[PR]

日別キーワード

第3位  秩父市 - 2018年11月29日


関連するイメージは見つかりませんでした



秩父市
秩父市(ちちぶし)は、埼玉県北西部、秩父地方にある人口約6.4万人の市。面積は約578km²で、埼玉県内で最も広い市町村である。 地理 秩父山地に囲まれた秩父盆地の中央部に、中心市街地が位置している。秩父地方では唯一の市である。市域のほとんどが秩父多摩甲斐国立公園や、武甲・西秩父といった埼玉県立の自然公園に指定されている。荒川が、南西から北東に流れ河岸段丘を形成する。市の南東にそびえる武甲山では石灰石を産出し、露天掘りが行われている。 気候 気候は、盆地で内陸型気候である。夏は暑く、時には猛暑日になることもあるが、他の関東地方の主要都市と比べると湿度が低く、熱帯夜になることも少ないためすごしやすい。冬は埼玉県の中でも寒さが厳しく、氷点下5°Cを下回ることもしばしばある。 隣接している自治体 埼玉県の自治体では唯一、南隣の東京都と北隣の群馬県の両方に接している。他の4つの都道府県と接する市町村としては、秩父市以外には岐阜県高山市と京都府南丹市のみであり、大変珍しい。 (Wikipedia:秩父市)

秩父市道大滝幹線17号線
秩父市道大滝幹線17号線(ちちぶしどうおおたきかんせん17ごうせん)は、秩父多摩甲斐国立公園内の埼玉県秩父市内にある市町村道 市道である。一般には、旧名前 名称である中津川林道として知られる。
終点である三国峠 (長野県・埼玉県) 三国峠から西は川上村 (長野県) 川上市町村道 村道であり、埼玉県と長野県を結ぶ唯一の車道である。
大部分が未舗装であり、起点から大若沢が中津川 (埼玉県) 中津川に合流する付近までが舗装されている。終点付近を除き中津川と併走し、中津峡 (埼玉県) 中津峡の谷 渓谷美を楽しむことができる。
王冠付近では武州中津川森林鉄道の廃線跡を活用して作られており、橋脚などに当時の名残がある。
信濃沢橋の東方で、南へ分岐し、橋を渡ってトンネルへと進み、大山沢を遡る埼玉県有林道の大山沢林道がある。
(Wikipedia:秩父市道大滝幹線17号線)


秩父市 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

秩父市 - アマゾン検索


「秩父市」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す