[PR]

日別キーワード

第71位  山形新聞 - 2018年11月29日


関連するイメージは見つかりませんでした



山形新聞
山形新聞(やまがたしんぶん)は、山形県の地方新聞。株式会社山形新聞社(やまがたしんぶんしゃ)が発行する地方新聞である。2011年8月移行は朝刊単独紙で、発行部数(日本ABC協会調査)は約20万6000部(2010年7~12月平均)。山形県内では山新(やましん)と略称されることが多い。 地元放送局である山形放送(YBC)との結びつきが強く、本社や一部支社の社屋を共有しており、定時のテレビ・ラジオニュースの配給だけでなく、平日の毎日にYBCテレビで「YBC社説放送」を放送している。エフエム山形でも月曜 - 金曜の1日3回山形新聞ニュースとしてニュースを配信している。また紙面には高校受験対策として「実力養成・中学生講座」が設けられ、YBCラジオで夜21時45分から解説を行っている。 以前、紙面は山形市の制作センターで内陸(村山地方・置賜地方・最上地方)向け紙面(山形広域版・置賜版・内陸版)、酒田市の庄内制作センターで庄内向け紙面(庄内版)を印刷していた。 (Wikipedia:山形新聞)

山形新聞社
『山形新聞』より : 山形新聞(やまがたしんぶん)は、山形県の地方新聞。株式会社山形新聞社(やまがたしんぶんしゃ)が発行する地方新聞である。2011年8月移行は朝刊単独紙で、発行部数(日本ABC協会調査)は約20万6000部(2010年7~12月平均)。山形県内では山新(やましん)と略称されることが多い。 地元放送局である山形放送(YBC)との結びつきが強く、本社や一部支社の社屋を共有しており、定時のテレビ・ラジオニュースの配給だけでなく、平日の毎日にYBCテレビで「YBC社説放送」を放送している。エフエム山形でも月曜 - 金曜の1日3回山形新聞ニュースとしてニュースを配信している。また紙面には高校受験対策として「実力養成・中学生講座」が設けられ、YBCラジオで夜21時45分から解説を行っている。 以前、紙面は山形市の制作センターで内陸(村山地方・置賜地方・最上地方)向け紙面(山形広域版・置賜版・内陸版)、酒田市の庄内制作センターで庄内向け紙面(庄内版)を印刷していた。 (Wikipedia:山形新聞社)

山形新聞放送会館
山形新聞放送会館(やまがたしんぶん・ほうそうかいかん)は山形県山形市旅篭町にあった山形新聞・山形放送の共同所有するビルディングである。 沿革 1960年、山形放送のテレビ放送開始に合わせて山形市旅篭町に竣工。テレビ・ラジオのスタジオや新聞印刷工場、更には公開ホール(山新テレビホール)をも集約した総合メディア発信機能を担う施設として建設。なお、移転前は山形市七日町に本社が置かれていた。 新聞印刷の際に発生する輪転機の振動により、放送業務への影響・精密機器の故障の発生が危惧された事から実際には新聞社屋と放送社屋が別に立てられ、それを壁で同一の建物の様に見せていた。 1976年の山形新聞創刊100周年記念事業として8階建ての新館が竣工。面積100坪のテレビスタジオが新たに設けられた。山形新聞・山形放送・山新観光等の本社屋の他に、共同通信山形支局、県内主要団体の事務所や専門学校等のテナント、また文化施設としてコンサートホール等が設置されていた。 (Wikipedia:山形新聞放送会館)


山形新聞 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

山形新聞 - アマゾン検索


「山形新聞」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す