[PR]

日別キーワード

第1位  大阪万博 - 2018年11月25日


関連するイメージは見つかりませんでした



大阪万博
『日本万国博覧会』より : 日本万国博覧会(にっぽんばんこくはくらんかい、英:Japan World Exposition)は、1970年3月14日から9月13日までの183日間、大阪府吹田市の千里丘陵で開催された国際博覧会。 アジア初かつ日本で最初の国際博覧会(General category:一般博、現・登録博)であり、当時史上最大の規模を誇った。略称は開催地の名から大阪万博、一般的な英語表記としてはEXPO'70が用いられた。また、日本国内において単に万博あるいは万国博とも略される(本項の記述にも用いる)。主催は、財団法人日本万国博覧会協会。博覧会の名誉総裁は当時の皇太子明仁親王、名誉会長は当時の内閣総理大臣、佐藤栄作。 「人類の進歩と調和」をテーマに掲げ、77ヵ国が参加し、戦後、高度経済成長を成し遂げアメリカに次ぐ経済大国となった日本の象徴的な意義を持つイベントとして開催された。日本においては1964年の東京オリンピック以来の国家プロジェクトであり、多くの企業・研究者・建築家・芸術家らがパビリオン建設や映像・音響などのイベント制作・展示物制作に起用された。 (Wikipedia:大阪万博)

大阪万博の交通
大阪万博の交通(おおさかばんぱくのこうつう)では、1970年に催された日本万国博覧会(大阪万博)における会場内相互間、または万博会場へのアクセスの役割を果たした交通機関について記す。 大阪万博来場者数は1970年3月15日 - 9月13日の会期183日間でのべ6421万8770人と国際博覧会史上第二位の来場者数を記録したが、それだけの人数をさばくために交通機関は大きな役割を果たすことになった。その開催が決定したのは1965年の9月14日であり、翌10月には「財団法人日本万国博覧会協会」が設立され、会期までに必要な設備を整えることが定められ、その一つとして交通機関の整備も上げられた。また、都市インフラもこれを機に一気に整備しようと言うことになり、直接は関係しないところでも交通機関整備・市街地再開発などが推し進められることになった。 万博会場内の交通機関 モノレール 万博会場内を周る環状運転路線として、1968年9月からモノレールの建設工事が始められ、万博開幕の前日に開業し、閉幕日までの半年間の万博開催期間中にのみ運行された。 (Wikipedia:大阪万博の交通)


大阪万博 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第2位  ルメール - 2018年11月27日


関連するイメージは見つかりませんでした



ルメール
ルメール(Lemaire)は、フランス語圏を中心に使われる姓の一つ。 アーネスト・ジョセフ・ルメール - カナダの官僚。 アレクシス・ルメール - フランスのコンピュータ科学者、暗算チャンピオン。 クリストフ・ルメール - フランス生まれの競馬騎手。 クリストフ・ルメール (ファッションデザイナー) - フランスのファッションデザイナー。 ジスラン・ルメール - フランスの柔道家。 シャルル・アントワーヌ・ルメール - フランスの植物学者。 ジル・ルメール - フランスの政治家。異なる綴り ロジェ・ルメール (Roger Lemerre) - 元サッカー選手、現サッカー指導者。 マクシミリアン・ル・メール (Maximiliaan le Maire) - オランダ東インド会社の出島商館長。 (Wikipedia:ルメール)


ルメール - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第3位  DIY - 2018年11月27日


関連するイメージは見つかりませんでした



DIY
DIY(ディー・アイ・ワイ)とは、専門業者ではない人が自身で何かを作ったり、修繕したりすること。英語のDo It Yourself(ドゥ イット ユアセルフ)の略語で、「自身でやろう」の意。「D.I.Y.」とも。 DIYとは、お金を払ってひと(業者)にやらせるのではなく、自身で(つまり自分の身体を使って)何かを作ったり、修理したり、装飾したりする活動のことである。 DIYは、ともかく「自分でできることは自分でやろう」という理念のもとに行う諸活動である。 DIYという言葉・概念は、「(ひとまかせにせず)自身でやる」という考え方を、広く生活の基本態度にしようとする精神を指していることもある。これは「DIY ethic(DIY倫理)」「DIY精神」とも言う。営利企業の活動には頼らず、人々(人・グループ)が自身で自主的に行う活動を推奨する言葉・概念である。こうした精神・態度は、多様な領域において提唱・実行されており、「自主イベント」や「草の根政治運動」「草の根社会運動」、自主制作誌(ミニコミ、Zine)、インディーズ音楽 等々等々に影響を与えている。 (Wikipedia:DIY)

DIYショップ
『ホームセンター』より : ホームセンター(Home Center, HC)とは、主として日用雑貨や住宅設備に関する商品を販売する小売店の業態である。 和製英語であり、日本国外ではあまり通用しない。英語では Hardware store, DIY store, Home improvement retailer などと表記される。 主な取り扱い分野 DIY (Do It Yourself): 家庭の設備機器などの小修理や改造などを使用者自身が行うこと。 BIY (Buy It Yourself): 家庭の設備機器などを使用者が購入し、専門業者に取り付けを頼むこと。 SIY (Supervise It Yourself): 家庭の設備機器の選び方・専門業者の選定方法などの助言を得ること。 さらに、近年では家のリフォームの窓口としての機能が注目されている。具体的に販売されている商品として、下記のようなものがある。大型店では、本職の大工や配管工事などの業務(プロ)用の要求にも、ある程度までは対応できる品揃えを持つ場合もある。 (Wikipedia:DIYショップ)

DIYアドバイザー
DIYアドバイザー(ディーアイワイ-)は、DIYの知識と技能を認定する公的資格。1983年に制定され、経済産業省所管の公益法人である社団法人日本DIY協会が試験の実施と資格の認定を行っている。 多くのホームセンターが従業員の資格取得を推進しているため、ホームセンターへの就職には有利であるといわれる。 DIYアドバイザーの役割 DIYアドバイザーの役割は、DIYを行う者 (DIYer) に対し、その手法や道具、手順などの選択を手助けし、作業による事故の発生などの危険を未然に防ぐことである。また、電気・ガス工事のように有資格者以外の作業を禁じられている分野もあるため、法律の遵守を啓発する役割も負っている。 出題範囲 日本DIY協会では、出題範囲を以下のように定めている。 一次試験(学科試験) 住宅及び住宅設備機器に関する基礎知識 DIY用品に関する知識 DIYの方法に関する知識 DIYの関連法規に関する知識 その他、DIYに関する基礎知識 二次試験(実技試験、面接) DIYに関する実技の能力 DIYを行う者 (DIYer) の相談内容を正しく理解し、これに基づいて的確に指導助言を行う能力 おもな施設 職業訓練施設(職業能力開発校、職業能力開発促進センター、地域職業訓練センター)の住宅サービス科などでDIYアドバイザーの基礎知識を学ぶことができる。 (Wikipedia:DIYアドバイザー)


DIY - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第4位  太陽の塔 - 2018年11月27日


関連するイメージは見つかりませんでした



太陽の塔
太陽の塔(たいようのとう)は、1970年に大阪府吹田市で開催された日本万国博覧会(EXPO'70・大阪万博)の会場に、芸術家の岡本太郎が制作した芸術作品であり建造物である。岡本太郎の代表作の1つである。太陽の塔は、大阪万博のテーマ館のシンボルとして建造され、万博終了後も引き続き万博記念公園に残された。モデルは、岡本太郎が飼っていたカラス。 外観 塔の高さ70m、基底部の直径20m、腕の長さ25m。未来を表す上部の黄金の顔(直径10.6m、目の直径2m)、現在を表す正面胴体部の太陽の顔(直径12m)、過去を表す背面に描かれた黒い太陽(直径8m)の3つの顔を持つ。大手ゼネコン3社が手を組み、造船技術を用いて鉄骨鉄筋コンクリート構造で建設されているが、太陽の顔は軽量化のためガラス繊維強化プラスチックで造られている。制作はスーパーレジン工業(現:セブンドリーマーズ)。岡本はこの顔に特にこだわり、自身の手で削り修正を加え続けた。顔の表面の凹凸は創業者渡邊源雄のアイデアで、硬質ウレタンを粉砕したものを接着し表現している。 (Wikipedia:太陽の塔)


太陽の塔 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第5位  夢洲 - 2018年11月27日


関連するイメージは見つかりませんでした



夢洲
座標: 北緯34度39分09秒 東経135度23分23秒 / 北緯34.652415度 東経135.389585度 / 34.652415; 135.389585 夢洲(ゆめしま)は、大阪府大阪市此花区にある人工島。 舞洲の南西に位置し大阪市の最西端となっており、大阪北港の一画を占める。 夢洲の南部に水深15mの高規格コンテナターミナルが2つあるが、全体的には広大な空き地が広がっている。今後は、夢洲の南端地域はロジスティクスセンターと位置付けて、物流倉庫の大規模集積地化を進める予定。将来的には産業区域に変更した上で製造業の進出も想定している。さらに、夢洲はスーパー中枢港湾構想の中核施設を目指すなど、コンテナターミナルや物流基地の整備により国際物流の拠点とする予定。埋め立てがすべて完了すれば、総面積は390haになる。 2014年4月、大阪府の松井一郎知事は、カジノを設置した統合型リゾート(IR)の候補地として、夢洲を推す事を表明した 。 施設 夢洲コンテナターミナルコンテナ荷役はエバーグリーンと東京船舶が行っている。 (Wikipedia:夢洲)


夢洲 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す