[PR]

日別キーワード

第46位  バルカン半島 - 2018年11月29日


関連するイメージは見つかりませんでした



バルカン半島
バルカン半島(バルカンはんとう、英語: Balkans、ラテン語: Balcania)は、ヨーロッパの南東部で、ギリシャ、アルバニア、ブルガリア、マケドニア、セルビア、モンテネグロ、クロアチア、ボスニア、ヘルツェゴビナ、コソボ、ヴォイヴォディナ(スレム、バチュカ、バナト)及びトルコのヨーロッパ部分(ボスフォラス海峡以西)からなる地域である。 バルカン半島の北限はしばしばドナウ川とサヴァ川とされているが、歴史的な繋がりの深いルーマニアや、旧ユーゴスラビア連邦のスロヴェニア(1991年以前の旧ユーゴスラビアの大部分がドナウ川またはサヴァ川以南)をバルカンに含めることもあり、必ずしも定まった地域概念ではない。 古代から様々な民族が入り込む一方、東ローマ帝国・オスマン帝国・オーストリア・ハンガリー帝国といった多民族国家の時代が長かったことから諸民族が混在していた。 このため、西欧から単一民族による国民国家の概念がもたらされると、近接する複数の大国の利害とも関連して、たちまち諸民族同士の争いが勃発し、ヨーロッパの火薬庫と呼ばれることになる。 (Wikipedia:バルカン半島)

バルカン半島の歴史
バルカンの歴史では、南東ヨーロッパのバルカン地域の歴史の年表をしめす。 伝統的にバルカンとみなされる地域は、現在の国家で表せば以下のとおり。 アルバニアの旗 アルバニア ギリシャの旗 ギリシャ クロアチアの旗 クロアチア コソボの旗 コソボ セルビアの旗 セルビア トルコの旗 トルコ(一部) ブルガリアの旗 ブルガリア ボスニア・ヘルツェゴビナの旗 ボスニア・ヘルツェゴビナ マケドニア共和国の旗 マケドニア モンテネグロの旗 モンテネグロ文化・歴史的に連続性のある隣接国 スロベニアの旗 スロベニア ルーマニアの旗 ルーマニア過去に領土を持った主要な国 20px 東ローマ帝国 20px ヴェネツィア 25x20px オスマン帝国 25x20px オーストリア=ハンガリー帝国 ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 ユーゴスラビア 先史時代 イリュリア トラキア ダキア マケドニア モエシア 古代 ギリシャ人 ゴート人 マケドニア王国4世紀 - ゲルマン民族の大移動 376年 - 西ゴート王国、ダキア、ローマ帝国に侵入 395年 - ローマ帝国が東西に分裂(東ローマ帝国) 476年 - 西ローマ帝国消滅 5世紀頃 - ローマ人が外敵から逃れてヴェネト地方の干潟へ移住(ヴェネツィアの起源) 585年頃 - スラヴ人南下 6世紀 - ローマ皇帝ユスティニアヌス1世(大帝) 旧西ローマ帝国領のイタリア・北アフリカ・イベリア半島の一部を征服し、地中海沿岸の大半を再びローマ帝国領にすることに成功 ローマ法の集大成である『ローマ法大全』の編纂やハギア・ソフィア大聖堂の再建 その後サーサーン朝ペルシア帝国との抗争やアヴァール人・スラヴ人・ランゴバルト人などの侵入 7世紀になるとサーサーン朝ペルシア帝国にエジプトやシリアといった穀倉地帯を奪われる 中世 皇帝ヘラクレイオス(在位 : 610年 - 641年) シリア・エジプトへ侵攻したサーサーン朝ペルシア帝国との戦いに勝利して、領土を奪回することに成功 しかし間もなくイスラム帝国の攻撃を受けてシリア・エジプトなどのオリエント地域や北アフリカを再び失う 7世紀初め頃 - セルビア人がバルカン西部に南下 7世紀 - 東ローマ帝国の公用語がラテン語からギリシア語へ変わる 7世紀後半 - ドナウ・ブルガール人、ドナウ川下流域のデルタ地帯に侵入 655年 - 東ローマ、小アジア南岸のリュキア沖の海戦で敗れる。 (Wikipedia:バルカン半島の歴史)

バルカン半島の戦い
バルカン半島の戦い(バルカンはんとうのたたかい Balkans Campaign (World War II)、1940年10月28日 -1941年5月29日)は、第二次世界大戦中にバルカン半島の制圧を巡って戦われた、枢軸軍と連合軍の戦い。 戦いの背景 第一次世界大戦の結果、それまでバルカン半島に大きな影響を与えていたオーストリア=ハンガリー帝国とオスマン帝国、ロシア帝国が崩壊し、ユーゴスラビア王国が変わって台頭するなど、バルカン半島の政治情勢は大きな変化を見せ始めた。 一方でイタリア王国は、「未回収のイタリア」の奪還要求とともにファシズム勢力が台頭し、ユーゴスラビアやアルバニア、ギリシャ王国とたびたび紛争を起こしていた(コルフ島事件)。また第一次世界大戦で敗北し、領土を喪失していたブルガリア王国やハンガリー王国も失地奪回の期をうかがっていた。 ユーゴスラビア王国はルーマニア王国・チェコスロバキアと小協商を形成し、フランスを後ろ盾にイタリアやソビエト連邦と対抗しようとしたが、宥和政策に傾いたフランスの東欧への影響力は次第に低下し始めた。 (Wikipedia:バルカン半島の戦い)

バルカン半島制圧戦
『バルカン半島の戦い』より : バルカン半島の戦い(バルカンはんとうのたたかい Balkans Campaign (World War II)、1940年10月28日 -1941年5月29日)は、第二次世界大戦中にバルカン半島の制圧を巡って戦われた、枢軸軍と連合軍の戦い。 戦いの背景 第一次世界大戦の結果、それまでバルカン半島に大きな影響を与えていたオーストリア=ハンガリー帝国とオスマン帝国、ロシア帝国が崩壊し、ユーゴスラビア王国が変わって台頭するなど、バルカン半島の政治情勢は大きな変化を見せ始めた。 一方でイタリア王国は、「未回収のイタリア」の奪還要求とともにファシズム勢力が台頭し、ユーゴスラビアやアルバニア、ギリシャ王国とたびたび紛争を起こしていた(コルフ島事件)。また第一次世界大戦で敗北し、領土を喪失していたブルガリア王国やハンガリー王国も失地奪回の期をうかがっていた。 ユーゴスラビア王国はルーマニア王国・チェコスロバキアと小協商を形成し、フランスを後ろ盾にイタリアやソビエト連邦と対抗しようとしたが、宥和政策に傾いたフランスの東欧への影響力は次第に低下し始めた。 (Wikipedia:バルカン半島制圧戦)


バルカン半島 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

バルカン半島 - アマゾン検索


「バルカン半島」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す