[PR]

日別キーワード

第1位  ふるさと納税 - 2018年11月17日


関連するイメージは見つかりませんでした



ふるさと納税
ふるさと納税(ふるさとのうぜいおここい)とは、日本の個人住民税の制度の一つで、日本国内の任意の地方自治体(都道府県、市町村および特別区。以下同じ)に寄付することにより、寄付した額のほぼ全額が税額控除されるものである(ただし一定の制限や限度がある)。「ふるさと寄附金」とも呼ばれる。 ふるさと納税の法源は地方税法第37条の2にある。これは2008年4月30日に公布された「地方税法等の一部を改正する法律」(平成20年法律第21号)による。第37条の3中「前2条」を「前3条」に改め、同条を第37条の4とし、第37条の2中「前条」を「前2条」に改め、同条を第37条の3とし、第37条の次に次の1条を加える、と定め、従前の地方税法に「(寄附金税額控除)」、第37条の2を挿入した。第37条の2はその後平成23年法律第83号により改正され現在に至っている。 ふるさと納税は、個人住民税の寄附金税制が拡充されたものである。地方自治体に対する寄附金のうち、2,000円を超える部分(所得税は2009年分まで寄附金の5,000円を超える部分、個人住民税は2010年分まで寄附金の5,000円を超える部分)について、個人住民税所得割の概ね2割(2015年までは1割)を上限とする金額が、所得税と合わせて控除される。 (Wikipedia:ふるさと納税)


ふるさと納税 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第2位  国民健康保険 - 2018年11月19日


関連するイメージは見つかりませんでした



国民健康保険
『国民健康保険制度』より : 日本における国民健康保険(こくみんけんこうほけん、英: National Health Insurance)は、日本の国民健康保険法に基づき、被保険者の疾病、負傷、出産又は死亡に関して、必要な保険給付を行い、社会保障及び国民保険の向上に寄与することを目的とする法定強制型の医療保険である。主に市町村が運営し、被用者保険などとともに、日本におけるユニバーサルヘルスケア制度の中核をなすものである。 医療保険事務上の略称は国保(こくほ)と呼ばれ、社保(しゃほ)と呼ばれる被用者健康保険と区別される。日本の人口のうち27.5%が市町村国保への加入者、2.5%が国保組合の加入者である(2011年)。 国民健康保険法について、以下では条数のみ記す。 日本において最初の公的医療保険は、1922年に施行された健康保険法であり、これは企業雇用者の職域保険であった。 地域保険については、埼玉県越ヶ谷町(現・越谷市)の一般住民を対象とした日本初の地域健康保険制度「越ヶ谷順正会」が1935年に発足し、その3年後の1938年に国家レベルでの国民健康保険法(旧法)が創設された。 (Wikipedia:国民健康保険)

国民健康保険制度
日本における国民健康保険(こくみんけんこうほけん、英: National Health Insurance)は、日本の国民健康保険法に基づき、被保険者の疾病、負傷、出産又は死亡に関して、必要な保険給付を行い、社会保障及び国民保険の向上に寄与することを目的とする法定強制型の医療保険である。主に市町村が運営し、被用者保険などとともに、日本におけるユニバーサルヘルスケア制度の中核をなすものである。 医療保険事務上の略称は国保(こくほ)と呼ばれ、社保(しゃほ)と呼ばれる被用者健康保険と区別される。日本の人口のうち27.5%が市町村国保への加入者、2.5%が国保組合の加入者である(2011年)。 国民健康保険法について、以下では条数のみ記す。 日本において最初の公的医療保険は、1922年に施行された健康保険法であり、これは企業雇用者の職域保険であった。 地域保険については、埼玉県越ヶ谷町(現・越谷市)の一般住民を対象とした日本初の地域健康保険制度「越ヶ谷順正会」が1935年に発足し、その3年後の1938年に国家レベルでの国民健康保険法(旧法)が創設された。 (Wikipedia:国民健康保険制度)

国民健康保険組合
『国民健康保険制度』より : 日本における国民健康保険(こくみんけんこうほけん、英: National Health Insurance)は、日本の国民健康保険法に基づき、被保険者の疾病、負傷、出産又は死亡に関して、必要な保険給付を行い、社会保障及び国民保険の向上に寄与することを目的とする法定強制型の医療保険である。主に市町村が運営し、被用者保険などとともに、日本におけるユニバーサルヘルスケア制度の中核をなすものである。 医療保険事務上の略称は国保(こくほ)と呼ばれ、社保(しゃほ)と呼ばれる被用者健康保険と区別される。日本の人口のうち27.5%が市町村国保への加入者、2.5%が国保組合の加入者である(2011年)。 国民健康保険法について、以下では条数のみ記す。 日本において最初の公的医療保険は、1922年に施行された健康保険法であり、これは企業雇用者の職域保険であった。 地域保険については、埼玉県越ヶ谷町(現・越谷市)の一般住民を対象とした日本初の地域健康保険制度「越ヶ谷順正会」が1935年に発足し、その3年後の1938年に国家レベルでの国民健康保険法(旧法)が創設された。 (Wikipedia:国民健康保険組合)

国民健康保険団体連合会
国民健康保険団体連合会(こくみんけんこうほけんだんたいれんごうかい)とは、国民健康保険法の第83条に基づき、会員である保険者(市町村及び国保組合)が共同して、国保事業の目的を達成するために必要な事業を行なうことを目的にして設立された公法人である。通称、国保連合会、国保連。
国民健康保険団体連合会は、国民健康保険の持つ地域医療保険としての特性を生かすために各都道府県に1団体、計47団体設立されている。
国民健康保険団体連合会の構成員は、国民健康保険の保険者である市町村及び国民健康保険組合である。
その区域内の三分の二以上の保険者が加入したときは、その区域内の保険者のすべてが会員となる。
:保険者は、共同してその目的を達成するため、国民健康保険団体連合会(以下「連合会」という)を設立することができる。
(Wikipedia:国民健康保険団体連合会)

国民健康保険法
国民健康保険法(こくみんけんこうほけんほう、昭和33年12月27日法律第192号)は、国民健康保険事業の健全な運営を確保し、もって社会保障及び国民保健の向上に寄与することを目的とする日本の法律。当初は、1938年に昭和13年4月1日法律第60号として制定され、健康保険法によって対象から外されていた農民層の救済を目的とした。 現行法は、1958年(昭和33年)に全部改正され、1959年1月に施行されたもの。 構成 第1章 総則(第1条 - 第4条) 第2章 市町村(第5条 - 第12条) 第3章 国民健康保険組合 第1節 通則(第13条 - 第22条) 第2節 管理(第23条 - 第31条) 第3節 解散及び合併(第32条 - 第34条) 第4節 雑則(第35条) 第4章 保険給付 第1節 療養の給付等(第36条 - 第57条の3) 第2節 その他の給付(第58条) 第3節 保険給付の制限(第59条 - 第63条の2) 第4節 雑則(第64条 - 第68条) 第4章の2 広域化等支援方針(第68条の2・第68条の3) 第5章 費用の負担(第69条 - 第81条) 第6章 保健事業(第82条) 第7章 国民健康保険団体連合会(第83条 - 第86条) 第8章 診療報酬審査委員会(第87条 - 第90条) 第9章 審査請求(第91条 - 第103条) 第9章の2 保健事業等に関する援助等(第104条・第105条) 第10章 監督(第106条 - 第109条) 第11章 雑則(第110条 - 第120条) 第12章 罰則(第120条の2 - 第128条) 附則 関連項目 国民健康保険 旭川市国保料訴訟 全国国民健康保険診療施設協議会。 (Wikipedia:国民健康保険法)

国民健康保険税
国民健康保険税(こくみんけんこうほけんぜい)とは、国民健康保険を行う市町村が、国民健康保険に要する費用に充てることを目的として、被保険者の属する世帯の世帯主に対し課する税金であり(地方税法703条の4)、分類上は地方税、直接税、目的税に該当する。一方、市町村が地方税法の規定によらず保険料を徴収する場合や、国民健康保険組合が保険料を徴収する場合は、国民健康保険料と呼ぶ。 税方式・料方式 国民健康保険制度に要する費用の徴収方式として国民健康保険法第76条では、保険料方式を定めており、保険税方式は例外である。だが、実態は、大半の地方公共団体で保険税方式を採用している。これは保険税方式を採用した方が、徴収権の時効が長くなることや、滞納処分の優先順位が高くなる等の理由からである。ただし保険税方式を採用している自治体であっても、納税者向けの書類上では「保険料」と称している事が多い。 40歳から64歳の者は、介護保険料に相当する額が、介護分として国民健康保険税額に含まれる。 納税義務者 国民健康保険税は世帯を単位とし、世帯主が納付義務者になる。 (Wikipedia:国民健康保険税)


国民健康保険 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第3位  Android - 2018年11月19日


関連するイメージは見つかりませんでした



Android
Android(アンドロイド)は、Googleによってスマートフォンやタブレットなどの携帯情報端末を主なターゲットとして開発されたプラットフォームである。カスタマイズ版Linuxカーネル、ライブラリやフレームワークその他のミドルウェア、ART仮想マシン、主要なアプリケーションからなるソフトウェアスタック(集合)パッケージで構成されている。2015年現在、スマートフォン用のOSとしては、世界シェア1位である。 2003年にアンディ・ルービン、リッチ ・マイナー、ニック・シアーズ、クリス・ホワイトがアメリカカリフォルニア州パロアルトに携帯電話向けソフトウェアプラットフォームを開発するAndroid社を設立した。2005年にGoogleがAndroid社を買収し、一時はGoogleが「gPhone」という独自の携帯電話端末の開発を進めているという憶測が流れた。 2007年11月5日 携帯電話用ソフトウェアのプラットフォームであるAndroidを、Google、米クアルコム、独通信キャリアのT-モバイル (T-Mobile International) などが中心となり設立した規格団体 「Open Handset Alliance」(オープン・ハンドセット・アライアンス、OHA)が発表した。 (Wikipedia:Android)

Androidのバージョン履歴
この項目ではGoogleが開発した、スマートフォンやタブレットコンピュータに代表されるモバイル機器向けのオペレーティングシステムであるAndroidのバージョン履歴について扱う。 一部の例外を除き、Android Developers[1]やGoogleから発表されている標準のAndroidについて記述する。サードパーティ(メーカーまたはキャリア)が独自に追加・改変した機能は含まない。 歴代のコードネームのうち、1.5 Cupcakeからは頭文字がバージョンの発表順にCからのアルファベット順で始まる菓子の名前が付けられており、それぞれにマスコットのロボット(正式名称なし)がコードネームの菓子に扮している。 正式リリース前のバージョン(2007年から2008年) Android ベータ版 Androidのベータ版は、2007年11月5日よりリリースした。また同年11月12日より、ソフトウェア開発キット (SDK) をリリースした。11月5日はAndroidの誕生日として祝われた。 2007年11月16日:M3-rc22a 2007年12月14日:M3-rc37a 2008年2月13日:M5-RC14 2008年3月3日:M5-RC15 2008年8月18日:0.9 2008年9月23日:1.0-R1 Android 1.0 Androidの最初のバージョンは2008年9月23日に公開された。 (Wikipedia:Androidのバージョン履歴)

Android One
Android One(アンドロイド ワン)は、Googleが選定したハードウェアメーカーとの協力の上で発売している、Android搭載端末のOEMブランドである。ハイエンドモデルのGoogle Nexusと異なり、主に開発途上国市場での流通を目的とした、ミドルからローエンドの低価格帯スマートフォンである。 Android Oneはインドやフィリピン、インドネシアなどの開発途上国市場に提供される。これらの国では裕福層が少なく、高価な端末を購入できる人が少ない。逆に安い端末となると性能が低すぎる上にアップデートが提供されない問題が起きている。Googleはこれらの問題を解消するために、Android Oneを市場に展開した。 Android Oneの製造メーカーは、MicromaxやKarbonn、Spiceなど中東やアジアを中心とし、Nexusと同様に様々である。パートナー企業は前述の3つの加えて、エイサー、Alcatel Onetouch、ASUS、HTC、Intex、Lava、レノボ、パナソニック、Xolo、クアルコムも参加している。 (Wikipedia:Android One)


Android - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第4位  「蟹」 - 2018年11月19日


関連するイメージは見つかりませんでした




「蟹」 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第5位  キリンチャレンジカップ - 2018年11月19日


関連するイメージは見つかりませんでした



キリンチャレンジカップ
キリンチャレンジカップは、サッカーの日本代表や日本女子代表が行なう国際親善試合で、日本サッカー協会が主催する試合の名称。キリングループのサッカー日本代表支援プログラムの一環として行われている。2003年(平成15年)からフル代表(A代表、SAMURAI BLUE)の試合についてはサブタイトルとして「GO FOR 2006!」(2006 FIFAワールドカップドイツ大会へ向けて)、2007年(平成19年)からは「ALL FOR 2010!」(2010 FIFAワールドカップ南アフリカ大会へ向けて)がサブタイトルとして付けられた。 これまでも日本代表各世代の強化試合を数多く開催してきたが、1998年(平成10年)から麒麟麦酒、キリンビバレッジが日本代表チームのオフィシャルスポンサーとなったことから、これまでのキリンカップサッカーとは別に、日本国内で開かれる国際親善試合のシリーズもキリングループの冠スポンサーをつけてこのシリーズが誕生した。 (Wikipedia:キリンチャレンジカップ)


キリンチャレンジカップ - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す