[PR]

日別キーワード

第76位  深セン - 2018年11月29日


関連するイメージは見つかりませんでした



深セン
『深セン市』より : 深圳市(しんせんし、簡体字: 深圳市、拼音: Shēnzhèn、英語: Shenzhen)は中華人民共和国広東省に位置する副省級市。 香港の新界と接し、経済特区に指定されている。同国屈指の世界都市であり、金融センターとしても高い重要性を持つ。2010年の近郊を含む都市的地域の人口は1,447万人であり、世界第15位である。2014年、アメリカのシンクタンクが公表したビジネス・人材・文化・政治などを対象とした総合的な世界都市ランキングにおいて、世界第73位の都市と評価されており、同国本土では北京市、上海市、広州市に次ぐ第4位であった。 住民構成の特徴としては移民都市であることがあげられる。元来は宝安県として一集落に過ぎなかったものが、改革開放経済の過程で外部より労働人口が流入して都市が形成され、広東省でありながら広東語が使われる比率が極めて低い地域となっている。 深圳の「圳」の字は漢音で「しん」と読むため、深圳は「しんしん」と読むのが漢音での読み方である。しかし、圳の旁(つくり)である「川」の字からの類推で「せん」と読まれるようになり、日本語ではこの都市を「しんせん」と読んでいる。 (Wikipedia:深セン)

深セン宝安国際空港
深圳宝安国際空港(しんせんほうあんこくさいくうこう)は、中華人民共和国・広東省深圳市に位置する国際空港である。 1991年10月12日に開港し、香港国際空港、広州白雲国際空港と並ぶ中国南部の3大空港に数えられる。深圳航空が当空港をハブ空港としている。2010年、UPSが、アジア地域拠点をクラーク国際空港から移転した。 中国では6番目に利用客・発着数が多い空港であり、今後の利用増に対応するため、拡張工事が進められている。2011年7月26日、平行滑走路が完成した。新ターミナルの建設工事は2008年に着手。2013年11月28日に供用が開始され、それまで使われていた3つのターミナルは閉鎖された。 旅客ターミナル 2013年11月28日に供用が開始された新ターミナルのは広さは45万平方メートル、南北1,050メートル、東西600メートルの巨大な建築物となっている。主要部分は大きな内部構造を持つターミナルビルと、上空から見ると十字の形になっている搭乗ゲートビルに分かれる。 (Wikipedia:深セン宝安国際空港)

深セン黄田国際空港
『深セン宝安国際空港』より : 深圳宝安国際空港(しんせんほうあんこくさいくうこう)は、中華人民共和国・広東省深圳市に位置する国際空港である。 1991年10月12日に開港し、香港国際空港、広州白雲国際空港と並ぶ中国南部の3大空港に数えられる。深圳航空が当空港をハブ空港としている。2010年、UPSが、アジア地域拠点をクラーク国際空港から移転した。 中国では6番目に利用客・発着数が多い空港であり、今後の利用増に対応するため、拡張工事が進められている。2011年7月26日、平行滑走路が完成した。新ターミナルの建設工事は2008年に着手。2013年11月28日に供用が開始され、それまで使われていた3つのターミナルは閉鎖された。 旅客ターミナル 2013年11月28日に供用が開始された新ターミナルのは広さは45万平方メートル、南北1,050メートル、東西600メートルの巨大な建築物となっている。主要部分は大きな内部構造を持つターミナルビルと、上空から見ると十字の形になっている搭乗ゲートビルに分かれる。 (Wikipedia:深セン黄田国際空港)

深セン国際空港
『深セン宝安国際空港』より : 深圳宝安国際空港(しんせんほうあんこくさいくうこう)は、中華人民共和国・広東省深圳市に位置する国際空港である。 1991年10月12日に開港し、香港国際空港、広州白雲国際空港と並ぶ中国南部の3大空港に数えられる。深圳航空が当空港をハブ空港としている。2010年、UPSが、アジア地域拠点をクラーク国際空港から移転した。 中国では6番目に利用客・発着数が多い空港であり、今後の利用増に対応するため、拡張工事が進められている。2011年7月26日、平行滑走路が完成した。新ターミナルの建設工事は2008年に着手。2013年11月28日に供用が開始され、それまで使われていた3つのターミナルは閉鎖された。 旅客ターミナル 2013年11月28日に供用が開始された新ターミナルのは広さは45万平方メートル、南北1,050メートル、東西600メートルの巨大な建築物となっている。主要部分は大きな内部構造を持つターミナルビルと、上空から見ると十字の形になっている搭乗ゲートビルに分かれる。 (Wikipedia:深セン国際空港)

深セン空港
『深セン宝安国際空港』より : 深圳宝安国際空港(しんせんほうあんこくさいくうこう)は、中華人民共和国・広東省深圳市に位置する国際空港である。 1991年10月12日に開港し、香港国際空港、広州白雲国際空港と並ぶ中国南部の3大空港に数えられる。深圳航空が当空港をハブ空港としている。2010年、UPSが、アジア地域拠点をクラーク国際空港から移転した。 中国では6番目に利用客・発着数が多い空港であり、今後の利用増に対応するため、拡張工事が進められている。2011年7月26日、平行滑走路が完成した。新ターミナルの建設工事は2008年に着手。2013年11月28日に供用が開始され、それまで使われていた3つのターミナルは閉鎖された。 旅客ターミナル 2013年11月28日に供用が開始された新ターミナルのは広さは45万平方メートル、南北1,050メートル、東西600メートルの巨大な建築物となっている。主要部分は大きな内部構造を持つターミナルビルと、上空から見ると十字の形になっている搭乗ゲートビルに分かれる。 (Wikipedia:深セン空港)

深セン宝安空港
『深セン宝安国際空港』より : 深圳宝安国際空港(しんせんほうあんこくさいくうこう)は、中華人民共和国・広東省深圳市に位置する国際空港である。 1991年10月12日に開港し、香港国際空港、広州白雲国際空港と並ぶ中国南部の3大空港に数えられる。深圳航空が当空港をハブ空港としている。2010年、UPSが、アジア地域拠点をクラーク国際空港から移転した。 中国では6番目に利用客・発着数が多い空港であり、今後の利用増に対応するため、拡張工事が進められている。2011年7月26日、平行滑走路が完成した。新ターミナルの建設工事は2008年に着手。2013年11月28日に供用が開始され、それまで使われていた3つのターミナルは閉鎖された。 旅客ターミナル 2013年11月28日に供用が開始された新ターミナルのは広さは45万平方メートル、南北1,050メートル、東西600メートルの巨大な建築物となっている。主要部分は大きな内部構造を持つターミナルビルと、上空から見ると十字の形になっている搭乗ゲートビルに分かれる。 (Wikipedia:深セン宝安空港)

深セン黄田空港
『深セン宝安国際空港』より : 深圳宝安国際空港(しんせんほうあんこくさいくうこう)は、中華人民共和国・広東省深圳市に位置する国際空港である。 1991年10月12日に開港し、香港国際空港、広州白雲国際空港と並ぶ中国南部の3大空港に数えられる。深圳航空が当空港をハブ空港としている。2010年、UPSが、アジア地域拠点をクラーク国際空港から移転した。 中国では6番目に利用客・発着数が多い空港であり、今後の利用増に対応するため、拡張工事が進められている。2011年7月26日、平行滑走路が完成した。新ターミナルの建設工事は2008年に着手。2013年11月28日に供用が開始され、それまで使われていた3つのターミナルは閉鎖された。 旅客ターミナル 2013年11月28日に供用が開始された新ターミナルのは広さは45万平方メートル、南北1,050メートル、東西600メートルの巨大な建築物となっている。主要部分は大きな内部構造を持つターミナルビルと、上空から見ると十字の形になっている搭乗ゲートビルに分かれる。 (Wikipedia:深セン黄田空港)

深セン寶安国際空港
『深セン宝安国際空港』より : 深圳宝安国際空港(しんせんほうあんこくさいくうこう)は、中華人民共和国・広東省深圳市に位置する国際空港である。 1991年10月12日に開港し、香港国際空港、広州白雲国際空港と並ぶ中国南部の3大空港に数えられる。深圳航空が当空港をハブ空港としている。2010年、UPSが、アジア地域拠点をクラーク国際空港から移転した。 中国では6番目に利用客・発着数が多い空港であり、今後の利用増に対応するため、拡張工事が進められている。2011年7月26日、平行滑走路が完成した。新ターミナルの建設工事は2008年に着手。2013年11月28日に供用が開始され、それまで使われていた3つのターミナルは閉鎖された。 旅客ターミナル 2013年11月28日に供用が開始された新ターミナルのは広さは45万平方メートル、南北1,050メートル、東西600メートルの巨大な建築物となっている。主要部分は大きな内部構造を持つターミナルビルと、上空から見ると十字の形になっている搭乗ゲートビルに分かれる。 (Wikipedia:深セン寶安国際空港)

深セン市
深圳市(しんせんし、簡体字: 深圳市、拼音: Shēnzhèn、英語: Shenzhen)は中華人民共和国広東省に位置する副省級市。 香港の新界と接し、経済特区に指定されている。同国屈指の世界都市であり、金融センターとしても高い重要性を持つ。2010年の近郊を含む都市的地域の人口は1,447万人であり、世界第15位である。2014年、アメリカのシンクタンクが公表したビジネス・人材・文化・政治などを対象とした総合的な世界都市ランキングにおいて、世界第73位の都市と評価されており、同国本土では北京市、上海市、広州市に次ぐ第4位であった。 住民構成の特徴としては移民都市であることがあげられる。元来は宝安県として一集落に過ぎなかったものが、改革開放経済の過程で外部より労働人口が流入して都市が形成され、広東省でありながら広東語が使われる比率が極めて低い地域となっている。 深圳の「圳」の字は漢音で「しん」と読むため、深圳は「しんしん」と読むのが漢音での読み方である。しかし、圳の旁(つくり)である「川」の字からの類推で「せん」と読まれるようになり、日本語ではこの都市を「しんせん」と読んでいる。 (Wikipedia:深セン市)

深セン上清飲
font-color FFFFFF
background-color 0000FF
愛称=若者の兵 (青年军), 深足, 不死鸟
カラー=青×白
創設=1994
リーグ=中国サッカー・スーパーリーグ 中国超級
ディビジョン=1部
キャパ=34,000
代表=万宏偉
監督=謝峰
英文 Shenzhen Ruby Football CLub
簡体字=深圳红钻足球俱乐部
繁体字=深圳紅鉆足球俱樂部
ピン音=Shēnzhèn Zúqiú Jùlèbù
通用
注音符号=
ラテン字=
広東語=
(Wikipedia:深セン上清飲)

深セン (駆逐艦)
深圳(しんせん、シェンチェン、英: PLAN destroyer Shenzhen、167艦)は、中国人民解放軍海軍のミサイル駆逐艦。大連造船所で建造されており、同型艦はない。 中国人民解放軍海軍での名称は051B型駆逐艦(中国語: 051B型驱逐舰)、NATOコードネームは旅海型(英: Luhai-class)。 設計 設計面では、おおむね052A型駆逐艦(旅滬型)の発展型となっているが、排水量にして1,500トン大型化しているほか、ステルス性への配慮も導入されている。これは中国海軍の軍艦として初めての措置であった。 主機関も、旅滬型駆逐艦の2番艦と同様に、ドイツ製のMTU 12V1163 TB83 V型12気筒ディーゼルエンジンとウクライナ製のDN80ガスタービンエンジンをCODOG方式で組み合わせている。ただし蒸気タービン推進を採用しているという異説もある。 装備 武器システムは、多くが旅滬型駆逐艦より踏襲されたが、一部に変更が加えられている。 防空システムとしては、対空・対水上捜索用の360型レーダーとZKJ-4-3A戦術情報処理装置、HHQ-7個艦防空ミサイル・システムが連接されている。 (Wikipedia:深セン (駆逐艦))

深セン航空
深圳航空(しんせんこうくう、中国語: 深圳航空有限責任公司、英語: Shenzhen Airlines)は、中華人民共和国の航空会社である。略称は深航。広東省深圳市の深圳宝安国際空港をハブとしている。 沿革 1992年11月 : 中国国際航空など4社が融資して深圳航空有限責任公司を設立。 1993年9月17日 : 民間運輸1番機が飛び立つ。 2004年 : ルフトハンザドイツ航空の子会社・ルフトハンザ・カーゴと共同出資で国際合弁貨物会社「翡翠国際貨運航空」(Jade Cargo International)を設立。 2005年1月 : 初めての国際線の深圳-クアラルンプール線を就航開始。 2005年6月10日 : アメリカ・シアトルのボーイング社から中国の航空会社では初めてボーイング737-900型機を受領。 2005年9月15日 : ボーイング社は翡翠国際貨運航空からボーイング747-400ER型機(貨物機) 6機の受注があったことを発表。 (Wikipedia:深セン航空)

深セン金威
深圳宇恒足球倶楽部(しんせん-うこう-そっきゅうくらぶ、Shenzhen Football Club)は、中国の南部、広東省深圳市をホームタウンとする、中国プロサッカーリーグ(中国リーグ)に加盟するプロサッカークラブ。 1994年深圳足球倶楽部創立。乙級リーグ(3部)優勝。 1995年甲Bリーグ(2部)優勝。 1997年保険会社「平安(Pingan)グループ」と契約、深圳平安(Shenzhen Pingan)に改名。 2000年携帯電話会社「深圳科健(Kejian)」とも契約し、深圳平安科健(Shenzhen Pingan Kejian)に改名。 2003年その後栄養ドリンク飲料会社「健力宝」と契約し、深圳健力宝(Shenzhen Jianlibao)に改名。 2004年中国超級リーグ開幕。初年度チャンピオンに。 2005年AFCチャンピオンズリーグ2005でACL初出場すると予選で水原、磐田、ホアンアイン・ザライのグループEを4勝1分1敗で首位通過して決勝トーナメントに進出した。 (Wikipedia:深セン金威)

深セン通
深圳通(深セン通;Shenzhen Tong)は、中華人民共和国 中国広東省深セン市 深圳市で使用されているICカード#非接触型 非接触型ICカードである。元々は乗合ミニバスのプリペイドカードとして発行されたが、2004年12月28日の深セン地下鉄 深圳地下鉄の開通後は、地下鉄にも乗れる新型カードが発行された。2005年末には、深圳通有限公司が唯一の発行主となり、一部のタクシーへの乗車、商店での買い物にも用いられるICカードに変わった。
IC乗車カード
広東省の交通
深セン
Shenzhen Tong
zh:深圳通
(Wikipedia:深セン通)

深セン証券取引所
深圳証券取引所(しんせんしょうけんとりひきじょ、中国語:深圳证券交易所、英語:Shenzhen Stock Exchange)は中国の広東省深圳市羅湖区におかれている証券取引所。略称は深交所。 1200超の企業が取引を行っており時価総額は5000億ドル(2005年度)で香港証券取引所とともにアジアでは東京証券取引所に続く第二の規模である。 立会時間 前場 09:30~11:30(日本時間10:30~12:30) 後場 13:00~15:00(同14:00~16:00) 沿革 1990年2月1日 設立。 2004年5月27日 中小企業向け市場正式稼動。 脚注 外部リンク 深圳証券取引所公式サイト。 (Wikipedia:深セン証券取引所)

深セン地下鉄
深圳地下鉄(しんせんちかてつ)は、中華人民共和国広東省深圳市で運行される地下鉄ネットワーク。 深圳市最初の国家重要プロジェクトとして1999年に着工、2004年12月に営業開始し、北京、天津、上海、広州に続く中国で5番目の都市地下鉄ネットワークを形成した。2011年までに第二期工事を完了し現在は1号線、2号線、3号線、4号線、5号線、11号線の6路線、149駅が供用され、営業総キロは231キロメートルが整備されている。 沿革 計画 外部からの流入人口の増大に伴い深圳市の交通網は限界を迎え市内は慢性的な渋滞に悩まされることとなった。深圳市は1993年に「深圳市城市鉄路客運系統(地鉄)建設領導小組弁公室」を設置、深圳市の公共交通網整備計画を推進した。 1998年5月、国家計画委員会は深圳と香港間の羅湖及び皇崗を連絡する軌道工事の建議書が提出、認可され、「深圳地下鉄第1期工事」プロジェクトが始動、同年7月に建設領導小組弁公室が廃止され深圳市地鉄有限公司が成立、翌月には第1期工事の可否に関する審議会報告書が提出された。 (Wikipedia:深セン地下鉄)

深セン駅
座標: 北緯22度32分3.84秒 東経114度6分43.56秒 / 北緯22.5344000度 東経114.1121000度 / 22.5344000; 114.1121000 深圳駅(しんせんえき)は、中華人民共和国深圳市に位置する広深鉄路の駅。中国各地を結ぶ列車が発着している。なお、香港鉄路が運行する香港と広州を連絡する城際直通車は通過するのみで停車しない。 深圳地下鉄1号線(羅宝線)の羅湖駅と改札外で連絡、また羅湖口岸を通過した香港特別行政区側では香港鉄路 (港鉄 MTR) 東鉄線の羅湖駅に乗り換えることもできる。 駅前には広東省内外都市をバスで連絡する羅湖長途汽車站の他、羅湖商業城という大型商業施設や飲食店、ホテルなどが立地している。また駅ビル内にはホテルも存在している。 利用可能な鉄道路線 中華人民共和国鉄道部 広深鉄路 京九鉄路 駅構造 広深鉄路の乗車券売場・入場口は駅南側の羅湖口岸附近、京九鉄路の乗車券売場・入場口は駅北側にそれぞれ存在する。 (Wikipedia:深セン駅)

深セン市漢泰新科技有限公司
『』より : (Wikipedia:深セン市漢泰新科技有限公司)


深セン - 関連ブログ

データが取得できませんでした

深セン - アマゾン検索


「深セン」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す