[PR]

日別キーワード

第61位  花王 - 2018年11月29日


関連するイメージは見つかりませんでした



花王
花王株式会社(かおう、英語:Kao Corporation)は、東京都中央区日本橋茅場町に本社を置く大手化学メーカーである。家庭用や業務用の洗剤、トイレタリー用品、化粧品、食品を製造しており、洗剤、トイレタリー国内首位、化粧品は2位(子会社含め)となっている。東京証券取引所に一部上場している。同じ化粧品メーカーのカネボウ化粧品を100%子会社に持っている。 原料からの一貫生産と物流・販売システムに強みがあり、国内外に多くの工場や販売拠点をもっている。 現在のCI(コーポレートアイデンティティ)は、「自然と調和する こころ豊かな毎日をめざして」である。 日本を代表する日用品メーカー。マーケティングに力を入れている。数多くの部門でトップシェアを誇り、特に洗濯用洗剤のシェアは圧倒的。また、最近では体脂肪をエネルギーとして燃やしやすくする飲料「ヘルシア」のような機能系食品やペット用品も販売しており、高い収益力を誇っている。多くの事業を展開しており、ライオン、P&G、ユニリーバ・ジャパン、資生堂、サンスターなど様々な企業と競合している。 (Wikipedia:花王)

花王石鹸
『花王』より : 花王株式会社(かおう、英語:Kao Corporation)は、東京都中央区日本橋茅場町に本社を置く大手化学メーカーである。家庭用や業務用の洗剤、トイレタリー用品、化粧品、食品を製造しており、洗剤、トイレタリー国内首位、化粧品は2位(子会社含め)となっている。東京証券取引所に一部上場している。同じ化粧品メーカーのカネボウ化粧品を100%子会社に持っている。 原料からの一貫生産と物流・販売システムに強みがあり、国内外に多くの工場や販売拠点をもっている。 現在のCI(コーポレートアイデンティティ)は、「自然と調和する こころ豊かな毎日をめざして」である。 日本を代表する日用品メーカー。マーケティングに力を入れている。数多くの部門でトップシェアを誇り、特に洗濯用洗剤のシェアは圧倒的。また、最近では体脂肪をエネルギーとして燃やしやすくする飲料「ヘルシア」のような機能系食品やペット用品も販売しており、高い収益力を誇っている。多くの事業を展開しており、ライオン、P&G、ユニリーバ・ジャパン、資生堂、サンスターなど様々な企業と競合している。 (Wikipedia:花王石鹸)

花王愛の劇場
『愛の劇場』より : 『愛の劇場』(あいのげきじょう)は、1969年2月24日から2009年3月27日までTBS(最初の1年間のみ朝日放送 (ABC))で製作された昼の帯テレビドラマシリーズ枠である(この枠で放送された作品名には全て“愛の劇場”と冠される)。通算216作が放送された。基本放送時間は一部地域を除きTBS系列各局毎週月 - 金曜日13:00 - 13:30 (JST) 。字幕放送を実施していた。 1969年2月24日放送開始。開始当初はネットチェンジ前のABCが制作を担当していたが、1970年にTBS制作に移行した(但し西日本のJNN系列局ではシャボン玉寄席を13:00 - 13:15に放送する関係で、15分遅れで放送開始していた)。1999年9月以前は、花王(開始当初は花王石鹸)の一社提供番組で「花王 愛の劇場」との名称であったが、同月以降は同社を含む複数社提供となり、名称から花王の名が外された。花王に社名変更して、その当時のロゴになってからは、他の一社提供番組との共通クレジット(白地に若竹色)を使用していた。 (Wikipedia:花王愛の劇場)

花王 愛の劇場
『愛の劇場』より : 『愛の劇場』(あいのげきじょう)は、1969年2月24日から2009年3月27日までTBS(最初の1年間のみ朝日放送 (ABC))で製作された昼の帯テレビドラマシリーズ枠である(この枠で放送された作品名には全て“愛の劇場”と冠される)。通算216作が放送された。基本放送時間は一部地域を除きTBS系列各局毎週月 - 金曜日13:00 - 13:30 (JST) 。字幕放送を実施していた。 1969年2月24日放送開始。開始当初はネットチェンジ前のABCが制作を担当していたが、1970年にTBS制作に移行した(但し西日本のJNN系列局ではシャボン玉寄席を13:00 - 13:15に放送する関係で、15分遅れで放送開始していた)。1999年9月以前は、花王(開始当初は花王石鹸)の一社提供番組で「花王 愛の劇場」との名称であったが、同月以降は同社を含む複数社提供となり、名称から花王の名が外された。花王に社名変更して、その当時のロゴになってからは、他の一社提供番組との共通クレジット(白地に若竹色)を使用していた。 (Wikipedia:花王 愛の劇場)

花王製品一覧
花王製品一覧(かおうせいひんいちらん)は、花王のブランドで現在製造している、または過去に製造された商品を列挙した一覧である。 フェイスケア・ボディケア製品 ※印はニベア花王の商品。 現行商品 ビオレ - ラインナップは詳細ページ参照。 キュレル - 乾燥性敏感肌向けスキンケアブランド。素肌いたわりタオルとベースメイクを除き、従来はパッケージに「薬用」と「医薬部外品」の両方を表記していたが、「リップケアスティック」の発売を機に、既存製品のパッケージについては、法律上の分類名である「医薬部外品」のみの表記に変更。このため、ボディケアなどの一部製品については製品名から「薬用」の文字が無くなった(ただし、中身については従来通りである)。 泡洗顔料【医薬部外品】 - 従来の「洗顔料」を改名。2012年9月に泡持ちの向上と内容量を増量(110ml→150ml)を行いリニューアル。2013年1月につめかえ用を追加発売した。 皮脂トラブルケア 泡洗顔料【医薬部外品】 - 2012年3月発売。 (Wikipedia:花王製品一覧)

花王名人劇場
『花王名人劇場』(かおうめいじんげきじょう)は、1979年10月7日から1990年3月18日までフジテレビ系列局で放送された関西テレビ製作の単発バラエティ番組である。放送時間は毎週日曜 21:00 - 21:54 (JST) 。 スポンサーは花王石鹸(現在の花王)で、日曜21時台で一時の中断を挟みながら継続していた同社の一社提供番組の最初である。 番組の大半を、朝日放送プロデューサーにして東阪企画代表の澤田隆治がプロデュースした。特に漫才関連では強みを見せ、1980年放送の『激突!漫才新幹線』が『火曜ワイドスペシャル THE MANZAI』(フジテレビ系列)とともに漫才ブームを生み出すきっかけを作った。 横山やすし・西川きよしを中心とした武道館や大阪城ホールでの漫才ライブ、ザ・ぼんちの漫才師初の武道館単独ライブや後に『オレたちひょうきん族』(同局系)でも活躍するB&B(島田洋七・島田洋八)、紳助竜介(島田紳助・松本竜介)などの若手漫才師を輩出した。 (Wikipedia:花王名人劇場)

花王ブリーチ
花王ブリーチ(かおうブリーチ)とは、花王石鹸が販売していた、家庭用、塩素系漂白剤の商品名である。 1960年代に、海外視察から帰国した、商品企画部の部長と研究部員の手により商品化されたものである。 当時アメリカやヨーロッパでは合成洗剤が普及し漂白剤の開発もされており、将来日本も同様になると判断して漂白剤の製品化を決意、1962年8月に商品化された。 この製品は、白物衣類で合成洗剤では落ちない、科学的に付着した染みや汚れに効果のある仕上げ剤として開発された。当時の漂白は別にお湯を使うのが当然だったが、この漂白剤は洗剤と一緒に洗濯に使えることで洗濯が楽になった。 また当時は、万能型漂白剤として台所や掃除にも使えることをアピールした。 ボトルは漂白を意味する白色で、キャップは青色、ラベル上にはピンクの囲みに青の文字で花王の文字、中段から下にかけては紺色のバックにブリーチの文字が描かれていた。そのブリーチの文字は、上半分が白、下半分がピンク色で、その右下に小さく新漂白剤と書かれていた。 (Wikipedia:花王ブリーチ)

花王カスタマーマーケティング
社名 花王カスタマーマーケティング株式会社
英文社名 Kao Customer Marketing Co., Ltd.
ロゴ
種類 株式会社
市場情報
略称
国籍
郵便番号=104-0042
本社所在地 東京都中央区 (東京都) 中央区入船三丁目3番8号
電話番号 03-3297-5253
設立 1971年(昭和46年)12月25日
業種 卸売業
統一金融機関コード
SWIFTコード
事業内容 花王株式会社及び花王株式会社の子会社・関連会社の、製造もしくは販売する製品の販売
代表者 高橋 辰夫(代表取締役 社長執行役員)
資本金 18億2,900万円
売上高 5,393億5,800万円(2007年3月期)
(Wikipedia:花王カスタマーマーケティング)

花王ファミリースペシャル
『花王ファミリースペシャル』(かおうファミリースペシャル)は、1990年4月1日から1996年9月22日までフジテレビ系列局で毎週日曜 21:00 - 21:54 (JST) に放送された関西テレビ製作の単発番組ゾーンのタイトルである。花王の一社提供。ちなみに、番組のタイトルは花王で発売されている台所用洗剤「ファミリー」から来ているとされる。 番組概要 前番組『花王名人劇場』(1979年10月 - 1990年3月)が主としてお笑い系統と『裸の大将放浪記』を中心とした内容だったのに対し、当番組は『千代の富士物語』に代表されるヒューマンドラマやドキュメンタリー作品も多く放送された(ドキュメンタリー企画では福留功男が案内役を務める作品が多かった)。名人劇場時代からのお笑い番組や『裸の大将放浪記』(後に『裸の大将』に改題)も継承されている。 当番組のお正月特別版で「お正月ファミリースペシャル」を1991 - 1996年1月3日の夕方に放送していたことがある(こちらも提供は花王単独)。 (Wikipedia:花王ファミリースペシャル)

花王販売
花王カスタマーマーケティング株式会社(かおうカスタマーマーケティング、英語:Kao Customer Marketing Co., Ltd.)は、家庭用や業務用の洗剤、化粧品、トイレタリーを中心とする大手化学メーカー花王の完全子会社(孫会社)で、花王の家庭用品・化粧品の販売会社である。本社は東京都中央区日本橋小網町8番3号(日土地日本橋イーストビル)。 1966年(昭和41年)12月25日 - 福岡県北九州市で花王製品専門販売会社設立。 1989年(平成元年)10月 - 化粧品(ソフィーナ)の販売子会社として花王化粧品販売(株)を設立。 1999年(平成11年)4月1日 - 北海道花王販売(株)、東北花王販売(株)、東京花王販売(株)、中部花王販売(株)、近畿花王販売(株)、中国花王販売(株)、四国花王販売(株)、九州花王販売(株)の8販社合併により花王販売(株)設立。 (Wikipedia:花王販売)

花王ソフター
花王ソフターは、1962年(昭和37年)に日本で初めて発売された柔軟剤。 経緯 合成洗剤で洗濯すると衣類がごわごわになる問題があったが、これを解決するために柔軟剤が開発された。シャンプーの後リンスをするのと同じ理屈である。 花王が1962年に日本で初めて柔軟剤花王ソフターを発売すると、同業他社も同じように柔軟剤を発売していった。なお同時期に漂白剤花王ブリーチも発売されている。 1966年6月にライオンが柔軟剤ライオンソフターを発売すると、類似商号対策や対抗上1ヶ月後の1966年7月にハミングと改名して再発売している。但し初期は花王ソフターの字も小さく書かれていて、花王の柔軟剤であることを示している。 柔軟剤の競争は最終的には花王に軍配が上がっている。 業務用パッケージ 花王ソフターは、現在15kg入りBIBボックスにて発売されており、ホームセンター等におかれていることもある。2009年10月以降はCI変更に伴い、「kaoソフター」と"花王"の部分が"kao"に変更されている。 (Wikipedia:花王ソフター)

花王化粧品販売
花王カスタマーマーケティング株式会社(かおうカスタマーマーケティング、英語:Kao Customer Marketing Co., Ltd.)は、家庭用や業務用の洗剤、化粧品、トイレタリーを中心とする大手化学メーカー花王の完全子会社(孫会社)で、花王の家庭用品・化粧品の販売会社である。本社は東京都中央区日本橋小網町8番3号(日土地日本橋イーストビル)。 1966年(昭和41年)12月25日 - 福岡県北九州市で花王製品専門販売会社設立。 1989年(平成元年)10月 - 化粧品(ソフィーナ)の販売子会社として花王化粧品販売(株)を設立。 1999年(平成11年)4月1日 - 北海道花王販売(株)、東北花王販売(株)、東京花王販売(株)、中部花王販売(株)、近畿花王販売(株)、中国花王販売(株)、四国花王販売(株)、九州花王販売(株)の8販社合併により花王販売(株)設立。 (Wikipedia:花王化粧品販売)

花王スターチ
花王スターチ(かおうスターチ)とは、1964年に花王石鹸(現:花王)から発売された洗濯糊。 経緯 洗濯糊は、衣類にはりを効かせる仕上げ剤の一つであり、これまでは澱粉糊が使われてきた。花王スターチは、澱粉糊に代わって初めて合成糊が使用された。白い乳液状で、仕上がりは肌触りも良く、人気が高かった。 1966年6月にライオン(当時はライオン油脂)が液体洗濯糊ライオンハイスターチを発売した。花王は類似商号対策や対抗上1ヶ月後の1966年7月にキーピングと改名して再発売した。なお、これはライオンから仕上げ剤トリオ(塩素系漂白剤・柔軟剤・洗濯糊)が出たために、花王の仕上げ剤の改名が一斉に行われた時期でもあった。 なお、液体洗濯糊も含め、仕上げ剤トリオの競争は最終的に花王に軍配が上がっている。 脚注 ==。 (Wikipedia:花王スターチ)

花王ヘルシアXファイルズ
ビッグ・アスホールズは、日本のタレント・伊集院光が主宰する草野球チームである。 2002年11月に、伊集院は日曜日の秘密基地の企画でアンタッチャブル山崎に野球対決に負けた(山崎が投手、伊集院が打者で三球三振)。翌年4月の再戦のため練習を続けていたが、2003年2月、練習相手の桐畑トールに、どうせなら草野球チームを作って試合をしたほうが楽しいと勧められ、桐畑は若手芸人を集めたチーム、伊集院はラジオスタッフチームを作り、毎週試合をすることにした。また、TBSラジオの営業部を通じて伊集院チームのスポンサーを募集したところ、FOXジャパンは「(DVD作品である)Xファイルをチーム名に入れればユニフォームを作る」、花王は「(自社製品である)ヘルシア緑茶をチーム名に入れれば試合毎にヘルシア緑茶をケースで差し入れる」という条件を提示したため、その両方を受諾し、「花王ヘルシアXファイルズ(かおうヘルシアエックスファイルズ、Kao Healthya X Files)」としてスタートした。 (Wikipedia:花王ヘルシアXファイルズ)

花王和歌山工場
座標: 北緯34度12分50秒 東経135度09分10秒 / 北緯34.213856度 東経135.152805度 / 34.213856; 135.152805 花王和歌山工場(かおうわかやまこうじょう)は、和歌山県和歌山市内(和歌山平野)を流れる紀ノ川河口南部に広がる臨海部(和歌山湾)にある花王の主力工場である。 特定重要港湾である和歌山下津港に隣接している。 国内外の花王の全工場中、最大規模の工場で、総生産量の4割強を占める。主な取り扱い製品は家庭用洗剤、石鹸などで、業務用商品も扱う。また敷地内に研究所が設けられている。 その他、全国にある花王の各工場で原料として使用される化学製品(原料段階の液体品)を製造して供給しており、花王の主力工場として重要な役割を果たしている。 また、鉄道貨物輸送に力を入れている。 沿革 1944年(昭和19年) - 大日本油脂株式会社の和歌山工場として操業開始。後に「日本有機株式会社和歌山工場」となった。 1949年(昭和24年) - 花王油脂株式会社の和歌山工場に。 (Wikipedia:花王和歌山工場)

花王マーチャンダイジングサービス
花王フィールドマーケティング株式会社(かおうフィールドマーケティング、英語:Kao field marketing Corporation)は、家庭用や業務用の洗剤、化粧品、トイレタリーを中心とする大手化学メーカー花王の関連会社である。主に、花王の製品の店頭支援業務サービスを行なう会社である。社長は近藤壮太郞である(2015年1月1日現在)。 2003年1月1日 - アールジェイエス株式会社から花王マーチャンダイジングサービス株式会社に社名変更。 2011年1月1日 - 花王マーチャンダイジングサービス株式会社から花王フィールドマーケティング株式会社に社名変更。 脚注 関連項目 花王 外部リンク ==。 (Wikipedia:花王マーチャンダイジングサービス)


花王 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

花王 - アマゾン検索


「花王」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す