[PR]

日別キーワード

第27位  ごっこ - 2018年11月29日


関連するイメージは見つかりませんでした



ごっこ
『ごっこ遊び』より : ごっこ ごっこ遊び(ごっこあそび) - こども遊びの一種。何かになったつもりで遊ぶものである。 ゴッコ - 主に北海道でとれるホテイウオ(魚)。「ごっこ汁」などで食される。 ごっこ (漫画) - 小路啓之の漫画。 (Wikipedia:ごっこ)

ごっこ (漫画)
『ごっこ』は、小路啓之による日本の漫画。『スーパージャンプ』(集英社)にて、2010年11号から2011年21・22合併号まで連載。同年12月21日に新創刊された『グランドジャンプPREMIUM』(同社)に移籍して、創刊号から2012年Vol.10まで連載。 ストーリー ボクとヨヨ子は血のつながりの無い親子。これは、ボクとヨヨ子、2人きりの家族の物語。嘘と罪にまみれた、ボクたち親子の物語。 仕事を辞め自殺しようとしていたボクは、傷だらけの女の子を誘拐して部屋に連れ込んだ。その女の子は欲望のまま自分を犯そうとするボクを見て「パパ」と呼んだ。その一言で、ボクと女の子は親子になった。 ボクは女の子を「ヨヨ子」と名づけ、実家に連れ帰って一緒に暮らし始めた。ヨヨ子を誘拐したボクと、ボクに誘拐されたヨヨ子。数々の嘘と犯罪行為で塗り固めたボクたち親子の生活は、ヨヨ子の実の母親の登場で終わりを告げる。 そして、13年後。ボクは刑務所の中にいた。ある日、ボクに女の子が面会を求めに来た。戸神紅葉と名乗ったその娘は、成長したヨヨ子だった。 これは、ボクとヨヨ子、2人の禁断にして究極の愛の物語。 (Wikipedia:ごっこ (漫画))

ごっこ遊び
ごっこ遊び(ごっこあそび)はこどもの遊びの一種で、何かになったつもりになって遊ぶものである。子供の遊びのうちで普遍的に見られる様式の一つだが、子供が興味や関心を抱く対象を模倣することで行なわれる。ロジェ・カイヨワの行なった遊びの分類の内の「ミミクリ」(模倣)に属する。 当の子供らにしてみれば模倣の対象は実際問題として「何でも良い」わけで、身近な大人である親などの生活を真似るままごとからテレビ番組(子供番組)や絵本・漫画など身近な娯楽作品の登場人物、様々な職業に関連するもの、動物・植物から生物ですらない乗物・道具まで空想次第で様々なものに「変身」して楽しむ。 ただ、子供の空想は既存価値観に縛られないため、時に大人が想像だにしないものにまで「変身」することもあり、動かないでじっとして人形や石ころを模すこともままある。その中では身近なイヌやネコ、あるいは動物園で目にする機会も多い様々な動物も模倣され、この中では子供が自分の目で観察したとおりの行動が模倣される。 (Wikipedia:ごっこ遊び)


ごっこ - 関連ブログ

データが取得できませんでした

ごっこ - アマゾン検索


「ごっこ」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す