[PR]

日別キーワード

第1位  満州 - 2018年11月27日


関連するイメージは見つかりませんでした



満州
満州(満洲、まんしゅう、マンジュ、満州語:ᠮᠠᠨᠵᡠ、転写:Manju、拼音:Mǎnzhōu、英語:Manchuria)は、現在中華人民共和国において「中国東北部」と呼ばれる地域およびロシア連邦において「極東」と呼ばれる地域の一部を含めた北東アジアの特定地域を指す地域名。渤海・金朝・後金・清朝を建国した満洲民族や、夫余・高句麗を建国した濊貊族、鮮卑・烏桓・契丹・奚などモンゴル民族の故地である。 「満洲」という言葉は、もともとは12世紀にはおもに民族名を指していた。しかし19世紀の日本では満洲、満洲国とは地域をさし、民族は「満洲族」と呼ぶようになった。 満洲の範囲 日本で満洲と呼ばれる地域は、満洲国の建てられた地域全体を意識することが多く、おおよそ、中華人民共和国の「東北部」と呼ばれる、現在の遼寧省、吉林省、黒竜江省の3省と、内モンゴル自治区の東部を範囲とする。 (Wikipedia:満州)

満州語の語彙集
満州語の語彙集(まんしゅうごのごいしゅう)では、満州語のいくつかの語彙を紹介する。
注意: 満州語の/e/は日本語の「エ」というよりも、「エ」と「オ」の中間の様な、朝鮮語の/e/(ハングルでは어)や中国普通話の/e/に近い音である。また、満州語の/s/は、特に語頭に於いては、[s]よりも[ts]の様に発音される傾向が強かったようである。これを考慮に入れれば、満州語と日本語の間に幾つか借用語らしい単語が見出される。例えば、日本語の「つな(綱)」と満州語のsuna(スナ、またはツナ = 「動物を繋ぎとめるための綱や縄」)<借用語だとしたら恐らく日本語から満州語へ;日本語の「しる(汁)」と満州語のsile(シレ・シロ、またはツィレ・ツィロ = 「汁; スープ」)<借用語だとしたら恐らく満州語から日本語へ、また日本語の「つゆ(汁)」を参照。しかし満州語のsile「汁」がモンゴル語との借用関係にある可能性がかなり高いようである(なお日本語のサ行は、古くは[ts]で発音されていた)。なお、十八世紀末頃、清朝支配下の中国に接触した西洋人が満州語を研究したところによれば、当時の満州語に於ける/b/, /d/, /g/は語頭では無声・無気の[p], [t], [k]の様に発音され、有声音(母音や有声子音)の間では有声・無気の[b], [d], [g]の様に発音された。この有気・無気による破裂音の対立も朝鮮語に通ずる現象で興味深いところです。
(Wikipedia:満州語の語彙集)

満州国
満州国 滿洲國 国の標語: 五族協和の王道楽土国歌: 満洲国国歌満州国の位置 満州国(まんしゅうこく、旧字体: 滿洲國、拼音: Mǎnzhōu Guó)は、1932年(大同元年)から1945年(康徳12年)の間、満洲(現在の中国東北部)に存在した。帝政移行後は「大満洲帝国(大滿洲帝國)」あるいは「満洲帝国(滿洲帝國)」などと呼ばれていた。 日本(朝鮮、関東州)および中華民国、ソビエト連邦、モンゴル人民共和国、蒙古聯合自治政府(後に蒙古自治邦政府と改称)と国境を接していた。 1912年の清朝滅亡後は中華民国が清朝領土の継承を主張したが、外満洲はアイグン条約及び北京条約でロシア帝国に割譲され、内満洲の旅順・大連は日露戦争までは旅順(港)大連(湾)租借に関する条約でロシアの、戦後はポーツマス条約により日本の租借地となっていた。 (Wikipedia:満州国)

満州帝国
『満州国』より : 満州国 滿洲國 国の標語: 五族協和の王道楽土国歌: 満洲国国歌満州国の位置 満州国(まんしゅうこく、旧字体: 滿洲國、拼音: Mǎnzhōu Guó)は、1932年(大同元年)から1945年(康徳12年)の間、満洲(現在の中国東北部)に存在した。帝政移行後は「大満洲帝国(大滿洲帝國)」あるいは「満洲帝国(滿洲帝國)」などと呼ばれていた。 日本(朝鮮、関東州)および中華民国、ソビエト連邦、モンゴル人民共和国、蒙古聯合自治政府(後に蒙古自治邦政府と改称)と国境を接していた。 1912年の清朝滅亡後は中華民国が清朝領土の継承を主張したが、外満洲はアイグン条約及び北京条約でロシア帝国に割譲され、内満洲の旅順・大連は日露戦争までは旅順(港)大連(湾)租借に関する条約でロシアの、戦後はポーツマス条約により日本の租借地となっていた。 (Wikipedia:満州帝国)

満州第731部隊
『731部隊』より : 731部隊(ななさんいちぶたい)は、第二次世界大戦期の大日本帝国陸軍に存在した研究機関のひとつ。正式名称は関東軍防疫給水部本部で、731部隊の名は、その秘匿名称(通称号)である満州第七三一部隊の略。このような通称号は日本陸軍の全部隊に付与されていた。初代部隊長の石井四郎(陸軍軍医中将)にちなんで石井部隊とも呼ばれる。 満州に拠点をおいて、防疫給水の名のとおり兵士の感染症予防や、そのための衛生的な給水体制の研究を主任務とすると同時に、細菌戦に使用する生物兵器の研究・開発機関でもあった。そのために人体実験や、生物兵器の実戦的使用を行っていたとされている。細菌戦研究機関だったとする論者の中でも、その中核的存在であったとする見方がある一方で、陸軍軍医学校を中核とし、登戸研究所等の周辺研究機関をネットワーク化した特殊兵器の研究・開発のための実験・実戦部門の一部であったという見方も存在する。 (Wikipedia:満州第731部隊)

満州国軍
満州国軍(満洲国軍、まんしゅうこくぐん)は、満洲国の国軍。1932年(大同元年)創設。1945年(康徳12年)解体。 当初は「国内の治安維持」「国境周辺・河川の警備」を主任務としており、軍隊というよりは関東軍の後方支援部隊、或いは警察軍や国境警備隊としての性格が強かった。後年、関東軍の弱体化・対ソ開戦の可能性から実質的な国軍化が進められたが、その時を迎えることなく終戦を迎え、満洲国軍も解体された。 組織 満洲国では、憲法に相当する「政府組織法」(大同元年3月9日教令第1号)第12條「執政ハ陸海空軍ヲ統帥ス」及び「陸海軍條例」(大同元年4月15日軍令第1号)第2條「執政ハ陸海軍ヲ統帥ス」により、満洲国執政の統帥の下に陸軍及び海軍が組織された。 帝政移行後の満洲帝国では、同じく憲法に相当する「組織法」(康徳元年3月1日制定)第11條で「皇帝ハ陸海空軍ヲ統帥ス」と定められ、満洲国皇帝の統帥の下に陸軍、海軍、飛行隊(空軍)が組織された。 (Wikipedia:満州国軍)

満州事変
満洲事変(まんしゅうじへん、旧字体: 滿洲事變、英語:Mukden Incident, Manchurian Incident)は、1931年(昭和6年、民国20年)9月18日に中華民国奉天(現瀋陽)郊外の柳条湖で、関東軍が南満州鉄道の線路を爆破した事件(柳条湖事件)に端を発し、関東軍による満州(現中国東北部)全土の占領を経て、1933年5月31日の塘沽協定成立に至る、日本と中華民国との間の武力紛争(事変)である。通常「満州事変」と表記されることが多いが、元々「満州」は「満洲」と表記されていた。「州」と「洲」は新旧漢字の関係ではなく別文字なので、「満洲」が正しいとして、研究者を中心に「満洲」と表記する人も増えている。中国側の呼称は九一八事変。 関東軍はわずか5か月の間に満洲全土を占領し、軍事的にはまれに見る成功を収めた。 この軍事衝突を境に、中国東北部を占領する関東軍と現地の抗日運動との衝突が徐々に激化した。満洲国の建国により中国市場に関心を持つアメリカら他の列強との対立も深刻化した。 満洲事変までの経緯 条約無効問題と国権回復運動 中国は清朝時代の1902年の英清通商航海条約改正交渉より、領事裁判権の撤廃や関税自主権の回復など国権の回復に着手しており、中華民国蒋介石派は1919年7月のカラハン宣言以降、急速に共産主義勢力に接近し、国家継承における条約継承否定説を採用し、日本との過去の条約(日清間の諸条約)の無効を主張しはじめた。 (Wikipedia:満州事変)

満州民族
満州民族(満洲民族、マンジュみんぞく)、満州族(満洲族、マンジュぞく、満州語: ᠮᠠᠨᠵᡠ ᡠᡴᠰᡠᡵᠠ 、転写:Manju uksura )は、満洲(中国東北部、沿海州など)に発祥したツングース系民族。古くは女真族といった。17世紀に現在の中国およびモンゴル国の全土を支配する清を興した。同系のツングース民族にオロチョン、ウィルタ、ナナイ、エヴェンキ、シベがある。2010年の中国の国勢調査では1,038万人とされ、中国に暮らす55の少数民族では、チワン族・回族に次ぐ人口である。 「満州」の漢字は満洲語の民族名Manju(マンジュ)の当て字で、元来は「満洲」と表記されていたが、現在の日本では一般に常用漢字をもって「満州」と表記することが多い。 満洲民族の起こった地域は、西欧では満洲民族の土地という意味でマンチュリア(Manchuria)と呼ばれ、漢語ではこれに対応して満洲と呼ばれる。このため、特に民族のことを指す場合は、満洲民族・満洲族・満洲人・満人などと表記する。「ラストエンペラー」で知られる清朝最後の皇帝 愛新覚羅溥儀や、戯曲『茶館』などの作品で有名な作家老舎も満州族の出身である。 (Wikipedia:満州民族)

満州族
『満州民族』より : 満州民族(満洲民族、マンジュみんぞく)、満州族(満洲族、マンジュぞく、満州語: ᠮᠠᠨᠵᡠ ᡠᡴᠰᡠᡵᠠ 、転写:Manju uksura )は、満洲(中国東北部、沿海州など)に発祥したツングース系民族。古くは女真族といった。17世紀に現在の中国およびモンゴル国の全土を支配する清を興した。同系のツングース民族にオロチョン、ウィルタ、ナナイ、エヴェンキ、シベがある。2010年の中国の国勢調査では1,038万人とされ、中国に暮らす55の少数民族では、チワン族・回族に次ぐ人口である。 「満州」の漢字は満洲語の民族名Manju(マンジュ)の当て字で、元来は「満洲」と表記されていたが、現在の日本では一般に常用漢字をもって「満州」と表記することが多い。 満洲民族の起こった地域は、西欧では満洲民族の土地という意味でマンチュリア(Manchuria)と呼ばれ、漢語ではこれに対応して満洲と呼ばれる。このため、特に民族のことを指す場合は、満洲民族・満洲族・満洲人・満人などと表記する。「ラストエンペラー」で知られる清朝最後の皇帝 愛新覚羅溥儀や、戯曲『茶館』などの作品で有名な作家老舎も満州族の出身である。 (Wikipedia:満州族)

満州人
『満州民族』より : 満州民族(満洲民族、マンジュみんぞく)、満州族(満洲族、マンジュぞく、満州語: ᠮᠠᠨᠵᡠ ᡠᡴᠰᡠᡵᠠ 、転写:Manju uksura )は、満洲(中国東北部、沿海州など)に発祥したツングース系民族。古くは女真族といった。17世紀に現在の中国およびモンゴル国の全土を支配する清を興した。同系のツングース民族にオロチョン、ウィルタ、ナナイ、エヴェンキ、シベがある。2010年の中国の国勢調査では1,038万人とされ、中国に暮らす55の少数民族では、チワン族・回族に次ぐ人口である。 「満州」の漢字は満洲語の民族名Manju(マンジュ)の当て字で、元来は「満洲」と表記されていたが、現在の日本では一般に常用漢字をもって「満州」と表記することが多い。 満洲民族の起こった地域は、西欧では満洲民族の土地という意味でマンチュリア(Manchuria)と呼ばれ、漢語ではこれに対応して満洲と呼ばれる。このため、特に民族のことを指す場合は、満洲民族・満洲族・満洲人・満人などと表記する。「ラストエンペラー」で知られる清朝最後の皇帝 愛新覚羅溥儀や、戯曲『茶館』などの作品で有名な作家老舎も満州族の出身である。 (Wikipedia:満州人)

満州 (族)
『満州民族』より : 満州民族(満洲民族、マンジュみんぞく)、満州族(満洲族、マンジュぞく、満州語: ᠮᠠᠨᠵᡠ ᡠᡴᠰᡠᡵᠠ 、転写:Manju uksura )は、満洲(中国東北部、沿海州など)に発祥したツングース系民族。古くは女真族といった。17世紀に現在の中国およびモンゴル国の全土を支配する清を興した。同系のツングース民族にオロチョン、ウィルタ、ナナイ、エヴェンキ、シベがある。2010年の中国の国勢調査では1,038万人とされ、中国に暮らす55の少数民族では、チワン族・回族に次ぐ人口である。 「満州」の漢字は満洲語の民族名Manju(マンジュ)の当て字で、元来は「満洲」と表記されていたが、現在の日本では一般に常用漢字をもって「満州」と表記することが多い。 満洲民族の起こった地域は、西欧では満洲民族の土地という意味でマンチュリア(Manchuria)と呼ばれ、漢語ではこれに対応して満洲と呼ばれる。このため、特に民族のことを指す場合は、満洲民族・満洲族・満洲人・満人などと表記する。「ラストエンペラー」で知られる清朝最後の皇帝 愛新覚羅溥儀や、戯曲『茶館』などの作品で有名な作家老舎も満州族の出身である。 (Wikipedia:満州 (族))

満州某重大事件
『張作霖爆殺事件』より : 座標: 北緯41度48分32.3秒 東経123度24分12.3秒 / 北緯41.808972度 東経123.403417度 / 41.808972; 123.403417 張作霖爆殺事件(ちょうさくりんばくさつじけん)は、1928年(昭和3年、民国17年)6月4日、中華民国・奉天(現瀋陽市)近郊で、日本の関東軍によって奉天軍閥の指導者張作霖が暗殺された事件。別名「奉天事件」。中華民国や中華人民共和国では、事件現場の地名を採って、「皇姑屯事件」とも言う。終戦まで事件の犯人が公表されず、日本政府内では「満洲某重大事件」と呼ばれていた。 背景 馬賊出身の張作霖は、日露戦争で協力したため日本の庇護を受け、日本の関東軍による支援の下、段芝貴を失脚させて満洲での実効支配を確立、有力な軍閥指導者になっていた。 張作霖は日本の満洲保全の意向に反して、中国本土への進出の野望を逞しくし、1918年(大正7年)3月、段祺瑞内閣が再現した際には、長江奥地まで南征軍を進めた。 (Wikipedia:満州某重大事件)

満州国の経済
満州国の経済(まんしゅうこくのけいざい)では、1932年~1945年にかけて満州(現在の中国東北部)に存在した満州国の経済について記述する。1931年の満州事変、1932年の満州国の建国後、日本により統治機構が整備されていった。満州国に対する日本の産業投資は、重工業に対する重点的資本投下、そしてやや小額ながら農業資本投下、という構成であった。 満州国への日本の投資計画は、1933年に関東軍と満鉄調査部部員で構成する「満州経済調査会」が作った「満州国経済建設綱要」で基本方針が定められた。「綱要」によると「我国経済の建設に当たりては、無統制なる資本主義経済の弊害に鑑み、之に所用の国家的統制を加え、資本の効果を活用」するとしており、当時、世界恐慌の影響を受けず重工業の生産高を増やしていたソ連型の計画経済を指向した。金属、石油、兵器などの戦略物資は満州国と満鉄が主に出資して設立した特殊法人に独占を認めたほか、その他の産業でも一業一社主義を実施し、財閥を排除した。 (Wikipedia:満州国の経済)

満州国への日本の産業投資
『満州国の経済』より : 満州国の経済(まんしゅうこくのけいざい)では、1932年~1945年にかけて満州(現在の中国東北部)に存在した満州国の経済について記述する。1931年の満州事変、1932年の満州国の建国後、日本により統治機構が整備されていった。満州国に対する日本の産業投資は、重工業に対する重点的資本投下、そしてやや小額ながら農業資本投下、という構成であった。 満州国への日本の投資計画は、1933年に関東軍と満鉄調査部部員で構成する「満州経済調査会」が作った「満州国経済建設綱要」で基本方針が定められた。「綱要」によると「我国経済の建設に当たりては、無統制なる資本主義経済の弊害に鑑み、之に所用の国家的統制を加え、資本の効果を活用」するとしており、当時、世界恐慌の影響を受けず重工業の生産高を増やしていたソ連型の計画経済を指向した。金属、石油、兵器などの戦略物資は満州国と満鉄が主に出資して設立した特殊法人に独占を認めたほか、その他の産業でも一業一社主義を実施し、財閥を排除した。 (Wikipedia:満州国への日本の産業投資)

満州鉄道
『南満州鉄道』より : 南満州鉄道株式会社(みなみまんしゅうてつどう、旧字体: 南滿洲鐵道株式會社、英語: The South Manchuria Railway Co., Ltd.)は、かつて満州国に存在した日本の特殊会社である。1906年(明治39年)から1945年(昭和20年)まで存在した。略称は満鉄(まんてつ)。 鉄道事業を中心として広範囲にわたる事業を展開し、日本軍による満洲経営の中核となった。本社は関東州大連市であるが、のちに満州国が成立すると満州国首都の新京特別市に本部が置かれ、事実上の本社となった。また、東京市麻布区麻布狸穴町に東京支社が置かれた。最盛期には80余りの関連企業を持った。 南満州鉄道株式会社は、日露戦争中の満州軍野戦鉄道提理部を母体に、日本政府が1906年(明治39年)に半官半民の特殊会社として設立した。設立は勅令により、資本金2億円のうち、1億円は日本政府によって鉄道・炭坑などの現物で出資された。 日露戦争の勝利により、1905年(明治38年)のポーツマス条約の結果ロシア帝国から譲渡された東清鉄道の南満州支線・長春 - 大連間の鉄道施設・付属地と、日露戦争中に物資輸送のため建設された軽便鉄道の安奉線(安東(現・丹東) - 奉天(現・瀋陽)間)とその付属地の経営が当初の設置目的であった。 (Wikipedia:満州鉄道)

満州語
満州語(まんしゅうご、滿洲語、ᠮᠠᠨᠵᡠᡤᡞᠰᡠᠨ、転写:Manju gisun)は、満州族が話すツングース諸語に属する言語。 満州族は中国の統計で、1千万人を超える人口を誇る。しかし、一方で清の時代、長年に渡り、人口の上では圧倒的な少数派でありながら支配者として漢族を含む中国全体に君臨した結果、満州族の文化は中国文化と融合・同化していった。そして、清が滅び、漢族が主体の時代に入ると、その同化速度は加速していくこととなり、多くの固有の文化が失われていった。 満州語も、そのようにして失われていった文化の一つであり、満州語の話者は満州族の間でも現在では極めて少なく、消滅の危機に瀕する言語の1つである。 その一方、清代には旗人を中心に北京周辺で話されていた言葉と満洲語の語彙が混じり合った言葉が用いられた。その結果、北京語は他の方言とは異なる特徴を持つ言葉となった。その北京語は現在共通語として使用されている普通話の元となっている。 民間の漢人は満洲語と満洲文字の習得は禁止されていた。漢人で満洲語と満洲文字を学ぶことを許され、中央政治に参加できたのは科挙合格者の状元と榜眼のみであった。 (Wikipedia:満州語)

満州国・関東州の高等教育機関
満州国・関東州の高等教育機関(まんしゅうこく・かんとうしゅうのこうとうきょういくきかん)。日露戦争後から日本の敗戦に至る時期、日本の支配下/勢力圏内にあった満洲国および関東州に設立された主要な高等教育機関の沿革一覧である。 満洲国 新京 = 建国大学 = 満洲国の代表的最高学府として設立された国立大学で、総長は国務総理大臣の兼任であった。大学院・研究院を設置した。詳細は当該項目を参照のこと。 1937年8月:新京市に設立。修業年限は前期・後期各3年。 1938年5月:開学。 1943年6月:第1期生卒業。 1944年12月:第2期生繰り上げ卒業。 1945年8月:ソ連軍による占領と日本の敗戦に伴い閉学。 1946年10月:中華民国に接収され、国立長春大学に併合。 1949年:中華人民共和国成立をうけ廃校となる。 = 大同学院 = 満洲国所管の国立学校で、同国官吏の養成・再教育のために設立。詳細は当該項目を参照のこと。 1932年1月:満洲国自治指導部として新京市に設立(のち資政局訓練所と改称)。 (Wikipedia:満州国・関東州の高等教育機関)

満州国の高等教育機関
『満州国・関東州の高等教育機関』より : 満州国・関東州の高等教育機関(まんしゅうこく・かんとうしゅうのこうとうきょういくきかん)。日露戦争後から日本の敗戦に至る時期、日本の支配下/勢力圏内にあった満洲国および関東州に設立された主要な高等教育機関の沿革一覧である。 満洲国 新京 = 建国大学 = 満洲国の代表的最高学府として設立された国立大学で、総長は国務総理大臣の兼任であった。大学院・研究院を設置した。詳細は当該項目を参照のこと。 1937年8月:新京市に設立。修業年限は前期・後期各3年。 1938年5月:開学。 1943年6月:第1期生卒業。 1944年12月:第2期生繰り上げ卒業。 1945年8月:ソ連軍による占領と日本の敗戦に伴い閉学。 1946年10月:中華民国に接収され、国立長春大学に併合。 1949年:中華人民共和国成立をうけ廃校となる。 = 大同学院 = 満洲国所管の国立学校で、同国官吏の養成・再教育のために設立。詳細は当該項目を参照のこと。 1932年1月:満洲国自治指導部として新京市に設立(のち資政局訓練所と改称)。 (Wikipedia:満州国の高等教育機関)

満州の高等教育機関
『満州国・関東州の高等教育機関』より : 満州国・関東州の高等教育機関(まんしゅうこく・かんとうしゅうのこうとうきょういくきかん)。日露戦争後から日本の敗戦に至る時期、日本の支配下/勢力圏内にあった満洲国および関東州に設立された主要な高等教育機関の沿革一覧である。 満洲国 新京 = 建国大学 = 満洲国の代表的最高学府として設立された国立大学で、総長は国務総理大臣の兼任であった。大学院・研究院を設置した。詳細は当該項目を参照のこと。 1937年8月:新京市に設立。修業年限は前期・後期各3年。 1938年5月:開学。 1943年6月:第1期生卒業。 1944年12月:第2期生繰り上げ卒業。 1945年8月:ソ連軍による占領と日本の敗戦に伴い閉学。 1946年10月:中華民国に接収され、国立長春大学に併合。 1949年:中華人民共和国成立をうけ廃校となる。 = 大同学院 = 満洲国所管の国立学校で、同国官吏の養成・再教育のために設立。詳細は当該項目を参照のこと。 1932年1月:満洲国自治指導部として新京市に設立(のち資政局訓練所と改称)。 (Wikipedia:満州の高等教育機関)

満州里市
満州里市(まんしゅうりし)は中華人民共和国内モンゴル自治区フルンボイル市に位置する県級市。中国最大の陸運交易都市。 地理 内モンゴル自治区東部フルンボイル地級市西部にあり、東西と南は新バルグ左旗、新バルグ右旗に隣接。北はロシアと54キロメートルの国境線で接し、ザバイカリエ地方の町ザバイカリスクが隣接している。市の東にはアルグン川の中州・阿巴該図島(アバガイト島、ロシア名ボリショイ島)があり、中ソ国境紛争におけるソ連との係争地となっていたが両国間で分割することにより解決された。 フルンボイル草原にある達賚湖(ダライ・ノール)、またの名を呼倫湖(フルン・ノール)は中国で5番目に大きな淡水湖である。湖水面積は 2,600 平方キロメートル、平均深度5メートル前後、最大水深は8メートル。 この地方は北方遊牧民族を育んだ場所で、相次いで東胡、匈奴、鮮卑、契丹、女真、蒙古などの民族の領地となった。清朝雍正年間にロシアとの国境を画定してから官鎮守、戌守辺疆を設けた。当初はモンゴル語で「勢いの盛んな泉」を意味する「霍勒金布拉格」と呼ばれた(霍勒金=旺盛な、布拉格=泉)。 (Wikipedia:満州里市)


満州 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第2位  ボヘミアン - 2018年11月29日


関連するイメージは見つかりませんでした



ボヘミアン
ボヘミアン(英語: Bohemian)とはボヘミアに由来するもので以下に記す。ボヘミアとはヨーロッパのヴルタヴァ川流域の盆地をさすラテン語の地名。ボイイ人に由来する。 ボヘミアに居住する人々のこと。西スラブ人に分類される民族集団。チェコ人参照。またはボヘミア様式。 ロマのこと。北インド起源の移動型民族。移動生活者、放浪者として知られてきたが、現代では定住生活をする者も多い。かつてはジプシーとも呼ばれたが、最近では彼等の自称とされるロマ(その単数形のロム)が使用されるようになってきている。 ボヘミアン・アーティスト - 芸術家や作家、世間に背を向けた者などで、伝統や習慣にこだわらない自由奔放な生活をしている者。上記のロマの多くがフランスにおいてボヘミアからやってきたことから「ボヘミア人」=流浪の人と考えられた。ボヘミアニズムを参照。 ボヘミアンクラブ - 世界各地にいくつか存在する紳士社交倶楽部。 1982年の大友裕子の楽曲『ボヘミアン』(作詞:飛鳥涼、作曲:井上大輔)。一般にはオリジナルよりも、翌1983年に葛城ユキがカバーしたバージョンが有名。 (Wikipedia:ボヘミアン)

ボヘミアン・ラプソディ
「ボヘミアン・ラプソディ」(Bohemian Rhapsody)は、クイーンが1975年10月31日に発表した、フレディ・マーキュリー作の楽曲。 アルバム『オペラ座の夜』に収録。演奏時間が長すぎるために、内部で議論となったが、同年にそのままシングルカットされ(B面はロジャー・テイラー作の「アイム・イン・ラヴ・ウィズ・マイ・カー」。アルバムバージョンの冒頭に、効果音が付加されたバージョン)、世界中で大ヒットした。本国イギリスの全英シングルチャートでは9週連続1位を獲得した。アメリカのビルボード誌では、1976年4月24日に週間ランキングの最高位第9位を獲得。ビルボード誌1976年年間ランキングは第18位。ローリング・ストーンの選ぶオールタイム・グレイテスト・ソング500では163位。2010年現在、この曲はビートルズやレッド・ツェッペリン、エルトン・ジョンなどの楽曲を抑えて、イギリスで最も売れた曲とされている。クイーンの楽曲としては珍しく、歌詞中にタイトル(Bohemian Rhapsody)が一切登場しない。 (Wikipedia:ボヘミアン・ラプソディ)

ボヘミアン・ラプソディー
『ボヘミアン・ラプソディ』より : 「ボヘミアン・ラプソディ」(Bohemian Rhapsody)は、クイーンが1975年10月31日に発表した、フレディ・マーキュリー作の楽曲。 アルバム『オペラ座の夜』に収録。演奏時間が長すぎるために、内部で議論となったが、同年にそのままシングルカットされ(B面はロジャー・テイラー作の「アイム・イン・ラヴ・ウィズ・マイ・カー」。アルバムバージョンの冒頭に、効果音が付加されたバージョン)、世界中で大ヒットした。本国イギリスの全英シングルチャートでは9週連続1位を獲得した。アメリカのビルボード誌では、1976年4月24日に週間ランキングの最高位第9位を獲得。ビルボード誌1976年年間ランキングは第18位。ローリング・ストーンの選ぶオールタイム・グレイテスト・ソング500では163位。2010年現在、この曲はビートルズやレッド・ツェッペリン、エルトン・ジョンなどの楽曲を抑えて、イギリスで最も売れた曲とされている。クイーンの楽曲としては珍しく、歌詞中にタイトル(Bohemian Rhapsody)が一切登場しない。 (Wikipedia:ボヘミアン・ラプソディー)

ボヘミアンクラブ
ボヘミアンクラブ(Bohemian Club)とは、世界各地にいくつか存在する紳士社交倶楽部 (Gentlemen's club) の名称である。その中で特に著名なのはアメリカ合衆国カリフォルニア州サンフランシスコ市を本拠とする「ボヘミアンクラブ・オブ・サンフランシスコ」であり、2000余人の芸術界、財界、政治界、および学術会の著名人を会員としている。各倶楽部を統合する国際組織は無く、それぞれ全く独立した組織である。 ボヘミアンクラブ・オブ・サンフランシスコ ボヘミアンクラブ・オブ・サンフランシスコ(以下、倶楽部と略す)は、1872年のゴールドラッシュが過ぎ去ったばかりのサンフランシスコにおいて、当時の芸術文化の軽薄さ、および卑屈さを嘆いた新聞記者らによる設立された。現在でも「音楽、演劇、芸術、文学」を柱とした芸術愛好紳士倶楽部として続いている。倶楽部のモットーはシェークスピア劇の「真夏の夜の夢」より引用の“Weaving Spiders, Come Not Here”(巣を張るクモよ、来るべからず)となっており、倶楽部活動は社交および友好を目的としたものであることとされ、倶楽部外での利を得るための活動は固く禁じられている。 (Wikipedia:ボヘミアンクラブ)

ボヘミアン (ボヘミアズム)
『』より : (Wikipedia:ボヘミアン (ボヘミアズム))

ボヘミアン (アーティスト)
『』より : (Wikipedia:ボヘミアン (アーティスト))

ボヘミアン (ボヘミアニズム)
『』より : (Wikipedia:ボヘミアン (ボヘミアニズム))


ボヘミアン - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第3位  三菱自動車 - 2018年11月29日


関連するイメージは見つかりませんでした



三菱自動車
『三菱自動車工業』より : 三菱自動車工業株式会社(みつびしじどうしゃこうぎょう、英語:Mitsubishi Motors Corporation、略称:MMC)は、三菱グループに属する日本の自動車メーカーである。1970年に三菱重工業から独立した。通称は三菱自動車(みつびしじどうしゃ)、または三菱自工(みつびしじこう)。 日本国外ではMITSUBISHI MOTORS(ミツビシ モータース)という表記を用いていたが、日本国内でも「MMC 三菱自動車」から「MITSUBISHI MOTORS」というロゴを1999年1月より使用するようになった。 グローバルブランドスローガンは「Drive@earth」(ドライブ・アット・アース)。 三菱は戦前より自動車の生産を行っており、日本の自動車メーカーとして最も長い歴史を持つブランドの1つである。 現在の三菱自動車工業は、三菱重工業とクライスラーとの合弁事業としてスタートし、1993年までクライスラーと資本提携していた。その後、2000年からドイツに本拠を置くダイムラー・クライスラー(現ダイムラー)と資本提携関係となったが、2000年に三菱リコール隠しが発覚。 (Wikipedia:三菱自動車)

三菱自動車工業
三菱自動車工業株式会社(みつびしじどうしゃこうぎょう、英語:Mitsubishi Motors Corporation、略称:MMC)は、三菱グループに属する日本の自動車メーカーである。1970年に三菱重工業から独立した。通称は三菱自動車(みつびしじどうしゃ)、または三菱自工(みつびしじこう)。 日本国外ではMITSUBISHI MOTORS(ミツビシ モータース)という表記を用いていたが、日本国内でも「MMC 三菱自動車」から「MITSUBISHI MOTORS」というロゴを1999年1月より使用するようになった。 グローバルブランドスローガンは「Drive@earth」(ドライブ・アット・アース)。 三菱は戦前より自動車の生産を行っており、日本の自動車メーカーとして最も長い歴史を持つブランドの1つである。 現在の三菱自動車工業は、三菱重工業とクライスラーとの合弁事業としてスタートし、1993年までクライスラーと資本提携していた。その後、2000年からドイツに本拠を置くダイムラー・クライスラー(現ダイムラー)と資本提携関係となったが、2000年に三菱リコール隠しが発覚。 (Wikipedia:三菱自動車工業)

三菱自動車バス製造
『三菱ふそうバス製造』より : 三菱ふそうバス製造株式会社(みつびしふそうバスせいぞう)は三菱ふそうトラック・バス傘下のバス生産会社である。同社製のバス生産を一手に担当する。本社は富山県富山市婦中町道場にある。また、キャンターなどトラック用バンボディの箱も製造していたが、トラック事業部が2006年(平成18年)3月で廃止(バンボディの製造は2005年(平成17年)11月で終了)されたため、今はバス専業となった。 本社の源流は東洋紡績(1966年(昭和41年)に呉羽紡績を合併)系列の呉羽航空機である。太平洋戦争中、呉羽紡績富山工場が原料不足で戦闘機機体製造に転換し、陸軍キ106やMXY8秋草、その他基地偽装用の囮機等の生産に携わる。戦後、機体製造技術を生かしてモノコックバスボディの製造に活路を見出し、1950年(昭和25年)に呉羽自動車工業として分離独立した。 当初は国内各メーカーのシャーシを問わずに車体を架装し、主に北陸地方のバス事業者に卸していたが、1956年(昭和31年)に当時の三菱重工業の子会社・三菱ふそう自動車と提携関係を結んで以降、三菱自動車工業の指定バス車体メーカーとなる。 (Wikipedia:三菱自動車バス製造)

三菱自動車岡崎硬式野球部
三菱自動車岡崎硬式野球部(みつびしじどうしゃおかざきこうしきやきゅうぶ)は、三菱自動車工業を母体とし、愛知県岡崎市に本拠地を置き、日本野球連盟に所属する社会人野球チームである(合宿所・練習グラウンドは愛知県大府市に所在し、グラウンドは三菱重工名古屋と同じ三菱大府グランドである)。 1993年、三菱重工自工名古屋から分離独立する形で創部。同年秋に三菱自動車川崎、京都、水島チームや休部した熊谷組・スリーボンドから選手が移籍し、翌春の18名の新人を合わせ、 1994年から都市対抗予選に参戦した。東海地区の中でもかなり新しいチームであるが、谷佳知らプロ野球選手やアマ日本代表選手を輩出している。 2004年、本社の不祥事に伴いシーズン途中で活動停止。同社岡崎工場の行く末も不透明な中、当時の堀井哲也監督(現JR東日本監督)及び13人の選手が移籍するなどチームの存続が危ぶまれたが、2005年シーズンから活動を再開し、同年は戦力面でのハンデを乗り越えて都市対抗出場を決めた。 (Wikipedia:三菱自動車岡崎硬式野球部)

三菱自動車水島FC
『三菱水島FC』より : 三菱水島FC(みつびしみずしまエフシー、Mitsubishi Motors Mizushima F.C.)は、岡山県倉敷市水島地区にある実業団サッカークラブ。 正式名称は「三菱自動車水島FC」で、「三菱水島FC」は呼称である。母体は三菱自動車工業水島製作所。多くの選手が期間工として働いている。 1946年に「三菱自工水島FC」として創部、1990年代に入ると中国サッカーリーグで強豪チームとなり、2005年シーズンからJFLに5年間参加、2010年のみ下記歴史の事情により1年間は岡山県リーグ1部、以降中国リーグに在籍している。 チームカラーは「赤」、愛称の「アダマント(ADAMANT)」とは、ギリシャ語でダイヤモンドの語源であり、英語では「断固とした・強固な」という意味で、母体である三菱グループのスリーダイヤから連想している。 マスコットキャラクターは、桃太郎をモチーフとした「桃助」、「こももちゃん」、「まもる君」。 近年には地域密着型チーム運営を目指し、出前サッカースクールを行ったり、女子サッカーチーム「レッドアダマントFC」を開いている。 (Wikipedia:三菱自動車水島FC)

三菱自動車工業の車種一覧
三菱自動車工業の車種一覧では、三菱自動車工業が生産している車種、および過去に生産していた車種について述べる。 国内現行車種 乗用車 その他(ビジネスカーなど) ランサーカーゴ(日産・AD、ADエキスパートのOEM) ミニキャブ トラック(自社生産はMiEV[電気自動車]のみ。ガソリン車はスズキ・キャリイのOEM) バン(自社生産はMiEV[電気自動車]のみ。ガソリン車はスズキ・エブリイのOEM)  デリカバン(現行型は日産・NV200バネットのOEM) 1/2tトラック (73式小型トラック) 日本国外専売車種 ギャラン、ギャラングランダー:現行モデルのギャランは日本国外専売車種。 パジェロスポーツ、モンテロスポーツ(日本名チャレンジャー) ジンガー:台湾と中国で製造・販売されている多目的車。 アドベンチャー:多目的車。現在はフィリピンのみで生産。 サブリンスペースワゴン L200(日本名トライトン) L300(日本名デリカバン・デリカスターワゴン) パジェロTR4(日本名パジェロイオ) コルトプラス(2012年まで日本でも販売、現在は台湾のみ) COLT T120SS (インドネシア) アトラージュ:タイで製造・販売されている6代目ミラージュの3ボックスセダン版にあたる車種 ミラージュG4:上記のアトラージュの同型車種。 (Wikipedia:三菱自動車工業の車種一覧)

三菱自動車エンジニアリング
三菱自動車エンジニアリング株式会社(みつびしじどうしゃエンジニアリング、Mitsubishi Automotive Engineering Co.,Ltd. )は、三菱自動車工業系の企業である。三菱自動車工業100%子会社。略称はMAE。 主な事業は三菱自動車工業が生産する乗用車の開発業務。三菱自動車工業で行われる乗用車開発において開発計画から設計、実験、生産技術まですべての業務に関わっている。 沿革 1977年8月19日 -中菱エンジニアリング株式会社自動車部門を分離し「日本自動車エンジニアリング」として設立。 1977年10月1日 - 営業開始。 1988年7月 - 「三菱自動車エンジニアリング株式会社」に商号を変更。 1999年2月 - ISO 9001認証を取得。 2000年2月 - ISO 14001認証を取得。 2004年4月 - 前年の三菱自動車工業株式会社から三菱ふそうトラック・バス株式会社分社に伴い、トラック・バス部門をふそうエンジニアリング株式会社として分離。 (Wikipedia:三菱自動車エンジニアリング)

三菱自動車・3G83エンジンに関する問題
三菱自動車・3G83エンジンに関する問題(みつびしじどうしゃ・3G83エンジンにかんするもんだい)では、三菱自動車工業が製造した660 ccの軽自動車用ガソリンエンジンである3G83型エンジンのリコールについて、国土交通省から改善報告を求められた事案について述べる。 三菱自動車は、2005年(平成17年)2月に軽自動車エンジン(3G83型)のエンジンオイル漏れの不具合を把握したにもかかわらず、その分析及び原因究明等が不十分であったため、最初の不具合情報を得てから2010年(平成22年)11月に最初のリコールを届け出るまで5年以上を費やした。その後も2012年(平成24年)12月まで3回リコールを追加したため、最終的には合計で120万台以上のリコールを行うこととなった。国土交通省が三菱自動車に立入検査を行った結果、この事案に関する法律違反はなかったとしたものの、リコール制度の趣旨に鑑み三菱自動車の対応について問題点を指摘し、同社に対し改善施策の策定・実施と報告を指示した。 (Wikipedia:三菱自動車・3G83エンジンに関する問題)

三菱自動車フットボールクラブ
『』より : (Wikipedia:三菱自動車フットボールクラブ)


三菱自動車 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第4位  Instagram - 2018年11月29日


関連するイメージは見つかりませんでした



Instagram
Instagram(インスタグラム)は、無料の画像共有アプリケーションソフトウェアである。デジタル画像を撮影し、画像編集(フィルター)をし、同サービスあるいは、Facebook、Twitter、foursquare、Tumblr、Flickr、ポスタラスといった他のソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)で共有する。 iPhone・iPod touch・iPadのうちiOS 3.1.2以降のシステムを搭載したデバイスには当初から適応していた。また、2012年4月にはAndroid 2.2以降とカメラを搭載したデバイスに対応した。 コダックのインスタマチック、ポラロイドのインスタントカメラの両方に敬意を払い、インスタグラムの投稿画像は正方形が基本となっている。 ケヴィン・シストロムとマイク・クリーガーが、ベースライン・ヴェンチャーズとアンドリーセン・ホロウィッツの2社から財政的支援を受けて、インスタグラムのグループは始動した。 (Wikipedia:Instagram)


Instagram - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第5位  アムステルダム - 2018年11月29日


関連するイメージは見つかりませんでした



アムステルダム
アムステルダム(オランダ語:Amsterdam [ˌʔɑmstərˈdɑm] (13px 聞く))は、オランダの北ホラント州の基礎自治体(ヘメーンテ)であり、オランダ最大の都市である。人口820,654人(2012年)、都市圏人口は2,289,762人にのぼる。商業および観光が盛んである。オランダ語での発音は片仮名で表記すると「アムスタダム」に近い。地名は「アムステル川のダム(堤防)」の意(「ダム広場」の項を参照)。 憲法に規定されたオランダの首都だが、国会、中央官庁、王宮、各国の大使館など首都機能のほとんどはデン・ハーグにある。 2014年、アメリカのシンクタンクが公表したビジネス・人材・文化・政治などを対象とした総合的な世界都市ランキングにおいて、世界第26位の都市と評価されており、特にビジネス分野で高い評価を得た。 元々は小さな漁村だったが、13世紀にアムステル川の河口にダムを築き、町が築かれた。16世紀には海運貿易の港町として、ヨーロッパ屈指の都市へと発展した。現在のアムステルダムは、アムステルダム中央駅を中心に市内に網の目状に広がる運河や、その運河に沿って並ぶ無総督時代の豪商の邸宅、自転車、飾り窓の女性たち、アンネ・フランクの家などで広く知られる。 (Wikipedia:アムステルダム)

アムステルダム中央駅
社色 000066
文字色
駅名 アムステルダム中央駅
pxl 250px
よみがな
母国語表記 Station Amsterdam Centraal (NS)Station Centraal (GVB)
電報略号
所属事業者 オランダ鉄道 NS、アムステルダム市営交通会社 GVB
所在地 Centrum, Amsterdam, Netherlands
開業年月日 1889年
駅構造 高架駅(NS)地下駅(GVB Metro)地上停留所(GVB Tram)
ホーム 6面11線(NS)1面2線(GVB Metro)
廃止年月日=
乗車人員
乗降人員
統計年度
乗入路線数=
隣の駅 none
(Wikipedia:アムステルダム中央駅)

アムステルダム市
『アムステルダム』より : アムステルダム(オランダ語:Amsterdam [ˌʔɑmstərˈdɑm] (13px 聞く))は、オランダの北ホラント州の基礎自治体(ヘメーンテ)であり、オランダ最大の都市である。人口820,654人(2012年)、都市圏人口は2,289,762人にのぼる。商業および観光が盛んである。オランダ語での発音は片仮名で表記すると「アムスタダム」に近い。地名は「アムステル川のダム(堤防)」の意(「ダム広場」の項を参照)。 憲法に規定されたオランダの首都だが、国会、中央官庁、王宮、各国の大使館など首都機能のほとんどはデン・ハーグにある。 2014年、アメリカのシンクタンクが公表したビジネス・人材・文化・政治などを対象とした総合的な世界都市ランキングにおいて、世界第26位の都市と評価されており、特にビジネス分野で高い評価を得た。 元々は小さな漁村だったが、13世紀にアムステル川の河口にダムを築き、町が築かれた。16世紀には海運貿易の港町として、ヨーロッパ屈指の都市へと発展した。現在のアムステルダムは、アムステルダム中央駅を中心に市内に網の目状に広がる運河や、その運河に沿って並ぶ無総督時代の豪商の邸宅、自転車、飾り窓の女性たち、アンネ・フランクの家などで広く知られる。 (Wikipedia:アムステルダム市)

アムステルダム空港
『スキポール空港』より : アムステルダム・スキポール空港(アムステルダム・スキポールくうこう、英: Amsterdam Airport Schiphol)は、オランダ最大の国際空港。アムステルダム南西の北ホラント州 ハーレマーメール基礎自治体に位置する。なお、「スキポール」は英語読みであり、オランダ語での発音は「スヒップホル」である。 スキポール空港は KLMオランダ航空、マーティンエアー、トランサヴィアなどオランダの航空会社や、KLM と提携するデルタ航空(旧ノースウエスト航空路線)のハブ空港となっている。オランダに馴染みのない人には、海面下に位置することも特記すべきことであろう。 現在スキポールがある位置にはレイク (Rijk) と呼ばれる村があり、スキポールの名は東スキポール (Schiphol-Oost)、スキポールレイク (Schiphol-Rijk) といった地名共々使われていた。 (Wikipedia:アムステルダム空港)

アムステルダム国際空港
『スキポール空港』より : アムステルダム・スキポール空港(アムステルダム・スキポールくうこう、英: Amsterdam Airport Schiphol)は、オランダ最大の国際空港。アムステルダム南西の北ホラント州 ハーレマーメール基礎自治体に位置する。なお、「スキポール」は英語読みであり、オランダ語での発音は「スヒップホル」である。 スキポール空港は KLMオランダ航空、マーティンエアー、トランサヴィアなどオランダの航空会社や、KLM と提携するデルタ航空(旧ノースウエスト航空路線)のハブ空港となっている。オランダに馴染みのない人には、海面下に位置することも特記すべきことであろう。 現在スキポールがある位置にはレイク (Rijk) と呼ばれる村があり、スキポールの名は東スキポール (Schiphol-Oost)、スキポールレイク (Schiphol-Rijk) といった地名共々使われていた。 (Wikipedia:アムステルダム国際空港)

アムステルダム大学
name アムステルダム大学
native_name Universiteit van Amsterdam
latin_name Athenaeum Illustre
established 1632年/1877年
president ディンフ・ファン・デン・ボーン教授
city アムステルダム
country オランダ
アムステルダム大学(オランダ語:Universiteit van Amsterdam)はオランダのアムステルダムにある総合大学。年間予算は4億870万ユーロ。UvAと略されることが多い。オランダの教育システム上、学部と大学院の区別はなく、人文科学、社会・行動科学、経済・経営学、法学、自然科学、医学、歯学の7つの学部で構成されている。近年では外国人学生の獲得にも力を入れ、2007年現在、85の修士レベルのプログラムが英語でオファーされている。外国人向けにすべて英語で講義を行う人文学専門附属スクールもある。学士レベルのプログラムは、ほとんどがオランダ語のみ。23,000名以上の学生が学んでいる。これまで総計9万人以上の卒業生を世に送り出した。アムステルダム自由大学との混同に注意。
(Wikipedia:アムステルダム大学)

アムステルダムオリンピックにおけるサッカー競技
アムステルダムオリンピックにおけるサッカー競技 (夏季オリンピック) サッカー競技は、1928年5月27日に開幕した。6月13日に決勝戦が行われ、金メダルを獲得したのはウルグアイであった。
サッカー競技が一旦オリンピックのスケジュールから外される直前の大会となった。優勝は引き分け再試合の結果、2大会連続でウルグアイが金メダルを持ち帰る事になった。このオリンピックでの2大会連続優勝は本国ウルグアイで行われた1930 FIFAワールドカップ 1930年のワールドカップへ向けて大きな原動力となった。
参加国は17カ国。ポルトガルとチリで予選を行い1回戦に参加するチームを16チームと言うトーナメントを行うのに適した数に整えられた。前回大会で行われなかった敗者復活戦が復活した。試合はアムステルダムの他、ロッテルダムで敗者復活戦2試合が行われた。
(Wikipedia:アムステルダムオリンピックにおけるサッカー競技)

アムステルダムオリンピック
アムステルダムオリンピックは、1928年7月28日から8月12日まで、オランダのアムステルダムで行われた夏季オリンピック。 ハイライト 長らくクーベルタンらの反対で見送られてきた女性の陸上競技への参加が初めて認められ、女性への門戸開放という点で大きく進歩した大会であった。 上記の女子陸上選手参加解禁を受け、日本からは人見絹枝が出場し、800mで銀メダルを獲得した(日本最初の女子メダリスト)。この女子800mではレース後に多くの参加選手が倒れ、その苛酷さを理由にして200mより長い女子陸上競技は1960年代まで実施が見送られた。 日本は織田幹雄と鶴田義行が悲願だった金メダルを獲得した。織田の優勝は大会関係者が想定できず、他国の旗より4倍の巨大な日章旗が表彰式の国旗掲揚で使用され、君が代の吹奏も運営上準備が整っておらず「千代に八千代に」と途中から行われた。この大会時にはまだ表彰台は用意されておらず国旗の掲揚による表彰のみで、表彰台が用意されるのは次のオリンピアードのロサンゼルス大会から。 (Wikipedia:アムステルダムオリンピック)

アムステルダムオリンピック (1928年)
『アムステルダムオリンピック』より : 参加国・地域
参加人数
実施種目
16競技119種目
開会式
1928年5月17日
閉会式
1928年8月12日
開会宣言
Prince Hendrik
選手宣誓
Harry Dénis
アムステルダムオリンピック(Games of the IX Olympiad、AMSTERDAM 1928 Olympic Games、AMSTERDAM 1928)は、1928年5月17日から8月12日まで、オランダのアムステルダムで行われた夏季オリンピックである。
長らくクーベルタンらの反対で見送られてきた女性の陸上競技への参加が初めて認められ、女性への門戸開放という点で大きく進歩した大会であった。日本からは人見絹枝が出場し、800m走で銀メダルを獲得した(日本最初の女子メダリスト)。
日本は織田幹雄と鶴田義行が悲願だった金メダルを獲得した。
(Wikipedia:アムステルダムオリンピック (1928年))

アムステルダム五輪
『アムステルダムオリンピック』より : アムステルダムオリンピックは、1928年7月28日から8月12日まで、オランダのアムステルダムで行われた夏季オリンピック。 ハイライト 長らくクーベルタンらの反対で見送られてきた女性の陸上競技への参加が初めて認められ、女性への門戸開放という点で大きく進歩した大会であった。 上記の女子陸上選手参加解禁を受け、日本からは人見絹枝が出場し、800mで銀メダルを獲得した(日本最初の女子メダリスト)。この女子800mではレース後に多くの参加選手が倒れ、その苛酷さを理由にして200mより長い女子陸上競技は1960年代まで実施が見送られた。 日本は織田幹雄と鶴田義行が悲願だった金メダルを獲得した。織田の優勝は大会関係者が想定できず、他国の旗より4倍の巨大な日章旗が表彰式の国旗掲揚で使用され、君が代の吹奏も運営上準備が整っておらず「千代に八千代に」と途中から行われた。この大会時にはまだ表彰台は用意されておらず国旗の掲揚による表彰のみで、表彰台が用意されるのは次のオリンピアードのロサンゼルス大会から。 (Wikipedia:アムステルダム五輪)

アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団
『ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団』より : ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団(ロイヤル・コンセルトヘボウかんげんがくだん、オランダ語: Koninklijk Concertgebouworkest 発音 [ˌkoːnɪŋklək kɔnˈsɛrtxəbʌu̯ɔrˌkɛst] コーニンクレイク・コンセルトヘバウ・オルケスト)は、オランダ・アムステルダムに本拠を置くオーケストラである。オランダ語における略称は KCO であるが、英語表記のRoyal Concertgebouw Orchestraの頭文字を取って RCO と表記される事もある。旧称アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団。 戦前まで コンセルトヘボウとはオランダ語で「コンサートホール」を意味する言葉で、アムステルダムにコンセルトヘボウがオープンした1888年にコンセルトヘボウの専属オーケストラとしてアムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団は産声を上げた(ただし、このオーケストラとホールとは別法人として運営されている)。 (Wikipedia:アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団)

アムステルダムオリンピックでの国・地域別メダル受賞数一覧
アムステルダムオリンピックでの国・地域別メダル受賞数一覧 外部リンク 国際オリンピック委員会 - 1928アムステルダム。 (Wikipedia:アムステルダムオリンピックでの国・地域別メダル受賞数一覧)

アムステルダム・アレナ
アムステルダム・アレナまたはアムステルダム・アリーナ(Amsterdam ArenA オランダ語発音: [ˌɑmstərˈdɑm aˈreːna])は、オランダのアムステルダムにある、開閉式屋根を備えたドーム型スタジアム。サッカーエールディヴィジのアヤックスのホームスタジアムである。 当初は世界陸上競技選手権大会の誘致を目指し陸上競技場を建設する計画を立てていたが、それに落選したため計画をサッカー用スタジアムに変更。太陽光電池パネルを使用した開閉式屋根を架設して、天気やイベントに応じて屋根を開閉したり、またサッカー以外ではSensationなどのコンサートや展示会にも使用できるように設計されている。また、格闘技ではヨーロッパ最大にして世界的にもK-1と双璧をなすキックボクシングイベントIT'S SHOWTIMEの年間最大の大会も毎年この会場で開催されている。 高速道路からそのまま入る事が出来る駐車場が1階。2階には食事などのできる場所があり、3階がグラウンドとなっている。 重要な試合 UEFA EURO 2000 交通アクセス アムステルダム・ベイルマー・アレーナ駅(オランダ鉄道、メトロ50,54系統)より、徒歩5分程度アムステルダム中央駅からメトロ54系統で、所要時間約15分(運賃1.84EUR/4ストリッペン, 2008年現在) 周辺施設 アムステルダム・ポート(アムステルダム市内で最大のショッピングモール) ハイネケン・ミュージックホール(コンサートホール) ジッゴ・ドーム(多目的アリーナ) Pathé ArenA(シネマコンプレックス) MediaMarkt(家電品店) ギャラリー 外部リンク Amsterdam ArenA - 公式サイト(英語、オランダ語)。 (Wikipedia:アムステルダム・アレナ)

アムステルダム国立美術館
アムステルダム国立美術館(アムステルダムこくりつびじゅつかん、蘭: Rijksmuseum Amsterdam)は、オランダの首都アムステルダムにある美術館である。「ライクス・ミュージアム」と呼ばれている。17世紀オランダ絵画が充実している。 1800年にオランダ総督ルブランがハーグで開いた展覧会が基礎となっている。当時はナショナル・アート・ギャラリーと呼ばれていたが、1808年にナポレオン1世の命によりアムステルダムに移転。1885年に現在の場所に移動した。 2004年より大規模な改修が行われ、本館が10年に亘って閉鎖されていたが、2013年4月にベアトリクス女王により開館された。 収蔵作品 『青年期の自画像』『夜警』 『イサクとリベカ、別名ユダヤの花嫁』『アムステルダムの布地ギルドの見本監察官たち』:レンブラント・ファン・レイン 『牛乳を注ぐ女』『手紙を読む青衣の女』『小路』『恋文』:ヨハネス・フェルメール 『陽気な家族』『身づくろいをする女』『聖ニコラスの祝日』:ヤン・ステーン 『銀の水差しのある静物』:ウィレム・カルフ 『威嚇する白鳥』:ヤン・アセリン 『スケートをする人々のいる冬景色』: ヘンドリック・アーフェルカンプ 『陽気な酒飲み』:フランス・ハルス 『ワイク・バイ・ドゥールステーデの風車』:ヤーコプ・ファン・ロイスダール 『家の裏庭にいる三人の女性と一人の男』『配膳室の女と子ども』:ピーテル・デ・ホーホ マグダラのマリア:カルロ・クリヴェッリ ギャラリー 所在地 アムステルダム中央駅からトラムで10分くらい。 (Wikipedia:アムステルダム国立美術館)

アムステルダム・オリンピスチシュタディオン
オリンピス・スタディオン(Olympisch Stadion)はオランダ・アムステルダムにあるスタジアム。1928年のアムステルダムオリンピック開催のために建設された。設計者はヤン・ヴィルス。 当時の収容人数は34000人だったが、1937年に完成したロッテルダムのフェイエノールト・スタディオンの競合で収容人数をさらに64000人に増員したが、オリンピック終了後は、陸上競技やサッカー、スピードウェイ、ホッケーや自転車競技などが行われている。1996年のアムステルダム・アレナが完成するまでFCアムステルダムの本拠地として使用された。 2016年に当地でヨーロッパ陸上競技選手権大会の開催が決定された。またアムステルダムマラソンの発着点とし使用されている。 脚注 外部リンク Olympisch stadium site (オランダ語)。 (Wikipedia:アムステルダム・オリンピスチシュタディオン)

アムステルダム島
アムステルダム島(フランス語:L'île Amsterdam)は、南インド洋の南緯37度50分・東経77度30分にあるフランス領の島。行政区分としてはフランス領南方・南極地域のサンポール・アムステルダム地区(District de Saint-Paul et Amsterdam)に属する。 1522年3月18日、スペイン人(バスク人)のフアン・セバスティアン・エルカーノにより発見されたが命名されないまま、1633年オランダ人がニューアムステルダム島と命名した。 地理 この島は火山島だが、現在は活動していない。 面積は55 km2。また海洋性気候で年間平均気温は約13度ほど。島には持続的に西風が吹いている。気象観測など科学者30名ほどが住んでいる。 85km南には同じくフランス領のサンポール島がある。 外部リンク アムステルダム島 - 写真座標: 南緯37度49分33秒 東経77度33分17秒 / 南緯37.82583度 東経77.55472度 / -37.82583; 77.55472。 (Wikipedia:アムステルダム島)

アムステルダム条約
アムステルダム条約(アムステルダムじょうやく)は、マーストリヒト条約やローマ条約などの欧州連合(EU)の基本条約に大幅な変更を加えた条約。1997年10月2日調印、1999年5月1日発効。 アムステルダム条約は市民権や個人の権利をより尊重する内容となっており、また欧州議会がEUの政策決定に関与することを強化することで民主的統制を増強し、雇用問題や共同体の自由、安全保障、司法政策についても触れ、さらに共通外交・安全保障政策(CFSP)の深化やEU拡大に備えた機構改革についてもうたわれている。 背景 アムステルダム条約についてはその交渉が1995年6月2日、シチリア島のメッシーナで始まり、ローマ条約調印から40周年となる1997年の6月17-18日に開かれたアムステルダム欧州理事会で妥結されるまでの4年間という時間をかけてまとめ上げられたものである。 (Wikipedia:アムステルダム条約)

アムステルダム・オリンピスチ・スタディオン
『』より : (Wikipedia:アムステルダム・オリンピスチ・スタディオン)

アムステルダム地下鉄
『』より : (Wikipedia:アムステルダム地下鉄)


アムステルダム - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す