[PR]

日別キーワード

第73位  京都新聞 - 2018年11月28日


関連するイメージは見つかりませんでした



京都新聞
京都新聞(きょうとしんぶん)は、京都府と滋賀県を中心に発行されている地方紙である。 京都市に加え、大津市にも本社を置き、両府県の主読紙として定着している。準ブロック紙としての性格を持っている。朝刊・夕刊(京都府北部・滋賀県北部は朝刊のみ)を発行し、発行部数は約49万部(朝刊、2004年1月)。2006年4月には、新聞事業を編集・経営、事業・販売・広告、制作に3分社化する「グループ経営」に移行し、新たな新聞経営の形態として業界の注目を浴びる。新聞販売と広告営業・イベント企画などの事業は京都新聞社本社から分社化された「(株)京都新聞COM」が、新聞印刷事業は「(株)京都新聞印刷」がそれぞれ行っている。 グループ経営としては2002年に読売新聞が読売新聞グループ本社のもとに再編・分社化を導入しているが、東京、大阪、西部など地域ごとの分社であり、京都新聞のように1地域の新聞発行を業務単位で分社する試みは初めてのことである。 (Wikipedia:京都新聞)

京都新聞杯
京都新聞杯(きょうとしんぶんはい)は、日本中央競馬会(JRA)が京都競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(GII)である。 京都新聞は、京都府京都市に本社を置く新聞社。同社より寄贈賞の提供を受けている。 正賞は京都新聞杯。 東京優駿(日本ダービー)の前哨戦として行われ、同競走の出走を目指す3歳馬が収得賞金の加算を狙って出走する。 1953年に菊花賞の前哨戦として「京都盃(きょうとはい)」の名称で創設された、4歳(現3歳)馬による重賞競走。1971年より現名称となった。 創設時は10月に京都競馬場の芝2400mで行われ、1967年から1999年まで菊花賞トライアルに指定。距離や施行場・競走条件は幾度かの変遷を経て、グレード制の導入に伴いGIIに格付けされた1984年より芝2200mで行われるようになったが、2000年に菊花賞の施行時期が10月に繰り上げられると本競走は菊花賞トライアルの指定から外され、施行時期を5月に移設のうえ距離を芝2000mに短縮、格付けもGIIIに変更。 (Wikipedia:京都新聞杯)

京都新聞社
『京都新聞』より : 京都新聞(きょうとしんぶん)は、京都府と滋賀県を中心に発行されている地方紙である。 京都市に加え、大津市にも本社を置き、両府県の主読紙として定着している。準ブロック紙としての性格を持っている。朝刊・夕刊(京都府北部・滋賀県北部は朝刊のみ)を発行し、発行部数は約49万部(朝刊、2004年1月)。2006年4月には、新聞事業を編集・経営、事業・販売・広告、制作に3分社化する「グループ経営」に移行し、新たな新聞経営の形態として業界の注目を浴びる。新聞販売と広告営業・イベント企画などの事業は京都新聞社本社から分社化された「(株)京都新聞COM」が、新聞印刷事業は「(株)京都新聞印刷」がそれぞれ行っている。 グループ経営としては2002年に読売新聞が読売新聞グループ本社のもとに再編・分社化を導入しているが、東京、大阪、西部など地域ごとの分社であり、京都新聞のように1地域の新聞発行を業務単位で分社する試みは初めてのことである。 (Wikipedia:京都新聞社)

京都新聞きらり夕刊
『京都新聞きらり夕刊』(きょうとしんぶんきらりゆうかん)は、かつてKBS京都テレビで平日夕方に放送されていた報道番組、および平日夕方の報道番組内で放送されていたニュースコーナーである。京都新聞社との中継でその日の夕刊の見所を紹介していた。 概要・沿革 2000年1月、当時平日夕方に放送されていたニュース番組『夕刊NEWSワイド』の1コーナーとしてスタートした。 2001年10月1日、『夕刊NEWSワイド』の終了を機に単独番組化し、以後は『きらり夕刊』と題して放送。この当時は14時30分から放送の25分番組で、従来どおりに京都新聞本社との中継で夕刊の解説をしていたほか、番組直前までに入ってきた京都のニュースや天気予報も伝えていた。単独番組化したばかりの頃には「東京情報」という東京の最新事情を伝えるコーナーもあったが、同コーナーは3か月ほどで打ち切られた。 2003年3月31日に平日夕方の帯番組『Live5』が始まると、本番組は『Live5』の1コーナーと化した。2006年4月3日に『Live5』の放送枠が縮小したのを受けて一旦独立したものの、同年10月2日に再び同番組内に取り込まれた。 (Wikipedia:京都新聞きらり夕刊)

京都新聞ニュース
KBS京都テレビ・ラジオで放送されるスポットニュースの題名。正式名称は『KBS京都 京都新聞ニュース』。この項目で記述。 『Kyoto Shimbun Headline News』は、エフエム京都(α-STATION)で放送されているニュース番組の題名。主に京都府内のニュースを放送する。 エフエム滋賀(e-radio)で放送されているニュース番組の題名。1日2回放送している。 京都府京丹後市の朝日新聞系ケーブルテレビ局・全関西ケーブルテレビジョン京丹後局のコミュニティチャンネルで放送されているニュース番組の題名。 KBS京都の関連会社・KBS京都プロジェクトによって京都駅前に設置された電光掲示板のニュースも、京都新聞・KBS京都の協力によって「京都新聞ニュース」として表示されている。『KBS京都 京都新聞ニュース』(ケービーエスきょうと きょうとしんぶんニュース)は、京都放送(KBS京都)で放送されているスポットニュースである。 京都新聞社とは京都放送(近畿放送)が開局した当初から資本関係を持っており、定時のニュース配信も京都新聞からの情報提供を受けて行っている。 (Wikipedia:京都新聞ニュース)


京都新聞 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

京都新聞 - アマゾン検索


「京都新聞」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す