[PR]

日別キーワード

第85位  時価 - 2018年11月28日


関連するイメージは見つかりませんでした



時価
時価(じか)とは、
経済用語としての市場価格のこと →記事「市場価格」を参照
飲食店などにおける価格表示の様式のひとつ。 - 貴重な生鮮食品など、市場価格(仕入れ値)の変動により売値が定まらない商品に対して用いられる。最も典型的には、寿司屋のメニューにおける「時価」がある。実際の価格は店員に直接尋ねて知ることが出来る場合から、会計を終えてもなお単価が幾らであったのか判然としない場合まで様々である。
英語表現でも同様に、#1・#2 のいずれもが「Market Price (マーケット・プライス)」となる。
料金システム しか
寿司 しか
日本の食文化 しか
(Wikipedia:時価)

時価総額
時価総額(じかそうがく、Market capitalization)、株式時価総額とは、ある上場企業の株価に発行済株式数を掛けたものであり、企業価値を評価する際の指標である。時価総額が大きいということは、業績だけではなく将来の成長に対する期待も大きいことを意味する。時価総額は企業尺度や企業の実力の一面にしかすぎないが、市場の期待値を反映した尺度の一つであり、一般には企業の利益や資産が大きいほど時価総額も高くなる。しかし、株価は時に過大(過小)評価される場合があるため、絶対的なものではない。 時価総額で見た企業 世界 時価総額が1000億ドルを超える企業。(2015年6月30日時点) 出典元: Financial Times Global 500 2007年3月の世界の上場企業の時価総額の合計は51兆2250億ドル、2007年12月末で60兆8743億9930万ドル、2008年12月末で32兆5514億3280万ドル、2009年12月末で47兆7825億5230万ドルであった。 (Wikipedia:時価総額)

時価総額加重平均型株価指数
時価総額加重平均型株価指数(じかそうがくかじゅうへいきんがたかぶかしすう)は株価指数の算出方式の一つ。組入銘柄の時価総額合計を、基準となる一時点での時価総額合計で除算して求めるものである。世界の多くの株価指数がこの方式を採用している。 株価平均を算出する株価平均型株価指数と違い、一部の小規模な値がさ株に影響される心配が少ない。反面、時価総額の高い大型株の割合が大きくなるので、親会社の保有分や持ち合い株などの固定株比率が高く株価変動が少ない銘柄に影響されやすい性質がある。これらの株が市場で取引されることはまれなため、指数と売買実態が乖離する状況もあり得る。また、互いに持ち合いをしている会社同士などがそれぞれ上場することで、指数に時価総額が二重に計上されてしまう問題もある。 これらの問題から、20世紀末以降世界的に、時価総額に算入する株数を浮動株のみに絞った浮動株基準株価指数への移行が進んでいる。 時価総額加重平均型を採用している主要な株価指数 東証株価指数 (TOPIX) (日本) 香港ハンセン株価指数(香港) 加権指数 (中華民国) S&P 500(アメリカ) ナスダック総合指数(アメリカ) ラッセル 3000指数(アメリカ) ラッセル 2000指数(アメリカ) FTSE100種総合株価指数 (FTSE 100) (イギリス) ドイツ株価指数 (DAX)(ドイツ) CAC 40(フランス) AEX指数(オランダ)。 (Wikipedia:時価総額加重平均型株価指数)

時価総額加重平均
『』より : (Wikipedia:時価総額加重平均)


時価 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

時価 - アマゾン検索


「時価」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す