[PR]

日別キーワード

第38位  キングレコード - 2018年11月29日


関連するイメージは見つかりませんでした



キングレコード
キングレコード株式会社(KING RECORD CO., LTD.)は、日本のレコード会社。出版社である講談社(当時・大日本雄辯會講談社)の音楽部門として1931年に発足した。ロゴ表記は主にKING RECORDSが使用されているが、戦前から使われているライオンマークも存在する。 1931年に大日本雄辯會講談社系列として創業。社名は同社が発行していた大衆向け雑誌『キング』に因む。戦前は主に「キング」「キングレコード」のレーベル名で、日本コロムビア・日本ビクター・日本ポリドール・テイチクといった大手レーベルと並び、流行歌や軍歌(戦時歌謡)を製作・発表。『愛馬進軍歌』『出征兵士を送る歌』などがヒットする。戦時中、敵性語排斥により『キング』が『富士』に改名したことを受けて「富士音盤(ふじおんばん)」とレーベル名を変更したが、戦後になってもとの『キング』に戻したことからレーベル名も「キングレコード」に戻す。 (Wikipedia:キングレコード)

キングレコード在籍アーティスト一覧
キングレコード在籍アーティスト一覧(キングレコードざいせきアーティストいちらん)は、キングレコード株式会社、及び同社に販売委託をしている会社に在籍しているか、過去に在籍したことがあるアーティストの一覧である。
ピ (歌手) rain(ピ)(日本での販売元がキングレコード)
AKB48(2008年10月22日発売の「大声ダイヤモンド」より所属。自社レーベルのAKSにも所属)
eastern youth(自主レーベル「裸足の音楽社」所属)
植村花菜
熊木杏里
SHOWTA.
寺内タケシ
中山美穂
森口博子(デビュー当時はキングレコード所属で、アニメ関連以外の楽曲が多くなった頃、レーベルをスターチャイルドからキングへ移行させた。その後ジェネオンエンタテインメント移籍したものの、現在はキングレコードに復帰している。)
(Wikipedia:キングレコード在籍アーティスト一覧)

キングレコードに在籍する主要アーティスト
キングレコードに在籍する主要アーティスト では、キングレコード株式会社、及び同社の子会社に在籍している主なアーティストを挙げる。
植村花菜
eastern youth
寺内タケシ
森口博子(デビュー当時はキングレコード所属で、その後ジェネオンエンタテインメント移籍したものの、現在はキングレコードに復帰している。但し、現在はバラドルとしての活動が多い。)
鏡五郎
角川博(1999年にBMG JAPANから移籍)
香田晋(2002年に東芝EMIから移籍)
小金沢昇司(演歌歌手・北島三郎の門下生、1999年にビクターエンタテインメントから移籍)
嶋三喜夫(演歌歌手・故・三橋美智也の門下生)
千葉一夫(元・日本国有鉄道(国鉄)職員)
(Wikipedia:キングレコードに在籍する主要アーティスト)


キングレコード - 関連ブログ

データが取得できませんでした

キングレコード - アマゾン検索


「キングレコード」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す