[PR]

日別キーワード

第79位  西尾市 - 2018年11月29日


関連するイメージは見つかりませんでした



西尾市
西尾市(にしおし)は、愛知県の中央を北から南へ流れる矢作川流域の南端にある市である。抹茶の生産地として知られる。 地理 山 : 八ツ面山(標高67m)、羽角山(標高118.5m)、万灯山(標高145.9m)、茶臼山(標高291.0m) 河川 一級河川 : 矢作川(国土交通省管理)、矢作古川(愛知県管理・以下同じ)、広田川、安藤川、須美川、鹿乗川 二級河川 : 北浜川、二の沢川、朝鮮川、矢崎川 隣接している自治体 碧南市 安城市 岡崎市 蒲郡市 額田郡幸田町 人口 地名 西尾市の地名を参照。 (Wikipedia:西尾市)

西尾市憩の農園
西尾市憩の農園(にしおしいこいののうえん)は、愛知県西尾市斉藤町にある、植木・観葉植物・盆栽などや園芸資材を産地直売方式で展示即売する緑化木ショッピングセンター。
1975年(昭和50年)3月にオープン。
花卉温室展示場やモデル庭園などとあわせて、東海地区随一の規模を誇る。また西尾茶を始め、新鮮な農産物や海産物、海老せんべいなどを扱う地域の特産品コーナーもある。開設時は西尾市福地農業協同組合を運営主体としていたが、西尾・幡豆地区の農協合併に伴い、隣接地に開設した#西尾市バラ園 西尾市バラ園と共に、西三河農業協同組合に運営が引き継がれた。
西尾市の福地地区は、植木栽培が盛んで、約170年程前の江戸時代後期に尾張から伝わった技術をもとに始められ、三河黒松を始めとして全国有数の植木産地となっている。
(Wikipedia:西尾市憩の農園)

西尾市憩いの農園
座標: 北緯34度50分9.7秒 東経137度3分5.3秒 西尾市憩の農園(にしおしいこいののうえん)は、愛知県西尾市斉藤町にある、植木・観葉植物・盆栽などや園芸資材を産地直売方式で展示即売する緑化木ショッピングセンター。 1975年(昭和50年)3月にオープン。 花卉温室展示場やモデル庭園などとあわせて、東海地区随一の規模を誇る。また西尾茶を始め、新鮮な農産物や海産物、海老せんべいなどを扱う地域の特産品コーナーもある。開設時は西尾市福地農業協同組合を運営主体としていたが、西尾・幡豆地区の農協合併に伴い、隣接地に開設した西尾市バラ園と共に、西三河農業協同組合に運営が引き継がれた。 西尾市の福地地区は、植木栽培が盛んで、約170年程前の江戸時代後期に尾張から伝わった技術をもとに始められ、三河黒松を始めとして全国有数の植木産地となっている。 なお額田郡幸田町にある幸田憩の農園はあいち三河農業協同組合が運営する別組織で、当園とは関係はない。 西尾市バラ園 西尾では、戦前からバラ愛好家が栽培を行っており、1949年(昭和24年)頃に西三バラ会が発足、幡豆郡福地村(現在の西尾市菱池町)の個人の経営するバラ園では苗木を販売していた。 (Wikipedia:西尾市憩いの農園)

西尾市バラ園
『西尾市憩いの農園』より : 座標: 北緯34度50分9.7秒 東経137度3分5.3秒 西尾市憩の農園(にしおしいこいののうえん)は、愛知県西尾市斉藤町にある、植木・観葉植物・盆栽などや園芸資材を産地直売方式で展示即売する緑化木ショッピングセンター。 1975年(昭和50年)3月にオープン。 花卉温室展示場やモデル庭園などとあわせて、東海地区随一の規模を誇る。また西尾茶を始め、新鮮な農産物や海産物、海老せんべいなどを扱う地域の特産品コーナーもある。開設時は西尾市福地農業協同組合を運営主体としていたが、西尾・幡豆地区の農協合併に伴い、隣接地に開設した西尾市バラ園と共に、西三河農業協同組合に運営が引き継がれた。 西尾市の福地地区は、植木栽培が盛んで、約170年程前の江戸時代後期に尾張から伝わった技術をもとに始められ、三河黒松を始めとして全国有数の植木産地となっている。 なお額田郡幸田町にある幸田憩の農園はあいち三河農業協同組合が運営する別組織で、当園とは関係はない。 西尾市バラ園 西尾では、戦前からバラ愛好家が栽培を行っており、1949年(昭和24年)頃に西三バラ会が発足、幡豆郡福地村(現在の西尾市菱池町)の個人の経営するバラ園では苗木を販売していた。 (Wikipedia:西尾市バラ園)


西尾市 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

西尾市 - アマゾン検索


「西尾市」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す