[PR]

日別キーワード

第1位  ウクライナ - 2018年11月28日


関連するイメージは見つかりませんでした



ウクライナ
ウクライナ Україна 国の標語:Воля, злагода, добро (ウクライナ語: 自由、調和、善良) 国歌:ウクライナは滅びず ウクライナの位置 ウクライナ(ウクライナ語: Україна、[ukrɑˈjinɑ])は、東ヨーロッパの国。東にロシア連邦、西にハンガリーやポーランド、スロバキア、ルーマニア、モルドバ、北にベラルーシ、南に黒海を挟みトルコが位置している。 16世紀以来「ヨーロッパの穀倉」地帯として知られ、19世紀以後産業の中心地帯として大きく発展している。天然資源に恵まれ、鉄鉱石や石炭など資源立地指向の鉄鋼業を中心として重化学工業が発達している。 キエフ大公国が13世紀にモンゴル帝国に滅ぼされた後は独自の国家を持たず、諸侯はリトアニア大公国やポーランド王国に属していた。17世紀から18世紀の間にはウクライナ・コサックの国家が興亡し、その後ロシア帝国の支配下に入った。第一次世界大戦後に独立を宣言するも、ロシア内戦を赤軍が制したことで、ソビエト連邦内の構成国となった。 (Wikipedia:ウクライナ)

ウクライナ空軍
ウクライナ空軍(ウクライナくうぐん、ウクライナ語:Повітряні Сили України ポヴィートリャーニ・スィールィ・ウクライィーヌィ、略称ПС України ペーエース・ウクライィーヌィ)は、2005年に従来のウクライナ空軍(Військово-Повітряні Сили України)とウクライナ防空軍が統合されて生まれたウクライナの空軍組織である。司令部は、創設以来ヴィーンヌィツャの第24航空軍に置かれている。 構成 1991年8月24日にウクライナがソ連より独立し、翌1992年3月17日には空軍組織としてウクライナ空軍(Військово-Повітряні Сили України)が創設された。ウクライナにはソ連時代からの伝統として、2001年の時点では空軍の他にソ連の防空軍を継承した防空軍、ソ連の海軍航空隊を継承した海軍航空隊、ソ連の陸軍航空隊を継承した陸軍航空隊が存在していた。 (Wikipedia:ウクライナ空軍)

ウクライナ人の一覧
ウクライナ人の一覧(ウクライナじんのいちらん)は、世界中の著名なウクライナ人の一覧である。 ア行 ア イ ウ エ オ カ行 カ ゲオルギー・ガポン - ロシア正教会司祭 スタニスラフ・カシュタノフ - プロボクサー(元WBA世界スーパーミドル級暫定王者) ガ キ ク ナヂェージュダ・グラノーフスカヤ(ナデージュダ・グラノーウスィカ) 歌手 アンドレ・グラバール - フランスで活動した美術史家 ビタリ・クリチコ - プロボクサー(元WBC世界ヘビー級王者) ウラジミール・クリチコ - プロボクサー(現WBA・IBF・WBO世界ヘビー級スーパー王者) ビャチェスラフ・グラスコフ - プロボクサー アレクサンドル・グールヴィチ - ポルタヴァ出身の生物学者 ケ コ ヴァシーリ・ホーホリ(ヴァシーリイ・ゴーゴリ) - ウクライナ語の喜劇作家。 (Wikipedia:ウクライナ人の一覧)

ウクライナ人一覧
『ウクライナ人の一覧』より : ウクライナ人の一覧(ウクライナじんのいちらん)は、世界中の著名なウクライナ人の一覧である。 ア行 ア イ ウ エ オ カ行 カ ゲオルギー・ガポン - ロシア正教会司祭 スタニスラフ・カシュタノフ - プロボクサー(元WBA世界スーパーミドル級暫定王者) ガ キ ク ナヂェージュダ・グラノーフスカヤ(ナデージュダ・グラノーウスィカ) 歌手 アンドレ・グラバール - フランスで活動した美術史家 ビタリ・クリチコ - プロボクサー(元WBC世界ヘビー級王者) ウラジミール・クリチコ - プロボクサー(現WBA・IBF・WBO世界ヘビー級スーパー王者) ビャチェスラフ・グラスコフ - プロボクサー アレクサンドル・グールヴィチ - ポルタヴァ出身の生物学者 ケ コ ヴァシーリ・ホーホリ(ヴァシーリイ・ゴーゴリ) - ウクライナ語の喜劇作家。 (Wikipedia:ウクライナ人一覧)

ウクライナ国民共和国
ウクライナ人民共和国 Українська Народна Республіка 国歌: ウクライナは滅びずウクライナの位置ウクライナ人民共和国の領域(1922年) ウクライナ人民共和国(ウクライナじんみんきょうわこく、ウクライナ語: Українська Народна Республіка)は、1917年11月22日から1920年11月10日にかけてウクライナに存在した国家である。独立は1918年1月22日。なお、1918年4月29日から12月14日の間はウクライナ国を称した。 国名 正式名称は、ウクライナ語でУкраїнська Народна Республіка(ウクライィーンスィカ・ナロードナ・レスプーブリカ)、略称はУНР(ウーエーヌエール;UNR)である。当時国内でしばしば用いられたロシア語ではУкраинская Народная Республика(ウクライーンスカヤ・ナロードナヤ・リスプーブリカ)となり、略称はウクライナ語名と同じくУНР(ウーエーヌエール;UNR)となる。 (Wikipedia:ウクライナ国民共和国)

ウクライナ民族共和国
『ウクライナ国民共和国』より : ウクライナ人民共和国 Українська Народна Республіка 国歌: ウクライナは滅びずウクライナの位置ウクライナ人民共和国の領域(1922年) ウクライナ人民共和国(ウクライナじんみんきょうわこく、ウクライナ語: Українська Народна Республіка)は、1917年11月22日から1920年11月10日にかけてウクライナに存在した国家である。独立は1918年1月22日。なお、1918年4月29日から12月14日の間はウクライナ国を称した。 国名 正式名称は、ウクライナ語でУкраїнська Народна Республіка(ウクライィーンスィカ・ナロードナ・レスプーブリカ)、略称はУНР(ウーエーヌエール;UNR)である。当時国内でしばしば用いられたロシア語ではУкраинская Народная Республика(ウクライーンスカヤ・ナロードナヤ・リスプーブリカ)となり、略称はウクライナ語名と同じくУНР(ウーエーヌエール;UNR)となる。 (Wikipedia:ウクライナ民族共和国)

ウクライナ語の日本語表記
ウクライナ語の日本語表記は、ウクライナ語の日本語転写についての参考資料である。
本項目では、ウクライナ語を日本語の仮名に転写する際に一般的に考えられる方法を述べ、また、表記の揺れについて解説する。本項の目的は正確なウクライナ語の解説ではない。また、日本語表記に関する啓蒙・規範作りを目的とするものでもない。現在ウクライナ語と日本語の両方を用いる人たちの間で通用している日本語表記を整理して示すことにある。
1991年のウクライナの独立で、ウクライナ語は同国の唯一の公用語となった。そのため、公的文書に記載される言語はすべてソビエト連邦 ソ連時代のロシア語表記からウクライナ語表記に改められた。
日本語への転写において、この影響をもっとも強く受けたのは地名や人名に関する表記であった。原則としては、他の外国語の場合と同様、日本語への転写では国際音声記号(IPA)で定められている標準的な発音に沿って片仮名 カタカナで表記することが望ましかったが、ウクライナ語の日本での認知度がきわめて低かったこともあり、ウクライナ語としては疑問点の多いカタカナ転写が数多く誕生した。また、ウクライナ語名、ロシア語名、あるいはポーランド語名などが混在し、かえってわかりにくくなったということもあった。
(Wikipedia:ウクライナ語の日本語表記)

ウクライナ社会主義ソビエト共和国
ウクライナ・ソビエト社会主義共和国 Українська Радянська Соціалістична РеспублікаУкраинская Советская Социалистическая Республика 国の標語: Пролетарі всіх країн, єднайтеся!(万国の労働者よ、団結せよ!)国歌: ウクライナ・ソビエト社会主義共和国国歌ウクライナ・ソビエト社会主義共和国の位置1954年以降の領土 注1: 国家指導者の肩書は、1920年まではウクライナ共産党中央委員会書記、1920年から1921年までは中央委員会第一書記、1921年は中央委員会執行書記、1921年から1925年までは第一書記、1925年から1934年までは中央委員会書記長、それ以降は中央委員会第一書記。 (Wikipedia:ウクライナ社会主義ソビエト共和国)

ウクライナ・社会主義ソビエト共和国
『ウクライナ社会主義ソビエト共和国』より : ウクライナ・ソビエト社会主義共和国 Українська Радянська Соціалістична РеспублікаУкраинская Советская Социалистическая Республика 国の標語: Пролетарі всіх країн, єднайтеся!(万国の労働者よ、団結せよ!)国歌: ウクライナ・ソビエト社会主義共和国国歌ウクライナ・ソビエト社会主義共和国の位置1954年以降の領土 注1: 国家指導者の肩書は、1920年まではウクライナ共産党中央委員会書記、1920年から1921年までは中央委員会第一書記、1921年は中央委員会執行書記、1921年から1925年までは第一書記、1925年から1934年までは中央委員会書記長、それ以降は中央委員会第一書記。 (Wikipedia:ウクライナ・社会主義ソビエト共和国)

ウクライナ社会主義ソヴィエト共和国
『ウクライナ社会主義ソビエト共和国』より : ウクライナ・ソビエト社会主義共和国 Українська Радянська Соціалістична РеспублікаУкраинская Советская Социалистическая Республика 国の標語: Пролетарі всіх країн, єднайтеся!(万国の労働者よ、団結せよ!)国歌: ウクライナ・ソビエト社会主義共和国国歌ウクライナ・ソビエト社会主義共和国の位置1954年以降の領土 注1: 国家指導者の肩書は、1920年まではウクライナ共産党中央委員会書記、1920年から1921年までは中央委員会第一書記、1921年は中央委員会執行書記、1921年から1925年までは第一書記、1925年から1934年までは中央委員会書記長、それ以降は中央委員会第一書記。 (Wikipedia:ウクライナ社会主義ソヴィエト共和国)

ウクライナ・社会主義ソヴィエト共和国
『ウクライナ社会主義ソビエト共和国』より : ウクライナ・ソビエト社会主義共和国 Українська Радянська Соціалістична РеспублікаУкраинская Советская Социалистическая Республика 国の標語: Пролетарі всіх країн, єднайтеся!(万国の労働者よ、団結せよ!)国歌: ウクライナ・ソビエト社会主義共和国国歌ウクライナ・ソビエト社会主義共和国の位置1954年以降の領土 注1: 国家指導者の肩書は、1920年まではウクライナ共産党中央委員会書記、1920年から1921年までは中央委員会第一書記、1921年は中央委員会執行書記、1921年から1925年までは第一書記、1925年から1934年までは中央委員会書記長、それ以降は中央委員会第一書記。 (Wikipedia:ウクライナ・社会主義ソヴィエト共和国)

ウクライナ海軍艦艇一覧
ウクライナ海軍艦艇一覧は、ウクライナ人民共和国海軍、ウクライナ国海軍並びにウクライナ海軍が過去保有した、または現在保有する、または将来保有する予定の、未完成・計画中止を含めた歴代艦艇一覧である。
なお、ロシア帝国時代やソビエト連邦 ソ連時代、および赤軍艦艇についてはソ連・ロシア海軍艦艇一覧を参照のこと。また、海軍の保有ではない海上警備艦艇についてはウクライナ海上警備隊艦艇一覧を参照のこと。
Wikipedia‐ノート:ウィキプロジェクト 船/記事名/船種表記/艦艇一覧表記の検討 凡例
国防予算:18億1,000万ドル(+7,000万ドル)
海軍人員:1万3,000名
艦船隻数:36隻(-2隻)
:潜水艦×1
:フリゲート×4
:コルベット×2
:ミサイル艇×2
:哨戒艇×3
:戦車揚陸艦×1
(Wikipedia:ウクライナ海軍艦艇一覧)

ウクライナ人
ウクライナ人(ウクライナ語: українці [ウクライィーンツィ])は、ウクライナの主要民族である。東欧の東スラヴ人に属し、主にウクライナ語を母語とするものが多い。 民族名 歴史上でウクライナ人は様々な民族名で知られている。9世紀から13世紀にかけてウクライナの地域がルーシと呼ばれたことから、中世前期以降この地域の住民はルーシ人(ルスィーヌィ)と呼称されるようになった。また、14世紀より正教の聖職者の書簡にではウクライナを「小ロシア」と呼ぶ風習があり、17世紀以降ウクライナが正教のロシア・ツァーリ国に併合されると、19世紀までウクライナ人は小ロシア人(マロロースィ)と呼ばれていた。その他に、15世紀から18世紀末にかけてウクライナの住民の多くがコサックであったことから、コサック(コザクィー)がウクライナ人のことを意味した時代があった。ウクライナという地名は12世紀後半から『ルーシ年代記』に見られるが、「ウクライナ人」という用語は16世紀まで普及していなかった。 (Wikipedia:ウクライナ人)

ウクライナ中央ラーダ
ウクライナ中央ラーダまたはウクライナ中央議会(ウクライナ語:Українська Центральна Рада [ウクライィーンスィカ・ツェントラーリナ・ラーダ])は、ウクライナ人民共和国の政治中枢機関である。略称はUTsR(УЦР [ウーツェーエール])。単に中央ラーダまたは中央議会(Центральна Рада)とも呼ばれる。翻訳すれば「中央議会」のようになるが、歴史・政治分野では「ラーダ」と書かれるのが一般的である。 成立 1917年2月に二月革命が発生すると、それまでロシア帝国領であったウクライナでも独立や自治を求めて各派が政権を立ち上げた。 ウクライナ中央ラーダは、1917年3月にウクライナの各勢力間の関係を調整する政治的中枢機関として設立された。また、3月17日から4月21日の間に行われた全ウクライナ国民大会(Всеукраїнський Національний Конґрес)や各地で次々と開催された職能大会でも、中央ラーダへの支持と各々の代表を中央ラーダに参加させる方針が決定されていった。 (Wikipedia:ウクライナ中央ラーダ)

ウクライナ中央議会
『ウクライナ中央ラーダ』より : ウクライナ中央ラーダまたはウクライナ中央議会(ウクライナ語:Українська Центральна Рада [ウクライィーンスィカ・ツェントラーリナ・ラーダ])は、ウクライナ人民共和国の政治中枢機関である。略称はUTsR(УЦР [ウーツェーエール])。単に中央ラーダまたは中央議会(Центральна Рада)とも呼ばれる。翻訳すれば「中央議会」のようになるが、歴史・政治分野では「ラーダ」と書かれるのが一般的である。 成立 1917年2月に二月革命が発生すると、それまでロシア帝国領であったウクライナでも独立や自治を求めて各派が政権を立ち上げた。 ウクライナ中央ラーダは、1917年3月にウクライナの各勢力間の関係を調整する政治的中枢機関として設立された。また、3月17日から4月21日の間に行われた全ウクライナ国民大会(Всеукраїнський Національний Конґрес)や各地で次々と開催された職能大会でも、中央ラーダへの支持と各々の代表を中央ラーダに参加させる方針が決定されていった。 (Wikipedia:ウクライナ中央議会)

ウクライナ中央評議会
『ウクライナ中央ラーダ』より : ウクライナ中央ラーダまたはウクライナ中央議会(ウクライナ語:Українська Центральна Рада [ウクライィーンスィカ・ツェントラーリナ・ラーダ])は、ウクライナ人民共和国の政治中枢機関である。略称はUTsR(УЦР [ウーツェーエール])。単に中央ラーダまたは中央議会(Центральна Рада)とも呼ばれる。翻訳すれば「中央議会」のようになるが、歴史・政治分野では「ラーダ」と書かれるのが一般的である。 成立 1917年2月に二月革命が発生すると、それまでロシア帝国領であったウクライナでも独立や自治を求めて各派が政権を立ち上げた。 ウクライナ中央ラーダは、1917年3月にウクライナの各勢力間の関係を調整する政治的中枢機関として設立された。また、3月17日から4月21日の間に行われた全ウクライナ国民大会(Всеукраїнський Національний Конґрес)や各地で次々と開催された職能大会でも、中央ラーダへの支持と各々の代表を中央ラーダに参加させる方針が決定されていった。 (Wikipedia:ウクライナ中央評議会)

ウクライナ語
ウクライナ語(Українська мова [ukraˈjinʲsʲka ˈmɔʋa])は、インド・ヨーロッパ語族のスラヴ語派の東スラヴ語群に属し、キリル文字を使用する言語である。ウクライナの公用語である。ウクライナ国外においても、諸外国に住むウクライナ人によって使用されている。本国での話者人口は3680万人。本国以外に、ロシア、ベラルーシ、カザフスタン、ポーランド、カナダやアメリカ合衆国などの南北アメリカ、オーストラリアなどにも話者がおり、それらを合計すれば約4500万人になる。スラヴ語派においてはロシア語、ポーランド語に次いで第3位の話者人口である。11月9日はウクライナ語の記念日となっている。 12世紀-13世紀:古ルーシ語 (古ルテニア語、古キエフ文語、古東スラヴ語とも、上古ウクライナ文語とも)。 14世紀‐18世紀:ルーシ語 (ルテニア語、コサック語、、古ベラルーシ語、西ルーシ文語、古ウクライナ文語とも)。 18世紀末‐19世紀半ば:小ロシア語(ルテニア語、コサック語、ウクライナ語とも) 19世紀後半以後:ウクライナ語。 (Wikipedia:ウクライナ語)

ウクライナの都市の一覧
ウクライナの都市の一覧 クリミア自治共和国 Autonomous Republic of Crimea (Автономна Республіка Крим, Avtonomna Respublika Krym) フェオドシヤ Feodosiia (Феодосія) ケルチ en:Kerch (Керч) シンフェロポリ、シムフェロポリ Simferopol' (Сімферополь) ヤルタ Yalta (Ялта) イェウパトーリヤ、エウパトリア Yevpatoriya (Євпаторія) チェルカースィ州 Cherkasy Oblast (Черкаська область, Cherkas’ka oblast’) チェルカースィ Cherkasy (Черкаси) スミーラ Smila (Сміла) ウーマニ Uman' (Умань) チェルニーヒウ州 Chernihiv Oblast (Чернігівська область, Chernihivs’ka oblast’) チェルニーヒウ Chernihiv (Чернігів) ニージン Nizhyn (Ніжин) プルィルークィ Pryluky (Прилуки) コゼレーツィ(Kozelets'、Козелець) ノーウホロド=シーヴェルシクィイ(Novhorod-Sivers'kyi、Новгород-Сіверський) チェルニウツィー州(北ブコヴィナ) Chernivtsi Oblast (Чернівецька область, Chernivets’ka oblast’) チェルニウツィー Chernivtsi (Чернівці) ドニプロペトロウシク州 Dnipropetrovsk Oblast (Дніпропетровська область, Dnipropetrovs’ka oblast’) ドニプロゼルジンシク Dniprodzerzhyns'k (Дніпродзержинськ) ドニプロペトロウシク Dnipropetrovs'k (Дніпропетровськ) クルィヴィーイ・リーフ Kryvyi Rih (Кривий Ріг) マールハネツィ Marhanets' (Марганець) ニーコポリ Nikopol' (Нікополь) ノヴォモスコーウシク Novomoskovs'k (Новомосковськ) パウロフラード Pavlohrad (Павлоград) ジョーウチ・ヴォーディ Zhovti Vody (Жовті Води) ドネツィク州 Donetsk Oblast (Донецька область, Donets’ka oblast’) バーフムト Bakhmut (Бахмут) ドネツィク Donets'k (Донецьк) ドルジュキーウカ Druzhkivka (Дружківка) ホールリウカ Horlivka (Горлівка), also Gorlovka. コスチャンティーニウカ Kostiantynivka (Костянтинівка) クラマトールシク Kramators'k (Краматорськ) クラスノアルミーシク Krasnoarmiis'k (Красноармійськ) マキイフカ Makiivka (Макіївка), also Makeevka. マリウポリ Mariupol' (Маріуполь) スロウヤーンシク Slov"ians'k (Слов'янськ) スニジュネー Snizhne (Сніжне) ヤスィヌヴァータ Yasynuvata (Ясинувата) イェナーキイェヴェ Yenakiieve (Єнакієве), also Yenakievo. イヴァーノ=フランキーウシク州 Ivano-Frankivsk Oblast (Івано-Франківська область, Ivano-Frankivs’ka oblast’) イヴァーノ=フランキーウシク(スタニスワヴフ、シュタニスラウ) Ivano-Frankivsk (Івано-Франківськ), Stanislau カールシュ Kalush (Калуш) コロムィーヤ Kolomyia (Коломия) ナドヴィールナ Nadvirna (Надвірна) ハルキウ州 Kharkiv Oblast (Харківська область, Kharkivs’ka oblast’) イジューム Izium (Ізюм) ハルキウ Kharkiv (Харків), also Kharkov. ヘルソン州 Kherson Oblast (Херсонська область, Khersons’ka oblast’) ヘルソン Kherson (Херсон) ノヴァー・カホーウカ Nova Kakhovka (Нова Каховка), site of Tavriis'ki Ihry yearly music festival フメリヌィーツィクィイ州 Khmelnytskyi Oblast (Хмельницька область, Khmel’nyts’ka oblast’) カームヤネツィ=ポジーリシクィイ Kamyanets'-Podil's'kyi (Кам'янець-Подільський) フメリヌィーツィクィイ Khmelnytskyi (Хмельницький) クーピリ Kupel キロヴォフラード州 Kirovohrad Oblast (Кіровоградська область, Kirovohrads’ka oblast’) キロヴォフラード(エリザヴェドグラート) Kirovohrad (Кіровоград) マラー・ヴィースカ Mala Vyska (Мала Виска) オレクサンドリーヤ Oleksandriya (Олександрія) スヴィトロヴォーツィク Svitlovods'k (Світловодськ) キーウ(キエフ) Kiev (Київ, Kyiv), municipality subordinate to central government (but also a center of the Kiev Oblast) and en:Kiev-Sviatoshyn district (ラヨン rayon). キエフ州 Kiev Oblast (Київська область, Kyivs’ka oblast’) ビーラ・ツェールクヴァ Bila Tserkva (Біла Церква) ブロヴァルィー Brovary (Бровари) チョルノーブィリ Chornobyl' (Чорно́биль) ファースチウ Fastiv (Фастів) リヴィウ州 Lviv Oblast (Львівська область, L’vivs’ka oblast’) ボルィスラーウ Boryslav (Борислав) ドロホーブィチ Drohobych (Дрогобич) リヴィウ Lviv (Львів) ストルィーイ Stryi (Стрий) ルハンシク州 Luhansk Oblast (Луганська область, Luhans’ka oblast’) アルチェーウシク Alchevs'k (Алчевськ) ブリャーンカ Brianka (Брянка) クラスノドーン Krasnodon (Краснодон) クラースヌィイ・ルーチ Krasnyi Luch (Красний Луч) ルハンシク Luhans'k (Луганськ) ルィスィチャーンシク Lysychans'k (Лисичанськ) シェヴェロドネツィク Sieverodonets'k (Сєверодонецьк) スタハーノウ Stakhanov (Стаханов), formerly Kadiivka (Кадіївка) スヴェルドローウシク Sverdlovs'k (Свердловськ) ムィコラーイウ州 Mykolaiv Oblast (Миколаївська область, Mykolaivs’ka oblast’) ムィコラーイウ Mykolaiv (Миколаїв) オデッサ州 Odessa Oblast (Одеська область, Odes’ka oblast’) ビールホロド=ドニストローウシクィイ Bilhorod-Dnistrovs'kyi (Білгород-Дністровський) イリチェーウシク Illichevs'k (Іллічeвськ) イズマイール Izmail (Ізмаїл) オデッサ Odessa (Одеса, Odesa) ヴィールコヴェ Vylkove (Вилкове) ポルタヴァ州 Poltava Oblast (Полтавська область, Poltavs’ka oblast’) クレメンチューク Kremenchuk (Кременчук) ルブヌィー Lubny (Лубни) ポルタヴァ Poltava (Полтава) リウネ州 Rivne Oblast (Рівненська область, Rivnens’ka oblast’) リーウネ Rivne (Рівне) セヴァストポリ Sevastopol' (Севастополь), en:municipality subordinate to central government ザポリージャ州 Zaporizhia Oblast (Запорізька область, Zaporiz’ka oblast’) ベルジャーンシク Berdians'k (Бердянськ) メリトーポリ Melitopol' (Мелітополь) ザポリージャ Zaporizhzhia (Запоріжжя) スムィ州 Sumy Oblast (Сумська область, Sums’ka oblast’) コノトープ Konotop (Конотоп) ロームヌィ Romny (Ромни) ショーストカ Shostka (Шостка) スムィ Sumy (Суми) テルノーピリ州 Ternopil Oblast (Тернопільська область, Ternopil’s’ka oblast’) テルノーピリ Ternopil' (Тернопіль) ヴィーンヌィツャ州 Vinnytsia Oblast (Вінницька область, Vinnyts’ka oblast’) ヴィーンヌィツャ Vinnytsia (Вінниця) ヴォルィーニ州 Volyn Oblast (Волинська область, Volyns’ka oblast’) チェルヴォノフラード Chervonohrad (Червоноград コーヴェリ Kovel' (Ковель) ルーツィク Luts'k (Луцьк) ノヴォヴォルィーンシク Novovolyns'k (Нововолинськ) ヴォロディームィル=ヴォルィーンシクィイ Volodymyr-Volyns'kyi (Володимир-Волинський) ザカルパッチャ州 Zakarpattia Oblast (Закарпатська область, Zakarpats’ka oblast’) ベーレホヴェ Berehove, Beregszász (Берегове) チョープ Chop, Csap (Чоп) ムカーチェヴェ Mukacheve, Munkács (Мукачеве) ウージュホロド en:Uzhhorod, Ungvár (Ужгород) ヴィノフラージウ en:Vynohradiv, Nagyszőlős (Виноградів) ジトームィル州 Zhytomyr Oblast (Житомирська область, Zhytomyrs’ka oblast’) ベルディーチウ Berdychiv (Бердичів) コーロステニ Korosten' (Коростень) ノヴォフラード・ヴォルィーンシクィイ Novohrad-Volyns'kyi (Новоград-Волинський) ジトームィル Zhytomyr (Житомир) 関連項目 ウクライナの地方行政区画 ロシアの都市の一覧 ベラルーシの都市の一覧 グベルニヤ(Guberniya) ユダヤ教徒居住区 Jewish Pale of Settlement シュテットル 外部リンク World Gazetteer: Ukraine - 統計情報。 (Wikipedia:ウクライナの都市の一覧)

ウクライナの都市
『ウクライナの都市の一覧』より : ウクライナの都市の一覧 クリミア自治共和国 Autonomous Republic of Crimea (Автономна Республіка Крим, Avtonomna Respublika Krym) フェオドシヤ Feodosiia (Феодосія) ケルチ en:Kerch (Керч) シンフェロポリ、シムフェロポリ Simferopol' (Сімферополь) ヤルタ Yalta (Ялта) イェウパトーリヤ、エウパトリア Yevpatoriya (Євпаторія) チェルカースィ州 Cherkasy Oblast (Черкаська область, Cherkas’ka oblast’) チェルカースィ Cherkasy (Черкаси) スミーラ Smila (Сміла) ウーマニ Uman' (Умань) チェルニーヒウ州 Chernihiv Oblast (Чернігівська область, Chernihivs’ka oblast’) チェルニーヒウ Chernihiv (Чернігів) ニージン Nizhyn (Ніжин) プルィルークィ Pryluky (Прилуки) コゼレーツィ(Kozelets'、Козелець) ノーウホロド=シーヴェルシクィイ(Novhorod-Sivers'kyi、Новгород-Сіверський) チェルニウツィー州(北ブコヴィナ) Chernivtsi Oblast (Чернівецька область, Chernivets’ka oblast’) チェルニウツィー Chernivtsi (Чернівці) ドニプロペトロウシク州 Dnipropetrovsk Oblast (Дніпропетровська область, Dnipropetrovs’ka oblast’) ドニプロゼルジンシク Dniprodzerzhyns'k (Дніпродзержинськ) ドニプロペトロウシク Dnipropetrovs'k (Дніпропетровськ) クルィヴィーイ・リーフ Kryvyi Rih (Кривий Ріг) マールハネツィ Marhanets' (Марганець) ニーコポリ Nikopol' (Нікополь) ノヴォモスコーウシク Novomoskovs'k (Новомосковськ) パウロフラード Pavlohrad (Павлоград) ジョーウチ・ヴォーディ Zhovti Vody (Жовті Води) ドネツィク州 Donetsk Oblast (Донецька область, Donets’ka oblast’) バーフムト Bakhmut (Бахмут) ドネツィク Donets'k (Донецьк) ドルジュキーウカ Druzhkivka (Дружківка) ホールリウカ Horlivka (Горлівка), also Gorlovka. コスチャンティーニウカ Kostiantynivka (Костянтинівка) クラマトールシク Kramators'k (Краматорськ) クラスノアルミーシク Krasnoarmiis'k (Красноармійськ) マキイフカ Makiivka (Макіївка), also Makeevka. マリウポリ Mariupol' (Маріуполь) スロウヤーンシク Slov"ians'k (Слов'янськ) スニジュネー Snizhne (Сніжне) ヤスィヌヴァータ Yasynuvata (Ясинувата) イェナーキイェヴェ Yenakiieve (Єнакієве), also Yenakievo. イヴァーノ=フランキーウシク州 Ivano-Frankivsk Oblast (Івано-Франківська область, Ivano-Frankivs’ka oblast’) イヴァーノ=フランキーウシク(スタニスワヴフ、シュタニスラウ) Ivano-Frankivsk (Івано-Франківськ), Stanislau カールシュ Kalush (Калуш) コロムィーヤ Kolomyia (Коломия) ナドヴィールナ Nadvirna (Надвірна) ハルキウ州 Kharkiv Oblast (Харківська область, Kharkivs’ka oblast’) イジューム Izium (Ізюм) ハルキウ Kharkiv (Харків), also Kharkov. ヘルソン州 Kherson Oblast (Херсонська область, Khersons’ka oblast’) ヘルソン Kherson (Херсон) ノヴァー・カホーウカ Nova Kakhovka (Нова Каховка), site of Tavriis'ki Ihry yearly music festival フメリヌィーツィクィイ州 Khmelnytskyi Oblast (Хмельницька область, Khmel’nyts’ka oblast’) カームヤネツィ=ポジーリシクィイ Kamyanets'-Podil's'kyi (Кам'янець-Подільський) フメリヌィーツィクィイ Khmelnytskyi (Хмельницький) クーピリ Kupel キロヴォフラード州 Kirovohrad Oblast (Кіровоградська область, Kirovohrads’ka oblast’) キロヴォフラード(エリザヴェドグラート) Kirovohrad (Кіровоград) マラー・ヴィースカ Mala Vyska (Мала Виска) オレクサンドリーヤ Oleksandriya (Олександрія) スヴィトロヴォーツィク Svitlovods'k (Світловодськ) キーウ(キエフ) Kiev (Київ, Kyiv), municipality subordinate to central government (but also a center of the Kiev Oblast) and en:Kiev-Sviatoshyn district (ラヨン rayon). キエフ州 Kiev Oblast (Київська область, Kyivs’ka oblast’) ビーラ・ツェールクヴァ Bila Tserkva (Біла Церква) ブロヴァルィー Brovary (Бровари) チョルノーブィリ Chornobyl' (Чорно́биль) ファースチウ Fastiv (Фастів) リヴィウ州 Lviv Oblast (Львівська область, L’vivs’ka oblast’) ボルィスラーウ Boryslav (Борислав) ドロホーブィチ Drohobych (Дрогобич) リヴィウ Lviv (Львів) ストルィーイ Stryi (Стрий) ルハンシク州 Luhansk Oblast (Луганська область, Luhans’ka oblast’) アルチェーウシク Alchevs'k (Алчевськ) ブリャーンカ Brianka (Брянка) クラスノドーン Krasnodon (Краснодон) クラースヌィイ・ルーチ Krasnyi Luch (Красний Луч) ルハンシク Luhans'k (Луганськ) ルィスィチャーンシク Lysychans'k (Лисичанськ) シェヴェロドネツィク Sieverodonets'k (Сєверодонецьк) スタハーノウ Stakhanov (Стаханов), formerly Kadiivka (Кадіївка) スヴェルドローウシク Sverdlovs'k (Свердловськ) ムィコラーイウ州 Mykolaiv Oblast (Миколаївська область, Mykolaivs’ka oblast’) ムィコラーイウ Mykolaiv (Миколаїв) オデッサ州 Odessa Oblast (Одеська область, Odes’ka oblast’) ビールホロド=ドニストローウシクィイ Bilhorod-Dnistrovs'kyi (Білгород-Дністровський) イリチェーウシク Illichevs'k (Іллічeвськ) イズマイール Izmail (Ізмаїл) オデッサ Odessa (Одеса, Odesa) ヴィールコヴェ Vylkove (Вилкове) ポルタヴァ州 Poltava Oblast (Полтавська область, Poltavs’ka oblast’) クレメンチューク Kremenchuk (Кременчук) ルブヌィー Lubny (Лубни) ポルタヴァ Poltava (Полтава) リウネ州 Rivne Oblast (Рівненська область, Rivnens’ka oblast’) リーウネ Rivne (Рівне) セヴァストポリ Sevastopol' (Севастополь), en:municipality subordinate to central government ザポリージャ州 Zaporizhia Oblast (Запорізька область, Zaporiz’ka oblast’) ベルジャーンシク Berdians'k (Бердянськ) メリトーポリ Melitopol' (Мелітополь) ザポリージャ Zaporizhzhia (Запоріжжя) スムィ州 Sumy Oblast (Сумська область, Sums’ka oblast’) コノトープ Konotop (Конотоп) ロームヌィ Romny (Ромни) ショーストカ Shostka (Шостка) スムィ Sumy (Суми) テルノーピリ州 Ternopil Oblast (Тернопільська область, Ternopil’s’ka oblast’) テルノーピリ Ternopil' (Тернопіль) ヴィーンヌィツャ州 Vinnytsia Oblast (Вінницька область, Vinnyts’ka oblast’) ヴィーンヌィツャ Vinnytsia (Вінниця) ヴォルィーニ州 Volyn Oblast (Волинська область, Volyns’ka oblast’) チェルヴォノフラード Chervonohrad (Червоноград コーヴェリ Kovel' (Ковель) ルーツィク Luts'k (Луцьк) ノヴォヴォルィーンシク Novovolyns'k (Нововолинськ) ヴォロディームィル=ヴォルィーンシクィイ Volodymyr-Volyns'kyi (Володимир-Волинський) ザカルパッチャ州 Zakarpattia Oblast (Закарпатська область, Zakarpats’ka oblast’) ベーレホヴェ Berehove, Beregszász (Берегове) チョープ Chop, Csap (Чоп) ムカーチェヴェ Mukacheve, Munkács (Мукачеве) ウージュホロド en:Uzhhorod, Ungvár (Ужгород) ヴィノフラージウ en:Vynohradiv, Nagyszőlős (Виноградів) ジトームィル州 Zhytomyr Oblast (Житомирська область, Zhytomyrs’ka oblast’) ベルディーチウ Berdychiv (Бердичів) コーロステニ Korosten' (Коростень) ノヴォフラード・ヴォルィーンシクィイ Novohrad-Volyns'kyi (Новоград-Волинський) ジトームィル Zhytomyr (Житомир) 関連項目 ウクライナの地方行政区画 ロシアの都市の一覧 ベラルーシの都市の一覧 グベルニヤ(Guberniya) ユダヤ教徒居住区 Jewish Pale of Settlement シュテットル 外部リンク World Gazetteer: Ukraine - 統計情報。 (Wikipedia:ウクライナの都市)

ウクライナ (ミサイル巡洋艦)
起工 colspan="2" 1984年8月29日 61コムナール記念工場
所属 colspan="2" Image:Naval_Ensign_of_the_Soviet_Union.svg 22x20px border ソ連海軍黒海艦隊Image:Naval_Ensign_of_Russia.svg 22x20px border ロシア海軍黒海艦隊
改称 colspan="2" 1985年3月23日
進水 colspan="2" 1990年8月11日
除籍 colspan="2" 1993年3月18日
改称 colspan="2" 1993年12月17日
所属 colspan="2" Image:Naval_Ensign_of_Ukraine_(dress).svg border 22x20px ウクライナ海軍
改称 colspan="2" 1998年2月17日
所属 colspan="2" Image:Naval_Ensign_of_Ukraine_(dress).svg border 22x20px ウクライナ海軍
艦種 colspan="2" ミサイル巡洋艦
艦型 colspan="2" スラヴァ級ミサイル巡洋艦 1164.1号計画「アトラーント」型(スラヴァ級)
工場番号 colspan="2" 2011
rowspan="2" 排水量
基準排水量 9500 t
満載排水量 11530 t
全長 colspan="2" 192 m
(Wikipedia:ウクライナ (ミサイル巡洋艦))


ウクライナ - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第2位  テレビ東京 - 2018年11月30日




テレビ東京
株式会社テレビ東京(テレビとうきょう、TV TOKYO Corporation)は、関東広域圏を放送対象地域とするテレビジョン放送事業を行っている特定地上基幹放送事業者である。 略称は、テレ東、コールサイン「JOTX-DTV」(東京 23ch)からのTX、旧局名・かつて使われたアナログ放送のチャンネルからの12チャンネル、てれと、など様々。 アナログ放送で親局の周波数がVHFであった放送局は、テレビ東京が日本国内で最後であり、これ以後に開局した民放局の親局は全てUHFであった。 リモコンキーIDは「7」。 会社概要 本社・支社所在地 本社:東京都港区虎ノ門4丁目3番12号 〒105-8012 - 社屋の正式名称は「日経電波会館」。1985年(昭和60年)12月12日に東京都港区芝公園にあった旧本社(現在の東京タワーメディアセンター)から移転し、運用開始。 関西支社:大阪市北区堂島浜1丁目4番16号 アクア堂島NBFタワー西館 名古屋支社:名古屋市中区栄3丁目7番9号 新鏡栄ビル 海外支局:ニューヨーク・ワシントン・ロンドン・モスクワ・ソウル・北京・上海 略史 開局から商号変更まで(東京12チャンネル) 財団法人日本科学技術振興財団(以下、「財団」と略す。 (Wikipedia:テレビ東京)

テレビ東京番組一覧
テレビ東京番組一覧(テレビとうきょうばんぐみいちらん)は、テレビ東京の放送番組一覧である。 なお、一部番組ではBSデジタル放送のBSジャパンやCS放送日経CNBCでも放送(遅れネットも含む)が行われている。 記号 この項目では下記のような記号を使用する。 なお、基本的に15分未満の番組はテレビ東京ミニ番組一覧を参照。 ●印:BSジャパンでも放送 ☆印:関東ローカル ニュース・情報・広報 現在 ☆ものスタ(月 5:10 - 5:45、火 - 金 4:23 - 5:45) ものスタ サタデー(土 4:50 - 5:45) ものスタ サンデー(日 5:15 - 5:50) TXNニュース(かつてはBSジャパンでも土日夕方と祝日朝のみ放送されていた) ●ニュースモーニングサテライト(月 - 金 5:45 - 6:40) モーニングチャージ!(月 - 金 6:40 - 7:05) チャージ730! ●☆なないろ日和!(月 - 木 9:28 - 11:13) ☆7スタライブ(金 9:28 - 11:13) Mプラス 11(月 - 金 11:13 - 11:35) ☆Mプラス 9 Mプラス Express 昼めし旅 〜あなたのご飯見せてください!〜(月 - 金 11:50 - 12:55) L4 YOU!(月 - 金 15:55 - 16:54) L4 YOU!プラス(終了) レディス4(終了) NEWSアンサー(月 - 金 16:54 - 17:20) ●なるほどストリート(月 - 金 17:20 - 17:50) ●ワールドビジネスサテライト(月 - 金 23:00 - 23:58) ワールドビジネスサテライト土曜版(終了) アニメマシテ(月 27:20 - 27:50) A応Pのあにむす!(木 26:35-27:05) ☆ニュースブレイク(日 21:48 - 21:54) 過去 ドキュメンタリー・教養 現在 朝ダネ! (火・水 4:18 - 4:23) 合格モーニング! (月 - 金 7:30 - 7:35) ●日経スペシャル 未来世紀ジパング〜沸騰現場の経済学〜(月 22:00 - 22:54) ●日経スペシャル ガイアの夜明け(火 22:00 - 22:54) 日経スペシャル カンブリア宮殿(木 22:00 - 22:54) ●美の巨人たち(土 22:00 - 22:30) Crossroad(土 22:30 - 23:00) 話題の医学(日 5:00 - 5:15) サンデースペシャル 過去 くらしの健康 カラー秘録 太平洋戦史 われらの主役 決死の戦場 第2次世界大戦全史 金曜自然大特集 トコトンハテナ テクノ探偵団 とことんニホン語 ニッポン探検隊 データに挑戦! ナビゲーター 世の中ガブッと! タイムアイ 極上の休日 ソロモンの王宮 ソロモン流 住まいの極意 パソコンサンデー - テレビ大阪制作、シャープ提供 コンピュートないと なんでもコンピュート 町おこし・村おこし - テレビ大阪制作 通信制工業高校講座 私の昭和史 美の美 極める ミステリースペシャル 千昌夫の評判家族探訪 草野仁のTVアゲイン 追跡!テレビの主役 辰巳琢郎のリフォーム夢家族 辰巳琢郎の夢リフォーム 医食同源 - 明治製菓提供 ニュースを見に行く! クリエイターズエレメンツ この人この街 データで勝負 あかたのげん - エクセルヒューマン提供 北島ウインクハート - エクセルヒューマン提供 今週のクロストーク ハロー!ビジネスマン 進化のプリズム ジパング Design Channel 畑のうた ザ・ドキュメンタリー テレビ・私の履歴書→新・テレビ・私の履歴書 BB-WAVE.tv 〜勝利の方程式〜 〜空色グラフィティ〜君に会いたくて 経済ドキュメンタリードラマ ルビコンの決断 女神のキセキ 特集・なんでも追跡 科学スペシャル 動物ふしぎ世界 愛川欽也のロマン探訪 実録世界のミステリー 完全犯罪ミステリー 137億年の物語 ●池上彰の経済教室 EXO CHANNEL 旅行・紀行 現在 歴史の道 歩き旅(月 - 金 7:35 - 8:00) 厳選!いい宿(月 - 金 11:35 - 11:50) ●厳選!いい宿ナビ - BSジャパンは月2回の日曜日 15:00 - 17:20の間の時間帯で2〜3週分をまとめて連続放送。 (Wikipedia:テレビ東京番組一覧)

テレビ東京アニメ
『テレビ東京番組一覧』より : テレビ東京 > テレビ東京番組一覧
テレビ東京番組一覧(テレビとうきょうばんぐみいちらん)は、現在テレビ東京で放送している、または過去に放送されたテレビ番組の一覧である。
具体的な番組については次の通り。※HDはハイビジョン制作の番組である(終了の分も含む)。放送時間は日本標準時 JST。
TXNニュース●
モーニングサテライト(月曜~金曜5:45~6:40 ※HD)●
速ホゥ!(月曜~金曜16:55~17:25 ※HD)●
ワールドビジネスサテライト(月曜~金曜23:00~23:58 ※HD)●
レディス4(月曜~金曜16:00~16:55 ※HD)
朝は楽しく!スマイルサプリメント(月曜~金曜8:00~11:00 ※HD)
NEWS MARKET 11(月曜~金曜11:00~11:30 ※HD)●
(Wikipedia:テレビ東京アニメ)

テレビ東京系列
『TXN』より : TXNネットワーク(TXN Network、TXネットワーク、TX Network)は、テレビ東京をキー局とする日本の民間放送テレビのネットワークである。テレビ東京ネットワーク(TV Tokyo Network)、テレビ東京系列、TXN系列と呼ばれることもある。 テレビ東京のコールサインがJOTX-DTVであるため、「TXN」と命名している。 他のネットワークとは異なり、旧称(後述)時代からニュースネットワークと番組供給ネットワークとの区別がないネットワークである。ANNやJNNと同様、NNNとNNS、FNNとFNSのように、ニュースネットワークと番組供給ネットワークの区別がなされていない。また、TXN成立以前は他系列とのクロスネット局も存在したが、TXNが正式に成立した1989年4月1日以降、他系列とのクロスネット局は存在しない。 民放テレビの系列局が20局以上存在する他系列とは異なり、テレビ東京を含む地上波では6局しかなく、また大阪・名古屋の系列局は広域放送ではないため、カバーする範囲は狭い(視聴できるエリアについては後述)。 (Wikipedia:テレビ東京系列)

テレビ東京系
『TXN』より : TXNネットワーク(TXN Network、TXネットワーク、TX Network)は、テレビ東京をキー局とする日本の民間放送テレビのネットワークである。テレビ東京ネットワーク(TV Tokyo Network)、テレビ東京系列、TXN系列と呼ばれることもある。 テレビ東京のコールサインがJOTX-DTVであるため、「TXN」と命名している。 他のネットワークとは異なり、旧称(後述)時代からニュースネットワークと番組供給ネットワークとの区別がないネットワークである。ANNやJNNと同様、NNNとNNS、FNNとFNSのように、ニュースネットワークと番組供給ネットワークの区別がなされていない。また、TXN成立以前は他系列とのクロスネット局も存在したが、TXNが正式に成立した1989年4月1日以降、他系列とのクロスネット局は存在しない。 民放テレビの系列局が20局以上存在する他系列とは異なり、テレビ東京を含む地上波では6局しかなく、また大阪・名古屋の系列局は広域放送ではないため、カバーする範囲は狭い(視聴できるエリアについては後述)。 (Wikipedia:テレビ東京系)

テレビ東京金曜夜8時枠時代劇
テレビ東京金曜夜8時枠時代劇は、2006年10月20日から2008年9月26日まで、テレビ東京系列で毎週金曜20時から20時54分に設けられた連続時代劇の放送枠である。
同放送枠の後継として2008年10月20日から2009年3月16日まで月曜19時台に設けられていた「月曜時代劇」についても本稿で扱う。
テレビ東京以外の他局がバラエティや音楽番組などを放送している金曜20時からの枠に、「セガサミーシアター」と銘打ってセガサミーホールディングス セガサミーグループ単独提供により時代劇枠を設置したのが始まり。セガサミーグループは「逃亡者 おりん」1作品のみでスポンサーから撤退しており、以降は複数社提供で時代劇枠が維持されていた。
第1作目「逃亡者 おりん」は1クール(3ヶ月)ではなく、2クール(6ヶ月)の放送を実施したが、それ以降は1クールの放送に戻っていた。但し1クールと言いながらも、実際は1作品につき8週の放送を基本としていたため各作品の放送期間は正味2ヶ月のみで、その前後の期間は「ペット大集合!ポチたま」拡大版などの特番で対応していた。その代わり、各作品の初回は2時間枠で放送され、作品によっては最終回も同様の措置が取られていた(一部の時差ネット局では2時間枠の回を2週に分けて放送するため、1作品につき9~10週分の放送となる)。
(Wikipedia:テレビ東京金曜夜8時枠時代劇)

テレビ東京ミュージック
株式会社テレビ東京ミュージック(テレビとうきょうミュージック)は、テレビ東京の関連会社で、主に音楽関連の出版物制作および提供を行っている音楽出版会社兼制作プロダクションである。1969年8月25日に設立。旧社名は東京十二音楽出版。 モーニング娘。を中心としたハロー!プロジェクトの楽曲の著作権の管理も行なっている。 所在地 〒105-8012 東京都港区虎ノ門4丁目3番地13号 ヒューリック神谷町ビル2F 役員 現在 代表取締役社長 - 橋山厚志 常務取締役 - 多田暁 取締役 - 中澤嗣夫 非常勤取締役 - 大島信彦 非常勤監査役 - 近藤正人 過去 代表取締役社長 - 太田修平、金子明雄 常務取締役 - 丸山明慶 取締役 - 荒井充興、竹村斉 取締役相談役 - 沼部俊夫 非常勤取締役 - 島川哲雄、井澤昌平 非常勤監査役 - 箕輪新一、石井智 主な音楽協力番組 いずれもテレビ東京系の番組で五十音順に記載。 (Wikipedia:テレビ東京ミュージック)

テレビ東京制作スタッフ一覧
テレビ東京制作スタッフ一覧
テレビ東京のスタッフは編成局、制作局、コンテンツ事業局、報道局、スポーツ局の五箇所で活動している。 現在はプロデューサーが所属部署を越えて番組を制作および製作委員に参加するケースが多い。
(「」内は主な担当番組)
穴見礼(元番組宣伝部)
五十嵐智之
井澤昌平
石川博
大島信彦(「田舎に泊まろう!」、音楽番組担当)
太田哲夫(ドラマ担当、かつてはバラエティ番組担当)
小川治
川原愼
近藤正人(バラエティ番組担当)
武石英三
多田暁
戸張涼
(Wikipedia:テレビ東京制作スタッフ一覧)

テレビ東京メディアネット
社名=株式会社 テレビ東京メディアネット
英文社名=TV TOKYO MEDIANET, INC.
種類=株式会社
郵便番号=105-8012
本社所在地=東京都港区 (東京都) 港区虎ノ門4-3-12
住友新虎ノ門ビル2F
電話番号=03-3432-1288(代表)
設立=1978年4月1日
業種=情報・通信業
事業内容=テレビ番組の供給・調達・販売、アニメ番組の制作、マーチャンダイジング、宣伝・広告業務、オリジナルビデオの制作・販売
代表者=代表取締役社長:三澤啓二
資本金=2000万円
従業員数=65人(2008年6月18日現在)
主要株主=テレビ東京 100%
主要子会社=アニメシアターX 株式会社エー・ティー・エックス
特記事項=}}
テレビ東京メディアネット(テレビとうきょうメディアネット、略称:MEDIANET)は、テレビ東京の関連会社で、自社制作番組の外部販売を行っている会社である。
(Wikipedia:テレビ東京メディアネット)

テレビ東京アート
株式会社テレビ東京アート(英称:TV TOKYO Art & Lighting, Inc.、略称:ALTX)は、テレビ東京出資の直系子会社でテレビの舞台美術・照明技術を制作する会社である。旧「テレビ東京美術センター」・旧「テレビ東京照明(LiTX、前:照明技術)」の合併により発足。 所在地 本社 - 東京都港区虎ノ門4丁目3番12号(〒105-8012) 天王洲スタジオ分室 - 東京都品川区東品川1丁目3番3号(〒140-0012) 所属スタッフ 美術部 小越敏彦 薬王寺哲朗 宇野純一 本橋智子 金森明日香 岡野真由子 小野清菜 三重野基 小谷恵 岩本朝美 篠田幸実 野本和広 小堺健司 高橋昭三 齋藤宗志 仙田拓也 田汲喜義 照明部 瀬戸五郎 三浦弘 加藤昭比古 水野二夫 大郷智広 高柴圭一 栗林智之 長治憲明 塚生崇 宮田和 翁美希子 小林瑞雪 山崎康紀 井町成宏 宮尾淳一 古川雅士 和氣義幸 曽我秀樹 新谷初 藤谷直之 庄司鉄平 新井香澄 土谷彩加 池田龍司 高橋有貴 田中光雄 紅林寛二 吉本紀英 主な実績 美術 = テレビ番組 = == ニュース・報道・経済番組 == 情報・ワイドショー番組 == スポーツ番組 == ドキュメンタリー・トーク・教養番組 == バラエティ番組 == クイズ・ゲーム番組 == 音楽番組 == テレビドラマ 照明 = テレビ番組 = == ニュース・報道・経済番組 == 情報・ワイドショー番組 == スポーツ番組 == ドキュメンタリー・トーク・教養番組 == バラエティ番組 == クイズ・ゲーム番組 == 音楽番組 == テレビドラマ 関連項目 テクノマックス テレビ東京天王洲スタジオ 東京タワースタジオ(旧・東京タワー芝公園スタジオ) 横銭秀一(常務取締役) 外部リンク 公式HP。 (Wikipedia:テレビ東京アート)

テレビ東京美術センター
『テレビ東京アート』より : 株式会社テレビ東京アート(英称:TV TOKYO Art & Lighting, Inc.、略称:ALTX)は、テレビ東京出資の直系子会社でテレビの舞台美術・照明技術を制作する会社である。旧「テレビ東京美術センター」・旧「テレビ東京照明(LiTX、前:照明技術)」の合併により発足。 所在地 本社 - 東京都港区虎ノ門4丁目3番12号(〒105-8012) 天王洲スタジオ分室 - 東京都品川区東品川1丁目3番3号(〒140-0012) 所属スタッフ 美術部 小越敏彦 薬王寺哲朗 宇野純一 本橋智子 金森明日香 岡野真由子 小野清菜 三重野基 小谷恵 岩本朝美 篠田幸実 野本和広 小堺健司 高橋昭三 齋藤宗志 仙田拓也 田汲喜義 照明部 瀬戸五郎 三浦弘 加藤昭比古 水野二夫 大郷智広 高柴圭一 栗林智之 長治憲明 塚生崇 宮田和 翁美希子 小林瑞雪 山崎康紀 井町成宏 宮尾淳一 古川雅士 和氣義幸 曽我秀樹 新谷初 藤谷直之 庄司鉄平 新井香澄 土谷彩加 池田龍司 高橋有貴 田中光雄 紅林寛二 吉本紀英 主な実績 美術 = テレビ番組 = == ニュース・報道・経済番組 == 情報・ワイドショー番組 == スポーツ番組 == ドキュメンタリー・トーク・教養番組 == バラエティ番組 == クイズ・ゲーム番組 == 音楽番組 == テレビドラマ 照明 = テレビ番組 = == ニュース・報道・経済番組 == 情報・ワイドショー番組 == スポーツ番組 == ドキュメンタリー・トーク・教養番組 == バラエティ番組 == クイズ・ゲーム番組 == 音楽番組 == テレビドラマ 関連項目 テクノマックス テレビ東京天王洲スタジオ 東京タワースタジオ(旧・東京タワー芝公園スタジオ) 横銭秀一(常務取締役) 外部リンク 公式HP。 (Wikipedia:テレビ東京美術センター)

テレビ東京天王洲スタジオ
テレビ東京天王洲スタジオ(テレビとうきょうてんのうずスタジオ)は、東京都品川区東品川1-3-3にあるハイビジョン対応のテレビスタジオ。通称「天王洲スタジオ」。 概略 1999年(平成11年)12月12日に竣工した。 テレビ東京は、老朽化が進み、(ハイビジョン化への対応も含め)手狭となった旧本社(東京タワースタジオ、2012年9月30日閉鎖)に代わる新しいスタジオを求めて、この土地にスタジオ建設を計画した。 元々、同社としては現本社から至近地にある芝公園スタジオの建て替えを要望していたが、土地・建物の管理主体であった日本電波塔がなかなか計画を実行しなかったため、それならばと新スタジオ建設計画が始動したという説もある。天王洲スタジオ稼働後も芝公園スタジオ(東京タワースタジオ)は内部の改装や機材のハイビジョン対応改修などを施した上で業務を続けてきたが、建物の老朽化という問題から先述の通り2012年9月をもって閉鎖されている。 (Wikipedia:テレビ東京天王洲スタジオ)

テレビ東京のアナウンサー一覧
テレビ東京のアナウンサー一覧(テレビとうきょうのアナウンサーいちらん)は、テレビ東京編成局アナウンス部に所属するアナウンサーを一覧にしたものである。 日本の民放キー局・準キー局では(開局初期を除き)殆どのアナウンサーが新卒採用であるが、テレビ東京は開局当初から2013年現在まで他局からの移籍者が比較的多い。ただし女性アナウンサーは2000年代までに全員が新卒採用の"生え抜き"に切り替わっている。 また、1980年代からテレビ東京社内の一般職からもアナウンサーを登用していた。1989年に従来の「アナウンス部」が廃止され、新たに「パーソナリティ室」を設置。他局のように枠を分けての採用を行わず、局内・外から多様な人材を募って配属した。この時期に入社したアナウンサーも一般職としての採用である。パーソナリティ室は1995年に「アナウンス室」に改組され、その後もこうした登用は続いたが1999年度から新卒アナウンサーの採用を再開。2004年には「編成局アナウンス部」へ改組された。 現職アナウンサー 入社年順に表記。 (Wikipedia:テレビ東京のアナウンサー一覧)

テレビ東京日曜9時連続ドラマ
テレビ東京系列日曜夜9時連続ドラマ(てれびとうきょうけいれつにちようよるくじれんぞくどらま)は、テレビ東京系列で1989年10月~1992年9月まで毎週日曜日の21:00~21:54に放送されていたテレビドラマおよび時代劇の枠である。 テレビ北海道が開局した1989年10月、それまで放送されていた『日曜ビッグスペシャル』が19時台に繰り上がったことに伴い、このドラマ枠が立ち上げられた。枠設立から1年間は「ウッチャンナンチャンのコンビニエンス物語」に代表されるような若者向けの作品が多かったが、「月影兵庫あばれ旅」以降は時代劇枠となり、「海風をつかまえて」からは再び一般向け作品が続いた。 1992年10月よりバラエティ番組『浅草橋ヤング洋品店』がこの時間帯に移動したことに伴い廃枠。テレビ東京のプライムタイムにおける連続ドラマは1995年10月開始の『クリスマスキス〜イブに逢いましょう』まで3年間のブランクが生じた。 枠の名称 1989年10月~1990年5月の「-コンビニエンス物語」までは「ドラマ青春シリーズ」、さらに1990年4月開始の「-コンビニエンス物語」から1990年9月および1992年4月からは「ドラマ21」という枠称で放送されていた(TVガイド1992年3月27日号87頁参照)。 (Wikipedia:テレビ東京日曜9時連続ドラマ)

テレビ東京水曜8時枠の連続ドラマ
テレビ東京水曜8時枠の連続ドラマ(てれびとうきょうすいようはちじわくのれんぞくどらま)は、テレビ東京系列で1983年4月 - 8月、1985年4月 - 7月、1990年10月 - 1991年3月、1998年1月 - 2000年9月まで毎週水曜日の20:00 - 20:54に放送されていたテレビドラマの枠である。 枠の歴史 5年3ヶ月続いた三波伸介司会の『三波伸介の凸凹大学校』が、三波の急逝で打ち切られた後、1時間単発特別番組枠『水曜大特バン』を3ヶ月放送し、1983年4月10日より天知茂主演の公開ドラマ『AカップCカップ』でスタート。だが半年も持たずに中断、1年7ヶ月後の1985年4月10日より、鳥越マリらが主演の学園コメディ『花の女子校 聖カトレア学園』で再開したが、わずか3ヶ月で水曜19:00し(同時に『花のカトレア学園』に改題)、この枠のドラマも5年3ヶ月中断、この時期はコメディが主流だった。 (Wikipedia:テレビ東京水曜8時枠の連続ドラマ)

テレビ東京日曜朝8時30分枠のアニメ
『』より : (Wikipedia:テレビ東京日曜朝8時30分枠のアニメ)

テレビ東京ソフトウェア
『』より : (Wikipedia:テレビ東京ソフトウェア)


テレビ東京 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第3位  出入国管理及び難民認定法 - 2018年11月30日




出入国管理及び難民認定法
出入国管理及び難民認定法(しゅつにゅうこくかんりおよびなんみんにんていほう、昭和26年政令第319号)は、出入国管理制度(日本国への入国・帰国、日本国からの出国、外国人の日本国在留に関する許可要件や手続、在留資格制度、入国管理局の役割、不法入国や不法在留に関する罰則等)、並びに難民条約及び難民議定書に基づく難民認定制度等を定めた日本の法令である。 沿革 いわゆるポツダム命令の一つとして出入国管理令の題名で1951年(昭和26年)10月4日に公布、同年11月1日に施行された。ポツダム宣言の受諾に伴い発する命令に関する件に基く外務省関係諸命令の措置に関する法律(昭和27年法律第126号)第4条の規定により、日本国との平和条約発効日(1952年(昭和27年)4月28日)以降も「法律としての効力を有する」との存続措置がとられたため、法令番号は政令のままであるが法律の効力を有するものとして扱われており、以後の一部改正もすべて法律により行われている。 (Wikipedia:出入国管理及び難民認定法)


出入国管理及び難民認定法 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第4位  AKB48 - 2018年11月30日


関連するイメージは見つかりませんでした



AKB48
AKB48(エーケービー フォーティエイト)は、日本の女性アイドルグループである。秋元康のプロデュースにより、2005年12月8日に誕生した。 東京・秋葉原(東京都千代田区外神田)に専用劇場「AKB48劇場」(エーケービーフォーティエイトシアター)を持ち、「会いに行けるアイドル」をコンセプトとしてチームごとに日替わりで、ほぼ毎日公演を行うことを特徴としている。マスメディアを通しての遠い存在であったアイドルではなく、身近に感じられる存在であり、その成長していく過程をファンに見てもらい、ともに成長していくアイドルということである。 その一方で、2009年頃からテレビ番組出演の増加などにより、「マスメディアで見かけるアイドル」にもなって知名度も上がり、さらに発表するCDの売り上げが次々と1位を記録したことにより、マスメディアから「国民的アイドル」と呼ばれる存在になっている。 (Wikipedia:AKB48)

AKB48劇場
『秋葉原48劇場』より : AKB48劇場(エーケービーフォーティエイトシアター、英語: AKB48 Theater)は、東京都千代田区外神田(秋葉原電気街)のドン・キホーテ秋葉原店8階に所在するAKB48専用のライブハウスである。 「会いに行けるアイドル」というコンセプトを体現したAKB48の活動拠点である。2005年12月8日にデビュー公演が行われた。本劇場はAKB48の公演でのみ運用されているが、AKB48姉妹グループの出張公演が開催されることもある。2009年8月から2012年3月の間はSDN48と共用していた。本劇場の竣工は2005年であるが、劇場施設そのものはAKB48グループでは大阪市・難波のNMB48劇場(1999年竣工の旧baseよしもと、2011年改装開業)の方が古い。 劇場の立地 蔵前橋通りと中央通りが交わる外神田五丁目交差点から中央通りを南へ200m進んだところにあるビル8階に立地する。地下鉄末広町駅1番出口から南へ200m、JR・秋葉原駅電気街口からは320m程度である。 (Wikipedia:AKB48劇場)

AKB48 Theater
『秋葉原48劇場』より : AKB48劇場(エーケービーフォーティエイトシアター、英語: AKB48 Theater)は、東京都千代田区外神田(秋葉原電気街)のドン・キホーテ秋葉原店8階に所在するAKB48専用のライブハウスである。 「会いに行けるアイドル」というコンセプトを体現したAKB48の活動拠点である。2005年12月8日にデビュー公演が行われた。本劇場はAKB48の公演でのみ運用されているが、AKB48姉妹グループの出張公演が開催されることもある。2009年8月から2012年3月の間はSDN48と共用していた。本劇場の竣工は2005年であるが、劇場施設そのものはAKB48グループでは大阪市・難波のNMB48劇場(1999年竣工の旧baseよしもと、2011年改装開業)の方が古い。 劇場の立地 蔵前橋通りと中央通りが交わる外神田五丁目交差点から中央通りを南へ200m進んだところにあるビル8階に立地する。地下鉄末広町駅1番出口から南へ200m、JR・秋葉原駅電気街口からは320m程度である。 (Wikipedia:AKB48 Theater)

AKB48 45thシングル選抜総選挙
『AKB48 45thシングル選抜総選挙』(エーケービーフォーティエイト フォーティフィフスシングルせんばつそうせんきょ)とは、AKB48の45枚目のCDシングルに参加する選抜メンバーをファンによる投票で決定するイベントである。この選挙の上位16位までのメンバーが2016年に発売予定の45thシングル選抜メンバーとなる。 選挙の実施は、2016年3月21日に公式ブログ・AKB48オフィシャルサイトで発表された。 今回の総選挙では、前回同様に立候補制を採用している。 最終結果が発表される開票イベントは、2016年6月18日に 新潟県立鳥屋野潟公園野球場(HARD OFF ECOスタジアム新潟)で実施される予定である。 投票有資格者 以下のいずれにかに該当する者に投票権がある。 44thシングル「翼はいらない」初回限定盤・通常盤・劇場盤購入者 AKB48ファンクラブサイト「二本柱の会」会員 以下の各グループ公式携帯サイト会員 AKB48 Mobile SKE48 Mobile NMB48 Mobile HKT48 Mobile NGT48 Mobile 以下の各グループ公式メールサービス会員 AKB48 Mail SKE48 Mail NMB48 Mail HKT48 Mail NGT48 Mail AKB48公式スマートフォンアプリ会員 AKB48 OFFICIAL NET会員 DMM.comが提供する以下の月額見放題サービス会員 「AKB48 LIVE!! ON DEMAND」 「SKE48 LIVE!! ON DEMAND」 「NMB48 LIVE!! ON DEMAND」 「HKT48 LIVE!! ON DEMAND」 「NGT48 LIVE!! ON DEMAND」 「AKB48グループ REVIVAL!! ON DEMAND」 被選挙権者 以下の条件のいずれかを満たすメンバーが、所定の用紙に記入し、各劇場の選挙実行委員会に提出することで立候補したことになり、被選挙者となる。 (Wikipedia:AKB48 45thシングル選抜総選挙)

AKB48 37thシングル選抜総選挙
『AKB48 37thシングル選抜総選挙』(エーケービーフォーティエイト サーティセブンスシングルせんばつそうせんきょ)とは、AKB48の37枚目のCDシングルに参加する選抜メンバーをファンによる投票で決定するイベントである。この選挙の上位16位までのメンバーが、2014年8月27日発売の37thシングル「心のプラカード」選抜メンバーとなった。 選挙の実施は、2014年3月22日に公式ブログ・AKB48オフィシャルサイトで発表された。 今回の総選挙では、前回と同じ立候補制を採用することとなったが、海外移籍の場合を除いて卒業メンバーは対象外となった。 投票期間は、2014年5月20日10時00分00秒(JST)から同年6月6日14時59分59秒(JST)までであった。 最終結果が発表される開票イベントは、2014年6月7日に東京都調布市・味の素スタジアムで実施された。会場での司会進行は、徳光和夫と木佐彩子のふたりが担当した。 なお同年5月25日に岩手県滝沢市・岩手産業文化センターで開催された握手会イベントでの傷害事件を受け、総勢106人の手荷物検査員を配置し、計122台のハンディータイプの金属探知機を導入して厳重な検査が行われた結果、会場への入場開始時間を当初の予定よりも1時間前倒ししたが、観客の入場が遅れたことから、開票発表前のライブは、45分遅れの15時15分からスタートすることとなった。 (Wikipedia:AKB48 37thシングル選抜総選挙)

AKB48 41stシングル選抜総選挙
『AKB48 41stシングル選抜総選挙』(エーケービーフォーティエイト フォーティファーストシングルせんばつそうせんきょ)とは、AKB48の41枚目のCDシングルに参加する選抜メンバーをファンによる投票で決定するイベントである。この選挙の上位16位までのメンバーが2015年8月26日に発売の41stシングル「ハロウィン・ナイト」選抜メンバーとなる。 選挙の実施は、2015年3月18日に公式ブログ・AKB48オフィシャルサイトで発表された。 今回の総選挙では、前回同様に立候補制を採用しているが、前回とは異なり2015年3月20日時点で日本国内のAKB48グループに在籍していれば、卒業を発表していても立候補可能となっている。 投票期間は、2015年5月19日10時00分00秒(JST)から同年6月5日14時59分59秒(JST)までである。 最終結果が発表される開票イベントは、2015年6月6日に福岡 ヤフオク!ドームで実施された。会場は、前回のAKB48 37thシングル選抜総選挙開票イベント当日が荒天であったような天候の不安や夜間の騒音問題の懸念から屋内施設での実施を検討し、5万人収容可能な日本全国の大会場のスケジュールを確認し調整をした結果として選ばれた。 (Wikipedia:AKB48 41stシングル選抜総選挙)

AKB48のオーディション
AKB48のオーディション(エーケービー フォーティエイトのオーディション)は、日本の女性アイドルグループ・AKB48のオーディションについて扱う。 オーディションでは、スタッフと話し合った上で最終的には総合プロデューサーの秋元康が合格者を決定する。メンバーを選ぶポイントとしては、正統派美少女ばかりを選ぶのではなく、ファンの好みの多様さに合わせて性格から容姿までなるべく幅広く選ぶことによって(学校の)一クラスのようなリアリティを生み出すようにしているという。特に初期段階は運営スタッフ側に芸能関係の経験が少なかったため、チケットの販売・抽選や整列の具体的な方法などについてファンからアドバイスを受けていた。 合格者・不合格者のうち太字となっているのは2014年4月24日現在、在籍しているメンバー(兼任メンバーを含む)。主な実施要項(多少異なることがある) 応募資格:AKB48メンバーとして芸能活動できる人。3期生までは10歳 - 22歳の範囲で設定されていたが、4期生以降は11歳 - 18歳くらいまでのプロダクションに所属していない女性、経験不問。 (Wikipedia:AKB48のオーディション)

AKB48握手会傷害事件
AKB48握手会傷害事件(エーケービーフォーティエイト あくしゅかいしょうがいじけん)は、2014年(平成26年)5月25日、日本の女性アイドルグループ・AKB48が岩手県滝沢市の岩手産業文化センター(アピオ)で開催していた握手会のイベントにおいて、のこぎりを持った男がグループのメンバー2人とスタッフ1人を切りつけ、負傷させた事件である。AKB48握手会襲撃事件とも呼ばれる。 事件が発生したのは、AKB48のCDに封入されている参加券があれば誰でも参加できる「全国握手会」とよばれるイベントである。グループのメンバーとファンが握手を行う区画(レーン)のひとつに男が入り、のこぎりを取り出してメンバーの川栄李奈と入山杏奈、および2人を守ろうとした男性スタッフを切りつけた。男は周囲にいたスタッフに取り押さえられ、警察に殺人未遂の容疑で現行犯逮捕された。切りつけられた3人は骨折や裂傷を負い、病院へ搬送されてただちに縫合手術を受けた。3人は事件翌日に退院した。 犯人は青森県十和田市に住む、発達障害の診断を受けたことがある当時24歳の男。 (Wikipedia:AKB48握手会傷害事件)

AKB48 22ndシングル選抜総選挙
『AKB48 22ndシングル選抜総選挙』(エーケービーフォーティエイト トゥエンティセカンドシングルせんばつそうせんきょ)とは、AKB48の22枚目のCDシングルに参加する選抜メンバーを、ファンによる投票で決定する選挙である。この選挙の上位21位までのメンバーが2011年8月24日発売の「フライングゲット」選抜メンバーとなった。 『AKB48 22ndシングル選抜総選挙「今年もガチです」』は、2011年6月9日に東京都千代田区の日本武道館で開催された開票イベント名のこと。 選挙の実施は、2011年3月29日にキングレコード公式サイトおよびAKB48公式ブログで発表された。当初は2011年3月25日 - 27日に横浜アリーナで実施予定だったコンサート『たかみなについて行きます』で発表する予定だったが、東日本大震災の影響により中止となったため、このような形となった。 選挙の実施に先立ち、日刊スポーツ紙面上で、2011年4月18日から6月8日まで候補者紹介を行った。また、アピールコメントをAKB48劇場での公演終了後に上映、および「YouTube AKB48オフィシャルチャンネル」にて配信した。 (Wikipedia:AKB48 22ndシングル選抜総選挙)

AKB48 17thシングル選抜総選挙「母さんに誓って、ガチです」
『AKB48 17thシングル選抜総選挙「母さんに誓って、ガチです」』(エーケービーフォーティエイト セブンティーンスシングルせんばつそうせんきょ かあさんにちかって、ガチです)は、AKB48の17thシングルの選抜メンバー選挙である。この選挙の上位21位までのメンバーが、2010年8月18日発売の「ヘビーローテーション」選抜メンバーとなった。 選挙の実施は、2010年3月25日に横浜アリーナで開催されたコンサート『AKB48 満席祭り希望 賛否両論』でAKB48劇場支配人の戸賀崎智信から発表された。前年度実施された『AKB48 13thシングル選抜総選挙「神様に誓ってガチです」』と同様に、選挙ポスターが作成され、AKB48劇場のロビーや渡り廊下の壁などに掲示された。また、政見放送はDMM.comや劇場公演終了後、さらに「ポニーテールとシュシュ」劇場盤握手会会場の幕張メッセでも放映された。他には、日刊スポーツ芸能面において、4月13日付から6月8日付まで毎日、メンバー1人と研究生・SKE48の非選抜メンバー1人を取り上げる形式でマニフェストが連載された。 (Wikipedia:AKB48 17thシングル選抜総選挙「母さんに誓って、ガチです」)

AKB48の歴史
このページでは、日本の女性アイドルグループ・AKB48の歴史について解説する。 より簡略な解説は、AKB48ページの略史を参照。また、 メンバー構成の推移、センターポジションの推移、派生ユニットの略歴については「AKB48のグループ構成」の各節を参照。 2005年 8月、総合プロデューサーの秋元康の主導で「秋葉原48プロジェクト」第1期生メンバー募集を開始。 9月28日、『秋葉原48劇場』をドン・キホーテ秋葉原店8階に設けることを発表。 10月18日、ロゴデザイン決定。 10月30日、東京都港区の芝浦スタジオで最終審査を開催。全応募者7924人のうち、書類審査で絞られた45人の中から、最終的に24人の合格者(倍率約330倍)が発表される。このうち2015年3月現在、AKB48に在籍しているのは小嶋陽菜・高橋みなみ・峯岸みなみの3名。 11月3日、夏まゆみ指導による合格者のシアターレッスンが都内スタジオで開始され、約1か月間の集中特訓が行われる。その後、11月23日から工事中の秋葉原48劇場ステージに場所を移す。 (Wikipedia:AKB48の歴史)

AKB48 13thシングル選抜総選挙「神様に誓ってガチです」
『AKB48 13thシングル選抜総選挙「神様に誓ってガチです」』(エーケービーフォーティエイト サーティーンスシングルせんばつそうせんきょ かみさまにちかってガチです)は、AKB48の13thシングルの選抜メンバー選挙である。この選挙の上位21位までのメンバーが2009年8月26日発売の「言い訳Maybe」選抜メンバーとなった。 2009年4月26日にNHKホールで開催された『「神公演予定」* 諸般の事情により、神公演にならない場合もありますので、ご了承ください。』でAKB48劇場支配人・戸賀崎智信から選抜総選挙を実施することが発表された。公職選挙法に基づいて実施される選挙と同様に選挙ポスターが作成され、AKB48劇場のロビーや渡り廊下などに掲示された。また、政見放送も制作され、DMM.comや劇場公演終了後に放送された。 2009年6月23日から7月7日まで投票が実施され、同年7月8日に赤坂BLITZで開票イベントが開催された。 当選枠 前回同様、上位21人が選抜メンバーに選ばれ、13thシングルのA面を歌う権利を得る。 (Wikipedia:AKB48 13thシングル選抜総選挙「神様に誓ってガチです」)

AKB48シングル選抜じゃんけん大会
AKB48シングル選抜じゃんけん大会(エーケービーフォーティエイト シングルせんばつじゃんけんたいかい)は、AKB48のニューシングルに参加するメンバーを選抜するじゃんけん大会である。 2014年9月17日に第五回目となる「AKB48グループ・じゃんけん大会2014 〜拳で勝ち取れ!1/300ソロデビュー争奪戦〜」を開催した。この第五回はシングル選抜制ではない。 2010年から毎年9月に開催されており、2010年 - 2014年は日本武道館、2015年は横浜アリーナが大会会場として使用されている。また、選抜されたメンバーが歌うこととなる表題曲収録のシングルは12月に発売されている。 開催の背景として、運営サイドが関与せずに選抜メンバーが決まるものとして、選抜総選挙が前年より先んじて開催されており、こちらはAKB48の楽曲の選抜メンバーを「ファンが選ぶ」という名目ではあるが、投票形式のため、知名度の高い人気メンバーが有利になりがちであり「上位の顔ぶれがほとんど変わらない」との声もあった。 (Wikipedia:AKB48シングル選抜じゃんけん大会)

AKB48 27thシングル選抜総選挙
『AKB48 27thシングル選抜総選挙』(エーケービーフォーティエイト トゥエンティセブンスシングルせんばつそうせんきょ)とは、AKB48の27枚目のCDシングルに参加するメンバーをファンによる投票で決定する一連のイベントの名称である。この選挙で上位16位までのメンバーが2012年8月29日に発売された「ギンガムチェック」選抜メンバーとなった。 また、最終結果が発表される開票イベント『AKB48 27thシングル選抜総選挙〜ファンが選ぶ64議席〜』(エーケービーフォーティエイト トゥエンティセブンスシングルせんばつそうせんきょ ファンがえらぶろくじゅうよんぎせき)は、2012年6月6日に日本武道館で実施された。 選挙の実施は、2012年3月25日に開催された『AKB48コンサート 業務連絡。頼むぞ、片山部長! inさいたまスーパーアリーナ』最終公演で発表された。 投票期間は2012年5月22日10時00分00秒(JST)から同年6月5日14時59分59秒(JST)まで。 (Wikipedia:AKB48 27thシングル選抜総選挙)

AKB48関連の楽曲一覧
AKB48関連の楽曲一覧(エーケービーフォーティエイトかんれんのがっきょくいちらん)は、AKB48およびノースリーブスなどの派生ユニットによる楽曲の一覧である。NGT48、OJS48の楽曲についても便宜上ここに含める。 秋元康プロデュース曲に限らず、AKB48関連グループに在籍中のメンバーが歌唱に参加した楽曲を含む。 重複する楽曲は、シングルカットされた劇場公演曲等を除き記載していない。 シングルカップリング曲の歌唱メンバーは、各シングル表題曲ページではなく、このページにのみ記載している。 特記無き場合は、秋元康による作詞である。 姉妹グループの楽曲については、下記の項目を参照のこと。 SKE48の楽曲一覧 NMB48の楽曲一覧 HKT48の楽曲一覧 SDN48の楽曲一覧 JKT48の楽曲一覧 SNH48の楽曲一覧 overture overture作詞:不明、作編曲:尾澤拓実、歌唱:DJ TAZ overture(NGT48 ver.) overture(Team Ogi ver.)「Team Ogi 祭」の際に使用。 (Wikipedia:AKB48関連の楽曲一覧)

AKB48総選挙
AKB48(エーケービー フォーティエイト)は、日本の女性アイドルグループである。秋元康のプロデュースにより、2005年12月8日に誕生した。 東京・秋葉原(東京都千代田区外神田)に専用劇場「AKB48劇場」(エーケービーフォーティエイトシアター)を持ち、「会いに行けるアイドル」をコンセプトとしてチームごとに日替わりで、ほぼ毎日公演を行うことを特徴としている。マスメディアを通しての遠い存在であったアイドルではなく、身近に感じられる存在であり、その成長していく過程をファンに見てもらい、ともに成長していくアイドルということである。 その一方で、2009年頃からテレビ番組出演の増加などにより、「マスメディアで見かけるアイドル」にもなって知名度も上がり、さらに発表するCDの売り上げが次々と1位を記録したことにより、マスメディアから「国民的アイドル」と呼ばれる存在になっている。 (Wikipedia:AKB48総選挙)

AKB48選抜総選挙
AKB48(エーケービー フォーティエイト)は、日本の女性アイドルグループである。秋元康のプロデュースにより、2005年12月8日に誕生した。 東京・秋葉原(東京都千代田区外神田)に専用劇場「AKB48劇場」(エーケービーフォーティエイトシアター)を持ち、「会いに行けるアイドル」をコンセプトとしてチームごとに日替わりで、ほぼ毎日公演を行うことを特徴としている。マスメディアを通しての遠い存在であったアイドルではなく、身近に感じられる存在であり、その成長していく過程をファンに見てもらい、ともに成長していくアイドルということである。 その一方で、2009年頃からテレビ番組出演の増加などにより、「マスメディアで見かけるアイドル」にもなって知名度も上がり、さらに発表するCDの売り上げが次々と1位を記録したことにより、マスメディアから「国民的アイドル」と呼ばれる存在になっている。 (Wikipedia:AKB48選抜総選挙)

AKB48 32ndシングル選抜総選挙
『AKB48 32ndシングル選抜総選挙』(エーケービーフォーティエイト サーティセカンドシングルせんばつそうせんきょ)とは、AKB48の32枚目のCDシングルに参加する選抜メンバーをファンによる投票で決定するイベント。この選挙の上位16位までのメンバーが2013年8月21日発売の32ndシングル「恋するフォーチュンクッキー」選抜メンバーとなった。 また、最終結果が発表される開票イベント『AKB48 32ndシングル選抜総選挙 〜夢は一人じゃ見られない〜』(エーケービーフォーティエイト サーティセカンドシングルせんばつそうせんきょ ゆめはひとりじゃみられない)は、2013年6月8日に神奈川県横浜市・横浜国際総合競技場(日産スタジアム)で開催される『AKB48 スーパーフェスティバル 〜日産スタジアム、小(ち)っちぇっ! 小(ち)っちゃくないし!!〜』内の第二部として実施された。 (Wikipedia:AKB48 32ndシングル選抜総選挙)

AKB48のグループ構成
このページでは、日本の女性アイドルグループ・AKB48のグループ構成に関する以下の事項を解説している。 AKB48のメンバー構成とチーム構成の推移、研究生からの昇格の一覧 ひまわり組公演および、ばら組・ゆり組構想について シングル表題曲の選抜制度およびカップリング曲のアンダーガールズ制度について(選抜総選挙とじゃんけん大会の解説も含む) シングル表題曲のセンターポジションについて AKB48グループの派生ユニットの解説とその所属メンバーの一覧 AKB48グループの「部活動」の解説とその所属メンバーの一覧 AKB48のグループ構成 AKB48を構成する基本的な単位はチームであり、正規メンバーは原則としてチームA、K、B、4、8のいずれかに在籍する。 (Wikipedia:AKB48のグループ構成)

AKB48 シングル選抜総選挙
AKB48 シングル選抜総選挙(エーケービーフォーティエイト シングルせんばつそうせんきょ)は、AKB48のシングルの選抜メンバー選挙である。これまでに複数回実施されてきており、詳細は選挙ごとで執筆されている各項目を参照。 第1回 AKB48 13thシングル選抜総選挙「神様に誓ってガチです」 第2回 AKB48 17thシングル選抜総選挙「母さんに誓って、ガチです」 第3回 AKB48 22ndシングル選抜総選挙 第4回 AKB48 27thシングル選抜総選挙 第5回 AKB48 32ndシングル選抜総選挙 第6回 AKB48 37thシングル選抜総選挙 第7回 AKB48 41stシングル選抜総選挙 第8回 AKB48 45thシングル選抜総選挙。 (Wikipedia:AKB48 シングル選抜総選挙)


AKB48 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第5位  うつ病 - 2018年11月30日


関連するイメージは見つかりませんでした



うつ病
うつ病(うつびょう、鬱病、欝病、英語: Clinical Depression)は、気分障害の一種であり、抑うつ気分、意欲・興味・精神活動の低下、焦燥(しょうそう)、食欲低下、不眠、持続する悲しみ・不安などを特徴とした精神障害である。 『精神障害の診断と統計マニュアル』第5版 (DSM-5) には、うつ病の診断名と大うつ病性障害(英語: Major depressive disorder)が併記されており、この記事では主にこれらについて取り上げる。これは1日のほとんどや、ほぼ毎日、2、3週間は抑うつであり、さらに著しい機能の障害を引き起こすほど重症である場合である。1 - 2年続く死別の反応、経済破綻、重い病気への反応は理解可能な正常な反応である場合がある。 有病者数は世界で3.5億人ほどであり一般的であり、世界の障害調整生命年(DALY)において第3位(4.3%)に位置づけられる。しかし多くの国にて治療につながっておらず、先進国であろうと適切にうつ病と診断されていない事が多く、その一方ではうつ病と誤診されたために間違った抗うつ薬投与がなされている。 (Wikipedia:うつ病)


うつ病 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す