[PR]

日別キーワード

第59位  マルゲリータ - 2018年11月28日


関連するイメージは見つかりませんでした



マルゲリータ
マルゲリータ(Margherita)は、イタリア語でフランスギクまたはヒナギクのこと。本来は印欧語由来で真珠をさす言葉だった(現在はPerlaを使う)。また、女性名に使われるが、これは聖女アンティオキアのマルガリタに由来する。 人名 王侯・貴族 マルゲリータ・ディ・サヴォイア=ジェノヴァ - イタリア王ウンベルト1世の王妃。ナポリピッツァの一種マルゲリータに名を残す。 マルゲリータ・ダウストリア (パルマ公妃) - パルマ公オッターヴィオ・ファルネーゼの妃。神聖ローマ皇帝カール5世の庶子。 マルゲリータ・ディ・サヴォイア (マントヴァ公妃) - マントヴァ公フランチェスコ4世の妃。サヴォイア公カルロ・エマヌエーレ1世の娘。 マルゲリータ・デ・メディチ - パルマ公オドアルド1世の妃。 マルゲリータ・ディ・ボルゴーニャ - シチリア王カルロ1世の妃。 マルゲリータ・ディ・ドゥラッツォ - ナポリ王カルロ3世(=ハンガリー王カーロイ2世)の妃。 マルゲリータ・ディ・ナヴァッラ - シチリア王グリエルモ1世の妃。 (Wikipedia:マルゲリータ)

マルゲリータ (政党)
マルゲリータ・民主主義とは自由(マルゲリータ・みんしゅしゅぎとはじゆう、イタリア語: Democrazia è Libertà - La Margherita, "DL")は、かつて存在したイタリアの政党である。「マルゲリータ」はイタリア語でヒナゲシを意味する。 2000年、次期総選挙に向けて与党の中道左派連合「オリーブの木」内の旧・キリスト教民主主義出身勢力を中心に左翼勢力の影響力を抑え、保守・中道右派勢力への浸透を図るため、連合内連合を目指す動きが起こった。 キリスト教左派政治勢力は、ローマ市長であったフランチェスコ・ルテッリを代表とする政党連合「マルゲリータ」を発足させた。ルテッリは「オリーブの木」最大政党・左翼民主主義者(DS)の支持を受け「オリーブの木」の首相候補となった。しかし2001年の総選挙ではシルヴィオ・ベルルスコーニに率いる中道右派連合「自由の家」に敗北した。 2002年、下野をきっかけに「マルゲリータ」所属政党は中道勢力の再編成を目指してイタリア人民党(PPI)、民主主義者、欧州民主連合、イタリア刷新(RI)が合流、新党「マルゲリータ」を結成した。 (Wikipedia:マルゲリータ (政党))

マルゲリータ党
『マルゲリータ (政党)』より : マルゲリータ・民主主義とは自由(マルゲリータ・みんしゅしゅぎとはじゆう、イタリア語: Democrazia è Libertà - La Margherita, "DL")は、かつて存在したイタリアの政党である。「マルゲリータ」はイタリア語でヒナゲシを意味する。 2000年、次期総選挙に向けて与党の中道左派連合「オリーブの木」内の旧・キリスト教民主主義出身勢力を中心に左翼勢力の影響力を抑え、保守・中道右派勢力への浸透を図るため、連合内連合を目指す動きが起こった。 キリスト教左派政治勢力は、ローマ市長であったフランチェスコ・ルテッリを代表とする政党連合「マルゲリータ」を発足させた。ルテッリは「オリーブの木」最大政党・左翼民主主義者(DS)の支持を受け「オリーブの木」の首相候補となった。しかし2001年の総選挙ではシルヴィオ・ベルルスコーニに率いる中道右派連合「自由の家」に敗北した。 2002年、下野をきっかけに「マルゲリータ」所属政党は中道勢力の再編成を目指してイタリア人民党(PPI)、民主主義者、欧州民主連合、イタリア刷新(RI)が合流、新党「マルゲリータ」を結成した。 (Wikipedia:マルゲリータ党)

マルゲリータ (パルマ公妃)
(Wikipedia:マルゲリータ (パルマ公妃))

マルゲリータ (イタリア王妃)
マルゲリータ・マリーア・テレーザ・ジョヴァンナ・ディ・サヴォイア=ジェノヴァ(イタリア語: Margherita Maria Teresa Giovanna di Savoia-Genova,1851年11月20日 - 1926年1月4日)は、サヴォイア家の王族。サヴォイア=ジェノヴァ家出身で、本家にあたるサヴォイア=カリニャーノ家の当主であるイタリア王ウンベルト1世と結婚(従兄妹婚)してイタリア王妃となった。兄弟には父の爵位を継いだ第2代ジェノヴァ公トンマーゾがいる。 生涯 1851年11月20日、サヴォイア=ジェノヴァ家の初代当主ジェノヴァ公フェルディナンドと、ザクセン王女エリーザベト・フォン・ザクセン(エリザベッタ)の長女として、サルデーニャ王国の首都トリノに生まれた。 マルゲリータの叔父ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世はサヴォイア家の当主としてサルデーニャ・ピエモンテ王の地位にあったが、リソルジメントを経てイタリア王に即位した。 (Wikipedia:マルゲリータ (イタリア王妃))

マルゲリータ (イタリア王妃)
マルゲリータ・マリーア・テレーザ・ジョヴァンナ・ディ・サヴォイア=ジェノヴァ(イタリア語: Margherita Maria Teresa Giovanna di Savoia-Genova,1851年11月20日 - 1926年1月4日)は、サヴォイア家の王族。サヴォイア=ジェノヴァ家出身で、本家にあたるサヴォイア=カリニャーノ家の当主であるイタリア王ウンベルト1世と結婚(従兄妹婚)してイタリア王妃となった。兄弟には父の爵位を継いだ第2代ジェノヴァ公トンマーゾがいる。 生涯 1851年11月20日、サヴォイア=ジェノヴァ家の初代当主ジェノヴァ公フェルディナンドと、ザクセン王女エリーザベト・フォン・ザクセン(エリザベッタ)の長女として、サルデーニャ王国の首都トリノに生まれた。 マルゲリータの叔父ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世はサヴォイア家の当主としてサルデーニャ・ピエモンテ王の地位にあったが、リソルジメントを経てイタリア王に即位した。 (Wikipedia:マルゲリータ (イタリア王妃))


マルゲリータ - 関連ブログ

データが取得できませんでした

マルゲリータ - アマゾン検索


「マルゲリータ」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す