[PR]

日別キーワード

第53位  ドリームキャスト - 2018年11月28日


関連するイメージは見つかりませんでした



ドリームキャスト
ドリームキャスト(Dreamcast)は、セガ・エンタープライゼス(後のセガゲームス)が発売した家庭用ゲーム機である。一般にはDCやドリキャスの略称で呼ばれる。 ソニー・コンピュータエンタテインメントのPlayStationに劣勢を強いられていたセガサターンの次世代機として社運を賭けて開発され、1998年11月27日に日本国内で第6世代ゲーム機の先陣として発売された。 最大の特徴として、インターネット通信用のアナログモデムを標準搭載した点が挙げられる。最高通信速度は日本国内向け純正品の場合33.6Kbpsで、本体からの着脱が可能だった。2000年7月に100BASE-T(ソフト側では10BASE-Tとしか使われなかった)LANアダプタ・「ブロードバンドアダプタ」が通販専売品ながら発売された。なお、モデムを標準搭載した家庭用ゲーム機は1996年3月にバンダイから発売されたピピンアットマークに次いで本製品が2番目である。 「ドリームキャスト」の名称は候補を募り絞っていったもので特定の命名者はいない。 (Wikipedia:ドリームキャスト)

ドリームキャストのゲームタイトル一覧
ドリームキャストのゲームタイトル一覧(ドリームキャストのゲームタイトルいちらん)では、ドリームキャスト対応として日本国内で発売された全499タイトルのゲームソフトを発売順に列記する。 追加要素などを含まない廉価版は除く。ドリームキャストダイレクト専売ソフトは、行の最後に◎を表記。 1998年(全8タイトル) 11月27日 ゴジラ・ジェネレーションズ(セガ) 11月27日 バーチャファイター3tb(セガ) 11月27日 ペンペントライアイスロン(ゼネラル・エンタテイメント) 11月27日 July(フォーティファイブ) 12月17日 インカミング人類最終決戦(イマジニア) 12月23日 セヴンスクロス(NECホームエレクトロニクス) 12月23日 TETRIS 4D(BPS) 12月23日 ソニックアドベンチャー(セガ) 1999年(全113タイトル) 1999年前半(全31タイトル) 1月14日 戦国TURB(NECホームエレクトロニクス) 1月21日 神機世界エヴォリューション(セガ) 1月28日 セガラリー2(セガ) 2月25日 パワーストーン(カプコン) 2月25日 ポップンミュージック(コナミ) 3月4日 麻雀大会II Special(コーエー) 3月4日 エアロダンシング featuring Blue Impulse(CRI) 3月4日 ぷよぷよ〜ん(セガ) 3月4日 サイキックフォース2012(タイトー) 3月11日 MONACO GRAND PRIX Racing Simulation2(UBIソフト) 3月11日 リアルサウンド 〜風のリグレット〜(ワープ) 3月18日 北へ。 (Wikipedia:ドリームキャストのゲームタイトル一覧)

ドリームキャストマガジン
『ゲーマガ』より : ゲーマガは、かつてソフトバンククリエイティブが刊行していた月刊の総合ゲーム雑誌。1984年創刊。2012年5月号にて休刊。通巻498号。毎月30日頃(2月は28日)発売。 Beep ルーツは日本ソフトバンクが1984年12月に創刊した月刊のゲーム総合情報誌『Beep』まで遡る。ゲーム雑誌では初めてソノシートを付録にした。 ゲーム雑誌のはしりと呼び得る存在としては、『Beep』創刊以前にも『ログイン』(アスキー)や『コンプティーク』(旧:角川書店、現:KADOKAWA)が存在していた。しかし当時は、パソコン用のゲームの話題が中心となっており、それらの雑誌におけるファミリーコンピュータに代表される家庭用ゲーム機の話題は付随的なものに過ぎなかった。そこで『Beep』は、創刊当初から家庭用ゲーム機の話題を大きく取り扱うことで他誌との差別化を図った。 翌1985年に徳間書店が『ファミリーコンピュータMagazine』を創刊したのを皮切りに各社が相次いでファミリーコンピュータ専門誌を創刊する。 (Wikipedia:ドリームキャストマガジン)

ドリームキャストプレス
『Dreamcast PRESS』より : Dreamcast PRESS(ドリームキャストプレス)は、毎日コミュニケーションズ(後のマイナビ)が発行していた日本のドリームキャスト専門誌。略称は「ドリプレ」だが「ドリームキャストとプレイステーションの情報誌」のように聞こえることから敢えて「DCP」(ディーシーピー)と呼ぶ場合もある。 沿革 前身のセガサターン専門誌・月刊GREAT SATURN Z(グレートサターンゼット)は1996年6月10日創刊。前年にバーチャファイター2がセガ(後のセガゲームス)発売ソフト初の100万本を達成し「勝利宣言」を行った勢いも有り、同機種の専門誌は既にセガサターンマガジン(ソフトバンク出版事業部)・SATURN FAN(徳間書店)・電撃SEGA・EX(メディアワークス)などがひしめく群雄割拠状態であった。 (Wikipedia:ドリームキャストプレス)

ドリームキャストFAN
ドリームキャストFAN(ドリームキャストファン、Dreamcast FAN)は、徳間書店インターメディアが発行していたセガ(後のセガゲームス)の家庭用ゲーム機・ドリームキャスト専門のゲーム雑誌。 沿革 1989年8月に、『ファミリーコンピュータMagazine』の1コーナーから独立する形で『BEEP! メガドライブ』(ソフトバンク)に次ぐメガドライブ専門誌『メガドライブFAN』として創刊。当時のセガが敷いていた「硬派路線」は本誌でも色濃く反映された。 1994年12月、前月のセガサターン(SS)発売に合わせて『SATURN FAN』へ改題。1995年には『バーチャファイター2』がセガ初のミリオンセラーを達成するなどPlayStation(PS)に対して優位を保っていたことも手伝い、月2回刊へペースアップ。しかし、1996年以降メディアワークスや毎日コミュニケーションズによる競合誌の創刊や、SSの優位がまたたく間に崩れ去ってPSに圧倒された市場環境の急激な変化により部数は減少。 (Wikipedia:ドリームキャストFAN)

ドリームキャストファン
『ドリームキャストFAN』より : ドリームキャストFAN(ドリームキャストファン、Dreamcast FAN)は、徳間書店インターメディアが発行していたセガ(後のセガゲームス)の家庭用ゲーム機・ドリームキャスト専門のゲーム雑誌。 沿革 1989年8月に、『ファミリーコンピュータMagazine』の1コーナーから独立する形で『BEEP! メガドライブ』(ソフトバンク)に次ぐメガドライブ専門誌『メガドライブFAN』として創刊。当時のセガが敷いていた「硬派路線」は本誌でも色濃く反映された。 1994年12月、前月のセガサターン(SS)発売に合わせて『SATURN FAN』へ改題。1995年には『バーチャファイター2』がセガ初のミリオンセラーを達成するなどPlayStation(PS)に対して優位を保っていたことも手伝い、月2回刊へペースアップ。しかし、1996年以降メディアワークスや毎日コミュニケーションズによる競合誌の創刊や、SSの優位がまたたく間に崩れ去ってPSに圧倒された市場環境の急激な変化により部数は減少。 (Wikipedia:ドリームキャストファン)


ドリームキャスト - 関連ブログ

データが取得できませんでした

ドリームキャスト - アマゾン検索


「ドリームキャスト」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す