[PR]

日別キーワード

第65位  下弦の月 - 2018年11月28日


関連するイメージは見つかりませんでした



下弦の月
弦月(げんげつ、英語:half moon、half-moon)は半月(はんげつ)の文学的表現である。出現時期により、最初に半月となる月相7は上弦の月、次に半月となる月相21は下弦の月とも表現する(角度で言えば90度と270度)。月齢は平均7.38日と21.15日となる。月の表のうち半分が明るく輝いているため、半月という。文学的な表現であり出現時期が違うだけで科学的な意味はない。 呼び名 弦月の名は、輝いている半円部分を、弓とそれに張った弦になぞらえたもので、弓張(ゆみはり)、弓張月(ゆみはりづき)ともいう。弦月と書いてゆみはりと訓読みすることもある。他に、恒月(こうげつ)、破月(はげつ)、片割月(かたわれづき)などとも。これらは基本的に、月にまつわる他の語と同様、秋の季語である。 なお、幻月は無関係な用語である。 上弦と下弦 新月から次の新月までの1朔望月(約1ヶ月間)の中で弦月(半月)は2回あり、最初に半月となる1つ目(月相7)を上弦の月(じょうげんのつき)、上弦月(じょうげんげつ)または単に上弦(じょうげん)と表現し、次に半月となる2つ目(月相21)を下弦の月(かげんのつき)、下弦月(かげんげつ)、または単に下弦(かげん)と表現する。 (Wikipedia:下弦の月)

下弦の月〜ラスト・クォーター
『下弦の月〜ラスト・クォーター』(かげんのつき ラストクォーター)は、二階健が脚本・映画監督 監督をつとめる日本の映画作品である。原作は矢沢あいの漫画『下弦の月』。2004年10月9日日本公開。
2004年10月、女子大生・望月美月と中学生・白石蛍は同じ時刻に交通事故に遭う。生死を彷徨う中で、二人は柵のある不思議な森で出会う。
美月は19歳の誕生日パーティーの夜に、彼氏の安西知己が自分の親友・綾と浮気していたことを知り、知己に唐突的な別れを告げた。その帰り道、子供の頃から自分しか知らなかった曲を誰かがギターで演奏するのが聴こえた。そのメロディーに誘われて歩いて行くと、古びた洋館に辿り着いた。謎の洋館でロンドンから来たミュージシャン・アダムと衝撃的に出会う。1週間後、アダムと待ち合わせをした横浜美術館前の交差点でトラックに轢かれてしまう。蛍は行方不明の飼い猫シベールを捜し回るうちに、車にはねられていた。
(Wikipedia:下弦の月〜ラスト・クォーター)

下弦の月~ラスト・クォーター
『下弦の月』(かげんのつき)は、矢沢あい作の漫画。1998年から1999年にかけて『りぼん』で連載された。 『ご近所物語』の次作。暗くシリアスな内容であり、しかもギャグやお笑い要素は極力抑えられている。 本稿では、映画化作品である『下弦の月〜ラスト・クォーター』についても併せて扱う。 あらすじ 美月は、ギターでせつない旋律を奏でるアダムと運命的な出会いをした。不仲な家族のいる居心地の悪い家を飛び出し、アダムと暮らし始めた美月。だが、下弦の月の夜、美月は交通事故に遭ってしまう。一方、小学生の蛍は事故に遭い意識を失っていた。昏睡した蛍の夢の中に、ただ柵しかない不思議な場所と美しい女性が登場する。昏睡から目覚めた蛍は退院後、廃墟から聞こえるピアノの音に引き寄せられ、廃墟に侵入する。そこにはアダムという恋人のこと以外すべての記憶を忘れている、夢で出会った女性・美月がいた。 登場人物 ※「演」の記述は、映画版である 望月美月(もちづき みづき)/イブ 演 - 栗山千明、幼少:市川佳奈 女子高生。 (Wikipedia:下弦の月~ラスト・クォーター)


下弦の月 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

下弦の月 - アマゾン検索


「下弦の月」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す