[PR]

日別キーワード

第90位  振付師 - 2018年11月28日


関連するイメージは見つかりませんでした



振付師
振付師(ふりつけし、英: choreographer)は、振付(ふりつけ、英: choreography)を専門に行う者をいう。歌舞伎舞踊や日本舞踊のような伝統芸のほか、バレエやダンスの振付をする者も含まれる。バレエやダンスの世界では振付家と呼ぶことが多い。ショウビズ界では英語の音訳でコレオグラファーと呼ぶこともある。 振付と振付師 振付(コリオグラフィー)は、動作を行う際の人体の構成(ポーズ)や動作の流れの構成を行う芸術の一種である。ある瞬間の体のポーズや、それらにつながる一連の動きを構成することを指す。また振付作業の結果にできる一連のダンスの構成も含まれる。 ダンスの世界以外に、映画やスポーツ・身体表現の分野でも用語として使用されている。 大まかにいって、振付作業は動作の順序、リズム、強調すべき点を考慮して行われている。 なお振付師という日本語は日本舞踊の振付職人として享保年間にはすでに成立していたが、英語の "Choreographer" という言葉は意外に新しく、1930年代半ばから、米国へ移住したジョージ・バランシンによってミュージカルや映画の世界で広められたのが始まりである。 (Wikipedia:振付師)


振付師 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

振付師 - アマゾン検索


「振付師」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す