[PR]

日別キーワード

第58位  ホオジロ - 2018年11月28日


関連するイメージは見つかりませんでした



ホオジロ
ホオジロ(頬白、Emberiza cioides)は、スズメ目ホオジロ科ホオジロ属に分類される鳥類の一種。東アジアに広く分布し、顔の模様とさえずりが特徴的な小鳥である。 分布 シベリア南部、中国から沿海地方、朝鮮半島、日本まで、東アジアに広く分布する。 日本では種子島、屋久島から北海道まで分布し、身近な野鳥の一つである。基本的に長距離の渡りはしない留鳥だが、北海道などの寒冷地では夏鳥として渡来繁殖し、冬季は暖地や南方へ移動する。 形態 成鳥は全長17 cmほどでスズメとほぼ同じ大きさだが、尾羽が長い分だけ大きくみえる。翼開長が約24 cm。成鳥の顔は喉・頬・眉斑が白く目立ち、「頬白」の和名はここに由来する。一方、頭・過眼線・顎線は褐色で、先の白色部と互い違いの帯模様のように見える。オスは過眼線が黒いが、メスは褐色なのでよく観察すると区別がつく。メスの方がオスよりも全体に色が淡い。幼鳥は顔の色分けが不鮮明で、全体的に淡褐色をしている。 くちばしは短く太い円錐形をしている。頭頂部は褐色と黒の羽毛が混じり、短い冠羽がある。 (Wikipedia:ホオジロ)

ホオジロ族 (Sibley)
ホオジロ科(ホオジロか、学名 Emberizidae)は、鳥類スズメ目の科である。分類によってはホオジロ亜科 Emberizinae・ホオジロ族 Emberizini とも。 南極・オーストラリア区以外の世界中に分布する。 系統と分類 科間の系統関係は Klicka et al. (2007); Weir et al. (2009)より。伝統的に(狭義)ホオジロ科だった属を含む科に☆をつけた。ホオジロ科の内部系統は主に DaCosta et al. (2009)、補助的に Cadena et al. (2007)より。いくつかの単型属ゴマフヒメドリ Xenospiza、オジロヒメドリ Pooecetes、ヒバリヒメドリ Chondestes、キューバシトド Torreornis、アオノジコ Porphyrospiza、コクカンチョウ Gubernatrix は系統位置が不明で記載されていない。 (Wikipedia:ホオジロ族 (Sibley))

ホオジロザメ
『ホホジロザメ』より : ホホジロザメ(頬白鮫、Carcharodon carcharias)は、ネズミザメ目ネズミザメ科ホホジロザメ属に分類されるサメ。本種のみでホホジロザメ属を形成する。ホオジロザメとも。ホホジロザメの名称は日本魚類学会発行の日本産魚類目録に記載された標準和名である。 分布 亜熱帯から亜寒帯まで、世界中の海に広く分布している。北はアラスカやカナダ沿岸にも出現した記録がある。アメリカ合衆国や南アフリカ共和国、オーストラリア、ニュージーランドの周辺海域、地中海等で多く見られる。日本近海にも分布する。2009年、メキシコ-ハワイ間の深海にホホジロザメが集う海域(ホホジロザメ・カフェ)があるという研究結果が公表された。 形態 平均的なホホジロザメの体長は4.0-4.8メートル、体重680-1100キログラムである。オスよりメスのほうが大型で、身体能力も大きな差がある。最大体長および体重に関しては諸説あり、未だ見解は一致していない。体長11メートルを越える巨大な個体も報告されているが、専門家の意見では体長6メートル、体重1900キログラム程度が最大と見積もられている。 (Wikipedia:ホオジロザメ)

ホオジロハクセキレイ
『ハクセキレイ』より : ハクセキレイ(白鶺鴒、学名:Motacilla alba lugens)はセキレイ科に分類される鳥類。世界中に広く分布するタイリクハクセキレイ(学名 Motacilla alba)の一亜種。 英名では、タイリクハクセキレイ各亜種を総称して "White Wagtail" と呼ばれるとともに、特にハクセキレイ (M. a. lugens) を指す際には "Japanese (Kamchatka) Pied Wagtail", "Black-backed Wagtail" と呼ばれる。 分布 ロシア沿海地方・ハバロフスク地方の沿岸部、カムチャツカ半島、千島列島、樺太、日本列島(北海道、本州)および中国東北部に分布する留鳥または漂鳥。冬場の積雪地でも観察される。 日本では、かつては北海道や東北地方など北部でのみ繁殖が観察されていたが、20世紀後半より繁殖地を関東・中部などへと拡げ、現在は東日本では普通種になっている(#セキレイ類近縁種の分布を参照)。 (Wikipedia:ホオジロハクセキレイ)

ホオジロカンムリヅル
ホオジロカンムリヅル(頬白冠鶴、Balearica regulorum)は、鳥綱ツル目ツル科カンムリヅル属に分類される鳥。 分布 アフリカ大陸南部 形態 全長100cm。額の部分にビロード状の密生した羽毛、頭頂に麦わらを束ねたような冠羽を持つ(これが名前の由来)。頚部の羽毛は明るい灰色で、英名の由来になっていると思われる。 和名の通り、頬の部分は白い。しかし繁殖期になるとこの白い部分も赤く染まる。 カンムルヅル属の別種カンムリヅルとは、あまり形態に差が無いことから亜種とする説もある。 Sibley-Ahlquist鳥類分類 本属は従来の分類とSibley-Ahlquist鳥類分類において分類上の位置に変化はない。 生態 池沼、湿地等に生息する。昼行性で、夜間は樹上で休む。草を積み上げた塚状の巣を作る。 食性は雑食で、昆虫類、節足動物、小型哺乳類、果実、種子等を食べる。地面を叩き驚いて飛び出した獲物を捕食する。 参考文献 『原色ワイド図鑑4 鳥』、学習研究社、1984年、93項 関連項目 ウガンダの国旗 ウガンダの国鳥。 (Wikipedia:ホオジロカンムリヅル)

ホオジロ科
『ホオジロ亜科 (Sibley)』より : ホオジロ科(ホオジロか、学名 Emberizidae)は、鳥類スズメ目の科である。分類によってはホオジロ亜科 Emberizinae・ホオジロ族 Emberizini とも。 南極・オーストラリア区以外の世界中に分布する。 系統と分類 科間の系統関係は Klicka et al. (2007); Weir et al. (2009)より。伝統的に(狭義)ホオジロ科だった属を含む科に☆をつけた。ホオジロ科の内部系統は主に DaCosta et al. (2009)、補助的に Cadena et al. (2007)より。いくつかの単型属ゴマフヒメドリ Xenospiza、オジロヒメドリ Pooecetes、ヒバリヒメドリ Chondestes、キューバシトド Torreornis、アオノジコ Porphyrospiza、コクカンチョウ Gubernatrix は系統位置が不明で記載されていない。 (Wikipedia:ホオジロ科)

ホオジロ亜科 (Sibley)
New World nine-primaried oscines(ニュー・ワールド・ナイン・プライマリード・オサインズ)は、鳥類スズメ目スズメ上科内の系統である。 nine-primaried oscines を構成する2つの姉妹群のうち1つで、他方であるアトリ科が主に旧世界に棲むのに対し、New World nine-primaried oscines は主に新世界 (New World) に棲む。より詳細には、ホオジロ属が旧世界に棲む以外は両米に棲む。 ただし、アトリ科を含めた nine-primaried oscines 全体が新世界起源であるという(現在は否定的な)理由から、nine-primaried oscines を New World nine-primaried oscines と呼ぶ語法もある。 系統 nine-primaried oscines 内は Klicka et al.(2007); Weir et al. (2009)より。 (Wikipedia:ホオジロ亜科 (Sibley))

ホオジロガモ
ホオジロガモ(頬白鴨、学名:Bucephala clangula)は、カモ目カモ科に分類される鳥類の一種である。和名の由来は、頬に白い模様があることによる。。学名の内、属名Bucephalaはアレクサンドロス3世(大王)の馬の名前からつけられたもので、種小名clangulaは「やかましく騒ぐ」ことを意味する。 分布 北ヨーロッパからシベリア、カムチャツカまでのツンドラ以南の森林、南はウスリーで繁殖し、地中海やペルシア湾、日本、中国南部、朝鮮半島などで越冬する旧北区亜種と、アラスカやカナダで繁殖し、アメリカ中部などで越冬する新北区亜種に分けられる。 日本へは亜種ホオジロガモが冬鳥として渡来する。北日本に多く渡来し、本州中部以南で観察される個体は多くない。 形態 全長はオスで約46cm。雌雄とも他のカモ類と比べて、体の割りに頭部が大きく見える。雄は頭部が緑色の光沢のある黒色で、顔の前面に丸い白斑がある。背は黒く、胸、腹、尾羽は白い。雌は頭部と背は褐色で、体下面は灰褐色。顔の白斑はない。 生態 4月から6月にかけて繁殖する。 (Wikipedia:ホオジロガモ)

ホオジロ族 (Sibley)
ホオジロ科(ホオジロか、学名 Emberizidae)は、鳥類スズメ目の科である。分類によってはホオジロ亜科 Emberizinae・ホオジロ族 Emberizini とも。 南極・オーストラリア区以外の世界中に分布する。 系統と分類 科間の系統関係は Klicka et al. (2007); Weir et al. (2009)より。伝統的に(狭義)ホオジロ科だった属を含む科に☆をつけた。ホオジロ科の内部系統は主に DaCosta et al. (2009)、補助的に Cadena et al. (2007)より。いくつかの単型属ゴマフヒメドリ Xenospiza、オジロヒメドリ Pooecetes、ヒバリヒメドリ Chondestes、キューバシトド Torreornis、アオノジコ Porphyrospiza、コクカンチョウ Gubernatrix は系統位置が不明で記載されていない。 (Wikipedia:ホオジロ族 (Sibley))

ホオジロ亜科 (Sibley)
New World nine-primaried oscines(ニュー・ワールド・ナイン・プライマリード・オサインズ)は、鳥類スズメ目スズメ上科内の系統である。 nine-primaried oscines を構成する2つの姉妹群のうち1つで、他方であるアトリ科が主に旧世界に棲むのに対し、New World nine-primaried oscines は主に新世界 (New World) に棲む。より詳細には、ホオジロ属が旧世界に棲む以外は両米に棲む。 ただし、アトリ科を含めた nine-primaried oscines 全体が新世界起源であるという(現在は否定的な)理由から、nine-primaried oscines を New World nine-primaried oscines と呼ぶ語法もある。 系統 nine-primaried oscines 内は Klicka et al.(2007); Weir et al. (2009)より。 (Wikipedia:ホオジロ亜科 (Sibley))

ホオジロオナガガモ
ホオジロオナガガモ(頬白尾長鴨、Anas bahamensis)は、カモ目カモ科マガモ属に分類される鳥類。 分布 西インド諸島、南アメリカ北部および中部、ガラパゴス諸島と広く分布する。 亜種 3亜種に分類される。 A. bahamensis bahamensis (Linnaeus, 1758) キタホオジロオナガガモ(英: Lesser White-cheeked Pintail) 南アメリカ北部(ガイアナ、コロンビア北部、スリナム、ブラジル北東部、 仏領ギアナ、ベネズエラ)、西インド諸島 。 A. bahamensis galapagensis (Ridgway, 1890) ガラパゴスホオジロオナガガモ(英: Galapagos White-cheeked Pintail) ガラパゴス諸島(エクアドル)。 フロレアナ島、サン・クリストバル島、サンタ・クルス島、イサベラ島、フェルナンディナ島、 サンチャゴ島で繁殖する。ガラパゴス諸島の大きな島々に生息し、降雨の時節にはヘノベサ島のほか、ラビダ島、ピンソン島、サンタ・フェ島、バルトラ島、エスパニョラ島でも観察される。 (Wikipedia:ホオジロオナガガモ)


ホオジロ - 関連ブログ

データが取得できませんでした

ホオジロ - アマゾン検索


「ホオジロ」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す