[PR]

日別キーワード

第1位  烏賊 - 2018年11月26日


関連するイメージは見つかりませんでした



烏賊
『イカ』より : イカ(烏賊・柔魚、英:Squid(ツツイカ)または Cuttlefish(コウイカ))は、海生軟体動物の一群である。分類学上は軟体動物門頭足綱十腕形上目(または十腕形目) Decapodiformes とされる。十腕目 Decapoda・Decembrachiata とも。 形態 神経系や筋肉がよく発達していて、たいていの種類は夜に行動する。漏斗からの噴水と外套膜の収縮・ひれを使って前後に自在に泳ぐ。 10本の腕は筋肉質でしなやかに伸縮し、腕の内側にはキチン質の吸盤が並んでいる。吸盤にスパイクのような鋭いトゲが並ぶ種類もおり、これは獲物を逃さないための適応と考えられる。実際の腕は8本で、残りの腕2本は吸盤が先端に集中する「触腕(しょくわん)」とよばれる構造である。この触腕を伸縮させて魚類や甲殻類を捕食するが、釣りの時に触腕をちぎって逃げることや、テカギイカの仲間では成長に伴い触腕を欠くことから、必ずしも必要というわけではないようである。 (Wikipedia:烏賊)

烏賊飯
烏賊飯(いかめし)は、イカの中に米を入れて炊き上げた日本の料理。北海道渡島地方の郷土料理。 下足(げそ)を取り外し、腹ワタを取り除いたイカの胴身に、洗った米を詰め込み醤油ベースの出し汁で炊き上げたもの。爪楊枝等で米が飛び出さないように留める事がある。米はもち米とうるち米を混ぜる。胴身に詰める具材として、下足を細かく刻んだものや筍、人参、油揚げなどを入れることもある。 駅弁 函館本線森駅の駅弁調製業者だった阿部弁当店(現在のいかめし阿部商店)が、第二次世界大戦中の1941年、戦時体制による食糧統制で米が不足していたために、当時豊漁だったスルメイカを用いて米を節約しても作れる料理として考案した。ソ連の侵攻に備えて北海道に配置された若い兵士たちに、もち米入りで腹持ちが良いと評判を呼んだという。 戦後の1966年に京王百貨店で『第1回元祖有名駅弁と全国うまいもの大会』が行われ、阿部弁当店はこの大会に烏賊飯を出品した。第2回には早くも売り上げ1位となり、以後同大会をはじめとする「駅弁大会」の常連となった。 (Wikipedia:烏賊飯)

烏賊のポンポン焼
『ポンポン焼き』より : ポンポン焼きは青森県八戸市とその周辺の太平洋沿岸に伝わる、イカを使った郷土料理。 ぽっぽ焼きとも呼ばれる。(ただし、単にぽっぽ焼きと呼ぶと別の料理になるため、「イカのぽっぽ焼き」と、「イカの」をつけることが多い。) 調理方法の一例 イカの胴体からゴロ(内臓)とゲソ(下足)を抜き取り、水洗いする。 ゴロからスミ袋を取り去る。 ゴロ、ゲソ、ネギ、しょうが、味醂、砂糖、味噌等を混ぜて炒める。 3を胴体に詰め、爪楊枝で閉じて、フライパンや網で焼く。 関連項目 烏賊飯 - 北海道渡島地方のイカを使った郷土料理。 (Wikipedia:烏賊のポンポン焼)

烏賊のぽんぽん焼
『ポンポン焼き』より : ポンポン焼きは青森県八戸市とその周辺の太平洋沿岸に伝わる、イカを使った郷土料理。 ぽっぽ焼きとも呼ばれる。(ただし、単にぽっぽ焼きと呼ぶと別の料理になるため、「イカのぽっぽ焼き」と、「イカの」をつけることが多い。) 調理方法の一例 イカの胴体からゴロ(内臓)とゲソ(下足)を抜き取り、水洗いする。 ゴロからスミ袋を取り去る。 ゴロ、ゲソ、ネギ、しょうが、味醂、砂糖、味噌等を混ぜて炒める。 3を胴体に詰め、爪楊枝で閉じて、フライパンや網で焼く。 関連項目 烏賊飯 - 北海道渡島地方のイカを使った郷土料理。 (Wikipedia:烏賊のぽんぽん焼)

烏賊のぽんぽん焼き
『ポンポン焼き』より : ポンポン焼きは青森県八戸市とその周辺の太平洋沿岸に伝わる、イカを使った郷土料理。 ぽっぽ焼きとも呼ばれる。(ただし、単にぽっぽ焼きと呼ぶと別の料理になるため、「イカのぽっぽ焼き」と、「イカの」をつけることが多い。) 調理方法の一例 イカの胴体からゴロ(内臓)とゲソ(下足)を抜き取り、水洗いする。 ゴロからスミ袋を取り去る。 ゴロ、ゲソ、ネギ、しょうが、味醂、砂糖、味噌等を混ぜて炒める。 3を胴体に詰め、爪楊枝で閉じて、フライパンや網で焼く。 関連項目 烏賊飯 - 北海道渡島地方のイカを使った郷土料理。 (Wikipedia:烏賊のぽんぽん焼き)

烏賊のポンポン焼き
『ポンポン焼き』より : ポンポン焼きは青森県八戸市とその周辺の太平洋沿岸に伝わる、イカを使った郷土料理。 ぽっぽ焼きとも呼ばれる。(ただし、単にぽっぽ焼きと呼ぶと別の料理になるため、「イカのぽっぽ焼き」と、「イカの」をつけることが多い。) 調理方法の一例 イカの胴体からゴロ(内臓)とゲソ(下足)を抜き取り、水洗いする。 ゴロからスミ袋を取り去る。 ゴロ、ゲソ、ネギ、しょうが、味醂、砂糖、味噌等を混ぜて炒める。 3を胴体に詰め、爪楊枝で閉じて、フライパンや網で焼く。 関連項目 烏賊飯 - 北海道渡島地方のイカを使った郷土料理。 (Wikipedia:烏賊のポンポン焼き)

烏賊そうめん
イカそうめん(同義異字:烏賊素麺、いかソーメン、等々)は、生のイカを麺状に細く切り、醤油やつゆ(めんつゆ)を付けて「文字通りそうめんのように」啜って食べる日本料理。北海道、特にイカの水揚げで知られる函館の名産として紹介される。 語源 「イカそうめん」は、古くから定着した言葉ではない。北海道出身の渡辺淳一『これを食べなきゃ―わたしの食物史』(1995年)によれば、当時の感覚で「最近」流行ってきた呼称で、「もとをただせば、イカ刺しを細かく切ったものに過ぎない」という。これより四半世紀遡る著作で、楠本憲吉は、イカそうめんと同じく「丼一杯、生イカをトコロテンのように切って盛ったものと、土しょうがのおろしと醬油」のことを、〈海のそうめん〉と紹介するが、ただしその言い方には語弊がある。 イカの身を2枚あるいは3枚に分け、包丁で細切りに引いていく。文字通り「素麺のように細く」とする文献もあるが、「トコロテンのよう」、「幅5mm」などと太さについての記述はまちまちである。 (Wikipedia:烏賊そうめん)

烏賊素麺
『烏賊そうめん』より : イカそうめん(同義異字:烏賊素麺、いかソーメン、等々)は、生のイカを麺状に細く切り、醤油やつゆ(めんつゆ)を付けて「文字通りそうめんのように」啜って食べる日本料理。北海道、特にイカの水揚げで知られる函館の名産として紹介される。 語源 「イカそうめん」は、古くから定着した言葉ではない。北海道出身の渡辺淳一『これを食べなきゃ―わたしの食物史』(1995年)によれば、当時の感覚で「最近」流行ってきた呼称で、「もとをただせば、イカ刺しを細かく切ったものに過ぎない」という。これより四半世紀遡る著作で、楠本憲吉は、イカそうめんと同じく「丼一杯、生イカをトコロテンのように切って盛ったものと、土しょうがのおろしと醬油」のことを、〈海のそうめん〉と紹介するが、ただしその言い方には語弊がある。 イカの身を2枚あるいは3枚に分け、包丁で細切りに引いていく。文字通り「素麺のように細く」とする文献もあるが、「トコロテンのよう」、「幅5mm」などと太さについての記述はまちまちである。 (Wikipedia:烏賊素麺)


烏賊 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第2位  古馬 - 2018年11月28日


関連するイメージは見つかりませんでした



古馬
馬齢(ばれい)とは馬の年齢のことである。 北半球では原則として、生まれた時が0歳で、以後1月1日が来ると同じ年に生まれた馬は一斉に1歳加齢する。南半球の南アメリカ諸国では7月1日、オセアニア・南アフリカ共和国では8月1日、さらに香港では各馬の出生国での規則に基づく等、国や地域により加齢時期が異なる。また日本では2000年までは表記がこれよりも1歳上となっていた(後述)。 なお馬は春に繁殖期を迎え、約11か月の妊娠を経て出産するため、ほとんどの馬が春先に誕生することになる。 競馬や馬術などの競技においては、もし満年齢表記を使用した場合、出産シーズンに開催される年齢条件のあるレースでは実年齢が一歳近く離れた馬でも同条件で走ることになりかねないため、このような馬齢の表記方法を設定することに合理性がある。 生まれたばかりの馬を0歳とし、上記の通り所定の日に馬齢が加算され、1歳、2歳、…というように表記する。なお日本では2000年まで、生まれた時点を1歳、次に1月1日を迎えた時点で2歳とし、以後1年ずつずれていた(「日本における馬齢表記」節を参照)。 (Wikipedia:古馬)

古馬牧村
古馬牧村(こめまきむら)は群馬県の北部、利根郡に属していた村。 地理 山岳 - 高檜山、板沢山、三峰山、石尊山 河川 - 利根川、大沢田川 湖沼 - 三峰沼 1889年(明治22年)4月1日 町村制施行により、後閑村、師村、政所村、真庭村、下牧村、上牧村、大沼村、奈女沢村が合併し利根郡古馬牧村が成立する。 1955年(昭和30年)4月1日 桃野村と合併し月夜野町となる。 関連項目 群馬県の廃止市町村一覧。 (Wikipedia:古馬牧村)


古馬 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第3位  日産自動車 - 2018年11月28日


関連するイメージは見つかりませんでした



日産自動車
日産自動車株式会社(にっさんじどうしゃ、英称:Nissan Motor Co., Ltd. )は、神奈川県横浜市に本社を置く日本の大手自動車メーカー。通称とブランド名は「日産 (NISSAN) 」。日本国外の一部では、高級車ブランドである、「インフィニティ (INFINITI) 」も展開しており、現在はフランスの自動車製造大手ルノーとアライアンス関係である。 本社は神奈川県横浜市西区高島一丁目1番1号(日産グローバル本社)。芙蓉グループ(旧富士銀行系列)に属する東証一部上場企業であるが、フランスの自動車製造大手ルノーが株式の44パーセントを所有しアライアンス関係である。 日産自動車の関連会社には、委託製造会社である日産車体、モータースポーツ専門のニスモなどがある。また、国外では高級車の「インフィニティ」ブランドおよび新興国向けの低価格車ブランド「ダットサン」での展開も行なっている他、親会社のルノーの車種を「日産」ブランドで販売している(ルノー・ジャポンは日産グローバル本社屋内に籍を置く)。 (Wikipedia:日産自動車)

日産自動車九州硬式野球部
日産自動車九州硬式野球部(にっさんじどうしゃ きゅうしゅう こうしき やきゅうぶ)は、福岡県京都郡苅田町に本拠地を置き、日本野球連盟に所属していた社会人野球チームである。 九州の企業チームとしてはJR九州、ホンダ熊本、三菱重工長崎などと共に強豪の1つとして位置づけられていた。 横須賀市の日産自動車硬式野球部とはまた一味違った叩き上げのチームだが、新日鐵八幡、ローソン、神戸製鋼など、休廃部したチームから選手を受け入れ、積極的な補強も行った。 2009年シーズンをもって横須賀チームとともに休部が決定された。同年の都市対抗、日本選手権においてはいずれも予選で敗退した。 休部時の監督、選手を中心として、2010年に苅田ビクトリーズベースボールクラブが結成された。登録においては別チームであるが、実質的には日産九州の後継チームである。 設立・沿革 1985年 - 日産自動車2つめの硬式野球部として、九州工場内(現日産自動車九州)で創部 1987年 - 日本選手権初出場(初戦敗退) 1994年 - 藤井政夫(後の藤井将雄)の活躍と、3試合で22本塁打と打線が大爆発して都市対抗野球九州地区二次予選を突破して都市対抗野球に初出場。 (Wikipedia:日産自動車九州硬式野球部)

日産自動車硬式野球部
日産自動車硬式野球部(にっさんじどうしゃこうしきやきゅうぶ)は、神奈川県横須賀市に本拠地を置き、日本野球連盟に所属した社会人野球チームである。 創部は1959年。歴戦の猛者揃いの神奈川地区において、的確なチーム作りを続けて都市対抗野球大会での優勝2回など、輝かしい戦績を誇る。また、2003年には過去2度挑戦して叶わなかった社会人野球日本選手権大会での優勝を果たすなど、関東を代表するチームの一つである。 1999年に本社の社長に「コストカッター」ことカルロス・ゴーンが就任し、硬式野球部の存続が不安視されたが、ゴーンは都市対抗野球での社員の応援に感銘を受け、硬式野球部を存続させることを決心したとされる(後にゴーンは「都市対抗野球こそが日本の企業文化の象徴だ」とも断言した)。また、横須賀工場に隣接する横須賀スタジアムは、横浜DeNAベイスターズの二軍組織、湘南シーレックスが本拠地としていることから、同チームとの親交が深く、2001年8月15日には、柳川事件以後初めてとなるプロアマ交流試合が行われた。 (Wikipedia:日産自動車硬式野球部)

日産自動車事件
日産自動車事件(にっさんじどうしゃじけん)とは、企業における男女別定年の適法性が争われた裁判。女子の定年を男子よりも5歳若く定めた男女別定年制が違法であるかどうかが問われた裁判である。日産自動車女子若年定年制事件ともいう。 原告女性の勤務先会社(プリンス自動車工業)は1966年に被告会社(日産自動車)に吸収合併された。合併前の会社は男女とも55歳定年だったが、新しい勤務先となった会社は就業規則で定年を男性55歳、女性50歳と定めていた。そして、満50歳となった原告は1969年1月末で退職を命じられた。これに対し、女性は従業員である地位の確認を求める仮処分申請を起こしたが、一審・二審とも請求を棄却したため女性が本訴に及んだ。しかし本訴では一審・二審とも男女別定年制が違法であると認めたため、会社側が日本国憲法第14条、民法90条の解釈誤りを主張して上告。 判決内容 最高裁判所は、会社側の上告を棄却した(昭和56年3月24日第三小法廷判決)。判決で、男女別定年制は民法90条の公序良俗違反により無効であるとした。 (Wikipedia:日産自動車事件)

日産自動車サッカー部
日産自動車サッカー部(にっさんじどうしゃサッカーぶ)は、かつて存在した日本のサッカークラブ。日産自動車のサッカー部として1972年に創部した。呼称は「日産」。日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)所属の横浜F・マリノスの前身となったクラブである。 1970年代当時の日産自動車は野球部が都市対抗野球大会で活躍する強豪として知られていたが、野球のオフシーズンに全社を挙げて応援出来るスポーツが必要として1972年にサッカー部が創部された。 2年後の1974年にヤンマーディーゼルサッカー部(現:セレッソ大阪)から加茂周を監督に迎え本格的な強化に取り掛かる。日産自動車ではテストドライバーや医師が一年契約の嘱託契約として仕事をしており、比較的簡単に契約出来たことから、加茂は初のプロ指導者となった。2年連続で神奈川県社会人リーグ優勝の後、1976年関東社会人リーグでは昇格初年に優勝、その年の全国社会人サッカー選手権大会で優勝し、1977年度から日本サッカーリーグ(JSL)2部に昇格、昇格初年から2位となるもののその年は入替戦で富士通サッカー部(現:川崎フロンターレ)に2戦とも敗れ1部昇格を逃す。 (Wikipedia:日産自動車サッカー部)

日産自動車女子定年制事件
『』より : (Wikipedia:日産自動車女子定年制事件)

日産自動車株式会社
『』より : (Wikipedia:日産自動車株式会社)


日産自動車 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第4位  コミティア - 2018年11月28日


関連するイメージは見つかりませんでした



コミティア
COMITIA(コミティア)とは、コミティア実行委員会により東京で年4回(概ね2月、5月、8月、11月)開催される「創作(オリジナル)」のジャンルに限定した同人誌即売会である。但し、このCOMITIA公式に至っては自身のイベントを”自主制作漫画誌展示即売会”と称しているので、特に自主制作漫画をメインとした同人誌即売会である。略称はティア。第1回開催は1984年11月18日、会場は練馬産業会館であった。 なお、「コミティア」の名称を冠するイベントは関西・名古屋・新潟・札幌・東北でも行われており、広義ではこちらも含める場合がある。東京以外のコミティアについては、#各地で催されるコミティアの項を参照されたい。 COMITIAは、創作ジャンルに限定して開催される同人誌即売会であり、同じ趣旨の即売会の中でも、規模・回数とも最大級である。 創作限定のイベントであるため、二次創作物の頒布は禁止されており、コスプレも禁止されている。基本的にオリジナルという以外に縛りはなく、多岐にわたる内容のサークルが参加可能である。 (Wikipedia:コミティア)


コミティア - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第5位  青春ブタ野郎シリーズ - 2018年11月28日


関連するイメージは見つかりませんでした




青春ブタ野郎シリーズ - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す