[PR]

日別キーワード

第1位  エリザベス女王杯 - 2018年11月11日


関連するイメージは見つかりませんでした



エリザベス女王杯
エリザベス女王杯(エリザベスじょおうはい)は、日本中央競馬会(JRA)が京都競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(GI)である。 正賞はエリザベス女王杯、京都府知事賞、日本馬主協会連合会会長賞。 1970年から1975年まで京都競馬場の芝2400mで行われていた4歳(現3歳)牝馬限定の重賞「ビクトリアカップ」が本競走の前身で、中央競馬における4歳牝馬三冠競走の最終戦に位置づけられていた。 1975年にエリザベス女王が来日したことを記念し、1976年に「エリザベス女王杯」が創設。距離や競走条件はビクトリアカップを踏襲したが、回次は新たに第1回とされた。以来1995年まで、京都競馬場の芝2400mで4歳牝馬限定競走として施行していた。 1996年に牝馬競走体系が見直され、本競走の競走条件が「4歳牝馬」から「4歳以上牝馬」に変更、あわせて施行距離も芝2200mに短縮され、さらに同年からは本競走に代わる4歳牝馬三冠の最終戦として「秋華賞」が新設された。 (Wikipedia:エリザベス女王杯)


エリザベス女王杯 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第2位  パナソニック - 2018年11月13日


関連するイメージは見つかりませんでした



パナソニック
『松下電器産業』より : パナソニック株式会社(Panasonic Corporation)は、大阪府に本社を置く大手総合電機メーカーである。パナソニックグループの事業持株会社として、三洋電機・パナホームなどを傘下に持つ。創業者は松下幸之助。TOPIX Core30の構成銘柄の一つ。国際オリンピック委員会と国際パラリンピック委員会の双方とワールドワイドパートナー契約を結んでいる。 旧社名は「松下電器産業株式会社(まつしたでんきさんぎょう、Matsushita Electric Industrial Co., Ltd.)」。2008年10月1日に現社名へ変更された(詳細は社名変更を参照)。 大手電機メーカー8社(日立製作所、パナソニック、東芝、三菱電機、シャープ、ソニー、NEC、富士通)のうちの一社。 創業者は松下幸之助。登記上本店は大阪府門真市だが、本社事務所は門真市の隣の大阪府守口市(国道1号沿い)に所在する。 37の事業部からなる。社内カンパニー制を採用しており、アプライアンス社、エコソリューションズ社、AVCネットワークス社、オートモーティブ&インダストリアルシステムズ社の4カンパニーで構成されている。 (Wikipedia:パナソニック)

パナソニックショップ
パナソニックショップとは、パナソニック(旧松下電器産業)ほかパナソニックグループ(旧松下グループ)各社の製品を取次・販売する特約店(電器店)の通称である。1957年、日本最初の系列電器店(街の電器屋さん)ネットワークとして発足した。当初はパナソニック製品のみを扱う「ナショナルショップ」と他社製品も同時に扱う「ナショナル店会」とに二分されていた。以後、今日まで国内最大の地域電器店ネットワークである。地域電器店の業界団体「全国電機商業組合連合会」加盟店の7~8割を占める。
家電量販店 量販店が大量に安く売ることをセールスポイントとしているのに対し、パナソニックショップ(街のでんきやさん)は「アフターサービスの良さ・きめ細かさ」をセールスポイントにしているので、電球や蛍光灯の交換といった軽工事にも幅広く気軽に応じてくれる(「お役に立ち隊宣言」)。また「パナソニック修理技術認定店(旧・パナサービス工房 後述)」として他店購入製品やパナソニック以外の他社製品修理も取り扱う(有料)。この意味を込め、パナソニックショップは1998年から「あなたの街のでんきやさん」を全国共通キャッチフレーズとしている。さらに複数のパナソニック関連企業や優良業者との取引が活発な店は、各種リフォームの相談にも気軽に応じてくれる(多くの店舗はパナホーム取次店)。また地方の一部には、雑貨店や酒店を同じ敷地で経営している店舗も存在する。
(Wikipedia:パナソニックショップ)

パナソニック ドラマシアター
パナソニック ドラマシアター(Panasonic Drama Theater)は、TBSテレビ TBSJapan News Network 系列で毎週月曜日20:00~20:54に放送しているテレビドラマ ドラマテレビ番組 番組枠。TBS系列28局・系列外3局の全国31局ネット。旧称「ナショナルゴールデン・アワー」、「ナショナル劇場」。
「パナソニック ドラマシアター」としての放送は2008年10月13日の「水戸黄門 第39部」(初回は2時間スペシャル)からである。
「世の為人の為、老若男女問わない番組を。」というパナソニック(旧社名:松下電器産業)の創業者である松下幸之助の方針で、52年の長期に渡って放送を続けている。パナソニックグループ(パナソニック・パナソニック電工・パナホーム)の一社提供番組。
現在のタイトルに変更される前はオープニングとして「明るいナショナル」(作詞〜初代ヴァージョン〜・作曲:三木鶏郎)が流れていた。ラジオ番組「歌のない歌謡曲」と同様に、時代によって曲の節・アレンジ・歌詞が変化している。詳細は『#歴代オープニング 歴代オープニング』の章を参照。
(Wikipedia:パナソニック ドラマシアター)

パナソニックグループ
パナソニックグループとは、パナソニック(旧・松下電器産業)を中核とする日本の日本の企業グループ一覧 企業グループ(および組織)である。
2008年10月1日に社名変更するまでは、松下グループあるいは松下電器グループと呼称していたが、この両者の意味は異なっていた。松下電器グループは松下電器産業の企業内分社(カンパニー)や直轄の子会社のことを指し、連結子会社移行前の松下電工など比較的関係が薄く、独立した経営方針で運営されている企業は含まれなかった。
それ以降も社名に「松下」を冠する企業が若干残っているが、今後順次名称を変更する予定である。
◆=(社)鉄道貨物協会よりエコレールマーク認定。
●=パナソニックの社内ベンチャー制度「パナソニック・スピンアップ・ファンド」によって設立された会社
(Wikipedia:パナソニックグループ)

パナソニックガンバ大阪
『ガンバ大阪』より : ガンバ大阪(ガンバ おおさか、Gamba Osaka)は、日本の大阪府吹田市、茨木市、高槻市、豊中市、池田市、摂津市、箕面市をホームタウンとする、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するプロサッカークラブ。 1980年創部の松下電器産業サッカー部が前身であり、1993年のJリーグ開幕時より加盟している10クラブ(オリジナル10)のひとつ。2005年に初タイトルとなるJ1リーグ優勝を果たし、2008年にはAFCチャンピオンズリーグ制覇、2014年には1シーズンでの国内三冠(J1リーグ・天皇杯・ナビスコカップ)を達成するなど、Jリーグを代表する強豪クラブである。獲得タイトル数はJリーグ全加盟クラブ中2位、近畿地方以西のクラブでは最多である。 ホームスタジアムは市立吹田サッカースタジアム。Jリーグ加盟の1993年から2015年までは万博記念競技場をホームスタジアムとしていた。練習グラウンドは万博記念公園スポーツ広場内のガンバ大阪練習場である。当初は神戸ユニバー記念競技場や西京極競技場を準本拠地、淀川区(新大阪駅近く)にクラブ事務所と京田辺市に練習場と「近畿代表」・「オール関西」的な意味合いが強かった。 (Wikipedia:パナソニックガンバ大阪)

パナソニック電工
パナソニック電工株式会社(パナソニックでんこう、英: Panasonic Electric Works Co., Ltd.)は、かつて存在した日本の電気機器メーカーである。大阪府門真市に本社を構え、パナソニックグループの照明機器、電気設備、健康家電、住宅機器、建材、制御機器、電子材料、福祉機器などを取り扱う総合メーカーであった。 解散後は事業ごとに分割・再編されたものの、中核組織は『パナソニック株式会社 エコソリューションズ社』(社内カンパニー)となっており、旧電工本社組織を引き継いでいる。 1933年(昭和8年)に松下電気器具製作所(後の松下電器産業、現在のパナソニック)の創業時事業である配線機器事業・電熱機器事業・合成樹脂事業・照明機器事業などを担当する部門として設置された第三事業部(いわゆる社内カンパニー)がルーツ。 (Wikipedia:パナソニック電工)

パナソニック モバイルコミュニケーションズ
パナソニック モバイルコミュニケーションズ株式会社(Panasonic Mobile Communications Co., Ltd.)は、パナソニックグループの移動体通信端末のメーカーである。パナソニックグループ内や周辺地域ではPMCの略称で呼ばれている。 パナソニック本体の社内カンパニーである、AVCネットワーク社配下に置かれる子会社である。 沿革 1958年1月17日 - 大阪府北河内郡門真町(当時)に松下通信工業株式会社(Matsushita Communication Industrial Co., Ltd.)設立。(松下電器産業「現:パナソニック株式会社」より分離) 1960年 - 本社を横浜市港北区綱島町(当時)に移転。 1968年 - 当時の電電公社にポケットベル(ページャー)を納入開始。(移動体通信端末事業へ参入。事実上の創業) 1968年 東京、大阪証券取引所第二部へ上場。 1969年 - 東京、大阪証券取引所第一部へ指定。 1991年 - 教育用パソコン「PanaCAL ET」を発売。 (Wikipedia:パナソニック モバイルコミュニケーションズ)

パナソニックモバイルコミュニケーションズ
『パナソニック モバイルコミュニケーションズ』より : パナソニック モバイルコミュニケーションズ株式会社(Panasonic Mobile Communications Co., Ltd.)は、パナソニックグループの移動体通信端末のメーカーである。パナソニックグループ内や周辺地域ではPMCの略称で呼ばれている。 パナソニック本体の社内カンパニーである、AVCネットワーク社配下に置かれる子会社である。 沿革 1958年1月17日 - 大阪府北河内郡門真町(当時)に松下通信工業株式会社(Matsushita Communication Industrial Co., Ltd.)設立。(松下電器産業「現:パナソニック株式会社」より分離) 1960年 - 本社を横浜市港北区綱島町(当時)に移転。 1968年 - 当時の電電公社にポケットベル(ページャー)を納入開始。(移動体通信端末事業へ参入。事実上の創業) 1968年 東京、大阪証券取引所第二部へ上場。 1969年 - 東京、大阪証券取引所第一部へ指定。 1991年 - 教育用パソコン「PanaCAL ET」を発売。 (Wikipedia:パナソニックモバイルコミュニケーションズ)

パナソニックモバイル
『パナソニック モバイルコミュニケーションズ』より : パナソニック モバイルコミュニケーションズ株式会社(Panasonic Mobile Communications Co., Ltd.)は、パナソニックグループの移動体通信端末のメーカーである。パナソニックグループ内や周辺地域ではPMCの略称で呼ばれている。 パナソニック本体の社内カンパニーである、AVCネットワーク社配下に置かれる子会社である。 沿革 1958年1月17日 - 大阪府北河内郡門真町(当時)に松下通信工業株式会社(Matsushita Communication Industrial Co., Ltd.)設立。(松下電器産業「現:パナソニック株式会社」より分離) 1960年 - 本社を横浜市港北区綱島町(当時)に移転。 1968年 - 当時の電電公社にポケットベル(ページャー)を納入開始。(移動体通信端末事業へ参入。事実上の創業) 1968年 東京、大阪証券取引所第二部へ上場。 1969年 - 東京、大阪証券取引所第一部へ指定。 1991年 - 教育用パソコン「PanaCAL ET」を発売。 (Wikipedia:パナソニックモバイル)

パナソニックのVTRの歴史
パナソニック(旧・松下電器産業)のVTRの歴史(パナソニックのVTRのれきし)では、パナソニックやグループ会社におけるVHS・S-VHS(スーパーVHS)方式・他方式の家庭用ビデオテープレコーダ(VTR)について、その歴史や当時ヒットした代表機種を紹介する。
VX-100(VX方式第1号機、グループ内のパナソニック四国エレクトロニクス 松下寿電子工業(現・パナソニック四国エレクトロニクス)より発売、四国地区限定発売、198,000円)
VX-2000(VX方式最終機種、全国発売)
NV-8800(VHS方式マックロード第1号機)
NV-6600(初めて倍速・コマ送り再生、静止画機能を搭載)
NV-6000(業界初、3倍モード搭載機)
NV-10000(業界初、ビエゾヘッド搭載でノイズレスサーチ)
NV-5000(ポータブルマックロード第1号機)
(Wikipedia:パナソニックのVTRの歴史)

パナソニック・トヨタ・レーシング
『トヨタF1』より : トヨタF1 (TOYOTA F1) は、日本のトヨタ自動車が運営したF1コンストラクター。2002年(平成14年)から2009年(平成21年)までF1世界選手権に参戦した。レーシングチームの正式名称はパナソニック・トヨタ・レーシング (Panasonic TOYOTA Racing) 。 世界ラリー選手権 (WRC) においてトヨタのワークス・チーム的存在であったトヨタ・チーム・ヨーロッパ (Toyota Team Europe) をベースにして、2000年(平成12年)に発足した。TTE時代より、ドイツ・ケルンのトヨタ・モータースポーツ有限会社 (Toyota Motorsport GmbH) を本拠地としているが、F1チームの国籍登録は日本としていた。 自作のシャシーでF1に参戦する日本国籍のコンストラクターとしては、1960年代のホンダ、1970年代のマキ、コジマに続いて4チーム目となる。さらに、エンジンを含め、車体全部を自作するフルコンストラクターとしては、ホンダに続く2例目となる。 (Wikipedia:パナソニック・トヨタ・レーシング)

パナソニックトライアンズ
size=250
チーム名=パナソニックトライアンズ
原語表記=パナソニックトライアンズ
愛称=
チームカラー=青
創設年=1951年
代表者=
ヘッドコーチ=清水良規
本拠地=大阪府枚方市
アリーナ=パナソニックアリーナ
収容人数=
HP=http://panasonic.co.jp/sports/basketball/
正シャツ=青 正パンツ=青
副シャツ=白 副パンツ=白
pattern_b1=_thinwhitesides pattern_s1=
body1=235bc8 shorts1=235bc8
pattern_b2=_thinbluesides pattern_s2=
body2=fff shorts2=fff
(Wikipedia:パナソニックトライアンズ)

パナソニック エナジー社
社名 パナソニック株式会社 エナジー社
英文社名 Panasonic Corporation Energy Company
ロゴ 画像:Panasonic logo (Blue).svg 250px ロゴ
種類 株式会社(パナソニックの社内カンパニー)
市場情報
略称 EC
郵便番号 570-8511
本社所在地 大阪府守口市松下町1番1号
電話番号
設立 2008年(平成20年)10月1日
業種 3650
事業内容 一次電池、二次電池、充電器、電池応用機器・部材などの生産・販売
代表者
資本金
売上高
従業員数 約2,200名(別に国内・海外関係会社 約14,300名)
決算期
主要株主
(Wikipedia:パナソニック エナジー社)

パナソニック野球部
ページ名 パナソニック野球部
チーム名(通称) パナソニック
加盟区分 企業チーム
創部 1950年
チーム名の遍歴 松下電器野球部(1950年〜2008年)パナソニック野球部(2008年〜)
本拠地自治体 大阪府門真市
練習グラウンド パナソニックベースボールスタジアム(大阪府枚方市)
チームカラー 青色、黒色
監督 松井稔也
都市対抗出場回数 45回
都市対抗最近の出場 2009年
都市対抗最高成績 準優勝
日本選手権出場回数 31回
日本選手権最近の出場 2009年
日本選手権最高成績 優勝
クラブ選手権出場回数 ※出場資格なし
クラブ選手権最近の出場
クラブ選手権最高成績
(Wikipedia:パナソニック野球部)

パナソニック充電式ニッケル水素電池
パナソニック充電式ニッケル水素電池(パナソニックじゅうでんしきニッケルすいそでんち)はパナソニックのニッケル・水素蓄電池(二次電池)。
パナソニック充電式ニッケル水素電池は、パナソニックが発売しているニッケル・水素蓄電池の名称であり、開発された翌年の1990年から商品化されている。これはJIS C 8708において定義される密閉型ニッケル・水素蓄電池にあたる。各製品とも、dT/dt制御充電方式による急速充電に対応している。
また自然放電を抑えた#パナソニック充電式ニッケル水素電池ECO パナソニック充電式ニッケル水素電池ECOは同コンセプトの三洋電機の商品eneloop エネループに対しパナループとよばれたり、イメージカラーが緑であることから緑パナとも呼ばれることもあるが、これは俗称であり、正式な略称・商品名ではない。
(Wikipedia:パナソニック充電式ニッケル水素電池)

パナソニック電工インパルス
size=250
font-color=white
background-color navy
原語表記=パナソニック電工インパルス
愛称=インパルス
競技種目=アメリカンフットボール
創設年=1974年
本拠地=大阪府門真市
代表者
HP=http://www.go-go-impulse.net/
パナソニック電工インパルス(-でんこう-、英表記:Panasonic Electric Works IMPULSE)は日本社会人アメリカンフットボールリーグ(Xリーグ)西地区所属の実業団チームである。創部当初から常に関西の社会人アメリカンフットボールにおける中心的存在となってきた。
1974年:松下電工インパルスとして創部。「インパルス」の名は「フットボール界と社内に衝撃(インパルス)を与える」に由来。
1987年:松下電工のCIスポーツに指定。
1990年:初の社会人日本一を達成。
1991年:第44回ライスボウルに初出場。日本大学フェニックスに13-35で敗れる。
(Wikipedia:パナソニック電工インパルス)

パナソニック プラズマディスプレイ
社名 パナソニック プラズマディスプレイ株式会社
英文社名 Panasonic Plasma Display Co., Ltd.
ロゴ 画像:Panasonic logo (Blue).svg 250px ロゴ
種類 株式会社
市場情報
略称 PPD
郵便番号 567-0026
本社所在地 大阪府茨木市松下町1番1号
電話番号 072-624-8461
設立 2000年(平成12年)10月
業種 3650
事業内容 プラズマディスプレイ事業 他
代表者 代表取締役社長 長野寛之
資本金 356億円
売上高
主要株主 パナソニック (75%)東レ (25%)
特記事項
パナソニック プラズマディスプレイ株式会社(”Panasonic Plasma Display Co., Ltd.”、PPD)は、プラズマディスプレイやそのモジュール、薄型テレビ#プラズマテレビ プラズマテレビなどの製造を行う電気機器メーカーである。大阪府茨木市に本社を構える。
(Wikipedia:パナソニック プラズマディスプレイ)

パナソニック四国エレクトロニクス
パナソニック ヘルスケア株式会社(Panasonic Healthcare Co., Ltd.)は、パナソニックグループの健康・医療機器等を扱うメーカーである。略称はPHC。 2005年(平成17年)3月31日までは、松下寿電子工業株式会社(まつしたことぶきでんしこうぎょう、Matsushita-Kotobuki Electronics Co., Ltd.)、2005年4月1日から2010年9月までは、パナソニック四国エレクトロニクス株式会社(パナソニックしこくエレクトロニクス、Panasonic Shikoku Electronics Co., Ltd.)という社名であった。 松下幸之助に育てられ、松下グループ(現・パナソニックグループ)内で「四国の天皇」とも呼ばれた稲井隆義(赤外線電気コタツの考案者)が四国で創業した会社である。グループ内での稲井の発言力の強さもあり、独自指向が強い企業であったため、1975年には家庭用ビデオ規格VX方式の立ち上げに走ったほどであった。 (Wikipedia:パナソニック四国エレクトロニクス)

パナソニック四国エレクトロニクス株式会社
『パナソニック四国エレクトロニクス』より : パナソニック ヘルスケア株式会社(Panasonic Healthcare Co., Ltd.)は、パナソニックグループの健康・医療機器等を扱うメーカーである。略称はPHC。 2005年(平成17年)3月31日までは、松下寿電子工業株式会社(まつしたことぶきでんしこうぎょう、Matsushita-Kotobuki Electronics Co., Ltd.)、2005年4月1日から2010年9月までは、パナソニック四国エレクトロニクス株式会社(パナソニックしこくエレクトロニクス、Panasonic Shikoku Electronics Co., Ltd.)という社名であった。 松下幸之助に育てられ、松下グループ(現・パナソニックグループ)内で「四国の天皇」とも呼ばれた稲井隆義(赤外線電気コタツの考案者)が四国で創業した会社である。グループ内での稲井の発言力の強さもあり、独自指向が強い企業であったため、1975年には家庭用ビデオ規格VX方式の立ち上げに走ったほどであった。 (Wikipedia:パナソニック四国エレクトロニクス株式会社)

パナソニック コミュニケーションズ
パナソニック システムネットワークス株式会社(Panasonic System Networks Co., Ltd. 旧社名:パナソニックコミュニケーションズ株式会社、Panasonic Communications Co., Ltd.)は、パナソニックグループのドキュメント関連を含む固定通信関連機器、セキュリティ・放送関連機器、法人用通信端末の開発、製造、販売と、これらの機器を結ぶネットワークやシステム、ソリューション事業などのサービスを提供している会社である。 登記上の商号は「パナソニック」と「システムネットワークス」の間に空白が入らない。旧社名の「パナソニック コミュニケーションズ株式会社」では空白が入っていた。 2003年(平成15年)に松下グループ各社の事業再編に伴い、九州松下電器と松下電送システム、および松下通信工業(現・パナソニック モバイルコミュニケーションズ)のPBX・ホームテレホン・ビジネスホン事業、松下電器産業(現・パナソニック)のシステム営業本部の固定通信関連営業を統合し「パナソニック コミュニケーションズ株式会社」となったのち、2010年にパナソニック株式会社のシステム事業を統合し現在の社名になった。 (Wikipedia:パナソニック コミュニケーションズ)


パナソニック - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第3位  紀平梨花 - 2018年11月13日


関連するイメージは見つかりませんでした




紀平梨花 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第4位  川崎フロンターレ - 2018年11月13日


関連するイメージは見つかりませんでした



川崎フロンターレ
川崎フロンターレ(かわさきフロンターレ、Kawasaki Frontale)は、日本の神奈川県川崎市をホームタウンとする、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するプロサッカークラブ。 1955年に富士通サッカー部として創部。1997年にJリーグ準会員に承認され、1999年にJリーグへ加盟した。ホームスタジアムは中原区の等々力陸上競技場、練習場は麻生区の川崎フロンターレ麻生グラウンドである。 チーム名の「フロンターレ (Frontale) 」はイタリア語で「正面の、前飾り」を意味し、常に最前線で挑戦し続けるフロンティアスピリッツ、正面から正々堂々と戦う姿勢を表している。ちなみに富士通にはアメリカンフットボールチームの富士通フロンティアーズ(Xリーグ所属。1985年創設・チーム名制定)、女子バスケットボールの富士通レッドウェーブ(Wリーグ・1985年創部)、富士通カワサキレッドスピリッツ(V・チャレンジリーグ男子)があり、すべて川崎市を本拠地としており、バレーボールを除き川崎市ホームタウンスポーツ推進パートナーに参加している。 (Wikipedia:川崎フロンターレ)

川崎フロンターレの選手一覧
川崎フロンターレの選手一覧は、川崎フロンターレに所属している選手・監督・コーチの一覧。 在籍選手・スタッフ 2016年2月28日現在 スタッフ 選手 2016年度期限付き移籍 日本の旗 福森晃斗: 北海道コンサドーレ札幌(2017年1月31日まで) 朝鮮民主主義人民共和国の旗 安柄俊: ツエーゲン金沢(2017年1月31日まで) 日本の旗 可児壮隆: ツエーゲン金沢(2017年1月31日まで) 背番号遍歴 1997年 - 2006年 2007年 - 外国籍選手 過去の在籍選手 ゴールキーパー (GK) 竹内弘明 (1997) 村松勇輝 (1997) 荒谷弘樹 (1998):大宮アルディージャU-12コーチ 境秋範 (1997-1999) 菊池新吉 (2000):川崎フロンターレGKコーチ 笹原義巳 (1999-2001) 鈴木洋平 (2002-2003):川崎フロンターレU-15GKコーチ 浦上壮史 (1997-2004):川崎フロンターレU-18GKコーチ 下川誠吾 (2004-2005):ヴィッセル神戸サッカースクールコーチ 吉原慎也‎ (2001-2006, 2008) 川島永嗣 (2007-2010):ダンディー・ユナイテッドFC(スコットランド) 植草裕樹 (2005-2008):V・ファーレン長崎 相澤貴志 (2000-2011):徳島ヴォルティス 杉山力裕 (2006-2014):清水エスパルス ディフェンダー (DF) 中村彰 (1997) 三島伸也 (1997):アクティブサッカースクールコーチ 大場健史 (1997-1998):川崎フロンターレU-15B監督 小泉淳嗣 (1997-1998) ジェニウソン (en) (1998-1999) シャイデ (1997-1998):陝西宝榮(中国) 戸倉健一郎 (1997-1998):調布FC Jrユースコーチ 平山大 (1997-1998) 藤田慎一 (1997-1998) ペッサリ (1998) 森一哉 (1997-1998):川崎フロンターレコーチ 川元正英 (1997-1999) 小松崎保 (1997-1999):金沢星稜大学監督 奥野僚右 (2000) 中西哲生 (1997-2000):タレント 中谷勇介 (2000):コーンケンFC(タイ) 伊東真吾 (en) (1998-2000) 森川拓巳 (1999-2000) 西澤淳二 (2000):川崎フロンターレ強化部スカウト 土居義典 (1997-2001):英明高等学校女子サッカー部監督 小島徹 (en) (2001) 飯島寿久 (2001) 藤木亮以 (2002-2003) 神崎亮佑 (2001-2004) 岡山一成 (2002-2004):奈良クラブ 小林宏之 (2005) 米山篤志 (2006):名古屋グランパス スクールコーチ 大久保将人 (2005-2007) 箕輪義信 (2000-2008):新城高校教諭 佐原秀樹 (1997-2007, 2010):川崎フロンターレ スクール・普及コーチ 寺田周平 (1999-2010):川崎フロンターレU-15・13 監督 菊地光将 (2008-2011):大宮アルディージャ 吉田勇樹 (2008-2011):川崎フロンターレ スクール・普及コーチ ロブソン (2013) 伊藤宏樹 (2001-2013):川崎フロンターレ スカウト 田中雄大 (2011-2013):ヴィッセル神戸 薗田淳 (2007-2013):ロアッソ熊本 ジェシ (2012-2014):アヴァイFC(ブラジル) 田中裕介 (2011-2014):セレッソ大阪 中澤聡太(2013-2014):セレッソ大阪 ミッドフィールダー (MF) 林善徹 (1998):スターポリス代表取締役社長 長谷部茂利 (1998):ジェフユナイテッド市原・千葉コーチ ベッチーニョ (1997-1998) モレェノ (1998) 岩本輝雄 (1999):横浜創学館高等学校サッカー部コーチ 江田広 (1997-1999) カドゥー (en) (1999) ティンガ (1999):SCインテルナシオナル(ブラジル) ペドリーニョ (en) (2000) 大塚真司 (1997-2000):大宮アルディージャユースコーチ アルバレンガ (2000) 池田伸康 (2000):浦和レッドダイヤモンズジュニアユースコーチ 原田武男 (2000):V・ファーレン長崎アシスタントコーチ兼U-18監督 ダニエル (en) (2000):シグマ・オロムツ(チェコ) 高田栄二 (1997-2001) 浅野哲也 (2001):鹿児島ユナイテッドFC監督 アイルトン (en) (2001) ダニエル (en) (2001) リカルジーニョ (2000-2001):ボタフォゴFR(ブラジル) エジミウソン (2001) 桂秀樹 (1997-2001):環太平洋大学サッカー部監督 伊藤彰 (1997-2001):大宮アルディージャコーチ マルコ (2002) 加賀見健介 (2002):ファンルーツサッカースクールコーチ マルキーニョ (2002):ファンルーツサッカースクールコーチ ホベルチ (2003):クルブ・ネカクサ(メキシコ) 黄川田賢司 (2002-2003):レナトF.C. チーフコーチ 林晃平 (2001-2003) 石塚啓次 (2003):ファッションブランド「WACKO MARIA」プロデュース 玉置晴一 (2001-2003):川崎フロンターレU-10監督 大石鉄也 (1999-2001, 2004) 塩川岳人 (2000-2004):多摩大学目黒高等学校コーチ 伊藤優津樹 (1998-1999, 2002-2004):株式会社シンカーズ取締役・テクニカルアドバイザー アウグスト (2003-2005):ブラジリエンセ(ブラジル) 山根巌 (2003-2005):レノファ山口FCコーチ 久野智昭 (1997-2005):川崎フロンターレコーチ 鄭容臺 (2005) 木村誠 (2002-2005):丸岡フェニックス 相馬直樹 (2004-2005):FC町田ゼルビア監督 渡辺匠 (2000-2005):福島ユナイテッドFC アラゴネイ (2005):ユリセスFC(アルメニア) 茂原岳人 (2002-2003, 2006) マルコン (2006) 鬼木達 (1998, 2000-2006):川崎フロンターレコーチ 松下裕樹 (2006):ザスパクサツ群馬 長橋康弘 (1997-2006):川崎フロンターレU-12コーチ 今野章 (2000-2006):川崎フロンターレU-18監督 飛弾暁 (2003-2007) 落合正幸 (2007) 河村崇大 (2007):TOT SC(タイ) フランシスマール (2007) マギヌン (2006-2007):クラブ・レモ(ブラジル) 原田拓 (2005-2008):ロアッソ熊本フロントスタッフ 大橋正博 (2007-2008) 鈴木達矢 (2006-2008) 村上和弘 (2007-2009):ベガルタ仙台アカデミースタッフ 山岸智 (2008-2009):大分トリニータ 養父雄仁 (2006-2009):V・ファーレン長崎 谷口博之 (2004-2010):サガン鳥栖 森勇介 (2005-2010):沖縄SV 木村祐志 (2006-2010):徳島ヴォルティス 横山知伸 (2008-2011):大宮アルディージャ 楠神順平 (2010-2012):サガン鳥栖 山瀬功治 (2011-2012):京都サンガF.C. 柴崎晃誠 (2011-2012):サンフレッチェ広島 レネ・サントス (2012):FCディナモ・トビリシ(ジョージア) 田中淳一 (2012-2013):FC岐阜 風間宏矢 (2012-2013):FC岐阜 風間宏希 (2012-2013):ギラヴァンツ北九州 杉浦恭平 (2007-2013):ベガルタ仙台 パウリーニョ (2014):湘南ベルマーレ 稲本潤一 (2010-2014):コンサドーレ札幌 金久保順 (2014):ベガルタ仙台 フォワード (FW) アレックス (1997) 小坂圭亮 (1997) 野口幸司 (1997):WOWOWサッカー解説者 マルシオ (1997) 源平貴久 (1997-1998):専修大学サッカー部監督 ヴァルディネイ (1998) 服部浩紀 (1998):ザスパクサツ群馬監督 ムタイル (1997-1998) 上村崇士 (1999) 菅野賢一 (1997-1999) ツゥット (1998-1999):シャペコエンセ(ブラジル) 鈴木隆行 (2000) 森山泰行 (2000):解説者 マジーニョ (2000) イジドーロ (2000):ジュヴェントス(ブラジル) 阿部良則 (2001):A.C.ミラネーゼ&スクール(神奈川県藤沢市)ヘッドコーチ 盛田剛平 (2001):ヴァンフォーレ甲府 エメルソン (2001):コリンチャンス(ブラジル) 向島建 (1997-2001):川崎フロンターレ強化部スカウト 浦田尚希 (1997-2001):ヴィテンののいち(石川県)サッカースクールコーチ ルイス (en) (2000-2001) ベンチーニョ (2002) アレックス (2002):徳島ヴォルティス マーロン (2002):クラブ・アメリカ(メキシコ) バルデス (2003):パナマU-17代表監督 小林康剛 (2002-2003) 町田忠道 (2004) 飯尾一慶 (2002, 2005) マルクス (2004-2006) 西山貴永 (2004-2007) フッキ (2005, 2008):FCゼニト・サンクトペテルブルク(ロシア) 我那覇和樹 (1999-2008):カマタマーレ讃岐 都倉賢 (2005-2008):コンサドーレ札幌 鄭大世 (2006-2010):清水エスパルス レナチーニョ (2008-2010):杭州緑城(中国) 高須英暢 (2010) ジュニーニョ (2003-2011) 久木野聡 (2006-2011):FC町田ゼルビア 黒津勝 (2001-2012):ガイナーレ鳥取 小松塁 (2001-2012):ギラヴァンツ北九州 パトリック (2013):ガンバ大阪 矢島卓郎 (2004-2005,2009-2013):京都サンガF.C. 棗佑喜 (2011-2013):坂井フェニックス アラン・ピニェイロ (2013):東京ヴェルディ1969 谷尾昂也 (2011-2013):サウルコス福井 レナト (2012-2015):広州富力(中国) 杉本健勇 (2015):セレッソ大阪 船山貴之 (2015):ジェフユナイテッド市原・千葉 特別指定選手 矢島卓郎 (2004-2005):京都サンガF.C. 養父雄仁 (2006):V・ファーレン長崎 田坂祐介 (2007):川崎フロンターレ 楠神順平 (2009):サガン鳥栖 實藤友紀 (2010):アビスパ福岡 シュミット・ダニエル (2010-2012):松本山雅FC 山越享太郎 (2012):栃木SC 谷口彰悟 (2013):川崎フロンターレ 可児壮隆 (2013):ツエーゲン金沢 車屋紳太郎 (2014):川崎フロンターレ 長谷川竜也 (2015):川崎フロンターレ 下部組織出身者 1981年度生 石川邦明:川崎フロンターレU-18 → 国際武道大学 → 引退(川崎フロンターレU-15コーチ) 1983年度生 鈴木洋平:川崎フロンターレU-18 → 川崎フロンターレ → 国士舘大学サッカー部 → 引退 藤木亮以:川崎フロンターレU-18 → 川崎フロンターレ → YKK AP → 引退 1984年度生 木村光佑:川崎フロンターレU-18 → ウエスタン・イリノイ大学(アメリカ) → コロラド・ラピッズ(アメリカ) → ニューヨーク・レッドブルズ(アメリカ) → ヴィジェフ・ウッチ(ポーランド) → アトランタ・シルバーバックス(アメリカ) → ラーヨOKC(アメリカ) 小川貴弘:川崎フロンターレU-15 → 川崎フロンターレU-18 → 静岡産業大学 → 引退 1985年度生 岩舘侑哉:川崎フロンターレU-18 → 水戸ホーリーホック → カマタマーレ讃岐 → TTMFCピチット(タイ) → ロイヤル・タイ・アーミーFC(タイ) 1986年度生 都倉賢:川崎フロンターレU-18 → 川崎フロンターレ → ザスパ草津 → ヴィッセル神戸 →コンサドーレ札幌 岩田啓佑:川崎フロンターレU-18 → 早稲田大学 → 横河武蔵野FC 斉藤啓貴:川崎フロンターレU-18 → 向の岡工業高校 → 富士常葉大学 → FC刈谷 1987年度生 鈴木達矢:川崎フロンターレU-15 → 川崎フロンターレU-18 → 川崎フロンターレ → 引退 佐藤佳成:川崎フロンターレU-15 → 川崎フロンターレU-18 → 駒澤大学 → グルージャ盛岡 → FK ZORA SPUZ(モンテネグロ) → サムットサコーンFC(タイ) → ペチャブリーFC(タイ) 木村祐志:川崎フロンターレU-15 → 川崎フロンターレU-18 → 川崎フロンターレ → ギラヴァンツ北九州→大分トリニータ→徳島ヴォルティス 山田佑介:川崎フロンターレU-18 → 中央大学 → ソニー仙台FC 薗部良:川崎フロンターレU-15 → 日本大学高校 → 日本大学 → 横河武蔵野FC → 引退 1988年度生 永木亮太:川崎フロンターレU-15 → 川崎フロンターレU-18 → 中央大学 → 湘南ベルマーレ → 鹿島アントラーズ 高山薫:川崎フロンターレU-15 → 川崎フロンターレU-18 → 専修大学 → 湘南ベルマーレ → 柏レイソル→ 湘南ベルマーレ 1989年度生 吉田勇樹:川崎フロンターレU-15 → 川崎フロンターレU-18 → 川崎フロンターレ → 引退(川崎フロンターレ スクール・普及コーチ) 大田和直哉:川崎フロンターレU-15 → 神奈川県立川崎北高校 → 引退 1990年度生 安藤駿介:川崎フロンターレU-15 → 川崎フロンターレU-18 → 川崎フロンターレ → 湘南ベルマーレ → 川崎フロンターレ 山崎翔輝:川崎フロンターレU-15 → 川崎フロンターレU-18 → 専修大学 → LB-BRB TOKYO 森田達見:川崎フロンターレU-15 → 川崎フロンターレU-18 → 慶應義塾大学 → LB-BRB TOKYO → 引退 1991年度生 可児壮隆:川崎フロンターレU-15 → 川崎フロンターレU-18 → 阪南大学 → 川崎フロンターレ → 湘南ベルマーレ → ツエーゲン金沢 奥山陸:川崎フロンターレU-15 → 川崎フロンターレU-18 → 専修大学 → ヴァンラーレ八戸 川越勇治:川崎フロンターレU-15 → 川崎フロンターレU-18 → 中央大学 → LB-BRB TOKYO 岩渕貴哉:川崎フロンターレU-15 → 川崎フロンターレU-18 → 法政大学 → LB-BRB TOKYO 大和田達:川崎フロンターレU-15 → 川崎フロンターレU-18 → 中央大学 → LB-BRB TOKYO 小椋剛:川崎フロンターレU-15 → 川崎フロンターレU-18 → 関西大学 → NFAC 1992年度生 吉濱遼平:川崎フロンターレU-15 → 川崎フロンターレU-18 → 大師高等学校 → 松蔭大学 → 湘南ベルマーレ → 福島ユナイテッドFC → 湘南ベルマーレ→ ザスパクサツ群馬 苅部隆太郎:川崎フロンターレU-15 → 川崎フロンターレU-18 → 明治大学 → FC岐阜 仲川輝人:川崎フロンターレU-15 → 川崎フロンターレU-18 → 専修大学 → 横浜F・マリノス 1993年度生 内山圭:川崎フロンターレU-15 → 川崎フロンターレU-18 → 東海大学 → 武蔵野シティFC 萩間大樹:川崎フロンターレU-15 → 川崎フロンターレU-18 → 専修大学 → 三菱東京UFJ 笈川龍二:川崎フロンターレU-15 → 川崎フロンターレU-18 → YSCCセカンド → アイゴッソ高知 → 高知ユナイテッドSC 1994年度生 冨田幸嗣:川崎フロンターレU-18 → 駒沢SC → JAPANサッカーカレッジ → 川崎フロンターレU-12コーチ 1997年度生 三好康児:川崎フロンターレU-12 → 川崎フロンターレU-15 → 川崎フロンターレU-18 → 川崎フロンターレ 板倉滉:川崎フロンターレU-12 → 川崎フロンターレU-15 → 川崎フロンターレU-18 → 川崎フロンターレ 歴代監督 記載はJリーグ準会員として現在のクラブ名となった1997年以降。 (Wikipedia:川崎フロンターレの選手一覧)

川崎フロンターレ麻生グラウンド
川崎フロンターレ麻生グラウンド(かわさきフロンターレあさおグラウンド)は、Jリーグ・川崎フロンターレ所有の練習場。神奈川県川崎市麻生区にある。 解説 前身は大東学園高等学校(東京都世田谷区)のグラウンドで、1999年5月に完成。クラブハウス、天然芝グラウンド(メイングラウンド、サブグラウンド)、人工芝グラウンドがある。 ちなみにここに敷設された人工芝「フィールドターフ」は日本で初めて導入された「ハイテク人工芝」として話題を呼び、その実績から東京ドームや横浜スタジアムなどプロ野球の野球場でも使用されるようになった。 なお所在地名でもある「麻生」は、誤って「あそう」と読まれることが多いが、正しくは「あさお」である。 旧クラブハウスは平屋のプレハブ建築だったが、2015年1月15日、武田信平社長よりクラブハウスの立て替えが発表される。 新クラブハウスは2016年2月1日竣工。2階建てで床面積は旧クラブハウスの約2.6倍となる2127.89平方メートル。ロッカールームやトレーニングルーム、風呂だけでなく、ラウンジやテラス、仮眠室などを備えている。 (Wikipedia:川崎フロンターレ麻生グラウンド)


川崎フロンターレ - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第5位  スマートフォン - 2018年11月13日


関連するイメージは見つかりませんでした



スマートフォン
スマートフォン(英: Smartphone)は、携帯電話機の一形態を指す用語である。明確な定義はないが、多機能携帯電話であることが要件とされる場合が多い。タブレットと同様に「スマートデバイス」の一種とされる。日本では「スマホ」とも称されている。スマートフォン以前に普及していた多機能携帯電話のことはフィーチャー・フォンを参照。 オペレーティングシステム シェアはiOSとAndroidの2強となっており、日本ではiOSが過半数であるが、それ以外の国ではAndroidが圧倒的となっている。 Android - Android社を買収したGoogleが開発しているOS。LinuxカーネルやWebKit、Dalvikと呼ぶ独自の仮想マシンなどで構成される。 Cyanogen OS - Android派生OS。一部のスマートフォンに搭載されている。Androidのオープンソース部分を基にしているため、非オープンソースなアプリは搭載されていない。 Maru OS - Android及びDebian派生OS。 iOS(当初は OS X iPhone、その後 iPhone OS、現在 iOS) - アップルが開発した自社ハードウェア専用のOS。 (Wikipedia:スマートフォン)


スマートフォン - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す