ブルネイ大使、元外務省経済協力局審議官、経済学研究科修了) 伊藤伸 - 構想日本総括ディレクター・元内閣府行政刷新会議事務局参事官 宗教 金森通倫(牧師、平和活動家、石破茂衆議院議員の曽祖父) 清水安三(宗教家、桜美林学園創立者) 堀江有里(牧師、立命館大学非常勤講師) 山室軍平(宗教家、日本救世軍創設、日本人の初代司令官) 文学 芦辺拓(推理作家、法学部卒) 天野礼子(アウトドアライター、文学部卒) 有明夏夫(小説家、直木賞受賞、工学部中退) 有栖川有栖(推理作家、法学部卒) 生田武志(文芸評論家、文学部卒) 石井登志子(翻訳家) 今江祥智(児童文学作家、文学部卒) 上田誠(劇作家・脚本家・演出家、ヨーロッパ企画主宰、工学部中退) 上野瞭(児童文学作家・評論家、文学部卒) 梅内美華子(歌人、文学部卒) 宇山日出臣(講談社編集者) 遠藤明範(脚本家、文学部卒) 大崎知仁(小説家、吉本新喜劇の脚本家) 岡田貴久子(児童文学作家) 岡本好古(歴史小説家、文学部中退) 門井慶喜(作家、文学部卒) 加地尚武(作家、経済学部卒) 神狛しず(作家、神学部卒) 桐山桂一(ノンフィクション作家、文学部卒) 国松俊英(児童文学家、商学部卒) 黒岩重吾(小説家、直木賞受賞、法学部卒) 黒崎緑(推理作家、文学部卒) 黒川創(小説家、文芸評論家、文学部卒) 小手鞠るい(小説家、詩人) 佐岐えりぬ(詩人、エッセイスト) 桜井鈴茂(小説家) 佐々木幹郎(詩人) 澤田瞳子(作家) 重森孝子(脚本家) 清水昶(詩人、法学部卒) 正津勉(詩人、文学部卒) 鈴木哲也(劇作家) 清水アリカ(小説家) 高野澄(作家) 高柳誠(詩人) 田口賢司(小説家、テレビプロデューサー、文学部卒) 丹下健太(小説家) 鄭芝溶(韓国で有名な詩人) 鄭義信(脚本家・演出家、文学部中退) 塚本靑史(小説家) 筒井康隆(SF作家、文学部卒) デビット・ゾペティ(小説家、文学部卒) 徳冨蘆花 (小説家、英学校中退) 中村うさぎ(小説家、エッセイスト、文学部卒) 中西智明(ミステリ作家) 中丸明(紀行作家) 梨木香歩(児童文学作家) 秦恒平(小説家、東京工業大学名誉教授、文学部卒) 花山多佳子(歌人、文学部卒) 早瀬圭一(ノンフィクション作家) 花登筺(劇作家) ひこ・田中(児童文学作家) 百田尚樹(放送作家・小説家、法学部中退) 深津篤史(劇作家) 福本武久(作家、法学部卒) 藤岡陽子(小説家、文学部卒) 藤野可織(小説家、芥川賞受賞、文学部卒) 保阪正康(ノンフィクション作家、文学部卒) 前登志夫(歌人) 牧野圭祐(脚本家、音楽家、文学部卒) マキノノゾミ(劇作家、文学部卒) 増田晶文(作家、法学部卒) 松居直(児童文学家、元福音館書店社長) 松田青子(小説家、翻訳家、文学部卒) 真山仁(作家、法学部卒) 六塚光(ライトノベル小説家) 山尾悠子(SF作家、文学部卒) 山本兼一(小説家、直木賞受賞、文学部卒) 尹東柱(詩人) 大島みち子(著述家、「愛と死をみつめて」「若きいのちの日記」) 芸術 池谷薫(映画監督、文学部卒) 池坊専永(華道家) 伊東恵司(合唱指揮者・作詞家、経済学部卒) 井上春生(映画監督、法学部卒) 大中寅二(作曲家、経済学部卒) 岡村俊一(演出家、プロデューサー) 小濱明人(尺八奏者、文学部卒) 甲斐扶佐義(写真家、ほんやら洞店主) 片岡我當 (5代目)(歌舞伎役者、工学部卒) Cuvie(漫画家) 黒木和雄(映画監督、法学部卒) 黒田アキ(画家) 小西通雄(映画監督、文学部卒) 沢島忠(映画監督・演出家、外専卒) 重森弘淹(写真評論家、文学部卒) 鈴木志保(漫画家、文学部卒) 千玄室(茶道裏千家第15代家元、旧法経学部卒) 千宗室(茶道裏千家第16代家元、文学部卒) 東條政利(映画監督、文学部卒) 豊嶋三千春(能楽師) 西川伸司(漫画家・キャラクターデザイナー、中退) 西田直道(作曲家、法学部卒) 日比野光鳳(書家、経済学部卒) 保富康午(作詞家) 前野博紀(華道家) マツセダイチ(漫画家) 間村俊一(装幀家・俳人) 三上真司(ゲームプロデューサー、バイオハザードシリーズ開発者、商学部卒) 山岡信貴(映画監督、工学部卒) 吉田康弘(映画監督) 横井軍平(テレビゲーム開発者、工学部卒) 芸能 松永天馬(バンド「アーバンギャルド」リーダー、ボーカル担当、神学部卒) 瀬々信(バンド「アーバンギャルド」、ギター担当、神学部卒) 阿久延博(シンガーソングライター、元RAZZ MA TAZZ) 伊庭孝(俳優、演出家、作詞家、音楽評論家、神学校中退) 岡林信康(フォークシンガー、神学部中退) 越智友嗣(シンガーソングライター、「はしだのりひことシューベルツ」メンバー) 小市慢太郎(俳優) 小林香(演出家) 塩見三省(俳優) 花沢耕太(バンド「Chicago Poodle」、ヴォーカル・キーボード・作曲担当、経済学部卒) 山口教仁(バンド「Chicago Poodle」、ドラム・作詞担当、大学院法学研究科修了) 辻本健司(バンド「Chicago Poodle」、ベース・作詞担当、商学部卒) 杉岡秀則(バンド「Chicago Poodle」元メンバー、ベース・作詞担当、大学院総合政策科学研究科博士前期課程修了) 清水圭(コメディアン、商学部卒) JOJO広重(ノイズ演奏者「非常階段」、アルケミーレコード代表取締役社長) 吹田明日香(タレント、文学部卒) すぎもとみさき(女優、文学部卒) 住谷正樹(レイザーラモンHG、お笑い芸人「レイザーラモン」、商学部卒) 種ともこ(シンガーソングライター) 田村高廣(俳優) 趙珉和(俳優) 生瀬勝久(俳優、文学部卒) 二谷英明(俳優) 乃木涼介(俳優) はしだのりひこ(フォークシンガー) 浜村淳(タレント、映画評論家、文学部卒) 藤木悠(俳優) 藤本恵理子(ファッションモデル、女優、経済学部卒) みぶ真也(俳優、法学部卒) みやなおこ(女優) みれいゆ(女優、経済学部卒) 山崎和佳奈(声優、工学部卒) ゆうき哲也(俳優、お笑い芸人) ロボピッチャー(バンド) カズレーザー(お笑い芸人「メイプル超合金」、商学部卒) マスコミ 阿武野勝彦(東海テレビ放送プロデューサー、文学部卒) 石丸次郎(ジャーナリスト/アジアプレス、文学部卒) 井上トシユキ(ジャーナリスト) 一ノ宮美成(ジャーナリスト) 岩崎俊一(コピーライター) 大富敬康(経済ジャーナリスト) 小川和久(軍事アナリスト、神学部中退) 木村政雄(フリープロデューサー、文学部卒) 志村和次郎(ビジネス書執筆、経営コンサルタント、法学部卒) 須藤泰司(東映プロデューサー、商学部卒) 高城幸司(ビジネス書執筆、(株)セレブレイン社長、文学部卒) 徳富蘇峰(ジャーナリスト、英学校中退) 長倉洋海(フォトジャーナリスト、法学部卒) 長束恭行(スポーツライター、経済学部卒) 中村浩美(航空・宇宙ジャーナリスト、法学部卒) 西岡研介(ジャーナリスト、法学部卒) 堀雅哉(番組アシスタントディレクター/グルメレポーター、(AD堀くん)、文学部卒) 山田厚史(朝日新聞編集委員) 今出東二 (気象予報士、お天気キャスター) アナウンサー 阿部成寿(元朝日放送アナウンサー、文学部卒) 阿部まみ(秋田朝日放送フィールドキャスター、政策学部卒) 伊藤敬子(元富山テレビ放送アナウンサー) 井上雅雄(毎日放送アナウンサー、法学部卒) 宇垣美里(TBSアナウンサー) 緒方憲吾(元毎日放送アナウンサー) 落水七重(フリーアナウンサー) 片山三喜子(元関西テレビアナウンサー) 川島淳(テレビ朝日アナウンサー、経済学部卒) 久下真以子(四国放送アナウンサー・NHK札幌放送局契約キャスター) 栗山朋子(三重テレビ放送アナウンサー) 三東美穂(元山口放送アナウンサー) 塩見啓一(CBCテレビアナウンサー) 四家秀治(テレビ東京アナウンサー、工学部卒) 下登彩(宮崎放送アナウンサー) 末広まきこ(フリーアナウンサー、元参議院議員) ターザン山下(ラジオDJ、商学部卒) 高井一(東海テレビアナウンサー) 武周雄(元朝日放送アナウンサー) 塚本麻里衣(朝日放送アナウンサー、社会学部卒) 土屋誠(広島ホームテレビアナウンサー) 鶴田麻貴子(元テレビ宮崎アナウンサー) 中谷しのぶ(読売テレビアナウンサー、文学部卒) 中村香奈(元毎日放送アナウンサー) 中村鋭一(フリーアナウンサー、タレント、政治家、商学部卒) 西村麻子(毎日放送アナウンサー、商学部卒) 羽川英樹(フリーアナウンサー、文学部卒) 福島智之(東海テレビアナウンサー) 福本晋悟(毎日放送アナウンサー、政策学部卒) 坊農秀治(三重テレビ放送アナウンサー兼記者) 牧野克彦(静岡放送アナウンサー、商学部卒) 牧野結美(静岡朝日テレビアナウンサー、政策学部卒) 松井昭憲(元毎日放送アナウンサー・専属パーソナリティ) 松井秀(名古屋テレビアナウンサー、文学部卒) 松原敬生(元東海ラジオ放送アナウンサー) 三谷純子(フリーアナウンサー) 満長直晃(テレビ金沢アナウンサー) 森直美(静岡朝日テレビアナウンサー、政策学部卒) 森谷威夫(KBS京都アナウンサー、経済学部卒) 八木早希(元毎日放送アナウンサー、文学部卒) 八塚彩美(朝日放送アナウンサー) 吉崎仁康(長野放送→フリーアナウンサー、法学部卒) 土井悠平(北陸放送アナウンサー) 寺島啓太(文化放送アナウンサー、元四国放送アナウンサー) スポーツ = 野球 = 青木勇人(元広島東洋カープ投手 3軍投手コーチ) 伊香輝男(元近鉄バファローズ外野手) 櫟信平(元大阪タイガース野手) 岡本利三(元名古屋軍、南海軍野手) 片岡篤史(元阪神タイガース内野手、商学部卒) 国松彰(元読売ジャイアンツ外野手、実業家) 小林誠司(読売ジャイアンツ捕手) 島田芳明(元近鉄バファローズ選手) 杉浦正則(アマチュア野球選手、日本生命硬式野球部監督、商学部卒) 染田賢作(元横浜ベイスターズ投手、経済学部卒) 田尾安志(元東北楽天ゴールデンイーグルス監督、文学部卒) 蔦文也(徳島県立池田高等学校野球部元監督) 徳網茂(元阪神タイガース捕手) 中本茂樹(元ヤクルトスワローズ投手) 橋詰文男(元東映フライヤーズ投手) 久野剛司(元阪神タイガース投手) 平石洋介(元東北楽天ゴールデンイーグルス外野手) 細見和史(元プロ野球投手、横浜ベイスターズ) 宮崎剛(元プロ野球選手、大洋ホエールズ監督) 宮本慎也(元東京ヤクルトスワローズ内野手、元日本プロ野球選手会会長、商学部卒) 宮本好宣(元日本ハムファイターズ投手) 渡辺博之(元阪神タイガース選手、元同志社大学教授) 渡辺亮(阪神タイガース投手) = サッカー = 家本政明(サッカー審判員、国際主審、経済学部卒) 小島伸幸(元プロサッカー選手、元日本代表、サッカー解説者、商学部卒) 佐藤慶明(元プロサッカー選手、元日本代表、大阪産業大学サッカー部監督) 中西哲生(元サッカー選手、サッカー解説者、スポーツジャーナリスト、経済学部卒) 坂元要介(元サッカー選手、元アトランタ五輪予選代表、アルテリーヴォ和歌山 - 監督) 吉田恵(元サッカー選手、サッカー指導者) 川勝博康(元サッカー選手、サッカー指導者) 宮本恒靖(元サッカー選手、元日本代表キャプテン、経済学部卒) 橋田聡司(元サッカー選手) 田中淳也(ヴェルスパ大分DF) 楠神順平(サガン鳥栖MF) 安川有(松本山雅FCDF) 荒堀謙次(モンテディオ山形MF) 三浦修(奈良クラブDF) 北森陽介(FC鈴鹿ランポーレMF) 朝日一成(MIOびわこ滋賀DF) 東矢尚仁(バンディオンセ加古川MF) 高野純一(FC琉球GK) = ラグビー = 石塚広治(元ラグビー選手、元近鉄) 宇薄岳央(ラグビー選手、東芝ブレイブルーパス) 大西将太郎(元ラグビー選手、豊田自動織機シャトルズ) 大八木淳史(元ラグビー選手、元神戸製鋼ラグビー部、商学部卒) 岡仁詩(元ラグビー選手、元同志社大学ラグビー部監督、経済学部卒) 君島良夫(ラグビー選手、日野自動車レッドドルフィンズ) 金野滋(元ラグビー選手、日本ラグビーフットボール協会会長、大英勲章) 小藪修(元ラグビー選手、元ラグビー日本代表監督、元新日鉄釜石監督) 坂田好弘(元ラグビー選手、大阪体育大学ラグビー部監督) 佐藤貴志(ラグビー選手、神戸製鋼コベルコスティーラーズ) 正面健司(ラグビー選手、トヨタ自動車ヴェルブリッツ) 仙波智裕(元ラグビー選手、東芝ブレイブルーパス) 平浩二(元ラグビー選手、サントリーサンゴリアス) 土田雅人(元ラグビー選手、サントリーサンゴリアスGM) 萩本光威(元ラグビー選手、ラグビーU-19日本代表監督、元神戸製鋼ラグビー部) 橋野皓介(ラグビー選手、キヤノンイーグルス) 林敏之(元ラグビー選手、元神戸製鋼コベルコスティーラーズ、日本代表、世界選抜、オックスフォード大学ベスト15、経済学部卒) 平尾誠二(元ラグビー選手、元神戸製鋼コベルコスティーラーズ監督、商学部卒・大学院総合政策科学研究科(修士課程)修了) 平尾剛(元ラグビー選手、元神戸製鋼コベルコスティーラーズ、日本代表) 宮地克実(元ラグビー選手、元ラグビー日本代表監督、三洋電機ワイルドナイツ元監督、) 宮本勝文(元ラグビー選手、三洋電機ワイルドナイツ元監督) 武藤規夫(元ラグビー選手、元神戸製鋼コベルコスティーラーズ) 望月雄太(ラグビー選手、東芝ブレイブルーパス) = スポーツその他 = 朝原宣治(元陸上競技短距離走選手、北京五輪男子400mリレー銅メダリスト、商学部卒、総合政策研究科在学)妻は奥野史子 阿部まみ(プロチアリーダー、政策学部卒) 荒川大輔(陸上競技走幅跳選手) 石田治子(元フィギュアスケート選手、グルノーブル五輪代表) 池江泰寿(日本中央競馬会調教師) 今江克隆(バスプロ、法学部卒) 太田雄貴(フェンシング選手、北京五輪男子フルーレ銀メダリスト、商学部卒) 太田由希奈(プロフィギュアスケーター、政策学部) 小川れい子(元フィギュアスケート選手) 奥野史子(スポーツキャスター、元シンクロナイズドスイミング選手、バルセロナ五輪銅メダリスト、商学部卒)夫は朝原宣治 坂口正大(元日本中央競馬会調教師) 立花美哉(元シンクロナイズドスイミング選手、アトランタ五輪銅、シドニー・アテネ五輪銀メダリスト、商学部中退) 谷口徹(プロゴルファー、商学部卒) 土佐ノ海敏生(大相撲力士、最高位関脇、商学部卒) 西田吉洋(元サッカー選手、プロビリヤード選手) 沼田宏文(元バスケットボール選手) 濱田美栄(フィギュアスケートコーチ) 早狩実紀(陸上競技中距離走・障害走選手、北京五輪女子3000m障害代表) 林勇気(アーチェリー選手) 福益敏(ボート競技選手、メキシコシティ五輪代表) 藤ノ川祐兒(元大相撲幕内力士、東海学園大学准教授) 鮒子田寛(元レーシングドライバー、法学部) 牧浦充徳(日本中央競馬会調教師、馬術部) 松永鉄也(北京五輪セーリング日本代表) 松元省一(元日本中央競馬会調教師) 村上直(バスケットボール選手) 出身者その他 有馬良橘(海軍軍人、海軍大将、英学校卒、海軍兵学校卒) 小林美登利 (ブラジルを中心に活動した教育家、牧師、剣道師範。 (Wikipedia:同志社大学の人物一覧)

同志社大学の教員一覧
『同志社大学の人物一覧』より : 同志社大学の人物一覧(どうししゃだいがくのじんぶついちらん)は、同志社大学に関係する人物の一覧記事。 歴代総長(学校法人同志社) (1918年以前は社長) 歴代学長 第27・28・29・30・31代八田英二1998年4月~ 第32代村田晃嗣2013年4月~2016年3月31日 学部別の著名教員 神学部 原誠(教授) 中田考(教授) 文学部 井上雅夫(教授) 植木朝子(教授) 藤井光(准教授) 社会学部 佐伯順子(教授) 竹内オサム(教授) 渡辺武達(教授) 浅野健一(教授) 石田光男(教授) 木原活信(教授) 板垣竜太(准教授) 法学部 (法科大学院兼任教授も含む) 戒能通弘(准教授) 川崎友巳(教授) 洲見光男(教授) 鈴木絢女(准教授) 瀬川晃(教授) 森田章(教授) 寺田貴(教授) 西澤由隆(教授) 土田道夫(教授) 大矢根聡(教授) 村田晃嗣(教授、学長) 森裕城(教授) 力久昌幸(教授) 鷲江義勝(教授) 経済学部 鹿野嘉昭(教授、経済学部長) 篠原総一(教授) 橘木俊詔(教授) 落合仁司(教授) 八田英二(教授、同志社大学長、(財)大学コンソーシアム京都理事長、(財)全日本大学野球連盟会長、日本私立大学連盟副会長) 近藤誠一(客員教授) 商学部 太田進一(教授) 冨田健司(准教授) 政策学部 今川晃(教授、自治体) 太田肇(教授、組織論) 月村太郎(教授、国際政治史) 中川清(教授、社会保障) 文化情報学部 狩野博幸(教授 - 日本近世美術評論家) 村上征勝(教授 - 計量文献学者) 矢野環(教授 - 数学者) 理工学部 三木光範(教授) 生命医科学部 渡辺好章(教授) スポーツ健康科学部 石井好二郎 (教授) 田阪登紀夫 (教授) 野村忠宏 (客員教授) 朝原宣治(サポーティングスタッフ、100m元アジア記録保持者、商学部卒業、総合政策科学研究科修了) 早狩実紀(サポーティングスタッフ、3000m障害日本記録保持者、商学部卒業) 林敏之(サポーティングスタッフ、元ラグビー日本代表、経済学部卒業) 大八木淳史(サポーティングスタッフ、元ラグビー日本代表、商学部卒業、総合政策科学研究科在学中) 平尾誠二(サポーティングスタッフ、元ラグビー日本代表、商学部卒業) 奥野史子(サポーティングスタッフ、元シンクロナイズドスイミング選手、商学部卒業、総合政策科学研究科修了) 片岡篤史(サポーティングスタッフ、元阪神タイガース選手、元日本ハムファイターズ選手) 宮本慎也(サポーティングスタッフ、東京ヤクルトスワローズ内野手) 小島伸幸(サポーティングスタッフ、元サッカー日本代表、商学部卒業) 中西哲生(サポーティングスタッフ、元サッカー選手、経済学部卒業) 大学院別の著名教員 = 総合政策科学研究科 = 太田進一(教授) 林敏彦(教授) = グローバルスタディーズ研究科 = 岡野八代(教授) 加藤千洋(教授) 内藤正典(教授) = 司法研究科(法学部兼任教授も含む) = 奥田昌道(教授) 瀬川晃(教授) 西村健一郎(教授) 藤倉皓一郎(教授) 古田佑紀(教授、現最高裁判所判事) 三井誠(教授) 森田章(教授) 佐藤嘉彦(教授) 占部裕典(教授) = ビジネス研究科 = 中田哲雄(科長、元通産官僚) 浜矩子(教授、エコノミスト) 村山裕三(教授) = 研究センター群 = 宇沢弘文(社会的共通資本研究センター長) その他の著名教員 言語文化教育研究センター 遠藤徹(教授、作家) 油谷幸利(教授、現代朝鮮語) 人文科学研究所 田中真人(教授) 庄司俊作(教授) アメリカ研究所 理工学研究所 留学生別科 名誉教授 岩倉具実(言語学) 大塚節治 岡仁詩 斎藤勇(英文学) 笠井昌昭(歴史学) 住谷悦治(経済学) 森浩一(考古学) 土橋寛(国文学) フェロー 加地伸行 名誉学位 井深八重(聖十字勲章、ナイチンゲール記章受章) 江崎玲於奈(物理学者、ノーベル物理学賞受賞、同志社中学校卒) 大塚節治(名誉神学博士、同志社大学学長、同志社理事長、同志社13代総長、勲二等瑞宝章受章、京都市名誉市民) 緒方貞子(名誉博士、前国連難民高等弁務官) 黒岩重吾(名誉文化博士、法学部卒、小説家) 清水安三(名誉神学博士、神学部卒、同大学講師、桜美林学園創立者、善行金賞、紺綬褒章) 千宗室(茶道裏千家家元) 土井多賀子(名誉文化博士、衆議院議員(12期)、衆議院議長(第59代)、社会民主党党首(第2代)、日本社会党委員長(第10代)) 松下幸之助(松下電器産業創業者) ジョセフ・E・スティグリッツ(名誉文化博士、ノーベル経済学賞受賞、コロンビア大学教授) フランシス・フクヤマ 出身者 政治 = 現職国会議員 = 樽井良和(衆議院議員、参議院議員、経済学部中退) 玉置一弥(参議院議員、元衆議院議員、法学部卒) 福山哲郎(参議院議員、法学部法律学科卒) 村井宗明(衆議院議員、法学部卒) 吉川沙織(参議院議員、文学部卒、総合政策科学研究科修了) 尾辻かな子(参議院議員、商学部卒) = 元職国会議員 = 安部磯雄(衆議院議員、社会民衆党・社会大衆党初代委員長) 石田芳弘(衆議院議員、前愛知県犬山市長、商学部卒) 井上一成(衆議院議員、元郵政大臣、、元大阪府摂津市長、経済学部卒) 内田康哉(内閣総理大臣臨時、外務大臣、英学校中退) 笹野貞子(衆議院議員、元民主改革連合代表、院法修了) 末広まきこ(参議院議員、文学部卒) 菅原喜重郎(参議院議員、神学部卒) 田端正広(衆議院議員、経済学部卒) 田島一成(衆議院議員、大学院修了) 土井たか子(衆議院議員、前社民党党首、元衆議院議長、院法修了) 中村鋭一(衆議院議員・参議院議員、商学部卒) 東中光雄(衆議院議員、弁護士) 森岡正宏(衆議院議員、元厚生労働大臣政務官、経済学部卒) 山口富男(衆議院議員、文学部卒) = 地方政界 = 阿部行蔵(元東京都立川市長、神学部卒) 中野直輝(元愛知県小牧市長、法学部卒) 平松邦夫(前大阪府大阪市長(第18代目)、元毎日放送アナウンサー、法学部卒) 長谷部誠(秋田県由利本荘市長、経済学部卒) 和田愼司(石川県小松市長、経済学部卒) 山脇実(愛知県豊川市長、経済学部卒) 小椋正清(滋賀県東近江市長、法学部卒) 阪口伸六(大阪府高石市長、経済学部卒) 千代松大耕(大阪府泉佐野市長、経済学部卒) 信貴芳則(大阪府岸和田市長、商学部卒) 中小路健吾(京都府長岡京市長、法学部卒) 堀口文昭(京都府八幡市長、法学部卒) 佐々木稔納(京都府南丹市長、法学部卒) = 政治運動家 = 魚谷哲央(保守系政治運動家、維新政党・新風 元代表、現組織委員長) 高畠素之(社会思想家、社会運動家) 藤本敏夫(運動家、全学連委員長、加藤登紀子の夫、文学部中退) 山川均(社会主義者、思想家、評論家、旧制中学中退) = その他 = 松平容大(貴族院議員、子爵、斗南藩知藩事) 経済 深井英五(日本銀行元総裁、貴族院議員、英学校卒) 小野英二郎(日本興業銀行元総裁、英学校中退) 小池聰行(オリコン創業者、文学部卒) 増田宗昭(カルチュア・コンビニエンス・クラブ創業者、社長、経済学部卒) 小嶋淳司(がんこ創業者、会長、経済学部卒) 魚谷雅彦 (資生堂代表取締役社長、日本コカ・コーラ元代表取締役社長、元会長、文学部卒) 桐山一憲 (P&Gジャパン 元代表取締役社長、シニアエグゼクティブオフィサー兼プレジデント(アジア担当)、商学部卒) 宮坂学(ヤフー株式会社 代表取締役社長、経済学部卒) 横田雅文(関西テレビ放送会長) 片岡正志(関西テレビ放送元社長、相談役、法学部卒) 河内一友(毎日放送社長、文学部卒) 林裕章(吉本興業元会長、商学部卒) 村田恒夫(村田製作所社長、経済学部卒) 西口泰夫 (京セラ 元代表取締役社長 大学院博士課程修了) 夏原平和(平和堂社長、法学部卒) 巽悟朗(光世証券創業者、大阪証券取引所元社長、経済学部卒) 川勝泰司(南海電気鉄道元会長) 尾崎睦(上組会長兼CEO、商学部卒) 岩井良明(モノリス社長) 伊藤滋(マルハニチロ社長) 森博嗣(NTN社長) 山本泰夫(産経新聞出版代表取締役社長) 高城幸司 (セレブレイン 代表取締役社長) 弓場季彦(奈良テレビ放送元社長) 小笹公也 (オンテックス 代表取締役社長) 辻本秀幸 (ヴァリューズ 代表取締役社長、マクロミル 元代表取締役社長、工学部卒) 研究 浮田和民(法学者、早稲田大学名誉教授、早稲田大学高等師範部長、英学校卒) 安部磯雄(社会主義者、早稲田大学教授、早稲田大学野球部創設者『日本野球の父』、英学校卒) 大西祝(哲学者、早稲田大学教授、英学校卒) 岸本能武太(宗教学者、早稲田大学教授、英学校卒) 元良勇次郎(日本最初の心理学者、日本における近代心理学の祖、東京帝国大学教授) 松本亦太郎(心理学者、東京帝国大学教授、英学校卒) 中島力造(倫理学者、東京帝国大学教授) 加藤与五郎(科学者、東京工業大学名誉教授、フェライトの父、同志社ハリス理科学校卒業) 村上直次郎(歴史学者、東京外国語学校校長、東京音楽学校校長、上智大学第4代学長、英学校卒) 湯浅八郎(昆虫学者、国際基督教大学初代総長、普通学校卒) 阿部賢一(経済学者、早稲田大学第8代総長、普通学校卒) 田畑忍 (憲法学者、政治学者、同志社大学名誉教授、元同志社大学学長) 大谷實(法学者、同志社総長、元同志社大学学長、法学部卒) 藤倉皓一郎(法学者、英米法、東京大学名誉教授、法学部卒) 森浩一(考古学者、同志社大学名誉教授、文学部卒) 八田英二(経済学者、同志社大学教授、元同志社大学学長、日本私立大学連盟副会長) 服部民夫(社会学者、東京大学名誉教授、文学部卒) 足利惇氏(インド学、イラン学、元京都大学教授、東海大学学長、文学部卒) 若月秀和(政治学者、北海学園大学准教授、法学部卒) 野林健(政治学者、一橋大学名誉教授、経済学部卒) 馬場伸也(国際政治学者、元大阪大学教授、法学部卒) 金山直樹(慶應義塾大学大学院法務研究科教授、法学部卒、法学研究科修了) 鹿野嘉昭(経済学者、同志社大学教授) 瀬川晃(刑法学者、同志社大学教授) 松波仁一郎(法学者、東京帝国大学教授、英学校卒、東京帝大卒) 奥田宏司(経済学者、立命館大学国際関係学部教授、経済学部卒) 加藤峰弘(経済学者、金沢大学准教授、経済学部卒) 朴一(経済学者、大阪市立大学教授、商学部卒) 諸富徹(経済学者、京都大学大学院准教授、経済学部卒) 井尻雄士(会計学者、カーネギー・メロン大学教授、元アメリカ会計学会会長、短期大学部卒) 長田貴仁(経営評論家、神戸大学准教授、文学部卒) 岩間伸之(社会福祉学、大阪市立大学准教授) 大塩まゆみ(社会福祉学、福井県立大学看護福祉学部教授、文学部卒) 大向一輝(情報工学者、国立情報学研究所准教授) 岡畑恵雄(東京工業大学フロンティア創造共同研究センター教授、工学部卒) 広田真一(早稲田大学商学学術院教授、経済学部卒) 門奈直樹(社会学者、立教大学名誉教授、文学部卒) 相羽秋夫(演芸評論家、大阪芸術大学教授、法学部卒) 木下長宏(美術史学者、横浜国立大学名誉教授) 椹木野衣(美術評論家、多摩美術大学教授、文学部卒) 矢谷暢一郎(ニューヨーク州立大学教授、心理学) 塩野和夫(宗教学、西南学院大学国際文化学部教授、経済学部卒) 家近良樹(日本近代政治史学者、大阪経済大学経済学部教授、文学部卒) 朧谷寿(歴史学者、同志社女子大学名誉教授、京都府文化功労賞、文化史学専攻卒業) 白石太一郎(考古学者、元奈良大学教授、国立歴史民俗博物館名誉教授、大阪府立近つ飛鳥博物館館長) 金関寿夫(アメリカ文学、東京都立大学名誉教授、文学部卒) 橋本福夫(アメリカ文学、青山学院大学元教授、サリンジャーの翻訳、文学部卒) 原田敬一(アメリカ文学、千葉大学名誉教授、文学部卒) 児玉実英(比較文学、広島女学院大学教授、元同志社女子大学長、同志社女子大学名誉教授、文学部卒) 大島隆義(素粒子物理学者、名古屋大学教授、工学部卒) 大日康史(国立感染症研究所主任研究官、経済学部卒) 松本益弘(観光学者、元北海学園北見大学教授、商学部卒) 村瀬学(児童文化研究者、作家、同志社女子大学教授、文学部卒) 中野雅至(兵庫県立大学大学院応用情報科学研究科准教授、文学部卒) 有賀鉄太郎(京都大学名誉教授、神戸女学院長) 梅原末治(考古学者、京都大学名誉教授) 大島隆義(宇宙物理学者、名古屋大学教授) 椹木野衣(美術評論家、多摩美術大学教授) 五島清太郎(動物学者、東京帝国大学教授、英学校、東京帝大卒) 鈴木達治(科学者、教育者、横浜高等工業学校初代校長、同志社ハリス理科学校卒) 玉木俊明(経済学者、京都産業大学助教授) 長田貴仁(神戸大学助教授) 服部民夫(東アジア経済学、東京大学教授) 三宅驥一 (植物学者、東京帝国大学教授、同志社ハリス理科学校卒) 森本益之(法学者、元摂南大学長、大阪大学名誉教授) 矢谷暢一郎(ニューヨーク州立大学教授、心理学) 山崎舜平(半導体エネルギー研究所社長、工学博士、研究者) 渡辺武達(メディア学者、同志社大学教授) 鈴木直人 (同志社大学教授 文学研究科修了) 山本哲彦 (元琉球大学工学部教授 同志社大学大学院工学研究科修士課程修了) 中川清 (愛知大学教授 経営学修士) 今尾哲也(近世演劇研究者、玉川大学名誉教授) 佐伯真一(青山学院大学文学部日本文学科教授、文化学科国文学専攻卒) 高橋和利(生命科学者、京都大学iPS細胞研究所講師、工学部卒) 法曹 佐藤嘉彦(元高裁判事、前同志社大学大学院法務研究科長) 井藤公量(弁護士、岡山大学大学院法務研究科教授) 中坊公平(元弁護士) 赤堀順一郎(弁護士、法学部卒) 行政 佐藤優(元 外務省国際情報局分析第一課主任分析官、元 在ロシア日本大使館三等書記官、1985外務省、神学部卒) 楠本祐一(在ポーランド特命全権大使、1971外務省、法学部卒) 広瀬哲樹(在ブルネイ大使、元外務省経済協力局審議官、経済学研究科修了) 伊藤伸 - 構想日本総括ディレクター・元内閣府行政刷新会議事務局参事官 宗教 金森通倫(牧師、平和活動家、石破茂衆議院議員の曽祖父) 清水安三(宗教家、桜美林学園創立者) 堀江有里(牧師、立命館大学非常勤講師) 山室軍平(宗教家、日本救世軍創設、日本人の初代司令官) 文学 芦辺拓(推理作家、法学部卒) 天野礼子(アウトドアライター、文学部卒) 有明夏夫(小説家、直木賞受賞、工学部中退) 有栖川有栖(推理作家、法学部卒) 生田武志(文芸評論家、文学部卒) 石井登志子(翻訳家) 今江祥智(児童文学作家、文学部卒) 上田誠(劇作家・脚本家・演出家、ヨーロッパ企画主宰、工学部中退) 上野瞭(児童文学作家・評論家、文学部卒) 梅内美華子(歌人、文学部卒) 宇山日出臣(講談社編集者) 遠藤明範(脚本家、文学部卒) 大崎知仁(小説家、吉本新喜劇の脚本家) 岡田貴久子(児童文学作家) 岡本好古(歴史小説家、文学部中退) 門井慶喜(作家、文学部卒) 加地尚武(作家、経済学部卒) 神狛しず(作家、神学部卒) 桐山桂一(ノンフィクション作家、文学部卒) 国松俊英(児童文学家、商学部卒) 黒岩重吾(小説家、直木賞受賞、法学部卒) 黒崎緑(推理作家、文学部卒) 黒川創(小説家、文芸評論家、文学部卒) 小手鞠るい(小説家、詩人) 佐岐えりぬ(詩人、エッセイスト) 桜井鈴茂(小説家) 佐々木幹郎(詩人) 澤田瞳子(作家) 重森孝子(脚本家) 清水昶(詩人、法学部卒) 正津勉(詩人、文学部卒) 鈴木哲也(劇作家) 清水アリカ(小説家) 高野澄(作家) 高柳誠(詩人) 田口賢司(小説家、テレビプロデューサー、文学部卒) 丹下健太(小説家) 鄭芝溶(韓国で有名な詩人) 鄭義信(脚本家・演出家、文学部中退) 塚本靑史(小説家) 筒井康隆(SF作家、文学部卒) デビット・ゾペティ(小説家、文学部卒) 徳冨蘆花 (小説家、英学校中退) 中村うさぎ(小説家、エッセイスト、文学部卒) 中西智明(ミステリ作家) 中丸明(紀行作家) 梨木香歩(児童文学作家) 秦恒平(小説家、東京工業大学名誉教授、文学部卒) 花山多佳子(歌人、文学部卒) 早瀬圭一(ノンフィクション作家) 花登筺(劇作家) ひこ・田中(児童文学作家) 百田尚樹(放送作家・小説家、法学部中退) 深津篤史(劇作家) 福本武久(作家、法学部卒) 藤岡陽子(小説家、文学部卒) 藤野可織(小説家、芥川賞受賞、文学部卒) 保阪正康(ノンフィクション作家、文学部卒) 前登志夫(歌人) 牧野圭祐(脚本家、音楽家、文学部卒) マキノノゾミ(劇作家、文学部卒) 増田晶文(作家、法学部卒) 松居直(児童文学家、元福音館書店社長) 松田青子(小説家、翻訳家、文学部卒) 真山仁(作家、法学部卒) 六塚光(ライトノベル小説家) 山尾悠子(SF作家、文学部卒) 山本兼一(小説家、直木賞受賞、文学部卒) 尹東柱(詩人) 大島みち子(著述家、「愛と死をみつめて」「若きいのちの日記」) 芸術 池谷薫(映画監督、文学部卒) 池坊専永(華道家) 伊東恵司(合唱指揮者・作詞家、経済学部卒) 井上春生(映画監督、法学部卒) 大中寅二(作曲家、経済学部卒) 岡村俊一(演出家、プロデューサー) 小濱明人(尺八奏者、文学部卒) 甲斐扶佐義(写真家、ほんやら洞店主) 片岡我當 (5代目)(歌舞伎役者、工学部卒) Cuvie(漫画家) 黒木和雄(映画監督、法学部卒) 黒田アキ(画家) 小西通雄(映画監督、文学部卒) 沢島忠(映画監督・演出家、外専卒) 重森弘淹(写真評論家、文学部卒) 鈴木志保(漫画家、文学部卒) 千玄室(茶道裏千家第15代家元、旧法経学部卒) 千宗室(茶道裏千家第16代家元、文学部卒) 東條政利(映画監督、文学部卒) 豊嶋三千春(能楽師) 西川伸司(漫画家・キャラクターデザイナー、中退) 西田直道(作曲家、法学部卒) 日比野光鳳(書家、経済学部卒) 保富康午(作詞家) 前野博紀(華道家) マツセダイチ(漫画家) 間村俊一(装幀家・俳人) 三上真司(ゲームプロデューサー、バイオハザードシリーズ開発者、商学部卒) 山岡信貴(映画監督、工学部卒) 吉田康弘(映画監督) 横井軍平(テレビゲーム開発者、工学部卒) 芸能 松永天馬(バンド「アーバンギャルド」リーダー、ボーカル担当、神学部卒) 瀬々信(バンド「アーバンギャルド」、ギター担当、神学部卒) 阿久延博(シンガーソングライター、元RAZZ MA TAZZ) 伊庭孝(俳優、演出家、作詞家、音楽評論家、神学校中退) 岡林信康(フォークシンガー、神学部中退) 越智友嗣(シンガーソングライター、「はしだのりひことシューベルツ」メンバー) 小市慢太郎(俳優) 小林香(演出家) 塩見三省(俳優) 花沢耕太(バンド「Chicago Poodle」、ヴォーカル・キーボード・作曲担当、経済学部卒) 山口教仁(バンド「Chicago Poodle」、ドラム・作詞担当、大学院法学研究科修了) 辻本健司(バンド「Chicago Poodle」、ベース・作詞担当、商学部卒) 杉岡秀則(バンド「Chicago Poodle」元メンバー、ベース・作詞担当、大学院総合政策科学研究科博士前期課程修了) 清水圭(コメディアン、商学部卒) JOJO広重(ノイズ演奏者「非常階段」、アルケミーレコード代表取締役社長) 吹田明日香(タレント、文学部卒) すぎもとみさき(女優、文学部卒) 住谷正樹(レイザーラモンHG、お笑い芸人「レイザーラモン」、商学部卒) 種ともこ(シンガーソングライター) 田村高廣(俳優) 趙珉和(俳優) 生瀬勝久(俳優、文学部卒) 二谷英明(俳優) 乃木涼介(俳優) はしだのりひこ(フォークシンガー) 浜村淳(タレント、映画評論家、文学部卒) 藤木悠(俳優) 藤本恵理子(ファッションモデル、女優、経済学部卒) みぶ真也(俳優、法学部卒) みやなおこ(女優) みれいゆ(女優、経済学部卒) 山崎和佳奈(声優、工学部卒) ゆうき哲也(俳優、お笑い芸人) ロボピッチャー(バンド) カズレーザー(お笑い芸人「メイプル超合金」、商学部卒) マスコミ 阿武野勝彦(東海テレビ放送プロデューサー、文学部卒) 石丸次郎(ジャーナリスト/アジアプレス、文学部卒) 井上トシユキ(ジャーナリスト) 一ノ宮美成(ジャーナリスト) 岩崎俊一(コピーライター) 大富敬康(経済ジャーナリスト) 小川和久(軍事アナリスト、神学部中退) 木村政雄(フリープロデューサー、文学部卒) 志村和次郎(ビジネス書執筆、経営コンサルタント、法学部卒) 須藤泰司(東映プロデューサー、商学部卒) 高城幸司(ビジネス書執筆、(株)セレブレイン社長、文学部卒) 徳富蘇峰(ジャーナリスト、英学校中退) 長倉洋海(フォトジャーナリスト、法学部卒) 長束恭行(スポーツライター、経済学部卒) 中村浩美(航空・宇宙ジャーナリスト、法学部卒) 西岡研介(ジャーナリスト、法学部卒) 堀雅哉(番組アシスタントディレクター/グルメレポーター、(AD堀くん)、文学部卒) 山田厚史(朝日新聞編集委員) 今出東二 (気象予報士、お天気キャスター) アナウンサー 阿部成寿(元朝日放送アナウンサー、文学部卒) 阿部まみ(秋田朝日放送フィールドキャスター、政策学部卒) 伊藤敬子(元富山テレビ放送アナウンサー) 井上雅雄(毎日放送アナウンサー、法学部卒) 宇垣美里(TBSアナウンサー) 緒方憲吾(元毎日放送アナウンサー) 落水七重(フリーアナウンサー) 片山三喜子(元関西テレビアナウンサー) 川島淳(テレビ朝日アナウンサー、経済学部卒) 久下真以子(四国放送アナウンサー・NHK札幌放送局契約キャスター) 栗山朋子(三重テレビ放送アナウンサー) 三東美穂(元山口放送アナウンサー) 塩見啓一(CBCテレビアナウンサー) 四家秀治(テレビ東京アナウンサー、工学部卒) 下登彩(宮崎放送アナウンサー) 末広まきこ(フリーアナウンサー、元参議院議員) ターザン山下(ラジオDJ、商学部卒) 高井一(東海テレビアナウンサー) 武周雄(元朝日放送アナウンサー) 塚本麻里衣(朝日放送アナウンサー、社会学部卒) 土屋誠(広島ホームテレビアナウンサー) 鶴田麻貴子(元テレビ宮崎アナウンサー) 中谷しのぶ(読売テレビアナウンサー、文学部卒) 中村香奈(元毎日放送アナウンサー) 中村鋭一(フリーアナウンサー、タレント、政治家、商学部卒) 西村麻子(毎日放送アナウンサー、商学部卒) 羽川英樹(フリーアナウンサー、文学部卒) 福島智之(東海テレビアナウンサー) 福本晋悟(毎日放送アナウンサー、政策学部卒) 坊農秀治(三重テレビ放送アナウンサー兼記者) 牧野克彦(静岡放送アナウンサー、商学部卒) 牧野結美(静岡朝日テレビアナウンサー、政策学部卒) 松井昭憲(元毎日放送アナウンサー・専属パーソナリティ) 松井秀(名古屋テレビアナウンサー、文学部卒) 松原敬生(元東海ラジオ放送アナウンサー) 三谷純子(フリーアナウンサー) 満長直晃(テレビ金沢アナウンサー) 森直美(静岡朝日テレビアナウンサー、政策学部卒) 森谷威夫(KBS京都アナウンサー、経済学部卒) 八木早希(元毎日放送アナウンサー、文学部卒) 八塚彩美(朝日放送アナウンサー) 吉崎仁康(長野放送→フリーアナウンサー、法学部卒) 土井悠平(北陸放送アナウンサー) 寺島啓太(文化放送アナウンサー、元四国放送アナウンサー) スポーツ = 野球 = 青木勇人(元広島東洋カープ投手 3軍投手コーチ) 伊香輝男(元近鉄バファローズ外野手) 櫟信平(元大阪タイガース野手) 岡本利三(元名古屋軍、南海軍野手) 片岡篤史(元阪神タイガース内野手、商学部卒) 国松彰(元読売ジャイアンツ外野手、実業家) 小林誠司(読売ジャイアンツ捕手) 島田芳明(元近鉄バファローズ選手) 杉浦正則(アマチュア野球選手、日本生命硬式野球部監督、商学部卒) 染田賢作(元横浜ベイスターズ投手、経済学部卒) 田尾安志(元東北楽天ゴールデンイーグルス監督、文学部卒) 蔦文也(徳島県立池田高等学校野球部元監督) 徳網茂(元阪神タイガース捕手) 中本茂樹(元ヤクルトスワローズ投手) 橋詰文男(元東映フライヤーズ投手) 久野剛司(元阪神タイガース投手) 平石洋介(元東北楽天ゴールデンイーグルス外野手) 細見和史(元プロ野球投手、横浜ベイスターズ) 宮崎剛(元プロ野球選手、大洋ホエールズ監督) 宮本慎也(元東京ヤクルトスワローズ内野手、元日本プロ野球選手会会長、商学部卒) 宮本好宣(元日本ハムファイターズ投手) 渡辺博之(元阪神タイガース選手、元同志社大学教授) 渡辺亮(阪神タイガース投手) = サッカー = 家本政明(サッカー審判員、国際主審、経済学部卒) 小島伸幸(元プロサッカー選手、元日本代表、サッカー解説者、商学部卒) 佐藤慶明(元プロサッカー選手、元日本代表、大阪産業大学サッカー部監督) 中西哲生(元サッカー選手、サッカー解説者、スポーツジャーナリスト、経済学部卒) 坂元要介(元サッカー選手、元アトランタ五輪予選代表、アルテリーヴォ和歌山 - 監督) 吉田恵(元サッカー選手、サッカー指導者) 川勝博康(元サッカー選手、サッカー指導者) 宮本恒靖(元サッカー選手、元日本代表キャプテン、経済学部卒) 橋田聡司(元サッカー選手) 田中淳也(ヴェルスパ大分DF) 楠神順平(サガン鳥栖MF) 安川有(松本山雅FCDF) 荒堀謙次(モンテディオ山形MF) 三浦修(奈良クラブDF) 北森陽介(FC鈴鹿ランポーレMF) 朝日一成(MIOびわこ滋賀DF) 東矢尚仁(バンディオンセ加古川MF) 高野純一(FC琉球GK) = ラグビー = 石塚広治(元ラグビー選手、元近鉄) 宇薄岳央(ラグビー選手、東芝ブレイブルーパス) 大西将太郎(元ラグビー選手、豊田自動織機シャトルズ) 大八木淳史(元ラグビー選手、元神戸製鋼ラグビー部、商学部卒) 岡仁詩(元ラグビー選手、元同志社大学ラグビー部監督、経済学部卒) 君島良夫(ラグビー選手、日野自動車レッドドルフィンズ) 金野滋(元ラグビー選手、日本ラグビーフットボール協会会長、大英勲章) 小藪修(元ラグビー選手、元ラグビー日本代表監督、元新日鉄釜石監督) 坂田好弘(元ラグビー選手、大阪体育大学ラグビー部監督) 佐藤貴志(ラグビー選手、神戸製鋼コベルコスティーラーズ) 正面健司(ラグビー選手、トヨタ自動車ヴェルブリッツ) 仙波智裕(元ラグビー選手、東芝ブレイブルーパス) 平浩二(元ラグビー選手、サントリーサンゴリアス) 土田雅人(元ラグビー選手、サントリーサンゴリアスGM) 萩本光威(元ラグビー選手、ラグビーU-19日本代表監督、元神戸製鋼ラグビー部) 橋野皓介(ラグビー選手、キヤノンイーグルス) 林敏之(元ラグビー選手、元神戸製鋼コベルコスティーラーズ、日本代表、世界選抜、オックスフォード大学ベスト15、経済学部卒) 平尾誠二(元ラグビー選手、元神戸製鋼コベルコスティーラーズ監督、商学部卒・大学院総合政策科学研究科(修士課程)修了) 平尾剛(元ラグビー選手、元神戸製鋼コベルコスティーラーズ、日本代表) 宮地克実(元ラグビー選手、元ラグビー日本代表監督、三洋電機ワイルドナイツ元監督、) 宮本勝文(元ラグビー選手、三洋電機ワイルドナイツ元監督) 武藤規夫(元ラグビー選手、元神戸製鋼コベルコスティーラーズ) 望月雄太(ラグビー選手、東芝ブレイブルーパス) = スポーツその他 = 朝原宣治(元陸上競技短距離走選手、北京五輪男子400mリレー銅メダリスト、商学部卒、総合政策研究科在学)妻は奥野史子 阿部まみ(プロチアリーダー、政策学部卒) 荒川大輔(陸上競技走幅跳選手) 石田治子(元フィギュアスケート選手、グルノーブル五輪代表) 池江泰寿(日本中央競馬会調教師) 今江克隆(バスプロ、法学部卒) 太田雄貴(フェンシング選手、北京五輪男子フルーレ銀メダリスト、商学部卒) 太田由希奈(プロフィギュアスケーター、政策学部) 小川れい子(元フィギュアスケート選手) 奥野史子(スポーツキャスター、元シンクロナイズドスイミング選手、バルセロナ五輪銅メダリスト、商学部卒)夫は朝原宣治 坂口正大(元日本中央競馬会調教師) 立花美哉(元シンクロナイズドスイミング選手、アトランタ五輪銅、シドニー・アテネ五輪銀メダリスト、商学部中退) 谷口徹(プロゴルファー、商学部卒) 土佐ノ海敏生(大相撲力士、最高位関脇、商学部卒) 西田吉洋(元サッカー選手、プロビリヤード選手) 沼田宏文(元バスケットボール選手) 濱田美栄(フィギュアスケートコーチ) 早狩実紀(陸上競技中距離走・障害走選手、北京五輪女子3000m障害代表) 林勇気(アーチェリー選手) 福益敏(ボート競技選手、メキシコシティ五輪代表) 藤ノ川祐兒(元大相撲幕内力士、東海学園大学准教授) 鮒子田寛(元レーシングドライバー、法学部) 牧浦充徳(日本中央競馬会調教師、馬術部) 松永鉄也(北京五輪セーリング日本代表) 松元省一(元日本中央競馬会調教師) 村上直(バスケットボール選手) 出身者その他 有馬良橘(海軍軍人、海軍大将、英学校卒、海軍兵学校卒) 小林美登利 (ブラジルを中心に活動した教育家、牧師、剣道師範。 (Wikipedia:同志社大学の教員一覧)

同志社大学ワイルドローバー
同志社大学ワイルドローバー(どうししゃだいがく-:DOSHISHA UNIVERSITY WILDROVER)は同志社大学体育会に所属するアメリカンフットボールチームである。1940年創部。ワイルドローバーの愛称の由来は新島襄がアメリカ合衆国に渡った時に乗った船に由来する。 創成期 1940年に関西で2番目に創部。同年に慶應義塾大学と阪急西宮球場で対戦する。この対戦は早稲田大学対関西大学の第1回定期戦と同日に開催された。この試合が阪急西宮球場での初のアメリカンフットボールの試合である。 1941年に関西鎧球連盟設立に参加。同年、関西大学・関西学院大学・関西OBクラブとの4チームによるリーグ戦に参加(3位)。翌1942年には、関大・関学・同志社の3チームによるリーグ戦に参加し春3位、秋2位の成績が残っている。 戦後、関西米式蹴球連盟(現在の関西学生アメリカンフットボール連盟)設立に参加し、1946年秋のリーグ戦で初優勝(関学との同率1位。後に2度のプレーオフにて、関学を下した)。関東の秋季リーグ戦に優勝した慶應と1947年第1回の甲子園ボウルで対戦し、0-45で敗れた。 (Wikipedia:同志社大学ワイルドローバー)

同志社大学SF研究会
削除提案中
このページはWikipedia:削除の方針#削除依頼 削除の手続きに従って、削除が提案されています。
この項目を執筆された方へ: 項目はまだ削除されていません。議論に参加し、この項目がWikipedia:削除の方針 削除の方針に該当する編集かどうか検討してください。
削除依頼中の記事
同志社大学SF研究会(どうししゃだいがくえすえふけんきゅうかい)は同志社大学のサークルである。略称はDSFA(Doshisha University Science Fiction Association)。
1970年9月に創立。草創期には学園祭で行ったプロレスの興行が人気を博した。このことからも分かるように、学内サークルとしてのSF研究会に共通する傾向として、建前としては読書会や会誌の発行によるサイエンス・フィクションの鑑賞・批評あるいは創作が活動の中心とされるが、実際にはサブカルチャー全般、更に近年ではいわゆるオタク文化全般に渡っている。
(Wikipedia:同志社大学SF研究会)

同志社大学ラグビー部
同志社大学体育会ラグビー部(どうししゃだいがくたいいくかいラグビーぶ、Doshisha University Rugby Football Club)は、関西大学ラグビーリーグ戦に所属する同志社大学のラグビー部。関西の人気チームであり、「関西の雄」として、関東の早慶明の3校と共に大学ラグビーの伝統校として知られている。全国大学タイトルは計5回(東西対抗1回、選手権4回)、日本選手権・NHK杯優勝は各1回である。 歴史と概要 1911年創部。慶應義塾、京都三高に次ぐ日本で3番目の歴史を持つラグビーチームである。翌年から慶應との定期戦が始まる。1923年には早稲田大学、1925年には明治大学との定期戦が始まった。 1960年度には、初めて早慶明3校を連破する。その年、日本協会招待NHK杯争奪ラグビー大会の出場権を関東王者の日本大学と争うはずであったが、日程の折り合いがつかず同志社は辞退した。 1961年度にも早慶明3校を連破し、日本協会推薦で日本協会招待NHKカップに出場。社会人王者の近鉄と対戦し、17-6で勝利。初の日本一に輝く。 1963年度の第1回日本ラグビーフットボール選手権大会でも近鉄を18-3で降し、2度目の日本一を経験する。 (Wikipedia:同志社大学ラグビー部)

同志社大学テニス同好会新歓コンパ溺死事件
同志社大学テニス同好会新歓コンパ溺死事件(どうししゃだいがくテニスどうこうかいしんかんコンパできしじけん)は、1995年5月13日、同志社大学グリーンテニス同好会の新入生歓迎コンパで、新入生が飲酒を強要されて泥酔させられた挙げ句、先輩に大雨で増水した京都市の鴨川に落とされて溺死した事件。 同志社大1回生(当時19歳)が先輩によって酒を大量に飲まされた挙げ句、部長らから名前を連呼されるなどして、入水を煽られたという。1回生はカナヅチであることを理由に入水するのを拒否したが、2回生に入水をあおられた挙げ句、2回生に引きずられた影響から、2回生ともども川に転落。入水をあおった2回生は助かったものの、1回生は本流(深さ1.5m)の急流に約2km流されて死亡。 同会では新入生が鴨川に入らされる「川入り」という行事が毎年長年にわたってあったという。また同大学の他のサークル・同好会でも「鴨川渡り」と称し鴨川を横断する競走がコンパの後の余興等として行われていた。 遺族は提訴したが、1997年10月15日、京都地裁にて和解が成立。学生側は「酔いにまかせて事故に巻き込み、反省している」と謝罪し、両親に500万円を支払った。 (Wikipedia:同志社大学テニス同好会新歓コンパ溺死事件)

同志社大学短期大学部
同志社大学短期大学部(どうししゃだいがくたんきだいがくぶ、英語: Doshisha Junior College)は、京都府京都市上京区今出川通烏丸東入新小路町に本部を置いていた日本の私立大学である。1950年に設置された。学生募集は1953年度まで。1954年度より、同志社大学の文・法・経済・商・工の各学部に第二部を設置するに伴い、短期大学の学生募集を停止し、1958年12月10日をもって廃止。 大学全体 学校法人同志社により運営されていた日本の私立短期大学として1950年に設置された。キャンパスは、京都府京都市上京区内に置かれ、3つの学科が設置されていた。 教育および研究 同志社大学短期大学部には、英語・商経・工業の各学科が設置されていた。 学風および特色 同志社大学短期大学部は同志社大学が新制大学として設置された翌年に併設された私立短大で、学科構成は全て夜間部となっており、日中勤務しながら学ぶ人を対象としたものとなっていたことがうかがえる。 (Wikipedia:同志社大学短期大学部)

同志社大学体育会硬式野球部
同志社大学硬式野球部(どうししゃだいがくこうしきやきゅうぶ)は、関西学生野球連盟に所属する大学野球チーム。同志社大学の学生によって構成されている。ユニフォームの表記は「DOSHISHA」、帽子は「D」の一文字。 明治22年の創部以来、大学野球界の草分けとして活躍。昭和16年春からの6連覇を始めとして、旧関西六大学リーグでは通算18回の優勝を誇る。 1889年 「同志社の野球は明治二十二年頃、正門から今出川通りを挟んですぐ南隣の京都御苑で始まった」と伝わる。 1941年 関西六大学リーグで初優勝。 1960年 大学選手権準優勝。 1973年 春は全勝優勝し大学選手権大会に出場、秋も明治神宮大会に出場し準優勝。 1978年 初の日本一。 1990年 明治神宮野球大会初優勝。 2003年 秋のリーグ戦で優勝、代表決定戦で大阪産業大学に敗れる。 2010年 春のリーグ戦で優勝、大学選手権大会に37年振りに出場。秋のリーグ戦も優勝。 2011年 春秋のリーグ戦で優勝し、戦後初のリーグ戦四連覇を成し遂げる。 (Wikipedia:同志社大学体育会硬式野球部)


同志社大学 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

同志社大学 - アマゾン検索


「同志社大学」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す