[PR]

日別キーワード

第16位  防御率 - 2018年11月28日


関連するイメージは見つかりませんでした



防御率
防御率(ぼうぎょりつ、Earned Run Average / ERA)は、野球やクリケットなどで投手が規定イニングでいくつ自責点を取られるかを平均した数値である。後述のように、低ければ低いほどよい。 その投手の投球回あたりの自責点を1試合相当(9イニング)で表す。すなわち、 投球回に分数 1/3、2/3 を含む場合(1イニング中ワンアウトもしくはツーアウトを奪った時点で交代)は、整数部分だけでなく分数部分も含めて計算する。一般的に、上記の式で算出された数値の小数第3位を四捨五入し、第2位までの値を表示する。防御率をランキングで表示するとき、小数第2位まで同じ値だが厳密には値が異なっているような投手が2人以上いる場合には、小数点以下第3位以降も異なる値になるまで表示する。 イニングの途中で走者を残したまま投手が交代した場合、その走者の得点は、前の投手による自責点として記録される(例外あり。自責点も参照)。従って、無死から登板した場合は防御率が悪くなりやすく、二死から登板した場合は防御率が良くなりやすい。 (Wikipedia:防御率)

防御率 (ゴールキーパー)
例えば1試合90分のサッカーにおいて、30分間(1試合の1/3)だけ出場したGKが1点を取られた場合、その試合を通して出場すればその3倍の3点を取られる計算になるため、防御率は3.00になる。一般的な計算式としては下記のようになる。
 (その選手が出場している間の失点数)×(その競技の1試合あたりの時間)÷(その選手の総出場時間)
平均的な防御率の数値は競技や試合のレベルによって異なる。さらに、同じ競技のトップレベルの試合でも、時代による戦術の流行によって防御率の平均値は大きく変わってくる。
2006年度の日本プロサッカーリーグ Jリーグ(ディビジョン1)の平均防御率は1.59であった。1993年から2009年までのJ(J1)リーグ通算記録で見たときに、1を切っているのは曽ヶ端準(2009年:0.88)アルノ・ヴァンズワム(2000年:0.89)北野貴之(2009年:0.91)の3人であり、サッカーにおいて防御率が1を切る(1試合で取られる点数が1点以下)というのは、GKにとって一つの勲章と言える。また、2006年シーズンの日本プロサッカーリーグ#J.E3.83.AA.E3.83.BC.E3.82.B0_.E3.83.87.E3.82.A3.E3.83.93.E3.82.B8.E3.83.A7.E3.83.B32_.28J2.29 Jリーグ(ディビジョン2)において、横浜FCの菅野孝憲は年間防御率0.67を記録したが、これは驚異的な記録である。
(Wikipedia:防御率 (ゴールキーパー))


防御率 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

防御率 - アマゾン検索


「防御率」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す