[PR]

日別キーワード

第92位  普天間 - 2018年11月29日


関連するイメージは見つかりませんでした



普天間
普天間(ふてんま、ふてぃま)は、沖縄県宜野湾市の地名。郵便番号は901-2202。 地理 宜野湾市北東部に位置する。普天満宮の門前町として古くから栄えた地域である。野嵩・新城・安仁屋、北中城村安谷屋・石平・北谷町北前と隣接する。 普天間三叉路 那覇市と沖縄市を結ぶ国道330号、宜野湾市伊佐と北中城村渡口を結ぶ沖縄県道81号宜野湾北中城線は、宜野湾市普天間・北中城村石平の間で重複しており、普天間地域では三叉路を形成している。普天間三叉路の北側地区は普天満宮や普天間交番がある街区を除き、キャンプ瑞慶覧が占めている。 中央通り 国道330号のいすのき通りや沖縄県道35号線の起点となっている交差点から普天間三叉路にかけての約500mの通りが中央通りである。中央通り沿いには普天間高校や市役所跡地を利用したサンフティーマ、金融機関などが立地する。 明治以降は中頭郡の行政の中心として、戦後は宜野湾市の行政・商業の中心として発展した。 (Wikipedia:普天間)

普天間空港線
『25番 (那覇バス)』より : 沖縄本島のバス路線(おきなわほんとうのバスろせん)では、沖縄本島(沖縄本島と橋でつながっている島を含む)で運行している、及び運行していたバス路線についてまとめている。 路線バスの運行 沖縄本島における路線バスは、主に琉球バス交通(旧・琉球バス)、沖縄バス、那覇バス(旧・那覇交通(銀バス))、東陽バスの4社により運行されている。以下、本記事中で「4社」とは上記の4社を指す。 4社以外が運行する路線としては以下のものがある。 うるま市有償バス - 平安座総合開発(うるま市から委託) 国頭村営バス - 国頭村(自家用有償旅客運送) やんばる急行バス - 沖縄中央観光4社が実際の運行業務を行うが、市町村が運行主体となっているバス(コミュニティバス)としては以下のものがある。 読谷村コミュニティバス「鳳バス」 沖縄市中心市街地循環バス 中城村コミュニティバス「護佐丸バス」このほかに以前は期間限定で北部観光バスが路線バスを運行したことがある。 (Wikipedia:普天間空港線)

普天間飛行場
普天間飛行場(ふてんまひこうじょう、Marine Corps Air Station Futenma)は、日本の沖縄県宜野湾市にある在日米軍海兵隊の軍用飛行場。通称は普天間基地(ふてんまきち、MCAS FUTENMA)。2,700mの滑走路を持ち、嘉手納基地と並んで沖縄におけるアメリカ軍の拠点となっている。周りに住宅がある。 地理 宜野湾市は沖縄本島中部、那覇市の北約10kmにある。普天間は宜野湾市の地名から命名。普天間飛行場(FAC6051)は宜野湾市大山二丁目に所在しており、その面積は約4.8km2である(宜野湾市野嵩・新城・上原・中原・赤道・大山・真志喜・字宜野湾・大謝名にまたがる)。これは宜野湾市の面積(19.5km2)の約25%にあたる。普天間飛行場を見渡せる場所として、佐喜眞美術館や嘉数高台公園などがある。宜野湾市は過去に発行した広報資料にて那覇都市圏を構成する沖縄県の中でもっとも人口が過密な地帯の一部であり、普天間飛行場、キャンプ瑞慶覧(FAC6044、面積:160ha)、陸軍貯油施設(FAC6076、面積2ha)を除くと使用可能な市域の面積が1294haとなり、1995年の時点で人口密度(約6252人/km2)になると説明している。 (Wikipedia:普天間飛行場)

普天間基地
『普天間飛行場』より : 普天間飛行場(ふてんまひこうじょう、Marine Corps Air Station Futenma)は、日本の沖縄県宜野湾市にある在日米軍海兵隊の軍用飛行場。通称は普天間基地(ふてんまきち、MCAS FUTENMA)。2,700mの滑走路を持ち、嘉手納基地と並んで沖縄におけるアメリカ軍の拠点となっている。周りに住宅がある。 地理 宜野湾市は沖縄本島中部、那覇市の北約10kmにある。普天間は宜野湾市の地名から命名。普天間飛行場(FAC6051)は宜野湾市大山二丁目に所在しており、その面積は約4.8km2である(宜野湾市野嵩・新城・上原・中原・赤道・大山・真志喜・字宜野湾・大謝名にまたがる)。これは宜野湾市の面積(19.5km2)の約25%にあたる。普天間飛行場を見渡せる場所として、佐喜眞美術館や嘉数高台公園などがある。宜野湾市は過去に発行した広報資料にて那覇都市圏を構成する沖縄県の中でもっとも人口が過密な地帯の一部であり、普天間飛行場、キャンプ瑞慶覧(FAC6044、面積:160ha)、陸軍貯油施設(FAC6076、面積2ha)を除くと使用可能な市域の面積が1294haとなり、1995年の時点で人口密度(約6252人/km2)になると説明している。 (Wikipedia:普天間基地)

普天間かおり
普天間 かおり(ふてんま かおり、本名同じ、旧芸名「本間 かおり(ほんま かおり)」、1973年9月23日 - )は、沖縄県中頭郡中城村出身の歌手、シンガーソングライター。 琉球王朝の流れを汲む家系に生まれる。3歳のころから歌い始め、沖縄の芸能界で知られた存在となる。1991年「本間かおり」としてスターチャイルドよりデビュー、アニメソングを中心に歌手活動を始める。その後1997年に芸名を本名に戻し、シンガーソングライターとしてインディーズでライブを中心に活動。1999年にテイチクからCDをリリース、現在に至る。 故郷沖縄のことを想った、スローな曲を数多く発表。またラジオ番組のパーソナリティも多数こなしている。ポッドキャスティング「普天間かおりの真南風便り」[1]をラジオ福島にて配信中。 福島県のラジオを中心に活躍しており、福島県のローカルCMにも出演している。 福島県裏磐梯観光大使。 2011年3月11日、ラジオ福島での生放送中に東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)に遭う。その後、「Smile Again 0311」支援プロジェクトを立ち上げ、避難所でのライブやチャリティーコンサートの開催、震災後に書き下ろした楽曲「Smile Again」を音楽配信し、その収益の中から義援金を寄付したりと支援活動を始める。 (Wikipedia:普天間かおり)

普天間神宮
『普天満宮』より : 普天満宮(ふてんまぐう)は、沖縄県宜野湾市普天間にある神社。宜野湾市で唯一の神社でもある。 現在の正式な社名は普天満宮となっている。別称は普天満権現。一般的には普天満神宮と呼称される。琉球八社の一つ。 祭神 熊野権現と琉球古神道神を祀る。慶安元年(1648年)刊の『琉球神道記』に「当国大社 七處アリ、六處ハ倭ノ熊野権現ナリ一處ハ八幡大菩薩也」、また別名である普天満権現については「濫觴亦知ラス、熊野ノ飛龍ト見ユ、東ニ当リテ瀑布アリ、其水霊也」と、祭神のことが記されている。 熊野権現 伊弉冉尊 速玉男命 事解男命 天照大御神 家都御子神 琉球古神道神日の神 竜宮神(ニライカナイ神) 普天満女神(グジー神) 天神 地神 海神 由緒 創建については往昔、普天満宮の洞窟(普天満宮洞穴)に琉球古神道を祀ったことに始まり、尚金福王から尚泰久王の時代(15世紀中半)に熊野権現を合祀したと伝えられている。 (Wikipedia:普天間神宮)

普天間宮
『普天満宮』より : 普天満宮(ふてんまぐう)は、沖縄県宜野湾市普天間にある神社。宜野湾市で唯一の神社でもある。 現在の正式な社名は普天満宮となっている。別称は普天満権現。一般的には普天満神宮と呼称される。琉球八社の一つ。 祭神 熊野権現と琉球古神道神を祀る。慶安元年(1648年)刊の『琉球神道記』に「当国大社 七處アリ、六處ハ倭ノ熊野権現ナリ一處ハ八幡大菩薩也」、また別名である普天満権現については「濫觴亦知ラス、熊野ノ飛龍ト見ユ、東ニ当リテ瀑布アリ、其水霊也」と、祭神のことが記されている。 熊野権現 伊弉冉尊 速玉男命 事解男命 天照大御神 家都御子神 琉球古神道神日の神 竜宮神(ニライカナイ神) 普天満女神(グジー神) 天神 地神 海神 由緒 創建については往昔、普天満宮の洞窟(普天満宮洞穴)に琉球古神道を祀ったことに始まり、尚金福王から尚泰久王の時代(15世紀中半)に熊野権現を合祀したと伝えられている。 (Wikipedia:普天間宮)

普天間高等学校
『沖縄県立普天間高等学校』より : 沖縄県立普天間高等学校(おきなわけんりつふてんまこうとうがっこう)は、沖縄県宜野湾市普天間にある県立高等学校。 1946年、コザ高等学校野嵩分教場として設立し、1948年に独立。1957年に現校名へと改称した。2020年以降、校舎の移転計画があり、跡地に 吉本興業と提携し、エンタメビレッジ構想を実現する計画がある。 校章 2本の交差するペンの上に「高」の字。2本のペンの意味は、沖縄戦により甚大な被害を受けた沖縄で、平和な社会を作るためには、一にも二にも教育(学問)が重要であるという意味がこめられている。 沿革 1946年3月28日 コザ高等学校野嵩分教場として設立 1948年3月28日 野嵩高等学校として独立。 1957年7月1日 普天間高等学校に改称。 1971年3月27日 第43回選抜高等学校野球大会に初出場。 1972年5月15日 本土復帰に伴い、沖縄県立普天間高等学校に改称。 年間行事 4月:入学式、一学期始業式、一学期実力テスト、遠足、校医検診 5月:新入生歓迎球技大会、一学期中間テスト、高校総体推戴式 6月:平和集会、一学期期末テスト 7月:リーダー研修、インターンシップ(2年生)、一学期修了式 8月:夏休み、夏期講座(必修講座・希望講座) 9月:二学期始業式、二学期実力テスト、文化祭、体育祭、舞台祭(この3つは3年に一回ずつ) 10月:二学期中間テスト、芸術鑑賞 11月:新人大会激励式、自然観察実習(1年生) 12月:二学期期末テスト、ボキャブラリーコンテスト、二学期修了式 1月:三学期始業式、大学入試センター試験 2月:予餞会、学年末テスト(1・2年生) 3月:卒業式、合唱コンクール、三学期修了式 アクセス 路線バス 普天間バス停下車、徒歩1分。 (Wikipedia:普天間高等学校)

普天間高校
『沖縄県立普天間高等学校』より : 沖縄県立普天間高等学校(おきなわけんりつふてんまこうとうがっこう)は、沖縄県宜野湾市普天間にある県立高等学校。 1946年、コザ高等学校野嵩分教場として設立し、1948年に独立。1957年に現校名へと改称した。2020年以降、校舎の移転計画があり、跡地に 吉本興業と提携し、エンタメビレッジ構想を実現する計画がある。 校章 2本の交差するペンの上に「高」の字。2本のペンの意味は、沖縄戦により甚大な被害を受けた沖縄で、平和な社会を作るためには、一にも二にも教育(学問)が重要であるという意味がこめられている。 沿革 1946年3月28日 コザ高等学校野嵩分教場として設立 1948年3月28日 野嵩高等学校として独立。 1957年7月1日 普天間高等学校に改称。 1971年3月27日 第43回選抜高等学校野球大会に初出場。 1972年5月15日 本土復帰に伴い、沖縄県立普天間高等学校に改称。 年間行事 4月:入学式、一学期始業式、一学期実力テスト、遠足、校医検診 5月:新入生歓迎球技大会、一学期中間テスト、高校総体推戴式 6月:平和集会、一学期期末テスト 7月:リーダー研修、インターンシップ(2年生)、一学期修了式 8月:夏休み、夏期講座(必修講座・希望講座) 9月:二学期始業式、二学期実力テスト、文化祭、体育祭、舞台祭(この3つは3年に一回ずつ) 10月:二学期中間テスト、芸術鑑賞 11月:新人大会激励式、自然観察実習(1年生) 12月:二学期期末テスト、ボキャブラリーコンテスト、二学期修了式 1月:三学期始業式、大学入試センター試験 2月:予餞会、学年末テスト(1・2年生) 3月:卒業式、合唱コンクール、三学期修了式 アクセス 路線バス 普天間バス停下車、徒歩1分。 (Wikipedia:普天間高校)

普天間山神宮寺
『神宮寺 (宜野湾市)』より : 普天満山 神宮寺(ふてんまざん じんぐうじ)は、沖縄県宜野湾市にある東寺真言宗の寺院。本尊は聖観世音菩薩。神仏分離以前は隣接する普天満宮の別当寺であった。 15世紀半ば、尚泰久王の勅願により住民の祈願所として創建。首里から中部方面への視察の際の普天間の地の休憩所が徐々に整備されて寺院になったとされる。 また、別の口伝では、中城城主護佐丸が築城途中に勝連城主阿麻和利に攻められて落城し、その建築資材を当地に運んで、護佐丸の菩提を弔うために創建されたとも言われる。 交通アクセス 路線バス(いずれも普天間バス停下車)またはタクシーでのアクセスとなる。 21番(新都心具志川線) 琉球バス交通 23番(具志川線) 琉球バス交通 25番(普天間空港線) 那覇バス 27番(屋慶名線) 琉球バス交通・沖縄バス 31番(泡瀬西線) 東陽バス 52番(与勝線) 沖縄バス 58番(馬天琉大泡瀬線) 東陽バス 61番(前原線) 沖縄バス 77番(名護東線) 沖縄バス 80番(与那城線) 沖縄バス 88番(宜野湾線) 琉球バス交通 90番(知花線) 琉球バス交通 110番(長田具志川線) 琉球バス交通 223番(具志川おもろまち線) 琉球バス交通 227番(屋慶名おもろまち線) 琉球バス交通・沖縄バス 290番(知花おもろまち線) 琉球バス交通 外部リンク 普天満山神宮寺公式ホームページ 神宮寺。 (Wikipedia:普天間山神宮寺)

普天間川
名称=普天間川
水系等級=二級水系
水系=普天間川
種別=二級河川
延長=8.3
標高=130-140
流量=--
観測所=
流域面積=9.1
水源=中城村南上原付近
河口=東シナ海(沖縄県)
流域=沖縄県
脚注=
出典=
普天間川(ふてんまがわ)は、沖縄県の沖縄本島中部を流れる二級河川。
沖縄県中城村(なかぐすくそん)南西部にある南上原(みなみうえばる)の丘陵地付近に発し、谷底の狭い平地を緩やかに蛇行しながらおおむね北東へ流れる。北中城村安谷屋(きたなかぐすくそん あだにや)付近で流れを西方向に変えて狭い谷に入り、キャンプ瑞慶覧(‐ずけらん、アメリカ軍施設)内を通過し、平地に出て北谷町北前(ちゃたんちょう きたまえ)付近で東シナ海に注ぐ。
かつては9.3kmの長さがあったが、キャンプ瑞慶覧の拡張に伴って流路を変えられ約1km短くなった。流域に住宅地が多く生活排水による汚染が進んでいる。
(Wikipedia:普天間川)

普天間基地移設問題
普天間基地移設問題(ふてんまきちいせつもんだい)は、沖縄県宜野湾市に設置されているアメリカ海兵隊普天間飛行場の機能を果たす基地・施設を何処にどのような条件で設けるかという問題である。 1995年(平成7年)の沖縄米兵少女暴行事件を契機に、沖縄の米軍基地に反対する運動や普天間基地の返還要求をする運動が起こり、1996年当時では、5年から7年以内の返還を目標としていた。様々な候補地を検討した後、1997年(平成9年)には、名護市辺野古付近に固まり、その後も工法と建設の是非を巡って色々な出来事があった。2002年に計画案が固まったが、その計画はうまくいかなかった。 2004年(平成16年)に沖国大米軍ヘリ墜落事件が起きたことで地元の返還要求は強まった。折からアメリカ軍は世界規模の再編を実施中であり日米政府はこれに普天間移設を絡めることで、基地の移設のみならず、沖縄本島に駐留する海兵隊の削減を盛り込んだ。削減される海兵隊はグアムに移転することになり、グアムでも移設に関わる動きが始まった。計画案自体も再検討が行われ、辺野古周辺で各案を比較した後、2006年(平成18年)に2014年(平成26年)までに代替施設を建設し、移転させるというロードマップが決まった。 (Wikipedia:普天間基地移設問題)

普天間かおりのアハハでウフフ
普天間かおりのアハハでウフフは(ふてんまかおりのアハハでウフフ)、シンガーソングライターの普天間かおりがパーソナリティを務めるラジオ番組。 当初は東海ラジオのみでの放送だったが、2005年4月からは普天間の出身地であるという事からRBCiラジオもネットを始めた。東海ラジオ(NRN)とRBCiラジオ(JRN)はネットワークが異なるので、番組販売扱いと思われる。 二局ともに、毎週土曜日に10分間放送されていた。 放送時間 東海ラジオ 2008年10月の番組改編より黒田治 今夜はOK.OK.・20時台に移動 2009年4月より土曜日21:50~22:00に移動 2009年秋改編より土曜日19:50~20:00に移動 2010年4月11日より日曜日18:00~18:10 2014年4月より金曜日21:40~21:50 RBCiラジオ 土曜10:20~10:30 備考 東海ラジオでの場合、中日戦デーゲーム中継が延長した場合は放送休止になる。 (Wikipedia:普天間かおりのアハハでウフフ)


普天間 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

普天間 - アマゾン検索


「普天間」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す