[PR]

日別キーワード

第87位  若乃花 - 2018年11月28日


関連するイメージは見つかりませんでした



若乃花
若乃花、若ノ花(わかのはな)は大相撲力士の四股名。 若乃花幹士 (初代) - 第45代横綱。栃錦清隆とともに「栃若時代」を築いた。 若乃花幹士 (2代) - 第56代横綱。初代の弟子。 花田虎上(若乃花勝) - 第66代横綱。初代の甥で孫弟子。貴ノ花利彰の長男で弟子。貴乃花光司の兄。なお、一般には歴代若ノ花(若乃花)には含まれないが、この四股名は大ノ海久光(11代花籠)が幕下時代まで若ノ花を名乗ったことに由来する。そのため大ノ海の弟子である花田勝治は「師匠が初代で儂は2代目」と言っている(片仮名のノではなく漢字の乃に限定すれば花田勝治が初代になる)。 (Wikipedia:若乃花)

若乃花幹士 (初代)
初代 若乃花 幹士(わかのはな かんじ、本名:花田 勝治(はなだ かつじ)、1928年(昭和3年)3月16日 - 2010年(平成22年)9月1日)は、青森県弘前市青女子(あおなご)出身で、入門当時は二所ノ関部屋(1953年に花籠部屋の独立とともに移籍)に所属した大相撲力士、第45代横綱。身長179cm、体重107kg。血液型はB型。弘前市名誉市民。土俵の鬼と呼ばれた。戦後最軽量横綱である。(歴代史上最軽量は栃木山の103kg) 引退後二子山部屋を創設し、弟である大関・初代貴ノ花(のち藤島→二子山)、横綱・2代若乃花(のち間垣)、横綱・隆の里(のち鳴戸)、大関・若嶋津(のち松ヶ根→二所ノ関)らを育て、日本相撲協会の理事長もつとめた。 第65代横綱・貴乃花(一代年寄・貴乃花親方)と第66代横綱・3代若乃花(のち藤島、現実業家・タレント)の二人は甥にあたる。 愛人関係にあった韓国人女性との間の息子が藤島部屋に入門し、1989年3月初土俵。若剛志の四股名で幕下まで昇進した(1997年1月に引退)。  誕生から横綱昇進まで 青森のリンゴ園農家に、10人兄弟の長男(上に姉が1人いた)として生まれた。 (Wikipedia:若乃花幹士 (初代))

若乃花勝
『花田勝』より : 花田 虎上(はなだ まさる、1971年1月20日 - )は、東京都中野区(出生地は杉並区)出身で二子山部屋(入門時は藤島部屋)所属の元大相撲力士、第66代横綱・若乃花 勝(わかのはな まさる)、3代目若乃花となる。父は元大関・貴ノ花、母は元女優・藤田憲子、弟は第65代横綱・貴乃花、伯父は第45代横綱・若乃花、本名は花田 勝(はなだ まさる)。 2011年4月9日より、風水建築デザイナー直居由美里のアドバイスで芸名を「花田虎上」(はなだまさる)に改名。 実業家、タレント、スポーツキャスター、血液型はB型。既婚(再婚)。 上背はなかったものの、強靭で巧みな足さばきを生かして多彩な技を繰り出し、技能派の名人力士として知られた。また人当たりのよい性格で話術にも長け、力士時代から「お兄ちゃん」の愛称で親しまれる。容姿や相撲の内容は実父・貴ノ花利彰よりも伯父の初代若乃花を彷佛とさせた。「最大の企業秘密」として現役中は徹底して隠し通されていた点があり、入門前から左の股関節が弱かったため、「左を差されて前に出られる相撲」など左の股関節に負担がかかる体勢を苦手としていたという。 (Wikipedia:若乃花勝)

若乃花幹士 (2代)
若乃花 幹士(わかのはな かんじ、本名:下山 勝則(しもやま かつのり)、1953年4月3日 - )は、元大相撲力士、第56代横綱。引退後は年寄・間垣。師匠であった初代若乃花の娘婿となったが、後に離婚。大関時代までの四股名は「若三杉」だったが、横綱昇進を機に師匠の四股名「若乃花」を継承した(大関まで名乗った若三杉も当時部屋付きだった荒磯親方、元関脇若三杉彰晃の四股名を継承したものである)。青森県南津軽郡大鰐町出身。身長187cm、体重133kg。血液型はA型。現役時代の愛称は下の名前の勝則から「カンボ」と呼ばれていた。 元横綱・初代若乃花の二子山親方に見出され、浪岡町出身の高谷(のちの第59代横綱・隆の里)と同じ夜行列車で上京、二子山部屋に入門した。1968年7月場所初土俵。「朝ノ花」と名乗っていた幕下時代から北の湖とならぶホープとして期待されたが、当時は土俵際で無理に残すことが多いためしばしばケガをしてやや出世が遅れた。 (Wikipedia:若乃花幹士 (2代))

若乃花幹士 (2代目)
『若乃花幹士 (2代)』より : 若乃花 幹士(わかのはな かんじ、本名:下山 勝則(しもやま かつのり)、1953年4月3日 - )は、元大相撲力士、第56代横綱。引退後は年寄・間垣。師匠であった初代若乃花の娘婿となったが、後に離婚。大関時代までの四股名は「若三杉」だったが、横綱昇進を機に師匠の四股名「若乃花」を継承した(大関まで名乗った若三杉も当時部屋付きだった荒磯親方、元関脇若三杉彰晃の四股名を継承したものである)。青森県南津軽郡大鰐町出身。身長187cm、体重133kg。血液型はA型。現役時代の愛称は下の名前の勝則から「カンボ」と呼ばれていた。 元横綱・初代若乃花の二子山親方に見出され、浪岡町出身の高谷(のちの第59代横綱・隆の里)と同じ夜行列車で上京、二子山部屋に入門した。1968年7月場所初土俵。「朝ノ花」と名乗っていた幕下時代から北の湖とならぶホープとして期待されたが、当時は土俵際で無理に残すことが多いためしばしばケガをしてやや出世が遅れた。 (Wikipedia:若乃花幹士 (2代目))

若乃花幹士
若乃花、若ノ花(わかのはな)は大相撲力士の四股名。 若乃花幹士 (初代) - 第45代横綱。栃錦清隆とともに「栃若時代」を築いた。 若乃花幹士 (2代) - 第56代横綱。初代の弟子。 花田虎上(若乃花勝) - 第66代横綱。初代の甥で孫弟子。貴ノ花利彰の長男で弟子。貴乃花光司の兄。なお、一般には歴代若ノ花(若乃花)には含まれないが、この四股名は大ノ海久光(11代花籠)が幕下時代まで若ノ花を名乗ったことに由来する。そのため大ノ海の弟子である花田勝治は「師匠が初代で儂は2代目」と言っている(片仮名のノではなく漢字の乃に限定すれば花田勝治が初代になる)。 (Wikipedia:若乃花幹士)


若乃花 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

若乃花 - アマゾン検索


「若乃花」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す