[PR]

日別キーワード

第88位  日本弁護士連合会 - 2018年11月29日


関連するイメージは見つかりませんでした



日本弁護士連合会
日本弁護士連合会(にほんべんごしれんごうかい、英:Japan Federation of Bar Associations、JFBA)は、日本の弁護士会の連合会である。略称は日弁連(にちべんれん)。 法的地位 1949年(昭和24年)、弁護士法第45条から第50条に基づき設立された。日本司法書士会連合会や日本土地家屋調査士会連合会と同様、職能団体としての性格を有するが、特別民間法人ではなく弁護士自治が行われている。 経費は会則91条により、会費、登録料、贖罪寄付、その他の収入で賄われている。 日本では弁護士・外国事務弁護士として活動する場合、事務所を置く地域の弁護士会を通じて日弁連への登録が義務付けられている。弁護士等は弁護士法22条に基づき、日弁連の定めた会則に従わなければならない。 組織 議決機関 総会 代議員会 常務理事会 理事会 役員 会長:中本和洋(2016 - 2017) 副会長 理事 常務理事 監事 事務機構 事務総長 事務次長 総務部(総務課、情報システム・施設管理課、経理課、人事課) 審査部(審査第一課、審査第二課、審査第三課) 法制部(法制第一課、法制第二課) 人権部(人権第一課、人権第二課) 業務部(業務第一課、業務第二課、業務第三課) 企画部(企画課、広報課、国際課) 調査室 広報室 国際室 司法改革調査室 法曹養成対策室 人権救済調査室 情報統計室 研修・業務支援室 日本司法支援センター対応室 委員会 弁護士法により設置を義務づけられた委員会 資格審査会 懲戒委員会 綱紀委員会 綱紀審査会 外国弁護士による法律事務の取扱いに関する特別措置法により設置を義務づけられた委員会 外国法事務弁護士登録審査会 外国法事務弁護士懲戒委員会 外国法事務弁護士綱紀委員会 会則により設けられた常置委員会 人権擁護委員会 司法修習委員会 司法制度調査会 弁護士推薦委員会 選挙管理委員会 会規により設置された委員会 経理委員会(会計及び資産に関する規程) 新会館の管理・運営のための委員会 会館運営委員会 講堂管理運営委員会 四会地代協議会 会則第82条による理事会の議決により設置された特別委員会等 弁護士倫理委員会 その他の委員会 弁護士業務改革シンポジウム運営委員会 公設事務所 ひまわり基金法律事務所 財団法人 日弁連法務研究財団 日弁連交通事故相談センター 基金 国際協力活動基金 災害復興支援基金 消費者特別基金 人権特別基金 難民認定法律援助基金 少年・刑事財政基金 日弁連ひまわり基金 犯罪被害者法律援助基金 法律援助基金 特別会計 会館特別会計 事務職員能力認定試験・研修事業特別会計 弁護士業務妨害対策特別会計 退職手当積立金特別会計 業務 日弁連は、弁護士・弁護士法人・弁護士会の指導・連絡・監督・弁護士会への入会資格審査・懲戒に関する事務を扱うほか、外国法事務弁護士の監督に関する業務を行い、定期的に弁護士を対象とする強制参加の倫理講習会を実施し、訴訟実務の経験などに基づき、さまざまな社会制度の整備に関する活動も行う。 (Wikipedia:日本弁護士連合会)

日本弁護士連合会が支援する再審事件
日本弁護士連合会が支援する再審事件(にほんべんごしれんごうかいがしえんするさいしんじけん)は、日本弁護士連合会が一定の基準の下に支援する再審事件の一覧である。 日本弁護士連合会は、基本的人権を著しく侵害するもののひとつが冤罪事件であることに鑑み、次の基準を満たした事件を、人権侵犯事件として特に支援することとしている。 冤罪事件である可能性がある 無罪等を言い渡すべき明らかな新証拠を入手する可能性がある 日弁連がその救済に取り組むべき相当性、必要性がある 再審請求事件 日本弁護士連合会が支援する、現在再審請求中(一部確定)の事件は次のとおりである(2013年10月現在、事件発生順)。 無罪が確定した事件 以下は、かつて日本弁護士連合会が支援し、無罪が確定した事件である(無罪確定順)。 脚注 ==。 (Wikipedia:日本弁護士連合会が支援する再審事件)


日本弁護士連合会 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

日本弁護士連合会 - アマゾン検索


「日本弁護士連合会」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す