[PR]

日別キーワード

第3位  出入国管理及び難民認定法 - 2018年11月28日


関連するイメージは見つかりませんでした



出入国管理及び難民認定法
出入国管理及び難民認定法(しゅつにゅうこくかんりおよびなんみんにんていほう、昭和26年政令第319号)は、出入国管理制度(日本国への入国・帰国、日本国からの出国、外国人の日本国在留に関する許可要件や手続、在留資格制度、入国管理局の役割、不法入国や不法在留に関する罰則等)、並びに難民条約及び難民議定書に基づく難民認定制度等を定めた日本の法令である。 沿革 いわゆるポツダム命令の一つとして出入国管理令の題名で1951年(昭和26年)10月4日に公布、同年11月1日に施行された。ポツダム宣言の受諾に伴い発する命令に関する件に基く外務省関係諸命令の措置に関する法律(昭和27年法律第126号)第4条の規定により、日本国との平和条約発効日(1952年(昭和27年)4月28日)以降も「法律としての効力を有する」との存続措置がとられたため、法令番号は政令のままであるが法律の効力を有するものとして扱われており、以後の一部改正もすべて法律により行われている。 (Wikipedia:出入国管理及び難民認定法)


出入国管理及び難民認定法 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

出入国管理及び難民認定法 - アマゾン検索


「出入国管理及び難民認定法」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す