[PR]

日別キーワード

第56位  ヒレ - 2018年11月28日


関連するイメージは見つかりませんでした



ヒレ
ヒレ(仏: filet、英: fillet)とは、食肉部位名称または魚の加工方法のひとつである。 食肉 フィレ、ヒレ肉(ヒレにく)、テンダーロイン(英語:tenderloin)とも。近畿地方では「ヘレ」ともいう。 牛や豚など食用家畜の大腰筋のことである。骨盤の内側にあって大腿骨と脊椎骨を結ぶ1対の棒状で結合組織が少ない筋肉であり、肉の部位のなかでは最も運動しない箇所であるため、非常に柔らかく脂肪のほとんどない赤身肉である。一頭の家畜から採れる量がわずかな、最高級の部位とされる。 魚 三枚におろして骨を抜いた魚の切り身をフィレまたはフィレーと呼ぶ。ただし、肉と異なりヒレと呼ばれることはない。 脚注 注釈 出典 関連項目 ヒレカツ フィレオフィッシュ 骨なし魚 フィッシュ・フィンガー シャトーブリアンステーキen:Fillet (cut)fr:Filet mignon id:Has dalam (sapi) pt:Filé mignon。 (Wikipedia:ヒレ)

ヒレナガゴンドウ
『ゴンドウクジラ属』より : ヒレナガゴンドウ(学名:Globicephala melas)は鯨偶蹄目ハクジラ亜目マイルカ科ゴンドウクジラ属に属するイルカ、またはクジラである。コビレゴンドウ(学名:Globicephala macrorhynchus)と同じゴンドウクジラ属に属するが、ヒレナガゴンドウは非常に長い胸びれが特徴的である。 形態 体長、体重 ヒレナガゴンドウはイルカとして扱われる種の中で最も体長の大きい種の一つである。 性的二形であり、メスの体長は5.8mほど、体重は1,800kg、オスの体長はおよそ7.6mに達し、体重は3,500kgほどである。 外観 ヒレナガゴンドウはシャチやその他の小型のクジラと同様、イルカの中でも大型の種である。丸く膨らんだメロンを持ち、体の色は黒や暗い灰色である。灰色や白の斑紋が喉元や腹部に存在する。喉元にあるこの斑紋は錨の形を描いている。いくつかの個体にはサドルパッチと呼ばれる灰色の模様が背ビレの根元にあり、目元には曲線形の縞模様が存在する。 (Wikipedia:ヒレナガゴンドウ)

ヒレハリソウ
ヒレハリソウ(鰭玻璃草、学名:Symphytum officinale)は、ムラサキ科ヒレハリソウ属の多年生草木である。英名のコンフリー (Comfrey) で知られている。ヨーロッパ・西アジア(コーカサス地方)が原産。高さ1m程度まで育ち、全体に白い粗毛、初夏に淡紅色の釣鐘状の花を付ける。 ヨーロッパでは、古くから根や葉を抗炎症薬や骨折を治すのに伝統的に用いていた。 サラセンズ・ルートという名前で昔から知られ、イギリスには十字軍遠征から戻った兵士が伝えたと言われている。接骨剤としてもちいるため、中世ヨーロッパでは農家などに大きく広まった。 日本へは明治時代に導入され、家畜の飼料や食用として利用された。昭和40年代に健康食品として一時期大ブームとなり、植えられたものが一部野生化した。日本では、葉を天ぷらなどにして食べることが多かった。また、胃潰瘍や大腸炎などの病気に、コンフリーの錠剤やハーブティーを飲むことがあったが、大量に服用すると肝臓を傷めるという事で現在では行われていない。 (Wikipedia:ヒレハリソウ)

ヒレタゴボウ
名称 ヒレタゴボウ
省略 双子葉植物綱
目 フトモモ目 :w:Myrtales Myrtales
科 アカバナ科 :w:Onagraceae Onagraceae
属 チョウジタデ属 ”:w:Ludwigia Ludwigia”
種 ヒレタゴボウ ”L. decurrens”
学名 ”Ludwigia decurrens”
和名 ヒレタゴボウ(鰭田牛蒡)アメリカミズキンバイ
ヒレタゴボウ(鰭田牛蒡、”Ludwigia decurrens”)はアカバナ科チョウジタデ属の植物。アメリカミズキンバイともいう。
北アメリカ原産の一年草。
帰化植物
林弥栄監修、平野隆久写真 『野に咲く花』 山と溪谷社〈山溪ハンディ図鑑1〉、1989年、ISBN 4-635-07001-8。
アカバナ科
(Wikipedia:ヒレタゴボウ)

ヒレル・スロヴァク
ヒレル・スロヴァク(Hillel Slovak、1962年4月13日 – 1988年6月25日)は、イスラエルのハイファ生まれ、アメリカ ニューヨーク クイーンズ区出身のギタリスト、作曲家、ミュージシャンである。 レッド・ホット・チリ・ペッパーズ初代のギタリストとして知られる。姓は、ヘブライ語で「スロバキアの、スロバキア語の、スロバキア人」を意味しており、実父がスロバキア出身であったことに由来する。ちなみに、母親はポーランド出身である。 幼少時代に、家族とともにアメリカ・ニューヨークのクイーンズ区に移住。高校時代に、アンソニー・キーディス、フリーとともにレッド・ホット・チリ・ペッパーズの前身となるバンドを結成。当初は、別の友人が結成したバンド、What Is Thisとの掛け持ちしていたため、ファースト・アルバムには参加できなかったが、やがて方向性の違いから、レッド・ホット・チリ・ペッパーズに転身。 (Wikipedia:ヒレル・スロヴァク)

ヒレアシ科 (Sibley)
ヒレアシ科(ヒレアシ科、Heliornithidae)は、動物界脊索動物門鳥綱ツル目に属する科。 分布 アフリカ大陸、北アメリカ大陸南部、南アメリカ大陸、ユーラシア大陸南部、インドネシア(スマトラ島) 形態 全長30-60センチメートル。メスよりもオスの方がやや大型になる。頭部は小型。頸部や胴体はやや長い。尾羽は幅広い上に長く、硬い。翼は短く、丸みを帯びる。 嘴は長い。後肢は短く、胴体後方に位置する。趾には葉状の水かきと、鋭い爪がある。 卵の殻は淡黄色や淡褐色、赤褐色で、褐色や紫色の斑紋が入る。 分類 ツル目内ではクイナ科に近縁だと考えられている。 マレーヒレアシ属 Heliopais Heliopais personata アジアヒレアシ Masked Finfootアメリカヒレアシ属 Heliornis Heliornis fulica アメリカヒレアシ Sungrebeアフリカヒレアシ属 Podica Podica senegalensis アフリカヒレアシ African Finfoot 生態 湿原、河川、干潟、浸水林などに生息し、水辺が樹木で覆われた暗く開けていない環境を好む。 (Wikipedia:ヒレアシ科 (Sibley))

ヒレアシ科
『ヒレアシ科 (Sibley)』より : ヒレアシ科(ヒレアシ科、Heliornithidae)は、動物界脊索動物門鳥綱ツル目に属する科。 分布 アフリカ大陸、北アメリカ大陸南部、南アメリカ大陸、ユーラシア大陸南部、インドネシア(スマトラ島) 形態 全長30-60センチメートル。メスよりもオスの方がやや大型になる。頭部は小型。頸部や胴体はやや長い。尾羽は幅広い上に長く、硬い。翼は短く、丸みを帯びる。 嘴は長い。後肢は短く、胴体後方に位置する。趾には葉状の水かきと、鋭い爪がある。 卵の殻は淡黄色や淡褐色、赤褐色で、褐色や紫色の斑紋が入る。 分類 ツル目内ではクイナ科に近縁だと考えられている。 マレーヒレアシ属 Heliopais Heliopais personata アジアヒレアシ Masked Finfootアメリカヒレアシ属 Heliornis Heliornis fulica アメリカヒレアシ Sungrebeアフリカヒレアシ属 Podica Podica senegalensis アフリカヒレアシ African Finfoot 生態 湿原、河川、干潟、浸水林などに生息し、水辺が樹木で覆われた暗く開けていない環境を好む。 (Wikipedia:ヒレアシ科)

ヒレ肉
『ヒレ』より : ヒレ(仏: filet、英: fillet)とは、食肉部位名称または魚の加工方法のひとつである。 食肉 フィレ、ヒレ肉(ヒレにく)、テンダーロイン(英語:tenderloin)とも。近畿地方では「ヘレ」ともいう。 牛や豚など食用家畜の大腰筋のことである。骨盤の内側にあって大腿骨と脊椎骨を結ぶ1対の棒状で結合組織が少ない筋肉であり、肉の部位のなかでは最も運動しない箇所であるため、非常に柔らかく脂肪のほとんどない赤身肉である。一頭の家畜から採れる量がわずかな、最高級の部位とされる。 魚 三枚におろして骨を抜いた魚の切り身をフィレまたはフィレーと呼ぶ。ただし、肉と異なりヒレと呼ばれることはない。 脚注 注釈 出典 関連項目 ヒレカツ フィレオフィッシュ 骨なし魚 フィッシュ・フィンガー シャトーブリアンステーキen:Fillet (cut)fr:Filet mignon id:Has dalam (sapi) pt:Filé mignon。 (Wikipedia:ヒレ肉)

ヒレガス
マイケル・ヒレガス (Michael Hillegas, 1729 - 1804) - アメリカ合衆国の政治家。初代アメリカ合衆国財務官。 クリフトン・ヒレガス (w:Clifton Hillegass, 1918 - 2001) - アメリカ合衆国の作家。 (Wikipedia:ヒレガス)


ヒレ - 関連ブログ

データが取得できませんでした

ヒレ - アマゾン検索


「ヒレ」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す